合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 今日は俺の二つ下の妹の命日。生きていれば42歳。そうかぁもうそんなに経つかぁ…。死産だったから思い出とかはないんだけど、もし生きてたら俺のこの現状をどう思うだろうなと考えると情けなくなる。ごめんよこんな兄で。これは今いる妹にもそう思う。ほんとに情けない兄でごめんよ。

 あぁ今日も俺は無為な一日を送ってしまった。風邪の具合思わしくなく、なんだか熱があるような感じがする。今測ったら6度9分あった。微熱。ん?…。先日も言ったけれど、なんか、寝てても起きてても意識レベルが大して変わらない。どうなっとるんじゃ?こんなんじゃ何やっても効率・能率上がらない。先週の日曜日からだから、11日間こんな感じでたまったもんじゃない。どうにかしてくれ!

 「豆々式日々のしくみ」を読み返してみた。(2003?2006)もう、なんというか、このくらいの歳になると、成長とか進歩とかっつぅものはないね。全然変わっていない。33歳?36歳の時だからきっと一番人生の中で充実しているはずの時間を俺は台無しにしたんだ。そしてそれは未だに。俺はこんな人生を送るために生まれてきたんだろうか?ってなことを当時から延々と嘆いている。「日々のしくみ」より前の日記も実際はあったんだが、いつだったかちょっと「キ印」の入った人に脅迫され消してしまったのだ。勿体なかったなぁ。

 多分その当時は元カノにフラれて間もない時期だから、感傷的な気持ちになってそんな日記を書いてたんだろうと思う。今となってはもう今更それを嘆いたってそんな生活が戻ってくるはずもないのでそのことに言及することも今ではほとんどなくなっている。やはり傷は時間が解決してくれるものなんだろう。まぁ、「恋の傷には恋」というのもそうだろうなとも思うが俺にはそのようなオプションはなかった。その代りに時間が傷を癒してくれたのだろう。今はもう、感傷的な気持ちになることもないし、あの頃に戻りたいとも別に思わなくなった。今の俺には恋愛に耐えられるだけの気力や余裕はない。今はそれならばパソコン弄っていた方がよっぽど幸せだ。今日は、というかここ十日ばかりの俺は何もかもがどうでもよくなっている。こういう状態なら碌に日常も過ごせないが悩みもしないだろう。俺は今、正常に物事を考えられないのだ。俺自身はそれならそれで楽だからいいのだが、周りが大迷惑を被る恐れがある。今、一番欲しいものはカネ。物欲を満たすことで心の空白を埋めることくらいしか俺には考え付かない。そういう価値観に対する俺への他人からの評価はもはやどうでもいい。どうでもいい。なにもかもがどうでもいいんだ俺は。この「どうでもよさ感」が熱からきているのかサインバルタ®からきているのかちょっと判りかねるが、どうでもいいと物凄く楽だ。投げ遣りになっているとも言えるが(笑)。(翌4時26分)

関連エントリー

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限
認証

日本で二番目に長い川は?