合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 今日は夜中というか早朝、再びヒルナミン50mg錠を20錠くらい飲んで午前中は寝ていた。これからUnix関係をいじろうと思っている。

 まぁ、うまいことキリがついたら日記書けると思うけれど、まぁ、わかんないな。今夜今夜と言って書かなかったりもするし。

 空には入道雲。でも雨の気配はまだないけれどね。


カーテン閉めきった部屋で天気情報番組を見ていたらほんの30分くらいの間にザーッと降ったらしい。ザーッと降ってカーっと晴れる、その様子も見たかったんだけれど。水たまりができるほど降ったなんて、全然気づかなかった。 

 なんか、ひよりが17時頃帰ってきて、「虹出てるよ」というので見に行ったがショボいので2、3枚撮って引っ込んだ。

 この写真はひよりが帰り道で撮った複虹の写真。俺が撮ったのとは大違い、バッチリ写ってる。ネットの『ウェザーニュース』に投稿でもすりゃいいんだろうけれど、インターネットで自分から発信とか絶対しない(したくない?)人なので、メールに添付して送ってもらって、俺が投稿して、またここに掲載したわけ。
 毎日忙しく働き、昨日は会社に必要ななにかの資格の研修に行ったり、そんな毎日でも、自分なりになにか楽しいことを見つけて生活しているひよりの姿をなんかこの複虹が象徴しているようで、この虹を綺麗というのは簡単なんだけれど、俺にとっちゃ痛くも感じる風景だな。

 俺はこの家族にとって『持て余す存在』であるのは自覚している。無駄に生き永らえてるこの俺が、家族の中でなにかの支えになっているんだろうか…。とてもじゃないが俺にはそうは思えないんだな。だからこそ自らのことを『無駄に生きてる』とか思うんだけどね。

 ひよりは今、スマホで『-真天地開闢集団-ジグザグ』の動画を楽しそうに見ている。
 本当にこのひとは音楽が好きで、特にバンド活動とかなにか楽器をやったわけではない(中学時に吹奏楽部でアルトサックスを担当したくらい)けれど、ほんと音楽が好きで、大学も進路指導の先生に「ここ行って、どうするん?」と言われながら音楽系の大学に行ったほど。
 俺はこの層の家庭の長男の使命として六大学に含まれる大学に行ったわけだけれど…まぁ、「それも自分の意志だろう?」とも言われるのだろうけれど、それを選ぶように俺の価値観を持っていったのは家族の姿勢からも明らかだ。
 東大、早稲田や慶応には行けなかったけれど一応、六大学には属しているギリギリ最低限の大学だ。そんな、意欲もなく四浪もして大学生になった俺と、パンフをかき集めて進学先を選べたひよりとは授業を受ける意欲・姿勢からしてまず違っていた。だいたい、法学部の授業に『ジャニス・ジョプリンが云々…』って出てこないからね。楽曲のアレンジ、『midi』のシーケンサーの打ち込みなんてあるわけないじゃん。「般教」なんて特にね。得意科目ではあったけれど、なんでここまで来て英語なんてもう一回やんなきゃいけないの?って思った。フランス語なんてもっての外!一年生の社会学の夏休みリポート「立花隆著、『脳死』について」以外、課題・リポートに真面目に取り組んだことは一切ない。学外で人間関係の脆さ、信頼の脆さを学んだだけかなぁ俺としては。それだけだな。四浪なんて肩書、一切メリットにならないじゃん。勉強していたならいざ知らず、三年数ヶ月ほとんど俺自身の人生について悲観的なこと考えて打ちのめされては寝込んで数週間後に発作が落ち着いて起き出して家事洗濯云々、何するでもなく日常生活を送り、スーパー・コンビニとの往復で費やした三年数ヶ月、まぁあれだな、腑抜けた生活送るのに『学生』という肩書はありがたかったな、もっと早く始動しておきゃ、こんな人生免れたかも知れないね。今更…遅いしね。意思により、またはよらずに死ぬんならね、まぁ…全て投げ出せるんだろうけど…。もうなんか…バカだよね…。クソのような人生…やり直したいような、したくないような…。人生踏み外した原因が音楽なのに、好きなはずねぇじゃねぇか!このクソみたいな人生になったぜーんぶの原因の音楽なんて好きなわけねぇだろうが!音楽だけのせいじゃないのかも知れないが、かなりの部分、俺が音楽を趣味としてしまった時点で、俺の人生は終わっていた。音楽が憎くもある。そんなもの、聴くわけないじゃないか。

 音楽を好きになるには、足を突っ込まないことが肝要。部外者であり続けて無責任に、好きだなと思ったものをなんの強制もなく聴くこと。これが音楽を好きでいるためには必要かもね。足突っ込んじゃったらもう…自分の中で音楽というものの存在は終わりかなって思う。『音を楽しむ』じゃなくて、『おんが苦』になりうる。俺は後者になったね、残念ながら。
 だからBGMっていうのは、俺の生活環境内には無いんだよ。音楽が耳に入ると、音楽を司る脳の部分が、コピーしようとし始める。すっごくこれが不快で嫌だ。音楽を始めた頃、俺が将来音楽が大っ嫌いになるとは思ってもみなかったよ。不幸なことなのかな、それとも逆かな。
 死ぬ前に音楽と和解すべきなんだろうか、そうじゃないのか。だいたい、和解自体をするべきなんだろうか否か?それ自体がわからない。俺はあと20年は生きないだろう。それまでの間に和解をすべきなんだろうか?知らんがなそんなこと。

 明日、金曜日。また週末が巡ってきた。当たり前に来るものなんだろうけれど、辛いねぇ。来るなら今すぐに来い、来ないなら永久に来るな!そんな感じだ。

関連エントリー

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限
認証

日本で一番大きい湖は?