合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 なんとなくFreeBSDな気分だったのでver.12をインストールしてみた。Ubuntuとかって、インストールから設定までご親切にやってくれるんだけれど、たまには頭使わないと脳味噌とろけて鼻から耳から出てきてしまうのでこういうものもやってみた。この文章もそのFreeBSD12から書いてるんだけれど、まぁ、新鮮でいいんじゃない?

 自分の恥を晒すようだが、実は俺のうつには基礎疾患・・・うーん・・・基礎障害といったほうがいいか・・・それがあってのものらしい。人格障害…っていうのだけれど、診断下さった精神科医の先生は、言葉が柔らかくなるように『パーソナリティー障害』とおっしゃったが、まぁ結局は人格障害だな。俺はこのことをこの文章の中でもできる限り言及しないようにしていた。この話題を全く出さなかったわけではないが、できるだけ避けてきた。恥だと思っていたからだ。
 俺のは回避性パーソナリティ障害強迫性パーソナリティ障害で、おそらく治らない。抗うつ薬のような薬物治療も単発の「うつ」のようには著効せず、自分だけにわかる価値観の中で生きているのでしばしば社会生活で衝突が起こる。柔軟性がない。まぁ、俺の社会生活でのいざこざを招いているのはこの人格の障害であることに間違いはない。人格のせいとは言っても、人格=俺そのものだからあらゆる軋轢あつれきは俺のせい、ということだ。俺が悪い。俺が全て悪い。社会生活の中で軋轢を生じさせず平和裏に暮らすには、他人に関わらず「孤」で生きる他ない。俺は同性、或いは異性に対しても有形無形の害を与える人間だ。集団生活に馴染まない。俺のためにも周囲の人々にとっても、俺は「孤」として生きるのが一番のように思う。こんなこと書いたり、パソコンいじったりね。孤独でも何かやっていれば、少しは和らぐでしょ。そんな生活を、送っていけばいいわけですよ。孤独死して悪臭放って見つかるという。俺の未来が見えるようですよ。まるっきり。こうして自分と向き合うと抑うつ状態になる。終わる。

関連エントリー

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限
認証

日本一高い山の標高は?