合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 40代最後の一年となってしまった。

 今日は一日、動画を見ていた。鉄道関係のを。
 鉄道は俺の最も古い趣味で、対他的な企みのない自己完結的な、俺には最も相応しい趣味である。知らない人よりは知っているが、『マニア』と呼ばれる人ほどは知らない、敢えてあまり深入りし過ぎないスタンスで付き合っている。月イチの雑誌『鉄道ファン』購入が楽しみ。他鉄道雑誌には『鉄道ピクトリアル』他類似の雑誌があって、『本当のマニアが読む雑誌』と言われるのもあるのだが、敢えて『鉄道ファン』だけに絞っている。
 カメラもデジイチだが、『撮り鉄』というわけでもない。どうも写真が、もう37年くらいキャリアがあるんだけど上手くなんなくて、うーん、JRしか…まぁ鹿島臨鉄もあるんだけど…JRくらいしか被写体がないし、あっても209系255系くらい。しかも本数も少なく、被写体待ちが退屈。東京にいればJR・私鉄・地下鉄もうフルキャストが見られる。
 なんつうかほんと、公共交通機関の面から言えば、ここ神栖という街は貧相。ここよりもっと田舎でも鉄道が通っている所も多い。そんなところで育った人に鉄道が通ってないということをいうと、とてつもない僻地だと思われるのだが、実際来てみると、「いうほど田舎じゃないね」という。そうよ道路だって片側4車線のところもあるし、割と大きめのホテルもあるし、国道沿いには店も結構ある。
 水戸ほどではないけれど、割と開けてるよ。水戸だって、茨城県庁まえのスタバの窓からは田んぼが見えるという。まぁ地方都市との比較はちょっとずるいかもしれないけれど、いうほど田舎じゃないのよ。鉄道がないってだけで。でも、仮に将来、ここに鉄道作ったって、これほどクルマ社会になってるこの地域、赤字になるのは目に見えている。だから未来永劫、ここに鉄道が通ることはあり得ない。相当な力を持っている政治家が我田引水(我田引鉄と言うべきか)で線路を引っ張ってこない限り…。


 夕方から、母とひよりと、買物をしに、東庄、銚子の方へ行ってきた。銚子はここより人口少ないし、漁業と農業に頼る小さい地方都市だが、鉄道は通っている。どうしても鉄道で東京に行きたいというのなら、クルマで銚子駅まで行って乗ればいい。所要時間は特急しおさいで総武本線経由で2時間弱、東京駅の地下ホームに着く。でもそれよりは、クルマで鹿島セントラルホテルに行って高速バスに乗れば、早ければ90分、渋滞とかがあって遅くなっても2時間弱で、しかも特急の半額程度で東京駅に着く。旅客はどっちを選ぶか、相当な鉄道信者でもない限り、高速バスを選ぶのは言わずもがな。鉄道ファンの俺だって高速バス使うのだから。鉄道は、特に地方交通線なんかは運賃が高い!どうにかならんもんか。


 現在22時10分。いつの間にか今日も過ぎてゆきました。24時間なんて呆気ないもんだ。苦しい環境…俺で言えば実社会…に置かれた時は1分1秒がとてつもなく長く感じるのに、そこから避難した毎日は24時間が1分1秒以上に短く感じる。人生、うまいことは行かないもんだ。終わる。

関連エントリー

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限
認証

日本で二番目に長い川は?