合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 何してくれちゃったのよ?山口達っちゃん!女子高生なんか相手にしなくても幾らでも寄ってくる女性はいたろうに…ロリコン?ま、午後に記者会見やるらしいからTVのスタンバイ。

 尿が近い。っつったって5時間に3度ほど。水分を摂る人にしてはそんなに頻回ではないが、これでも増えた。糖尿の薬『ジャディアンス25mg』を飲んているから。この薬は、過剰な糖分を尿で排泄させる、というもの。主治医もかかりつけ薬剤師も「とにかく、水を飲みなさい」というので多めに摂っているはずではあるが、それでもこんな感じ。尿の量が多いというのは確かにあるが、そう考えれば一度の尿量の増加で効果を出していると考えられる。母は尿が近く、夜中、最低三回は行く。睡眠が妨げられて気の毒だ。出掛けた時も、頻回、コンビニのトイレに寄る。高齢女性共通の悩みらしいけど、こういうのがあると、お出掛けも純粋には楽しめないよね。俺も過敏性腸症候群(IBS)下痢型が酷い時はそればっかり気になってロペミン(ロペラミド塩酸塩)下痢止めを何カプセルも飲んでそれでも不安だった。今ではかなり寛解してるけれど、それも根本は強迫性障害(不潔恐怖)だった。それを曝露療法を実践することで現在に至る。かなり楽。でも…実践の決意までが長い。なかなか決心つかなくて、この日が曝露療法の始まり。この日があったから、今がある。衆院選という一種ピリピリに混沌としていた日だから実行できたのかも知れない。タイミングだよね。「よし!」と思った時が始め時。

 あぁ…達っちゃんが…詰問されてるよ…身から出た錆とは言え…週刊誌・ワイドショーのかっこうのネタ作ってくれちゃったね。なんつぅか、うぅん…。見るに耐えないので消した。…うーん…顔洗ってくる。

 あーなんか、情けないというか、四十過ぎ…っつっても二十歳前の高校生…これは力関係から言ったらねぇ…。いろいろ、論評すればいろいろ言えるんだろうけれども…酒で済まないことだってあるんだよ。俺は二十歳で酒やめた。ま、飲み会に誘われれば飲んだことはあるけれども、今は、自分の意志で飲むことは一切ない。精神科治療薬を飲んでいるからという理由も全く無いわけではないけど、酒を美味いと感じたことがないのである。小学校三年から飲み始めて二十歳まで。酔いだけを求めての飲酒であり、味なんか美味いと思ったことはなかった。更に現在、糖尿病を患っている。もはや飲んではならない身体になってしまった。ま、「なってしまった」というほど飲めないことに対する執着はないんだけれど。

 あー夜中になってしまった。終わる。明日は外出だ。

関連エントリー

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限
認証

日本で一番大きい湖は?