合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 検索してたら「精神障害者のことを解ってほしい」と、動画で懸命に訴える患者さんがいたけど、当事者として思うのは、「無理だね」と…。DQN(不良)やどっかのビジュアル系の人が「ボクたち、ホントは良い子なの。お願い。わかって」って言ってるのと一緒でどう考えても無理でしょ、と。俺は「障碍」「障がい」なんて書かねぇぞ。「障害」はどう転んだって「障害」だ。目「障」りで「害」悪、それ以外の何物でもないんだ。俺がいれば目「障」りだし、その場の雰囲気を壊す「害」悪でしかない。「障害」を「障碍」「障がい」などと言い換えることは「キチガイ」「気違い」を「基地外」「吉外」と言い換えているような単なる言葉遊びのまやかしでしかない。精神障害者は目「障」り、「害」悪。目障りの「障」、害悪の「害」二つ並べて「障害」これ以外にどんな言い方があろう。差別もあるし、キチガイ呼ばわりされるのもある。ほとんど俺、身元割れちゃってるけどね。別に、それが何か?といった感じで。文章から判るように俺は平等主義者ではない。差別主義と言っても強ち間違いでもない。しょうがねぇじゃんキチガイなんだもの。ね。黄色い救急車。ばぁちゃんが最も蔑んだキチガイになっちゃったんだよ俺は。非常に残念ですね。俺が言っているのは、精神障害者に対する差別も偏見もなくならなければ、精神障害者が堂々と日なたの道を歩ける日も来ないしそんな世界にもならないということ。なんでかって?性悪説。人間はもともとが素行不良で善行者が例外ということ。人類史上差別がなかった歴史はない。差別を根絶できるくらいの民度が今の人類にあるとは思えない。宗教なんてくだらないもので戦争しているくらいなのだから。神?ばっかじゃねぇの?そんなもの、ないよ。「神」とやらは自己責任回避、不可抗力を自らに納得させるために人類が作り上げた偶像崇拝のカタチ。責任回避の産物が「神」なんだな。みてみろ、戦争が「神の名のもとに」行われている現実を。これこそ、責任回避の最たるものではないか。「生きとし生けるものを遍く愛する」そんな「神」に人類が近づいたとしたら、もうこれは人類史の終わりを告げる出来事になろう。差別も、偏見も、人類が人類である限り、根絶できないと、俺は信じる。さて、コーヒーを飲んでくる。多分もうこの文章は続かないだろうから5月9日分の日記はこれで終わる、と、思う。(翌1時57分)

関連エントリー

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限
認証

日本一高い山の標高は?