合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市
  • タグ 『 気休め 』 の記事

 今日は曇り時々雨。茨城県知事選挙。2020年オリンピック・パラリンピック東京開催決定。課題山積。大丈夫か?

 5時45分、サインバルタ®20mgカプセル3カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用。

 10時投票を済ませる。?GSにて給油。?アミーゴ(ペットショップ)でカメのエサと水草を購入。妹がホワイトシェパードを抱っこさせてもらっていた。?道の駅いたこで母と妹、買い物。?チェリオで母と妹、買い物。俺は用事がなかったのでジーコ広場のベンチで座ってテレビをぼんやり眺めていた。やがて母、妹現る。パンを購入。スタンプカードがいっぱいになったので食パンと交換する。?潮来のホームジョイ本田で灯油20?を購入?15時自宅着。

 15時10分、昼食を食べる。サンドイッチ、おにぎり。

 16時ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。雷が鳴ったので一時パソコンの電源を切ってコンセントを引っこ抜く。17時電源再投入。PentiumM1500MHz、メモリ768MBのノートを起動してXPが落ち着いてIEが使えるようになったのが17時42分。スタートアップが多いとはいえ、それにしても…。

 雷が鳴っているのでモカがきゃんきゃんと悲鳴を上げて暴れている。よだれ垂らして。全くしょうがねぇなぁ。なにがそんなに怖いんだろう。

 うつの波からまだ抜け出せないでいる。特に何かがあったわけじゃないのだ。いや、ないわけじゃないな。将来のことを考えた時に絶望的になってしまったというのはある。

 ではなぜそれを考えてしまったか。単純に60歳まで何年あるかを数えてしまったためだ。前の彼女と一緒に暮らし始めたのが1993年。もう20年だ。60までの年月は、それより4年短い。たったそれだけの期間で、俺は還暦を迎えてしまうのだ。こういうことは、40になる時に考えておかなければならなかったのだ。

 でも、その時はそんなこと考える余裕がなかった。じゃぁ今、そんな余裕があるのかと問われれば、「余裕がある」とは言い難い。が、考えざるを得なくなってしまった。親には「お前は性格で損している。先のことを気に病んで結局何も手につかず時間を無駄にするより今を生きなさい。」と。

 確かにその通りなんだ。何故それができない?後ろを振り返ることは得意だ。でも起こってしまったことは変えようがない。それを悔やんでどうにかなるわけでもない。俺はドラムで時間を浪費してしまった。でも今更どうにかなるわけでもない。どうせ気に病むくらいなら無理して前を向くこともない。できもしない「前向き」を自分に強いることもないだろう。ただ、足元を見て歩いてゆけばいい。そうすれば得意な「後ろを振り返」った時に足跡は、ついているだろう。

 ドラムはどうやって上達したっけ?「できるまでやる」。そう。「できるまでやった」からできたんであって、魔法を使ったわけでも裏口から入ったわけでもない。じゃぁ大学は、どうやって入った?「自分のやり方を信じて自己流で3ヶ月間みっちり勉強して」模試も受けずに「まぁ、最低ここには入っておきたい」というとこに願書出して、途中、めげて受けないところもあったけれど、まぁなんとか最低ランクには入った。

 「最低ランク」だったのは勉強しなかったという原因が最も大きいと思う。じゃぁ目的を果たすにはどうすればいいのか、勉強すればいいのだ。

 大学受験でわかったことは「結局暗記でしょ?」ということ。英単語熟語、英短文、英文法の正解だけを暗記してしまえば、英作文だって書ける。解いてる暇があったら正解を丸暗記してしまった方がいい。高校の時履修しなかった「政治・経済」を選択受験したのはまさにこれが丸暗記向きだったから。

 欲を言えば古文、漢文を勉強する時間が欲しかったけれど3ヶ月という時間はあまりに短かった。現代文は勉強のしようがないので捨てた。6・3・3の12年間で身に着けた現代文のセンスと、小さい頃から父の本を読み漁って知った漢字の読み書きに期待するしか術はなかった。

 でも今回は時間がある。捨て教科は作らなくていい。時間はある。と言っても元気なころのようにはいかないだろう、一週間、二週間寝込んでしまうこともあるだろうし精神状態のコントロールがうまくいかないこともあろう。だから余裕を持ってざっくりとした計画は立てなければならないことと思う。それは自分の中で決めればいいことだ。小手先の受験術というものは使わない。大学受験で言えば偏差値。俺は、自分の大学の偏差値がどれくらいだか知らない。偏差値で志望大学を狭めるようなことはしたくなかった。だから偏差値難易度無視でいった。極端な話、「要は満点取ればいいんでしょ?」の精神で。俺の某資格試験もそういう学校に行くとなんだかんだと傾向と対策とかが教えられるようだが、俺は「要は満点取ればいいんでしょ?」精神で行く。満点なんか取れるはずないことは十二分に解ってる。でもそれでいかなきゃやる意味がない。

 これは、決意表明ではない。理想論だ。こんな俺に、できるはずがない。でもやってみないことには判らない。以後、勉強の進捗状況に関してはいちいち言及しない。今日書いたことをすっかり忘れて一日寝ていて刺身食ってると思うならそう思っていい。結果も合であれ否であれ報告しないだろう。この日記は「頑張ってるぞ報告」ではないので、「頑張ってる感」は出したくない。今日は一応「確認」のためにというかうつ脱出の気休めに書いた。これからも時々こういうことを書くと思うが、単なる「気休め」なので念のため。

 眠い。寝る。(22時57分)