合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 ん~なんか…、新型コロナウイルス感染症にもかかわらず、オリンピック・パラリンピック強行・緊急事態制限解除の流れ、全くなんか、状況を甘く見ている以外の何物でもない。なんなんだこの異常ポジティブ思考は。まるで渋谷の飲み屋にタムロする若者みたいじゃないか。第一、為政者がこのザマだからこんな状況に陥っているんじゃないか。なんなんだよこの国民の異常ポジティブ思考は?ネガティブ思考をなんだかんだ言う人間がいるけど、ポジティブも度が過ぎると身を滅ぼすことになるのに。

*                                                      *                                                     *

 アイスティーの淹れ方、いつも最後のほうになると、氷が溶けて薄まって飲めたもんじゃない。倍の茶葉使ってみるか。淹れてくる。だいたい、ペット紅茶の茶葉ってどれほどの量を使っているのかが知りたい。ティースプーン2杯だとちょっとタンニンが強くて苦渋いし、アイスティーだとクリームダウンが起ってしまう。ティースプーン1.5杯くらいだとどうなのか次回、試してみる。ティースプーンなんだけど、柄が長いのが1本あっても良いかも。紅茶缶の茶葉が少なくなって缶の底の方に溜まっていると柄のないティースプーンは掬いづらい。アルコールがメニューにない『喫茶豆々』の夜はこうして更けていく。ごくたまーに、十数年に一度くらい、『スピリタス』を使ったスクリュードライバーか、『タンカレージン』を使ったジンフィズを店主が飲むついでに提供されることがある。または夏、かき氷にバイオレットフィズをかけて食べていることもあるので、タイミングが合えば客も食べられることがある。しかしなにぶん、店主が糖尿を患い、肝機能も脂肪肝によって数値があまりよくないので、こういったメニューは今後、提供される機会は限りなく、ないに等しい。

*                                                     *                                                       *

 梅雨に入ったそうだから(いつの話をしておるのだ)、来週から天気予報に太陽のアイコンがない。俺の精神状態もあんまりよくないと思う。21日は夏至だ。夏至を過ぎたらあとは冬至に向けて昼が短くなるだけ。俺の精神状態も悪化する一方。あぁ、冬至が怖い。夏至って一番昼が長いはずなんだけれど、そんな日はだいたい梅雨の真っ最中で、太陽を拝めることができない場合が多い。なんだろうねぇ、なにか、天気に意地悪されているようで。この時期、ホトトギスが渡ってきて、『トッキョキョカキョク』と聞きなされる鳴き声がなんとも俺は好きだ。でもホトトギスは夜中でも鳴くんだよね(笑)。でも声はすれども姿は見えずで、ホトトギスを見たことはない。野鳥図鑑を見ると、なんとも地味な姿をしている。しかも、他の鳥に托卵するんだぜ、ふてぇ野郎だ。ちなみに、『特許許可局』というのは架空の存在で、実際はなく、人が面白がって創出した架空許認可機関である。

*                                                    *                                                       *

 母の部屋からNHKラジオ第一の『ラジオ深夜便』の音がしている。どうやら落語らしい。母はただかけているだけで、熟睡中でどうせ聞いてはいないだろう。昼間も友人と会ったりしている以外は寝ていることがほとんどで、傾眠傾向があるね。なんでそんなに眠いのだろうか。ラジオなんかかけてるから眠りが浅いんじゃないか、と思ったりもする。先日日記にも書いた、『抗不安薬』の件、うーん…夜中に数回トイレに行くようだから、デパスみたいなちょっと強いクスリは…あんまりよくないかな。今処方されているメイラックスくらいが妥当なところだろう。
 母は最近、脚が悪くて、太腿の後ろ側、脹脛、足首を痛がっているので、足首は自分で湿布を貼っているが、脚部はボルタレンゲルを俺が塗っている。脹脛を痛がる。太腿の部分が部分だし、脹脛の痛点から言って、坐骨神経痛もあるのだろう。足首の方はなんか骨が石灰化しているらしくて、歩く姿が、なんか、歳取ったなぁ…って感じだ。見ていて切なくなってしまう。時間は確実に流れている。俺も膝痛いし。

*                                                    *                                                      *

 なんかこの日曜日は父の日だそうだが、父の扱いが益々コントロールし難くなってきて、なにかにつけ悪態ついたり奇行が目立ってきたりして、もう「父の日」なんていう日を祝うというか…なにかをする気も、家族全員、思わなくなってきている。でも多分、ひよりは優しいから菓子かなんかアソートして渡すんだろうな。きっとウチの家族で一番気が利く。母と俺は多分…う~ん…母も結局何かを買ってきたりするんだろう。それか夕食は店屋物でもとって食べるのかもしないね。何もしないのは多分、俺だけだろう。どうもどこの家でも父親と息子というのはうまく行かず、反目し合う関係らしいようだ。困ったね。

*                                                    *                                                      *

 大宮のネットカフェ立てこもり事件、男の目的はなんなんだろう。女性は保護され、男はその場で監禁で現行犯逮捕された。保護された女性は目立った怪我はなかったらしいけど、トイレとかどうしたんだろうか。膀胱とかパンパンじゃないだろうか、または腹は減らなかったか。とにかく女性はきっと心に深い傷を負い、下手すると『男が怖い』となるかもしれないね。

*                                                    *                                                      *

 あぁ眠くなってきた。寝よう。  

 木曜日。父の通院のため両親は出掛けた。はぁ…親父も80をもうすぐ過ぎて、先日も書いたが、あちこち傷んでて、医者通いが続いている。薬も血栓防止だとか、糖尿、高血圧、心不全、そして湿疹や膝の靭帯おかしくしたとか、どうすんのよこれ…うちで一番健康オタクと言ってよかった父が、病気のデパートとなってしまった。

 それにあぁ言えばこう言うで、屁理屈ぶったれて、へそ曲がりの究極をいっている父に困り果ててイライラが募り精神的に疲れた母は「抗不安薬(精神安定剤)もらってこようかな…」と言っていたので「俺もそう思う。お守りとして持っておくのがいいと思うよ。」と言っておいた。まぁ使うとしたら、デパスは絶対転ぶし、レボトミン/ヒルナミンなんかもってのほか、ヒルナミン50mg3錠飲んでなんでもないのは俺ぐらいのものだ。

 治療抵抗性が強いというか、馴化しやすいのかな。もう、36年、薬物治療をしてきて、というかまぁ、治療はほぼ薬くらい(…電気ショックを除く)しかないので、どうしようもない、というか。多分ね、俺のこの精神疾患の場合、効く量と死ぬ量が非常に近接していて、0.1mg未満の量の差で俺は治るか死ぬかが決まるんだと思う。そんなの怖くて医師も触りたがらないから、無難な使用量しか使えないってのはまぁ医者を責める気にはなれない。

 古典的抗うつ薬の強い薬しか効かないのかねぇ俺には…。でも必ずしもそんなことはない。ルボックス(デプロメール)の時は割と効いたから。効く薬ってね、俺の場合服用当初にとんでもなく眠くて眠くてなにもできないくらい眠い。3日から4日くらい。うつに劇的効果っていうよりも、俺が併発していた強迫性障害にとても効いた。今はさほど強迫の症状はない。ほとんど消えている。サインバルタはねぇ…どうかなぁ…多分今最大量を使っているんだけれど、ん〜どうだか…。サインバルタをカットしてその代わりにアモキサンにするとかさ。あ、でもあれか、アモキサン効き過ぎて躁に振り切れちゃうか、トリプタノールのダウナー感とアモキサンのアッパー感が打ち消し合って効かなくなってしまうか…悩ましいところだ。

*                 *                 *

 昨夜半に急に雨が降ってきて、いつまで降っていたか作業に集中していたので気づかなかったが、結構降ったみたいだね。ブロック塀に痕跡が残っていた。梅雨に入ったばかりだが南西諸島、西日本辺りでは、もう梅雨明けの話が出ている。ホントかよ。だとしたら水不足だとか騒ぎ出すんだろう?被害なくただ多量かつ適度な降雨をもたらすだけの、「益台風」(という俺の造語。反対語は「害台風」)とでも言うべき台風ばかりならいいんだけれど、必ず屋根が飛んだり、堤防が決壊、洪水、土砂災害、人が死ぬ。東日本大震災で多くの人が死に、コロナでも多くの人が死に、気象の暴走によっても多くの人が死に、なんだったら核兵器なんか使わなくても人類全滅なんてこともあるんじゃないの?多分巨大隕石が地球に衝突する前には人類滅亡してるよ。

  割とさ、今度のオリンピックの開催の可否が、人類の存亡の分水嶺になったりするのかもしれないね。

*                                                                 *                                                                   *

 俺さ、今Windowsじゃないんだよね。Manjaro LinuxっていうOSをインストール・設定して、この記事を書いている。このPCのHDDにはもう、十数個のOSがインストールされている。まぁ、SSDじゃないので糞遅いけれど、数台のHDDに一体幾つのOSが入るのか、『超ウルトラハイパーマルチブート』実験。「なんの目的で?」というのは全く無い。無目的。または時間つぶし。

*                *                  *

 PCとかタブレットからChromecastでYouTubeの動画をTVに飛ばして点けっぱなしにしてるんだけど、主に『ウェザーニュースLive』を流しといて音声で聞き捨てならない話題があるとちらっと見たりしている。今日気になったのは、『線状降水帯』、『バックビルディング現象』という語句。夏の『強雨・豪雨』関係の語句だが、まぁ最近は『ゲリラ豪雨』なんて物騒な言葉が使われるけれど、こういうのが最近、多いんだよね。

*                *                  *

 父が病院から帰ってきた。母は買い物に行って、帰り次第昼食ということらしい。そう言えば腹減ったな俺も。牛丼かなんか食いたいところだが、一度78kgまで減ったがこの一週間くらいで7kg増えたので減量中、ということでまぁいいやメニューはうどんで。さてと、結構まだ鬼門のOSもたくさんあるので、精神崩壊しない程度に、進めようと思っている。夜の分は書けたら書くが、別なOS に面食らって精神崩壊しているかもしれないので予定は未定。(13:00)

 父がなんか知らんが、背中ほか広範囲になんか湿疹みたいのができて痒がっている。体中病んで、薬の量が半端ではなく大量になっている。悪性腫瘍とかはないのだけれど、80年生きてるとやっぱりあちこち傷んでくるのかな。あと10年、生きていられるのだろうか…。

 もしそうなったおりに、俺はどうしていればいいんだろう。

 …だから俺は順番が逆になっても早く死にたいんだよ。

 このなんてことない日常が、どうか少しでも永く続きますように、でなけりゃどうか少しでも早く俺が死にますように。

 あぁ…また精神状態おかしくなってきた。ダルダルでもいいから、俺の焦燥感を少しでも早く消したい。やっぱりこういう類の患者には、トリプタノールとヒルナミン(=レボトミン)なんだろうな。トリプタノールの用量上限は150mgだが、俺にはきっと300mgでもいいかもしれないなぁ。

 ここのこのあたりまで特に言及しなかったが、ようやく梅雨に入ったみたいだねぇ。

 起きてればまぁ多分、三度の食事とトイレ・風呂以外は延々とパソコンやっているような感じだけど、なんか今流行ってる投機活動をネットでやるやつなんかは興味がない。きっと俺は、ディジタル機器を使ってる超アナログ人間なんだろうな。携帯持ってないし。携帯でも持ってればね。そうすればかけてくるほうの、家電いえでんにかける時のちょっとした緊張感、ってのもなくなるし、話せばもっと生に近い会話ができるんだけどね。まぁこればっかりはね。書籍・雑誌なども、電子書籍を買うつもりは毛頭ないし、音楽作品もネット配信は使うつもりはない。ソフトでなんでもかんでもファイルにしちゃうってのはどうかと俺は思うぞ。

 体重が急に増えたせいか、膝に負担がきてることは多分先日にも書いたと思うが、俺本人は痩せても差し支えないんだけれど、母が気にするようだね。食わないと食え食え言うし、まぁ、俺の歳も歳だから、なんか変なものが臓器にできたらどうしようとか、俺より食事の有無・増減なんかはものすごく気にするんだよね。

 あぁダメだ、クスリ飲む。(13:57)

 今日はずっとLinux(Manjaro Deepin)をいじくっていた。なんかデュアルディスプレイにするのがなんだか面倒くさいようだ。ログアウト・再起動すると、設定がおかしくなって両方のモニターに同じ画面が表示される。左右にまたがってカーソルを動かすことができない。ネット上を探すと、『xRandR』なるアプリケーションがあって、GUIで画面の移動(複製や拡張、上下左右など)ができるのだが、再起動やログアウト→ログインすると、間違った設定に戻ってしまう。色々できて面白いがxRandRの設定が永続的に設定できないのがちょっとねぇ・・・。疲れた。PCいじりはまたあした。なんか疲れた。

 珍しく朝起きて、飯食って、ひよりが出勤し、父が起きてきて血圧を測り、まぁ、なんとはなくいつもの平日が始まった。あぁ、でも朝に規則正しい生活が巡ってくると、「学校に行かなければならないのか今日もゆううつだな、といった、幻覚じゃないな、幻聴でもないな…自分の声で起こされてこの浅い夢で一日ゆううつになる。

 立ち上がるのが辛い。この一週間に7kg体重が増えた。普通に食ってもこれだ。だから俺は、多分、モノを食ってはいけないようだ。一週間に7kg増は辛い。普通に立てないでしょ、これ…。足の筋肉がなくなって、異様に細くなったスネやふくらはぎ、膝にもきてる。まともに歩けないよ。在宅ワークの人たちには、是非、軽くでも少しラジオ体操やちょっとしたスクワットとかやったほうがいいですよ、と言いたい。この21年、ほとんど動かなかった俺は、サルコペニア肥満状態だと思うので。

 やはり今日も例にもれず、月曜日だということで、精神状態が悪い。トリプタノールを多めに、ヒルナミンはごく少量飲んでみようか。辛いな。

 食糧調達のため、という名目で、稲敷のドンキユニーに行ってきた。俺はカルディカードのポイントが溜まってたので1,000円分使って豆二種類買ってきた。あぁそうそう、ダイソーで300円の腕時計を購入。余りパンクチュアリティな状況にならない限り(例えば新幹線を運転するとか)、別に1秒2秒遅れても文句言われない状況なら使うというような時計を買ったのです。そのため、うちの電波ソーラーウォッチくんは日々、窓際に置かれて充電と時刻補正をしている。俺はメインで使う時計はアナログがいいので、電波ソーラーは液晶表示はなくて、針で表示するものだ。せっかくかっこいい時計をつけるならねぇ、やはりアナログでしょう。まぁ今は、携帯があるから、腕時計の需要も低くなっているんだと思う。電波ソーラーのアナログ表示クロノグラフがこの需要減少で投げ売り状態になり、9割引とかになったら(ならねーし)買いに行くが。

 今日というか、日曜・祝祭日は、母が膝痛くて疲れるから、じゃぁ日曜・祝祭日はスーパーの弁当にしよう、ということで、夕食は弁当。なんかみんなまちまちで買ってきたんだが、俺は「管理栄養士監修の◯◯」とか言う弁当だった。って俺が選んだんだけど。398円。

 帰宅が遅かったのであまり時間に余裕があったわけでもなかったが、毎週恒例の昼寝をしに、ひよりは自室に行き、まぁ起きてもよさそうな頃合いに起きてきた。

 まぁ夕食を食べ、めいめいに時間を過ごし、俺以外の家族は就寝。俺は寝られそうになかったので、PC でもいじって、寝落ちすればそれでいいだろうということで、今これを書く作業中。まぁ今夜は、フルニトラゼパムを飲まなくてもいいだろう、起きてても別に変な悪影響はないだろうから。

 具合があまり良くなかったので、特にこれをやったということはなくて。この心地悪さはいかんともしがたい。頓服のヒルナミン50mg(一番死人になりそうな用量)をニ錠飲んでみようか。最近は薬遊びが流行ってしまったから強力なのはあまり処方されないが。そもそも、なんでベンゾジアゼピン系の抗不安薬はほとんど処方されないのか。まるで『麻薬・覚醒剤』扱いじゃないか。俺がかつて処方されていた『デパス』『ソラナックス』もほとんど見なくなってしまった。

 東京にいた時、清瀬の方のまぁ、割と規模が比較的大きな病院に咳が止まらなくてそこの内科に行って、「こうこうこういうわけで、こういう薬も飲んでるのですが」と言ったら内科の体育会系の医師怒り出して「なんでこんなの飲んでるんだ!デパスは強い、強すぎる!こんな処方しやがって、俺が治してやる!」俺がなんか悪事でもしでかしたように怒ってて、「なんだよこれ…この医師の患者になるの、No,Thank youなんですけど…」と俺も腹の底ではすっげぇ怒ってて…。患者を怒らせる医者、嫌い。

 まぁでも、こちらに戻ってきて、この地域の地域基幹病院に転院して、うーん…まぁ、色々尽力くださった先生にも会えたけれど、結局、その先生の転勤によって終わっちゃって。次の主治医には薬どんどん削られて、そのくせ地域の特例制度も知らないで、割り切っちゃって患者の顔を見ないで冷たい目でカルテを凝視しただけの医者、嫌いだったね。

 結局、そのWという医師に紹介状持たされてその病院から追い出された俺は今通っている診療所に移り、まぁ担当主治医もWのような棘もなく、今の所精神も地べたスレスレではあるが低空飛行をなんとか続けている。

 ただ、三回連続で主治医が体調不良の為休診、代診ということで、俺はとても不安になっており、デパス欲しいくらいだ。同じダウナー系の『ブロムワレリル尿素』という薬も悪くないけれど。デパスって薬は、羊の顔して結構効くことは効く。でも、薬の変更などで量を減らされると離脱症状(禁断症状)がつらい。俺も例外ではなく、全身の関節という関節が外れる感じですごく節々が抜け落ちるような痛み。だから望んでも多分、良識ある医者は、リタリン問題のときと同様、抗不安薬はなかなか、処方してもらうのは難しいだろうね。制度改定や制度廃止で、俺は翻弄されてきた。これから死ぬまで、制度改定、制度廃止が絶対ないとは言い切れない。太宰治じゃないが将来に対する漠然とした不安は常々あるよ。ただ、彼と違って、一緒に死んでくれる人はいないけどね。

 明日は日曜か。予定は未定。フルニトラゼパム飲んで寝よう。エチゾラム処方してくれ。おやすみなさい。

 昨日はどうやら『時の記念日』だった。いっつも今日の記念日は気にしてるんだけど、今年はなんか、意識することもなく過ぎていった。調子が悪いからかな。

 昨夜から引き続いてLinuxの各ディストリビューションのisoを焼く作業を延々と続けていたら、AlmaLinuxを焼き終わったところ、一体これは何系のOSなんだろうか…と調べると、どうやらCentOSの流れを汲んだOSだということがわかり、なんか知らないがブルーになってきて、頭が重くなり、キリキリと胃が痛み、背中が張り、溜息あくび連発。どうしようかなぁ…どこかでCentOSもなんか別なStreamにフォークするようなことが書いてあるのを読んだ。…俺Redhat系苦手なのかなぁ…反射的に身構えてしまうのかもしれない。やはりねぇ、Debian系統のが俺には合ってるのかもしれないなぁ…。スピンドル50枚使い果たしたので次のパッケージ開封。KNOPPIX、Manjaro系統やBSDなど、難敵は腐るほどある。多分俺の虚弱な精神は、難敵の出現のたび崩壊して薬の世話になる事になるんだが…。金がないからこういうホビーにハマってるんだが、金があれば間違いなく買い物依存症になるのだろう。

 あぁぁ…頭が重い首と背中が痛い。頓服必要かも。ヒルナミン錠50mgを3錠服用。今の状態だと強いて言えばアミトリプチリン(トリプタノール)は今の状態なら300mg/dayでいけるかもしれない。150mg/dayじゃちょっとパワー不足気味。ダメだトリプタノール150mg追加、ヒルナミン200mg投入。ひょっとしたらヒルナミン200は寝てしまうかもしれないなぁ…。レボメプロマジン(ヒルナミン)200mgなんて、はっきり言ってトンデモ多量の用量なんだけど。焦燥感っていうらしいが焦りやイラつきみたいなのを止めるには人工冬眠実験じゃないがレボメプロマジンでなんとかなれば、という祈りのようなものを執り行うしかないんかなぁ、なんて。さて、作業続けていこう。ダメになったらいきなりブレーカー落ちるだろう。それならそれで別にいいや。(8:48)

 あぁ…腹が減った。今日は午後からの内科で生化学検査があるので食事をしないで行かなければならない。その前に午前中は精神科の診察。今日も主治医先生は休診、代診の先生なんだろうかね。
 俺、誰に心根を預けて良いんだかわからず、それにトリプタノールが減らされたのが痛くて、焦燥感が出てきている。トリプタノールは効き目は最強、副作用も最強、と言われる薬だが、俺には抗コリン作用による副作用が出なくて、うまい具合に効いてくれていた。
 それを何故今、SNRI-NaSSAに置き換えなければならないのか訳わかんねぇよ。なんだかなぁ…。それも本来のずっと担当していただいた主治医の先生が変えていくのはあるとして、何故代診の先生がバシバシ変えるのかねぇ?疑問に思っているのは主治医先生と代診先生が同姓。代診先生は女性だから、夫婦かなんか?だとすると後ろで主治医先生が俺の状態をみて薬を変えてみようとか言ってるのか?なら理解できるが…。それにしてもこの12週ほど体調不良のため休診、ということだが、まずい病気とかだったら心配だなぁ…。若いからっつったって病気にならない(まずい病気にも)ことはあり得るから、ちょっとなんか、嫌な予感がする。嫌だなぁなんか…。主治医先生は実はクリニック院長先生でもあるので、もしももしもののことがあったら院長変わるの?えっ?!こういう変化 、俺、ものすごく苦手なんだけれど…。

 それから、自立支援がコロナ禍のため期限延長になって、こないだ診断書書いてもらって市役所に持って行ったのだけれど、あれはなに?ようわからん。もう自立支援の手帳、記入欄がもうないんだけれど…。

 そういうイレギュラーなことが起こっていると非常に不安が募って、心安らがぬ状態に置かれることになる。誰か助けて。

 しかしコロナ禍で福祉システムにも異常をきたしている。俺には2型糖尿病という基礎疾患があるが、接種のクーポンがまだ届いていない。どうなってるの?俺、日本で集団免疫が確立されるまで、自粛続けなきゃいけないの?しかしあの筋肉注射ね、凄い深く刺さるよね。大丈夫なの?大丈夫なんだろうなぁ…。

 話は戻って自立支援の件、市役所開いたら電話で聞いてみなくちゃだわん。イレギュラーハプニングは、ホント勘弁してくださいよ。もう少しで9時。繋がるかな?

 膝が痛い。体重は減ったんだけれど、どうもねぇ、膝痛いんですよ。正座ってのが、多分良くないんだろうなぁ。確かにちょっと変形していて、膝蓋骨の下になんか骨棘みたいのが出てんだよね…。なんか形が変。半月板損傷とか、面倒くさいのはパスしたいものだ。

 夜中3時前、コーヒーを入れてマグで3杯飲んだ。ホットだったので、大汗かいた。アイスコーヒーにしようと思ったが、氷がなかった。

 市役所に電話した。結局、本来、「令和2年10月31日」までの期限が、コロナ禍の影響により、今年、即ち「令和3年10月31」まで延長になったようだ。手帳のの記入欄がなくなったので、手帳を送ってもらえるらしい。なんかみんな社会全体がワタワタしてて、忙しなくしている。ほとんどみんながマスク姿で往来してる。ん~…。9時15分。あと1時間15分ほどで出掛ける予定。

 空腹の波がとりあえず今は引いている。でも数回波は押してくるんだよね。乗り切れるかな。

 首が痛いんだよね。(金爆じゃないよ再び)頚椎がおかしい。前から、首を回す時にギリギリミシミシって音はしていたんだけれど…。頚椎の軟骨が椎間板ヘルニアにでもなったんだろうかね?俺の体も、結構ガタが来ている。しょうがないか、半世紀以上生きているんだもの。しばし、ネットの波に乗りにゆこう。

 なにやってたっけ?

 なんか最近、キウイをよく食べている。半分に切って、皮をカップ代わりに、スプーンで果実部分を半円球状にくり抜いて食べる。海外…多分生産地NZで、人々が皮ごと食っている映像を見たことがある。ガサガサしないのかねぇ。

 ひよりに荷物が届いた。WANDSのCD2枚。カップリング違いのシングル。ビーイングさん、こういう売り方って、どうなんすかね?ちょっと強引じゃないでしょうか。なりふり構わずそういう売り方って、どうなんでしょうねぇ…。CDをPCに取り込み、CD-Rに焼いて、ひよりの普段聴き用として使ってもらおうと。本物は大切にケースにしまっておいて、という感じで。

 今からLinuxをインストールして遊ぶ。

 結局寝てからも何度も変な悪夢にうなされて起きるのを繰り返し、全く以て嫌な眠り。20分毎くらいに目が覚めその度嫌な緊張と恐怖で心臓の鼓動が強く速くなり、死ぬんではないだろうか、くらいにジェットコースターで振り回されているような…辛かった。

 朝はちびちびとヨーグルトだのキウイだの食いながらコーヒー淹れて飲んでいた。あとはなんだろう、Dドライブの整理とかクラウドの同期だとかの作業をやっていた。

 13時半位に父が眼科に掛かるので母と連れ立って出掛けた。17時頃父帰宅。多分母は父を降ろして買い物にでも行ったんだろう。

 たった今17時14分、電話が鳴った。父が受けたんだろう。

 父が最近、扱いづらくなってきて仕方がない。屁理屈、奇行…全く以て神経擦り減らす。母も最近、父との会話や父の奇行に参っているようだ。近所の人達も、父くらいの年代の旦那には神経を擦り減らしているようで、なんなんだろうねぇ。父の相手するのが面倒で一々腹立つので自室に籠もっている。

 デュアルモニターの向かって右のデスクトップには地震感知アプリケーションの窓が開いているんだが、さっきから断続的に通知音が鳴り響き、地震が頻発している。とはいっても、震度0のも通知されてしまうので、もっと感度を下げておいた方が良いような気がする。設定をいじってみよう。さて、今からどう過ごそうか。(17:37)