合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 今日はお出掛け。俺は膝がおかしくなってて少々歩くのがつらいがついて行った。最初にガソリンを給油。母が好きな女の子の店員さんと喋っていた。

 「ホーマック」に行ってペットコーナーを見た。ウェルシュ・コーギーの女の子にいたく気に入られ、指をずっと甘噛みされていた。その場を離れようとすると、「行くなー」という感じで遠吠えをしていてすごく後ろ髪をひかれるようだったが、「ごめんよーうちお金もないし散歩連れてく人は年取ってもう無理だー」と言って振り返り振り返り去ってきた。

 次、「道の駅いたこ」に寄る。野菜など食材を購入。その次に潮来の「ホームジョイ本田」に寄って灯油を購入。灯油はリッター75円。母と妹はノンフライヤーの実演販売の試食のから揚げをつまみ食いしてきた。鹿島の宮中、緑ヶ丘あたりを流して、神栖、平泉のスタバで休み、掘割の「ケーズデンキ」でCD-Rを購入。土合を通り越して、波崎のツタヤで安全地帯と聖子ちゃんとピンクレディと中条きよし(笑)を借りてきた。なぜ中条きよしかというと、母がCDに焼いてくれと言ったからである。『うそ』が聴きたいと言う「折れた煙草の吸殻で あなたのうそがわかるのよ?」なにかで使うかもしれないからハードディスクに入れておこう。

 貸出期間1週間あるが、妹も「安全地帯」焼いてくれというし、俺自身がちょっと「その日にやらないと気が済まない症」なので帰宅後さっそくリッピングと書き込みに取り掛かって19時頃までかかって焼いた。

 作業後、無性に大槻ケンヂの『ボヨヨンロック』が聴きたくなったのでYoutubeで探した。mp3で落としてwavに変換してハードディスクに保存。『ボヨヨンロック』、名演奏にくだらない歌、まるで一億円の宝石箱の中にハナクソが入っているような、そんな曲である。俺はこういうの大好きである。(23時23分)

カミスココくん

カミスココくん。イメージキャラクターに決まったらしいんだが、着ぐるみ作るの難しくないかい?

 貧血がひどくてだるくて仕方がないので今夜はここまで。あとは寝て起きてみてだるさが軽減していたら書こうと思う。(0時48分)

 なんだかまだ貧血みたい。うーん。まぁ血清鉄が少ないんだろうから、そんなにすぐにはもどらないだろうけれど。鉄剤飲む。

 今日は午後から銚子のほうをぐるっと回ってきた。帰りに飲み物とアイスを買ってきた。なんか今日は朝からずっとソフトドリンクの類を飲んでいた。血糖値あげっぱなし。ここんとこ固形物を食うより飲み物を飲んでるほうが快適になってきて食い物を食うのがめんどくさくなっている状態。糖尿なるかも。ビタミンB群が不足している。B剤が欲しい。でも、糖分が脳に入ってドーパミン様物質が分泌されているためか、気分は割と平穏。

 ネタ探しのため、にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へを放浪したら俺と似た感じの方が。俺と違うところは真面目なところ。俺みたいにいい加減ではない。俺はいい加減なのに何故日記毎日書いているかというと、俺が強迫質だという一点に尽きる。強迫イコール真面目、ではない。病的なものが入ってるから強迫なのであって、もともとの性格は全てにおいて必ずしも関係するものではないから。その方はチャラチャラしてた俺とは違って恋愛経験がないことがコンプレックスのようだが、俺もバンドなんかやっていなかったらそういうこともなかったかもしれないなぁなんて思ったり。なんか、チャラチャラ系強いね。この方のブログは今後もチェックしよう。

 俺なんかはバンドやめちゃうと、むちゃくちゃインドアで非アクティブだから、出会いの機会もないわけで、年取るごとにルックス的にいろいろと不都合が出てきて、ますますインドア、クローズドな空間に籠ってしまいがちになり、更に出会いの機会がなくなる…という悪循環。体力があったらダイエットするんだけど、今ダイエット!なんて頑張ったら下手したら脳梗塞になったりとかしかねない。即死ならいいんだけど、半身不随になって不自由な生活を余儀なくされたりして生きるのはちょっとというかとても嫌だ。というのと、極度に太りやすい俺が昔痩せてたのは、凄く激しい摂生をしていたからで、運動とか、熱い風呂に2時間毎日浸かるとか、食べ物も気を付けたりと、欲求を極端に押さえつけたり、荒行のようなことを続けたりしなければ体型を維持できないわけで、その極端な欲求の抑圧が脳にとって多大なストレスとなってうつを招いたとも言えるので、もうこんなしんどいのやだ、食べたいものを食べて、脳の欲求不満をできるだけ作りたくない。ということで無理してダイエットもないよなぁ、という心境になっている。だから今後、痩せる予定は多分ない。それから、脱インドア・クローズドルームも多分ないし、出会いの機会も多分ない。まぁ、いいかな、なんて思ったり。

 あ、翌1時25分になってしまった。明日も出かけるし、もう寝ようかな(翌1時25分)

 いや〜年が明けましたね皆さんあけましておめでとうございます。中には「なにがめでたいんだ!」というヘソ曲がりもいますけどそんなの単なる形式なんだよいいじゃねぇか「あけましておめでとう」は「あけましておめでとう」でワンフレーズ。めでたくてもめでたくなくても「あけましておめでとう」っつってればいいんだよ俺だって別に新年めでたくもないさ。でも「慣習」として受け継がれてきたんだからなんか意味があるんだろうよ。いいじゃん「あけましておめでとう」で。その「年明けてなにがめでたいんだ」っていう人は、それが嫌ならどっかの無人島にでも移住すればいいんだよ。「郷に入らば郷に従え」ができないんなら日本に居るなって話だそれともなにか?なんとか大学のなんとか先生に言われたら納得するのかね?いちいち難癖が鬱陶しいんだよ。

 しかし日本人は歌が好きだねぇ、紅白でさんざん歌聴いておいて今度はCDTVで歌聴いて、なんなんだろうなぁそんなに音楽っていいもんかねぇ?でなければ不毛な議論(中国人だけ声がでかい)やってる放送局あり、おっさんとおばさんの不毛な口喧嘩聴きに来ている物好きな若いお姉ちゃんいるし、このクソ寒い中初詣に行っている物好きもいるし、よっくわかんねぇ。ま、それぞれの時間の過ごし方があるんでしょうからいいんですけど。

 「年頭の誓い」なんてものはなくまぁ、最低限、生きているんだったら痛い苦しいは勘弁して欲しいかな。それがなければあとはどうでもいいわ。ワタシ向上心ありませんから。

 今日は両親と妹は初詣に行くみたいだし俺はうちで留守番。モカと一緒に待ってますよ。

 只今4時22分、サインバルタ®20mgカプセル3カプセル、エビリファイ®3mg錠2錠、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠、フェロミア®20mg錠2錠を服用。

 もう5時だね。早朝の部、おしまい。(4時48分)

 

 午後から年賀状出すついでに自分で運転して銚子〜東庄〜神栖市街〜神栖市役所でUターン、駒立〜土合南セブンイレブン〜自宅着14時20分。

 20時、夕食後、気分が悪くなる(精神的に)20時20分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠4錠、リーマス®200mg錠2錠を服用。20時37分、非常に気分悪い!あ゛ーも!

 …只今22時51分、いろいろあって、まぁ、なんとか持ち直したけど激烈な状態を脱しただけであって、気分が悪い状態は治っていない。やっぱり年末年始うつは今年もやってきている。あぁもう! 寝る。

 全てめんどくさい。もう寝る。(1時37分)

 只今20時18分。こたつで文字をタイプしている俺。

 OSは、「PeppermintOS」というOS。非PAE(Physical Address Extension)のため、最近の大抵のLinixはインストールできなくなってしまったPentiumMのDynabookにインストールできる、数少ないOSのひとつ。

 そんなことはいいんだけど、このクソみたいな年末どうにかならない?なんていうか、その、つまんない、イライラする、無気力、焦燥、あほくさ、めんどくさ、どうでもいい、畜生。日記書ける精神状態じゃない。もう終わり。

 

 皆様が穏やかな年始をお迎えになれますように。(20時52分)

 今日は買い物がたくさんあったので、俺が足手まといになるらしく、置いて行かれた。お友達に電話をかけた。日記を書こうと思ったがネタがなく書けず、こんな感じになっている。なーんかねー。うーなーんかなー。こんな感じで晦日は過ぎゆき明日は大晦日。なんていうか、年末年始がだんだん簡素化していくような感じ(ウチがね)。それから俺。意欲が全然ないのはどうしてかね。なんでかね。あぁ、参ったー。

***********************************

自閉性スペクトラム的認知のゆがみとは、

1、全か無か思想

2、一般化のし過ぎ

3、マイナス化思想

4、結論の飛躍

5、過大視と過小評価

6、感情的決めつけ

7、すべき思考

8、レッテル貼り

9、自己関連付け

10、心のフィルター

らしい。俺がまさにそうだね。

自閉症スペクトラム(連続体)…よくわからん。

うつ(大うつ)の定義は以下。

大うつ病性障害の診断には下記の方法で診断される。以下の症状のうち5つ(またはそれ以上)が同じ2週間の間に存在し、病前の機能からの変化を起こしている(これらの症状のうち少なくとも1つは抑うつ気分または興味・喜びの喪失である)。

1.その人自身の訴えか、家族などの他者の観察によってしめされる。ほぼ1日中の抑うつの気分。

2.ほとんど1日中またほとんど毎日のすべて、またすべての活動への興味、喜びの著しい減退。

3.食事療法をしていないのに、著しい体重減少、あるいは体重増加、または毎日の食欲の減退または増加。

4.ほとんど毎日の不眠または睡眠過多。

5.ほとんど毎日の精神運動性の焦燥または制止。

6.ほとんど毎日の易疲労性、または気力の減退。

7.ほとんど毎日の無価値感、または過剰であるか不適切な罪責感。

8.思考力や集中力の減退、または決断困難がほぼ毎日認められる。

9.死についての反復思考、特別な計画はないが反復的な自殺念虜、自殺企図または自殺するためのはっきりとした計画。

1.抑うつの気分、2.興味、喜びの著しい減退(というか消失)、3.体重増加、4.(放って置かれると)睡眠過多、5.焦燥、6.易疲労性、気力の減退(というか消失)、7.無価値観、8.思考力や集中力の減退(というか消失)、9.反復的な自殺念慮…なんだよ全部あるじゃないか。はぁ〜…。俺はなんなんだ?自閉症スペクトラム?大うつ病性障害?んもー!疲れた。終わる。(22時55分)

 髪切ってきた。ヘアサロンからの帰り、妹、オートバックスでバッテリー交換。潮来で灯油を購入。ケーズデンキに行って使用済みインクカートリッジを廃棄。土合、ウエルシア神栖矢田部店で買い物。帰宅14時。

 両肩、なんか脱臼しそう。夢で肩外す夢見たりしたらまずい。一回それで右肩脱臼したことがある(バカ…)。(ここまで1時38分)

 朝と10時頃、二回排便。やや軟便。腹具合があまり良くない。

 朝、妹が出勤間際、クルマのキーがないという。探しても探してもなくて、結局別なクルマで行ったけど、しばらくして、俺は気がついた。昨日妹が大根とキャベツをレジ袋に入れて持って帰ってきたことを。あっ、と思い台所のレジ袋をあさると、あったあった。ありました。よかったね。

****************************************

 餅ついた。餅米の蒸けるにおいがすると、なんとなく気分が落ちてきた。やっぱり今季も「年末年始うつ」がやってきたようだ。あぁちくしょ…。3日後の正月もまた泣いて過ごすのかな。あぁちくしょ。

 つまんねぇ めんどくせ 俺は「つまんね」と「めんどくせ」で出来ている。眠い。(翌1時12分)

 これを読んだことある方々既にお気づきだと思うが、俺はコンプレックスの塊である。容姿に始まって、人格、知識、学歴…。俺は実質四浪(99%遊んでいたが)なので、W大くらいは出ておきたかったし、ホントの事言えば旧帝大に行きたかった。ただ、俺はドラムばかり叩いて勉強など少しもしたことなかったし(っていうか生まれてこの方勉強したのは四浪目の11月〜翌年2月だけである。)、そもそも、俺には、小さい頃から「勉強」という習慣がなかったのである。高校の時なんか、微分積分、代数・幾何、基礎解析など数学系や、物理、科学などは定期試験で赤点以上取ったことがないのだ。赤点というか0点である。0点以上、取ったことがないのである。原因は勉強しなかったからである。

 16時半頃学校から帰ってきて、ドラムを叩き始める。21時近く迄ドラムを叩く。メシらしきものを食う。風呂(42℃以上の)に2時間以上浸かる、で23時過ぎ。2時頃までTVを見る、寝る。「勉強」の入る余地が全くない。これで点数取れたら天才である。俺は凡才なので当然0点。はっきり言って、中学校数学の「図形の証明」は今でも全くわからない。なぜなら!勉強をしたことがないからである。なのに、高校は進学校に行った。世界の七不思議である。中学校の受験期、その後自らも俺と同じ進学校に行くことになる友人に「○高行くの?そんな頭いいと思わなかった。失礼だけど。」と言われた。ほんと失礼である。でもそれくらい、俺は勉強をしなかった。「勉強」という概念がなかったのだ。

 ただ、受験期に期末テストが重なると、俺の頭はどうしたことか急に回転しだす。理科(第一分野第二分野)百問以上あって一問0.5点とかのテストで100点取る、社会98点取る、など。なんでそうなったのか俺にもわからない。そういうことがあったので、はっきり言って、なめていた。

 で高校2年生から登校拒否(今では不登校というんだろうが)になって3年生もほとんど学校に行かなくて、もう当時からなんか、精神を病んでいたのである。で、現役では受験そのものをせず、計画的に浪人になったんだが、一浪目に当たる88年4月〜89年3月期は病気をしたこともあって精神状態荒廃でまた受験せず、二浪目、追い出されるように東京に出て、同い年の女の子と半同棲。勉強せずアッパラパー状態。その後、「こんな生活はきっともうダメなんだろう、学生という身分を得よう」と四浪目11月〜2月、人生初の猛勉強ののち、M大、H大に合格(というか精神的負担が大きくここしか受けなかった)で、友人に、「M大とH大って、俺どっち行けばいいんだ?」と間抜けなことを尋ねて、友人が「Mに決まってるじゃないか」と言ったので「そうなんだ」とM大にした。

 そんなわけで、行きたい大学でなかったこともあり、未だに愛着がないし、校歌も知らないのだ。入学式も、卒業式も行ってないし。ま、勉強もしないで「W大に行きたかった」「旧帝大に行きたかった」ってのも図々しいよな。入学後、スチューデント・アパシーになるのに時間はかからなかった。もう高校の時に逆戻りである。その後、2つ年下の女の子と同棲、9ヶ月後その子は社会人になり、俺は一日中二人の部屋でぼけ〜っとする生活になった。大学四年、就職活動で行き詰まり、高校のときなったあの妙な精神状態になり、病院に行くとうつ病の診断、精神科の主治医のアドバイスに従い、資格の学校に通うも精神状態悪化で勉強手につかずその状態のまま彼女にフラれて、今のような生活に入りその後2年間で50kg増量それでも資格の勉強をしていたが、家族との相談の結果、「不完全な状態で勉強しても教材費ばかりかかって無駄」との結論にいたり、今年からは教材を買わずに療養に専念することにした。

 50歳まであと5年、それまでに何とかなるんだろうか、それとも廃人になるんだろうか。初めから音楽なら音楽方面に進んでいればよかったんだ。中途半端な勉強はなにももたらさない。高校の進路相談で「音楽方面に行く」といったら必死で進路指導の教師が「大学に行け」と説得してそれに乗っかった感じの俺は自分にちょっと腹が立った。プロ野球選手でも高校から直接プロ入りした人のほうが、大学に行った人より活躍しているのを見ると、大学も良し悪しだなぁと思う。

 学歴のメリットを享受したいのならその頂点に行かなければそんなにメリットはない、メリットがないんなら直接進みたい方向に進んだほうがいい、と俺は思う。まぁなんつうか、学歴のメリットを享受するには勉強はしたほうがいいですよ。それも学歴の頂点を目指すくらいに。学歴のメリットが使えないようなところに就職するのなら、まぁ話は別ですけどね。

 学歴もそうだけれど、もっと大切なのは、目標なんだろうね。早いうちに目標が決まって、ブレないようにすることなんだと思う。俺なんか小学校の頃は漫画家、中学・高校とミュージシャン。それを進路指導で折られて、宙ぶらりん。昔っから医学に興味があるのなら、医者とか、クスリに興味があるのなら薬剤師とか、そう決めてりゃ良かったのに、俺はそこまで大人じゃなかった。上っついた、チャラチャラした職業に憧れていた。

 もし嫁さんもらう場合に、自分の娘を貰いに来る男が「ロックの人」だったら父親はどう思うだろうか。「漫画家」だったら父親はどう思うだろうか。「医者」とか「弁護士」だったら万歳三唱だろうが「ロックの人」「漫画家」だったら苦虫噛み潰したような顔になるだろう。「ロックの人」も「漫画家」も、立派な職業だ。それで立派にメシ食ってるんなら差別されるいわれは本来ないんだろうが、実際「ロックの人」が娘の婿になるのを手放しで喜ぶ父親はきっとそんなに多くないだろう。そういうところまで俺は考えが及ばなかった。その結果「ロックの人」にも「医者」にもなれずただのプー太郎になってしまった。「行くは廃人」決定である。結局今の身分は「ウンコ製造機」である。コンプレックスの塊、無学者・無業者になってしまった。なんの知識も学もなく、職もない、最も軽蔑されるべき人間になってしまった。果ては白骨化死体無縁仏決定。(22時30分)

mocha

モカ11歳。2003年3月20日、ぶっことメリの娘として生まれる。写真はチェックのマントを着せられ、ひたいにみかんのシールを貼られているのを知らないでくつろいでいる図(2014.12.27)。珍しくカメラのレンズを見ている。

 寒い。(17時18分)

 2005年12月25日、羽越線「特急いなほ14号」脱線転覆事故があった日、俺は風邪をこじらせて寝ていた。テレビがついていてこの事故のニュースを始終伝えていた。熱が上がり朦朧となった頭でなんとか放送の声を追っていた。画面には真っ白に雪に覆われた「特急いなほ14号」が脱線転覆した無残な姿を呈していた。あれから9年、か…。つい最近のような気がしていたが…。

 今年は今のところ風邪もひかずいるけれど、インフルエンザも流行ってきているし要注意。年末良くても、年始早々にインフルに罹ったら嫌だ。

 今日は寒かったので布団に入っていた。さっき布団から出たばかりだが、やっぱり寒いので寝ることにする。(翌1時50分)

 おもろないなぁテレビ。なんかNHK教育で『オトナへのトビラ』だっけ?なんかそんな感じの番組で、ゲームに人生支配されている人の特集をやっていた。うーん…理解不能。っていうか理解しようとしていないな、俺。人の数百倍数億倍も負けず嫌いの俺は昔から大のゲーム嫌い。ババ抜きから人生ゲームまで、負けるとそれ以降の時間を「不愉快」「不機嫌」という感情に自分の気分が支配されるので大嫌い。ゲームセンターにも行ったことがないし、俺が出生してから流行ったインベーダーとかマリオとかFFとか、かすめてもいない。別なもので、自分から流行を作っていくほうが性に合っていた。漫画描いたり、それが流行ってオタク化してきたら嫌になってドラムやり始めて、イカ天ブームを経験し、飽きて叩かなくなって、今は主な趣味と言えばパソコンだけれど、ゲームのようにソフトに自分の感情を支配されるのは好まないし、人間関係までメディアに依存するのはもっと好まない。

 パソコン好きといっても、ソフトウェアというより機械そのものというハードウェアや、ソフトもこれがなけりゃ動かないというアプリケーションソフトより上位にあるOSそのものに興味があって、まぁネットもそんなに上手に活用しているとは言えない、ギークからすればどうしようもなく俺はアナログでファジー。まぁ、考え方が「全か無か思考」ではあるけれど、その根拠となる動機とか、理由とかが合理的に説明できるわけではなく、勘とか、気分とかで決まるし、著しく合理性を欠いているのは言うまでもない。その、「合理的でないもの」を悪として認めなくなる社会は貧しいし、窮屈だし、危険だと思う。「合理的じゃないから、大きなモニターは認めない」とか「合理的じゃないから、SNSを通じない人間関係は認めない」「その他合理的でないもの全て認めない」なんて世界に生きるのは俺は嫌だね。それが強いられるとしたら俺は自殺するね。PC使っておきながらPCに指図・支配されるのを猛烈に拒んでいるんだ俺は。

 それから、ソフトで済まそうとする風潮にも俺は疑問を感じる。物欲がなくなったら人間社会おしまいである。音楽のダウンロード配信とかに傾きつつあるが俺はCD、ハイレゾ化で容量が足りなければDVD・Blu-Rayのメディア(というハード)を使って販売する形態が続いて欲しいと願ってる。いかに世界に「時代遅れだ」と糾弾されても、である。CDのラベルのデザインの価値、ブックレットの価値…例えば紙の手触り、インクのにおい、色合いetc...物欲があるからCDメディアのメーカー、CDケースのメーカー、製紙工場、印刷会社etcが成り立っているんであってソフトで済ませたら多くの事業が廃れてしまう。なんでも新しいものにすればそれでいいってもんではないと思う。まぁ、それほど思い入れがないものならダウンロードでもいいかもしれないが俺は思い入れがあるものはCD・ケース・ブックレット含めて一式買いたいと思うけどな。それと、逆にブックレットとかがあるから印象に残る、思い入れが生まれる、ということもあるのではないか。違うかね。かさばるのがいいんじゃないか。なんでもUSBメモリーやSDカードで完結しちゃうなんて。ん?最悪、こちらが最大限妥協して、メディアをCDからUSBメモリーやSDカードにチェンジして、ブックレットとセットで販売するってどう?この際。結局物欲が勝るのよ、俺は。でもどうだろう音質的にはDVD、Blu-Ray、HDDというモーターが介在するメディアとUSBメモリー、SDカード、SSDというモーターが介在しないメディア、どっちが音がいいんだろう。うーん、後者なのかな。でもな…回転メディアも、捨てがたいんだけど。俺、どっちかっていうと、軽薄短小派じゃなくて重厚長大派なんだよね。だからタワー型デスクトップって、絶対消えないで欲しいんだけど。ノートブックもあれば便利だけど、重厚長大ならではの魅力って、やっぱりあるんだよね。物欲の鬼としては、やっぱりかさばるほうがいいな。時代錯誤で結構じゃないの。(23時42分)

 

 母と口論になった。ぶん殴ってやろうと思った。だが、力が違いすぎる。今の俺ならその気になれば殺してしまうことも可能だ。それゆえ、殴ったり蹴ったりすることはできない。だから余計にフラストレーションが溜まる。なのでゆかを踏み抜いてやった。俺のキックはこんなにも簡単に、物体を破壊することが可能なんだぜ。なめるなよ、俺を。薬飲んで寝よう。(ここまで18時18分)

 母は犬の散歩をしてきて気持ちをリセットしてきたみたいなので、俺も普通に戻した。

 その後は、まぁ普通にクリスマス・イブのイベント(チキン食ったり、ピザ食ったり)をしたが、ケーキは腹がいっぱいになったので食えなかった。明日食べよう。(23時54分)