合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 俺はもう生きていても意味ないし人に関わることなんか別に重要視していないから、俺はもう死んだって良いんだよ別に。高校の時、机に入れといた俺の精神科の薬を全部飲んで薬物自殺を図った奴がいた。意識喪失/混濁が入って、死ぬなら死んでも不思議じゃなかった。生還したけど。俺は別にやばいとかマズいとかなかったね。あぁ、こいつも死にたかったのかって。俺はずっと死にたかったから、こいつに薬を飲まれてしまって腹が立ったことは確かだ。俺の自殺道具使われちまったんだからね。あぁ、俺は外面は良いよ。昔っからだったからね。でも腹ん中は煮えくり返っていただろうね。奴が生還した時、「こいつ死なないってわかっていたんだ」と思った。俺なんか本気で死ぬつもりでいたのに。「クソ!この死に損ないが!」そう思った。俺は刃物とかを持たなかった。刃物で腹刺して死のうとは思ってなかったね。多分俺は頸吊って死んだんだろう。間違いないね。

 そんなことはともあれ、俺は死ぬんだよ、自分の意志で。もう生きてるの嫌だ。

 7月に入ったね。入ったけれど、梅雨だね。雨降ってんね。鬱陶しい。憂鬱だよ。憂鬱ついでに、さっきからネットワーク攻撃受けてんだけど。セキュリティソフトが防御してくれているけれど、「ネットワーク攻撃を受けた」と表示が出るのは気分悪いよね。名前と住所・電話番号、表示してほしいよね。イタ電して、不幸の手紙出してやる。

 7月1日付の日記だが、実際は翌2日深夜1時過ぎに書いている。なんか、この一週間十日ばかり、機嫌悪いんだよね。快い感情が出ない。なんでかね。向精神薬飲んでないからだとしたら、俺の感情は完全に向精神薬に支配されていることになるな。まぁ、仕方がない。16歳からかれこれ36年向精神薬で感情をコントロールされているんだ、今更、そのコントロールから脱しようとしたって、先ず無理だね。人生の半分以上、俺の感情は100%自己の自発的な感情とは言い難い。クスリで不愉快になるのを抑えられているんだ。だからといって、四六時中愉快なわけじゃない。多分、自分が気づかないだけで、「感情がない」状態の時もあるんではなかろうか。

 明日…っつぅか日が明けたので今日、何をして過ごそうか。やることないんだよなぁ…ただ無駄に生きているだけなので。明後日日曜日は出掛けるんだろう、体調を回復させないと。ずっとなんか調子悪くて。まぁ、俺の弱点は消化器だね。特に下部消化管、大腸ね。精神的なことや、体力が弱ってる時なんかに、ギュルギュルってくるよね。雑巾が絞られるような感じで腸が絞られるような。中に入ってるものが全て出る。それで腹痛が治まれば良いんだが、必ずしもそうは行かない。俺の腸は一体どんなコンディションなんだろうか、腸内細菌の様子・分布とか、粘膜の状態とかさ。
 俺は小学校の時に十二指腸潰瘍で通院していた。とても厳しかった母に感情を押さえつけられ、小学校の学卒教諭にも辛く当たられ、消化器が壊れてしまった。そんなわけで、親より腕力が勝るようになった俺は、親の暴力についてはこちらもそれを上回る暴力で親さえ支配していった。俺とまともにやりあったら親、死んじゃうからね。顔面蹴られたり骨でも俺に折られたら大変だから。残酷だからね、俺。殴るし蹴るし、凶器使うしね。普段は滅多にそんなことしないけど、キレたらなにやるかわからない。シャベルで顔突くし急須で頭殴るし照明天井から下がったのをぶち抜いてそれで殴るし、なんつの?普通の悪ガキが下級生殴るような可愛いもんと違うからね。危ない尖った先端とか硬い物の角とか使うし、人が見たら思わず俺を羽交い締めにして制止したくなるような残酷なことするからね。だから俺はこんな親のもとでも52年間生き残れてこれた。警察沙汰になってないのが不思議なくらいだよ。別に俺は度々親と喧嘩するわけではないし、毎日親を鈍器で殴りつけてるわけじゃない。たまに親が理不尽な事を言って殴って俺を怒らせた時にそういう事が起こる。まぁ、救われることと言ったら刃物振り回さないことくらいだろうな。イスとか陶磁器の器とか凶器になって事後、散らばってるけどね。普通はやらないような暴力振るうしね。膝で鼻蹴るとかさ、椅子の脚で顔面攻撃とかさ。灯油ぶちまけるとかね。子供が小さいうちは、親は子供の失敗とか作為不作為を怒るもんだけど、この歳にもなるとねぇ、現実的な価値観とか生きる方針の違いでぶつかることが多くて、なかなかね、怒って怒られて解決ということはなくなって、問題も解決されにくいので、一度コトが起こってしまうとなかなか厳しいものがあって、喧嘩のあとは親も顔が絆創膏だらけで青タンとか湿布貼ってるとかそういう光景になるので、近所の人に会った時に「どぉーしたのっ!?」っていう会話から始まるんだけど、息子にやられたなんて言えないから、「うん…ちょっと…」ってことになるんだけどね。普通親の顔蹴らないよね。俺普通じゃないのかもしれない。でもしょっちゅうそんなことしてるわけじゃないよ。そろそろ親もなんだか道理が通らないこと言うようになってきたから、それで親が我慢できず俺のこと殴ったら俺の極悪非道暴力の開始。こっちから殴り始めることはない。最近は、俺に殴られると痛いし怪我するからあんまり殴らなくなった。痛いだろうなあんなひどい殴り方するんだから。俺も自分で、「ヒドいな俺」と思いながら殴ってる。まぁでも今後、顔面は殴ることはなくならないにしても、減っては来るだろうな。親父が先日、白内障で目玉の手術をしたから俺が顔面殴った場合失明する恐れがある。警察行きだ。まぁ、警察行きになる可能性はこれから以降も多分にあるだろう。誰に育てられ、誰のお陰で今になってるんだ、と言われるだろうが、俺にしてみりゃ「勝手に産みやがって」ってのが本心だからね。好きで生きてるわけじゃない。好きで生きてるわけじゃないのに俺を不愉快にさせる輩は、その報いを受けなければならない。俺に肘を逆に曲げられて関節が外れるだとかそういうことされるから、最近は喧嘩売ってこないよね。ただ、別に俺だって普段、毎日毎日、家で極悪非道やっているわけじゃない。ほとんどの日豆々家は平和である。ただ、両親が俺を怒りたい欲求が溜まって怒鳴り付けたら怪我を恐れずに、というかそうなることさえ意識に上らずに俺を怒鳴り、しかも殴ると絆創膏のお世話になることになるのだ。俺に普段快活でハキハキとした…というイメージをする人は先ずいないだろう。その通り俺は快活でもハキハキしてもいない。ヌメ~っとしている。でも怒る時は普段のヌメ~っとした感じはない。普段ヌメ~っとした人が怒ると、殴られたり最終的にスリーパーホールドで落とされるから怖いだろうね。俺がまだ小さくて親に歯向かえない時は、嬉々として俺を怒鳴ったり殴ったりしていたけれど、親の背を超えた時からは俺を殴ることは自殺行為に等しくなった。あんまり俺にこういうイメージないんだろうなぁ…。「殴る」のは人権蹂躙である。殴られたらその仕返しをするのはごく当然のことだ。殴られる痛みを知れ、って感じだよな。鼻血出してオンオン泣いているのをみるといい気分じゃないが、やったことの痛さをわかってくださいねって感じで、殴られたら殴り返す。しかし、俺にボコボコにされるのわかってるのに殴ってくるって、随分チャレンジャーだなぁと思うよ。でも別に俺は一方的に殴るのが趣味で殴っているわけではない。殴られた仕返しに殴っているだけだ。腕力が俺のほうがちぃとばかし強いので、湿布絆創膏状態になってしまうのだ。流石に両親も年をとって、俺を殴ったら自分の体にダメージ来ることがわかってるから、最近は殴ってこないんだろう。酷い息子だよね、俺。でも殴られたのただ黙って我慢していられないんだよね俺は。しかもやるときゃ丸腰じゃないもんね、凶器持ってるもんね。俺の仕返しは痛いよ。俺の名前は『暴力豆々』ってとこだな。俺は家族以外の人の前で滅多に怒ったりしないが、俺が怒ったら、ある意味終わりだよねw。最終事態。

 7月に入ったね。7月8月は、暑いけど俺が最も好きな月。「暑いけど」っつうか「暑いから●●」好きなんだけどね。もんの凄い大汗かきだから、暑い時に人の中にいるとちょっと恥ずかしいんだけどね。洒落にならないくらい汗かくから。Tシャツ絞るくらいになる。でもそれを除けば夏は物凄く好き。夜明けが早いのがとてもいいね。だから逆に冬の朝遅くまで暗いとか夕方早くに暗いとか、物凄く気が滅入る。いつだったか、夏の朝、「ぶっこ」と呼んでいた野良犬(物凄くおとなしくて穏やかな、結構でかい犬。)が、ウチの車庫の屋根に上って景色を眺めていたので、俺も上って一緒に景色を眺めたり。飼えばよかったな、ぶっこ。もうぶっこも、うちで飼っていたぶっこの娘のモカも、もうこの世にはいないんだけどね。犬、短すぎるよね、寿命が。犬好きなんだけど、飼いたいんだけれどね、死に目に合わなくちゃいけないってのが、辛くてね。最後のモカを亡くしてから、飼う気になれなくて。もう飼わないだろうなぁ。まぁ、もしもまた飼うとしたら、最初に飼った犬のシェットランド。シープドッグとか、コリー・レトリーバー系、ハスキーとか、少なくともシェルティーより大きい犬かな。

 19:30だ。夜は長いのか短いのか…。昨夜よく眠れなくて、昨日だったか一昨日だったかに引き続き、悪夢を見て、すっごい不愉快な気持ちで目覚めた、という。なんかこのまま起きるのが嫌で、滅多に飲まない眠剤多めに飲んで無理やり寝たさ。悪夢の寝起き一番嫌だ。今日、なんか寝たくないな。寝るのが好きっていう人いるけど、まぁ俺も生き物なので睡眠はとるけれど、あんまり寝るのって好きじゃない。勿体ない。学生の時なんかは、板橋一丁目の賃貸マンションのワンルームで、夜通しTV見てたっけ。在京局に加え、千葉テレビ、テレビ埼玉、群馬テレビ、TVKが映った。群馬テレビの映りが物凄く良くてねぇ。東京でも結構映ったよ。でも南大泉は難視聴地域らしくて、賃貸の部屋でも全世帯ケーブルテレビが入ってて。ケーブルテレビ独自チャンネルは視聴料払わないといけなかったけれど、ケーブルテレビで流してる、普通の地上波視るだけならタダだった。まぁケーブルテレビの独自チャンネルについては、専用のチューナーがないと見られなかったようだけど。J-COM練馬だったな。ケーブルテレビってどんなチャンネルがあるんだろう?銚子にはあるがここにはない。まぁ、難視聴地域でもないので必要はないわな。衛星とケーブルが欲しいな。俺とひよりの代になったら契約しようか。

 なんかあんまり書くことないな。 

 

 52年前の19:28、俺は存在たらしめられてしまった。そして腸、殊、大腸が弱い。この2、3日腹の調子が良くない。冷たいものを飲食すると腹に鈍痛が走る。落ち着かなくて、俺が時々発症するアカシジアの症状が出たのか、静坐できずにウロウロ歩き回っていた。最近、別に向精神薬は良くないから飲むまいと思っていたわけでは決してないのだが、飲んでいなかった。糖尿のクスリは飲み忘れると場合によっちゃ命に関わるが、抗うつ薬とかは、機嫌が悪くなるだけで死にゃぁしないからね。うん。ずっと機嫌が悪かった。恨むべき俺生誕の日。100歳とかなら自治体からなんかのご祝儀でもあるだろうが、52なんて中途半端な歳、何もめでたくはないわ。悪い夢を今日、たくさん見た。非常に不機嫌になる夢だった。説明すると長くなるし、それを知ってもらったところでだから何?って話なので書かない。今の俺の症状には、抗不安薬が相応しいんだが、最近ね、ベンゾジアゼピンバッシングで抗不安薬って精神科医は出したがらないの。依存性があるっていうね。デパスは医者によっちゃ強いなんて言いやがるので滅多に出してくれないよ。抗不安薬が欲しいね。メイラックスがあったけれど、あれ多分母が内科でもらってきたんだろ。メイラックスか。んー、血中半減期が5日以上あるんでしょ?凄い長時間作用型だよね。まぁ、依存にはなりにくいんだろうな。デパスはねぇ…ガッと効いてすっと抜けるから依存なりやすいよな。まぁ、母みたいな高齢の患者には夜中トイレに起きて転倒、ってなりがちなんで避けたいとこだよね。やっぱりメイラックスが母には妥当なとこだろうなぁ。さっきメイラックス飲む前になんか数日飲んでなかったことは前述したが、じゃぁ数日分飲んじまおうと思って飲んだ。真似してどうなっても知らないよ。俺は耐性が付いてるから少しぐらいなんでもないんだけれど、体重軽い人がやったら結構昏睡かも。以前高校の時に、クスリをバンド関係のたまり場になっていた生徒会室の机に入れといたやつ全部飲みやがって薬物自殺図ったやつがいて死にはしなかったけど昏睡状態になったやつがいた。俺のクスリ盗みやがって腹が立った。別にそいつが死のうが自業自得だからいいんだけど、俺の薬飲みやがって。あと医者は来月7日か。これ以上書いても何も良い記録は書けないからやめよ。

 いつも日曜日は出掛けるのだが、今日は具合が悪くて(腹痛)母とひよりだけ出掛けた。なんかね、腹痛くて。仕方ないが残念だったね。はぁなんか、だるいよ。いかんせん、腹痛なもんでどうしようもなくてね。適当に過ごしてた。さぁ寝よう。