合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 雨降りだからか、調子が良くない。気圧によって体調が影響を受けるといわれてるけれど、果たして本当なのだろうか。腹具合は悪い、両ふくらはぎが痛い、膝が痛い、頭が曇る感じ…。

 体重が1.5kg増えた。103kg。このところ、食ってたからなぁ。この体重増加も、体調が悪い原因かもしれない。ダメだな。晴れがちで気候が整ってくるようになれば少しは落ち着くのだろうけれど。両脚膝から下が痛い。鎮痛薬飲んだがあんまり効いていないみたいだ。
 最近、世の中の人々が悪性腫瘍に罹患りかんする話が多い。水泳選手に歌手、いろんな人が「がん」にかかっている。老若男女問わずに。今、2人に1人はがんに罹患するという。俺がいきなりがんに罹患しても何の不思議もない。決してうちはがん家系ではないのだけれど、母も乳がんやって右乳房全摘し、リンパも数十本取ったという。
 女性としての躊躇とまどいとか悲しみとか無かったのか訊いたら、「そんなもの全然なかった。それよりあんた置いて死ぬほうが嫌だったから」という。
*             *             *  
 当時というか、もう俺は高校生時代から精神疾患を患っていて、ずっとそれを持って生きていた。そのことなんだと思う。祖父母による溺愛の一方、俺に手を出させてもらえなかった父母とは、微妙な関係で生きてきた。祖父母の死後、いきなり自分たちの手に俺が戻ってきた父母は俺をどう扱っていいのかわからず、俺もどう甘えていいのかわからず、度々衝突し、その都度俺の精神は壊れていった。そしてピークになったのが高校2年の頃である。その後下火になった時期もあったが仮面の陰で精神疾患はどんどん進行し、悪化していった。1999年の12月の出来事で、俺の精神疾患は高レベルで固定し、日格差にちかくさでの寛解かんかい・悪化を繰り返しながら20年経ってしまった。
*             *             *
 話は前後するが、母が乳がんで入院している時、毎日の面会の都度洗濯物などを持ち帰り洗濯の済んだものを届ける、ということをしていたんだが、ある日、食事時に面会に行った時、病床のテーブルで小っちゃく丸まるようにして食事をする母を見た時、俺はこんな小っちゃい人に悪態ついていたのか、と思うと申し訳なくなり、その時に「今後、俺はマザコンになろう」と思い、現在そうなっているはずだ。
 今俺は、最近身体の不調を訴える母の身の回りの世話をしたりして過ごしている。身体の不調が悪化・慢性化してしまった場合、俺はこのままきっと介護者となるのだろう。それで少しは罪滅ぼしになるだろうか…。
*             *             *
 最近、消化器の調子があまりよくない。だからだろう、右頬にひとつ、吹き出物が出て触れると痛い。まぁ放って置けばいずれ治るだろう。
 他にも俺の顔にはよく見ると肝斑かんぱんというシミが大量発生している。人によっちゃぁ美容整形で取るんだろうが、俺は別にシミだらけの顔を見られて悪口言われたところで、「あぁ、そうですねシミだらけですよね俺。」…と、それで完結してしまうだけなので、別に美容整形してまで取ろうと思わない。そもそもあまりそれを欠点とも思っていないので。
 顔の欠点を指摘するなら寧ろ、左顔面の下瞼したまぶた(かけん)と左口角こうかくが連動して痙攣けいれんする「片側顔面けいれん」のが深刻で。でもこれで別に死ぬわけじゃないのでね。頭開けて顔面神経を圧迫している血管を神経から剥離して血管を差し支えない位置に固定するという耳鼻科と脳神経外科が執刀する手術を受けようとは思わない。まぁ、そういう意識を見る限りそれもさほど気にしていないのかもしれない。
*                                     *                                      *
  それにしてもPCの原状回復の作業は思いの外手間がかかり、まだ全然完了していない。ソフトとソフトの干渉だとか、ランタイム等の過不足だとかでソフトの起動にいちいちエラーが表示されたりして腹が立つ。また今から作業だ…。紅茶を淹れて飲んでからにしよう。さて。

 『November the 2nd』が修理から戻ってきて、機器の調整と原状回復の作業をしていたので一日二日日記を書かなかった。
 雨が本格的に降っている。今日は母が体調良くないので家にいて、俺とひよりで銚子から潮来のほうまで回ってきた。9時頃出たのだが、その頃にはもう結構強い雨が降っていた。天気予報では夕方あたりから降る予報だったが、降雨がだいぶ早まったようだ。結構こういうのって、心の準備が必要で、構えていないところに雨が降ると面食らってしまう。
 イオンに着いたのは10時前、食料品売り場のほうはもう9時から開いていたので俺はカロリーゼロの人工甘味料を買った。こういうと『人工甘味料』に過剰に反応して批判する人がいるけれど、摂取するのは俺。俺には子供もいない。作る予定もその気もない。人工甘味料でどうにかなる可能性があるのは俺だけ。影響は俺だけで完結する。余計なお世話だ。よくわかんない田舎の県道沿いのカフェっぽい店でコーヒー頼んで砂糖を頼んだら「砂糖は麻薬だから出さない」などとのたまったので「もう二度と来るかこんな店」と思った。いるよねこういう困った人が。社会派気取りの人ね。

 イオンを出るとますます雨が強くなり、なんか嫌~な気分になった。旭から小見川回って潮来のホームジョイ本田で灯油20リットル購入。リッター77円。

 次、イオンに寄って食パン購入後、カスミにてちらし寿司など購入。あとはセブンでカップラーメンとおにぎり購入、家に着いてから食べる。あとは横になって、多分寝てたんだろうな。その後18時頃起こされて夕食。手巻き寿司。

 これからまたデスクトップ環境の原状回復をする。

 暦の上でも春になりましたね。月日が経つのは早いもので年末だ紅白だなどと言ってるうちに今年もあと10ヶ月。今年俺は50になる。やなもんだね50って響きは。あと十年で還暦だよ。バカじゃねぇの俺。いつまでこんな生活続けるんだろうね。脳味噌も衰えてきてひょっとしたらそのうち痴呆になるかもしれない。どうしようね。はぁ…。
 ま、桜を見るまでは生きていようかな。そうしよう。

 くっそー!すっげぇ悔しさと劣等感!学歴コンプレックスここに極まれり。死にたいくらい劣等感。俺は学歴で負けて更に社会のコマとしても負けるのか!くっそー畜生!自棄酒しようにも酒がない、サイレース(≒旧ロヒプノール)ODしようにも身に危険が及ぶ、どうすればいいんだ俺は一体!この悔しさを何処で晴らせばいいのだ。好きでもない仕事の好きでもない資格を取り、好きでもいない仕事を血反吐を吐きながらやってカネ稼ぐしかないのか!?くっそーすげぇ劣等感!死にてぇくらいだ。

 俺は俺の人生全否定するぞ!覚えていやがれリベンジだ!何に?俺の弱さに!

*            *             *

 セルフネグレクト。そのせいで、俺は体のパーツをいくつか失ったが、それでもまぁ生きてはいる。考えないようにしよう。これって、犯罪者の俺に対する懲罰?生きにくい。欠陥だらけの俺。でもまぁ、そのあたりは放置して、考えないようにしよう。

*            *             *

 眠い!カフェイン2,000mg飲んだが効かない。しょうがないので立ち上がってみる。辛うじて眠らない。眠りたくない。寝てる時間が勿体無い。時間はあるようでないのだ。等しく時間があったとしても、20代の学生と今年50になる俺とはわけが違う。俺は本来なら死と向かい合う年代だ。なのに今から社会に出ようとしている。遅きに失したのである。激バカである。白髪も増えたし、活動量も減っているし、おそらく基礎代謝量も減っているんだろう。それを若者と同じステージで競おうとしてるんだから激バカなんである。でも激バカだとしても、食っていかなきゃしょうがない。いつまでも両親がいるわけではないのだから。俺は今、崖っぷちにいるのだ。どう暮らして死を迎えようか。参ったなぁ…。よくよく考えると死にたくなるので考えないようにしようと思うことは思うが、現実問題、どうするのよ俺?あーどうするのよ俺?

 ラジオから「ポケットの中にはビスケットがひとつ♪」という歌が流れている。曲名は忘れた。これを歌っていた頃に戻りたいな。幼稚園の頃に。それができるなら、バンドなんかやらないで勉強したのに。あんななんの役にも立たないドラムなんていう芸事、なんで俺はやってしまったのだろう。バカにつける薬なし。後悔先に立たず。はっきり言って、バンドなんてなんの役にも立たなかった。無駄な遊びだ。結局、バンドやろうがやるまいが、結果はひょっとしたら同じなのかもしれないが。バンドやったことによる果実は、結局全て失ったんだ。あの頃俺の周囲にいた人は結局すべていなくなった。まぁ俺に非があるわけではあるのだけれども。まぁ俺に結局人望がなかったということなんだろう。そして究極には、俺の性格が悪い、ということだったんだろう。今更直んないよこの性格は。俺の性格の悪さが今の俺の立場を作っているんだろう。そう思うよ。結局俺の全ての言動は欺瞞なんだ。あの人たちにすれば「豆々の野郎め、ザマァ見ろ」って言うことなんだろう。あの人たちの全員が全員、そう思っているはずだ。俺が惨めになればなるほど、あの人たちは笑顔になるのだろう。

 PC修理の件の見積もりの電話がマ◯スコンピューターからあった。マザボが逝っちゃってるので交換、カードリーダライタのCFカード挿入部のピン折れは有償、工賃を含め9,180円。「 えっ!?きゅうせんひゃくはちじゅうえん!?」おいおいおい勘弁してくれよぅ…カネねぇのに…。まぁ、でも人件費≒手間賃はそんくらいかかるか。新品のBTOだと部品自体は1,800円なはずなんだケド…おねげぇしますよぅ…。親に土下座して出してもらうことに…。こういう時辛いなぁ無職は。
 結局さ、ドクターストップが解除されないのも、トラブルメーカーになることが目に見えているからで、更にこの歳で普通自動車運転免許しか国家資格を持っていないのが痛い。下手すると仕事のことで自殺しかねないっつぅんでしょ?まぁ…それを全否定できない俺もいるわけで…。―――勉強しよ…。
 時間が余りある俺に今課せられていることは勉強ということなんだろう。働きながら家族を持ちながら勉強している方々も大勢いるわけで、そういう方々に比べれば時間の面でも、プレッシャーの面でも、余裕があるとは言えるだろう。それで資格取れなかったら俺は真性のバカだ。
 まぁ、俺には精神障害が高校当時からあり、高卒後大学を受験しようと思うまでに4年半以上掛かったが、志望大学には入れなかったけど、まぁ、Marchクラスの大学には入れた(とはいえ、そのことは俺にとって人生最大の挫折・屈辱であり恥でもあるのだが)ので、なんとか精神状態をうまくマネージして勉強に繋げないと俺は野垂れ死に決定、腐ってウジ湧いて大悪臭放って見つかるのが目に見えている。生活扶助ふじょなんか受けるようになったら俺はもう一巻の終わりだ。
 好きなこと、天職と思える仕事ができている人は幸せだ。だが、そういう生き方を俺が俺自身を許さない(表現っていうか文章って難しい)。仕事は嫌なことを血反吐ちへどを吐きながらするものだ、という観念があるので、昔からマンガ描いて食ってこうとか、音楽で食ってこうとは思わなかった。自分が自分を許さなかった。何故だと訊かれても答えにきゅうするのだが、仕事は好きではないことであり、血反吐ちへどを伴うものだと物心ついてからそう思っていた。俺には好きなことで食っていこうという権利などないと思ったのだ。職業選択の自由などないと思っていた。誰かにそれを教え込まれたわけではないが。多分、俺の人生は前世で何か罪を犯した罰として与えられたものだ、という思いが強い。俺の人生=懲罰ちょうばつなのだ。
 懲罰ちょうばつである以上、好きではいけない。楽しくてはいけない。辛くなければならない。やり甲斐など感じてはならない。ただただ辛く、血反吐ちへどを吐かなければならないのだ。
 そう思っているので尚更、俺は生まれながらにしてセレブな二世芸能人を嫌うのかもしれない。ファーストクラスでLA行って宝石・貴金属・一流ブランドの服を買いました、昼前都内某所の高級ネイルサロンに愛車のポルシェで乗りつけ爪を手入れしてもらいました、バラエティ番組でひな壇に座って1時間ニコニコしてるだけで7桁のギャランティ発生しました…って、なんなの!?それ…ってぼやいてみても、俺は生まれつきの罪人、辛い人生を送って苦しんで死ぬ、そういう人生しか許されていないのだきっと。
 まぁとにかく、俺は好きでもない仕事をする為に、好きでもない勉強をして、そして、ゆくゆく、血反吐を吐くのだ。―――で、俺の腐って悪臭を放つ死体が見つかるのだろう。

 胃が痛いのは治った。胃が痛かったときは背中に放散痛があったけどそれも治ったみたい。何だったんだろう。治ったと思って冷たい紅茶を飲んだら腹が痛くなってトイレへ。弱いなぁ消化器が。過敏性腸症候群はまだ完治はしてないようだね。落ち着かないよ腹が。参ったなぁ。腰に使い捨て懐炉貼ってあるんだけどねぇ。
 腹の調子が悪いときは俺の場合、ふくらはぎに痛みが出る。多分ツボだと思うんだけれど、そこを押すと腸がギュルギュルと動いて楽になる。俺だけなのかなぁ。なんか…調子悪ぃ。とりあえずロペミン(ロペラミド塩酸塩/下痢止)飲んだ。多分アカディ飲んだからだな。以前にも数回書いてるけれど、アカディは乳糖不耐の人の為に予め80%の乳糖を分解してある。ただ残りの20%に俺の腸は反応してしまうんだな。ポンコツ腸め。
 腹が弱いのは、もうホント小さい頃から。乳児の頃から。小児下痢症(仮性コレラ)に罹り、入院した。以来よく腹壊すし、十二指腸潰瘍にはなるし、本当に消化器が弱い。もうつくづく嫌になる。ロペミンは常備してあるし、過敏性腸症候群の薬、イリボーも処方されている。

 今日はこんな感じで胃が痛くてサイレース飲んで寝ていて起きたら起きたでボヤーンと過ごしていたので特にネタがないんだよね。ただただ胃腸が調子悪いくらいで。

 今日、PCメーカーから、日曜日に出した製品が到着した旨連絡が来た。佐川だから配達は翌々日だろうから順調に届いたようで。修理は96時間以内に完了と書いてあったけどホントかな?順調に行けば日曜日か月曜日に届くだろう。

 興味深いレポートを見つけた。過敏性腸症候群とパニック障害の関係に関するものだ。俺も二回ほどパニック状態になって地域基幹病院の救急にかかったことがあったが、いずれもトイレでの排便後、それもあまり快調とは言えない不完全な排便のあとに起こったものだ。呼吸しづらく脈が速く、冷や汗が出ると言った症状、レポートの記述に合致する。レポートは2000年記述と結構古いものだが、こういう関連性があるとは正直驚いたと共に、確信し、納得した。

 あんまり精神状態よくないな。『脳腸相関』という言葉がある。脳と腸が互いに影響しあっているそうだ。脳(≒中枢神経)の状態が悪いと腸にその影響が現れ、またその逆もある、という。それはよくわかる。とてもよくわかる。
 不潔恐怖を曝露療法で治してから、つまり外出先でのトイレで用を足せるようになってから、外出先で下痢を催すことも少なくなった。「下痢したって出先でトイレに入ればいいのだから」という意識を確立してからは、外出先でのトイレも、便意の元となる外出先での食事も全く平気になった。かなり楽になったし、家族への大迷惑も少しは減っただろう。
 というわけで脳の調子、腸の調子はシンクロしているということだ。

 もうすぐ午前0時。あと2日で2月も終わり。紅白歌合戦云々言ってたのにもう3月。春ですよ。花粉症の方々はさぞゆううつな日々を送ることになろう。俺は今は特に花粉症ではないけれどいつか花粉症デビューしてしまうのではないかとビクビクしながらいる。
 ただ、俺は春が好きだ。早く桜を観たい。なんなんだろうね桜の花の魅力って。テンション上がる。ただ、ブルーシート敷いて飲めや歌えの花見は大嫌い。提灯掛かってるのも大嫌い。俺は、静かに桜吹雪の中を歩いていたい。なんであぁいうことをするのかわけわからん。酒盛りも好きではないから、仮にブルーシート上に居たって全然楽しくない。俺は二十歳で酒やめたからねぇ…。
 理由?美味しくないからだよ。敢えて好きなのを言ったら、タンカレーのジンかスピリタスだよ。それだったら飲んでもいいが。でも自ら進んでは飲まないね。うん。
 うちの家族は誰ひとりとして酒は飲まないし煙草も吸わない。だって、別にそんなものなくたって生きていけるしうちの家族は酒の力借りなくたって楽しく過ごす術は解っている。俺にその能力が少し足りないのを除けばね。


 しかしそれにしても、午前0時になったら人々のネット活動がピタッと止まるのには感心する。午前0時ってやっぱりみんな寝る時間なんだろうなぁ。俺は夜通し起きてるし、調子いい時はそのまま寝ないで昼を過ごして、昼寝程度に寝て夕方起きるっていう…。こないだも書いたけれど、俺、寝るのあんまり好きじゃないんだよね。貧乏性なので、寝てる時間が勿体無いんだよね。なにか生産的な活動をしてるのかと問われれば全くそんなことしてないんだけれど、なんかあんまり好きじゃないんだよね。ネットが常時接続になってよかったよ。ダイヤルアップ、すげぇ嫌だった。ダイヤルアップ、若い人は知らない人も多いんだろうな。あんな不便で遅い接続ないって。今じゃありえない。まぁプロバイダによってはダイヤルアップを未だやってるところもあるけれどね。常時接続になって、俺がどれほど助かっているか、計り知れないね。
 今日の日記はこれで終わるけど、今夜も俺は夜通し起きているのさっ。(終)

 今日はアピタのカットルームで髪を切ってきた。ええ、いつもの通りツーブロックで1,100円というわけで節約。次、行方の楽郷で小松菜を購入。その後灯油を買いにホームジョイ本田へ。それに先だって、ひよりが変わった道を走り出した。なんだ?と思って「灯油は?」と言ったら「あ、そうか。忘れてた。そうだよね。お昼(ご飯)のことしか考えてなかった。」とひより嬢。最重要ミッションでないの(笑)。

 今日PCを修理に出した。暫くかかるだろう。まぁ元気になって帰って来てくれればそれでいいよ。コンピューター…殊、マ◯スコンピューター、いいのか悪いのかよくわかんない。ただ、この俺の買い物は失敗だったと言わざるを得ない。ま、次に活かす他ない。10年後くらいに。

 この日記は24日の日付になっているが実際は25日1時25分に書いている。なんか眠りたくなく、カフェイン錠200mg5錠を飲む。1,000mgってことね。1gよ。いいのか悪いのか判らんが、飲んでしまったもんは仕方がない。

 んー…やっぱりノートじゃあんまり書きたい欲求が出てこないなぁ…終わる。

 PCのBIOSファームウェアを適用したらロゴが出ずBIOSにも入れなくなってしまった。色々ちょっと弄くろうかなと思ったが、これ以上ひどくなったら元も子もないのでおとなしく購入した状態にHWを戻して蓋を閉じた。というわけで、一週間くらい修理にはかかるだろう。そんなわけで今日はノートPCで。普段はあまり使わないので要領を得ない。しょうがないのでキーボードだけデスクトップのを繋いで書いている。
 デスクトップのキーボード使ってるとノートPCのキーボード使いづらくって。間違ってタッチパッド触ってカーソルが変なところに行ったり諸々使いづらいんだよね。
 しかしパソコンも、冷蔵庫みたいな丈夫で長持ち家電にならないもんだろうか。 だって冷蔵庫って保証10年だよ?俺のPC は1年センドバック修理。もっとオプションで金だせば3年とか5年とか保証あるけれど、なにぶん高い!恨めしく思いながら一年センドバック修理を選択した。
 明日取りに来る。はぁ…(嘆息)10日、2週間見とけばいいだろう。またノートパソ生活は続く。

 精神状態が悪い。ちょっと落ち込んでる。まぁいろいろあってね。はしごを外されたっていうか、そんなこと。俺はいっつもこんな役回り。いっつもだ!落ち込んでいるし、怒りがちょっとある。まぁ、いいんだけどさ。

 激昂の時は、ヒルナミンと抗不安薬代わりのサイレースを飲もう。もうこんな思いするのはたくさんだ。

 今朝は非常に寝ぼけていて、散々メシ食った後に、ひよりに
 「俺メシ食ったっけ?」
と訊いてみたり
 「足腰が立たない」
と言ったあとスタスタと歩いて自室に来たり、それで寝たらしい。覚えていない。
 夢現ゆめうつつで動いてたんだろうな。俺、結構そういうことがある。俺、実はあんまり寝るのが好きじゃないので「起きていたい」という欲求と、生体として本来持ってるどうしようもない「睡眠欲」が衝突してこういう変な状態に陥るんだと思う。

 しばらくODしていなかったけれど最初に書いたことで耐えきれなくなってヒルナミン120mg飲んでサイレース4mg飲んだらふらふらになって22時過ぎまで寝た。起きるとふらつきは消えていたがこのまま死んじゃえばよかったのにとも思った。

 今日は精神科の診察。主治医の先生が言うには、
 「パーソナリティ障害というのは古い概念で、そんなこと言ったらその時点で治療は終わっちゃうわけなんですよ。今は使いません。ですから、そのことについては考えなくていいですよ。」
 とのこと、そうなのか…先生自身の立場の違いで違うのか、自分の支持する治療法によって違うのか、それとも本当に精神医学会で「人格障害」という概念が否定されたのか、そこがよく判らないが、とりあえず人格障害のことは考えなくてもいいから、考えてしまう俺もいるけれど、素直に、考えないことにしておこうかな。

 まぁ、また俺はもう数人、友人を失ったけれどね。俺の文章の書き方に思いやりがあればよかったんだが、まぁ、彼らもなぜ元カノは俺と別れたのかよく解ったことだろう。俺の思いやりのなさ。これに尽きる。俺はどれくらい元カノを傷つけただろう記憶に残っている出来事だけでもおぞましい。元カノとの暮らしの最後のほうは、うつがひどくなっていて、女性と恋愛関係にあるほど余裕がなかった。元カノが俺に求めることと真逆だったのだ。
 ちょっとしたことで彼女を叱責し、思いやりのない言動をする。俺はそんな人間だ。過去形じゃない今まさにそうなのだ。今の俺には他人と付き合うだけの余裕がない。今の俺には男女問わず関わらないほうが良いと思う。嫉妬と憎悪、順調に人生歩んでる人にSNSで囲まれてごらんよ。今の自分と比べて、嫉妬を覚えないほうが万が稀だ。ま、そのせいで余計『嫌な奴』に成り下がっているのだが。SNSのような『リア充友の会』とは関わらないほうが良いのかもしれない。またきっと暴言吐くから。人格障害と言う概念がないのなら俺は何なのだろう。欠陥人格とでも言うのだろうか。普通の人とは、やっぱり違うよねなんか。劣等感。