合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 俺に敵意を抱く人がたくさんいる。小中高の同級生先輩後輩そういう人がたくさんいるんだよなんか知らんが。目障りなんだろうね結局。だったら無視して関わらなきゃいいのにわざわざ精神的肉体的に攻撃を仕掛けてきたがる。勝つ自信があるからなんでしょうね。俺に飛び抜けた能力があればなにも関わらないのでしょうが「自分はこいつより優れているからいっちょ攻撃して潰してやろう、自分にはそれができる」くらいの自信があるのでしょう。俺は攻撃してストレス解消できるくらいの手ごろな攻撃対象なんでしょうね。誰か一人でもそういう人が出てくれば次々と追随する人が出て来るでしょう。面白そうです。

*               *              *

 昨夜は2時か3時頃まで結局起きていて、多分その後寝たんだろうけど気がついたら午後になっていて、なにをしてたんだかよくわからん。最近記憶が曖昧でちょっとまずい感じ。最近抗うつ薬も効きが良くなくて…トリプタノール効かなきゃなにも効かんでしょ、って感じになっている。レボトミン500mg(50mg錠✕10)服用。

 最近、精神状態があまり良くなくて。来週精神科の診察かぁ。はぁ…四週間は早い。あっという間だ。最近、一週間がものすごく短く感じる。その一週間が四つ繋がっても早い。四週間がなんだか一週間くらいに感じる。歳食っていくってそういう事なのかもね。糖尿の方の内科はだいたい八週間サイクルなので気持ちの余裕はややこちらのほうがあるが、一週間切ってくると結構切羽詰まってくる。あー。病院、ありがたいのは事実だけど「出かける」ということに異常なくらいの緊張がある。どこでもドアで診察室と繋がっているのならまだましだが。

 はー…。しんどい。しんどいねぇ。この調子じゃ今日辺りから提出書類(つっても俺が自主的に出しているだけだが)書かんと間に合わないかも。

 精神状態悪し。あー。(20:14)

 パスワード認証制の掲示板を作ってあったんだが、誰だか知らないがパスワードを破って掲示板に入り込み、俺を「最低」だと罵って帰っていった女性のかたがいる。

 別にいいんですけどね「最低」でも。俺は俺で与えられた宿命を一つ一つ潰しながら生きているだけで。別にそのかたに気に入って頂こうと思って生きてるわけでもなし、俺が生きたくもない人生スケジュールに沿って生きていることを最低と言われたんだから俺の人生はそのかたにとって最低なんだろう。他人の人生を最低と言い切るような素晴らしい人生をそのかたは送っていらっしゃるんだろう。

 最高でしょうよさぞかし。良かったですね。自信つきましたか?俺を最低と罵ることができて。まぁ、投稿された記事についてはこちらのほうでIP・ホスト名を知ることができるような仕組みになっていますんで、追跡しようと思ったらできるんでしょうけれど、そこまでの気力は今はありませんのでパスワード認証制のところでコソコソ罵るより、公開の場で罵ったほうが炎上を招いて面白いでしょうから。罵るのならどうぞ罵ってください。ホスト付きで公開させていただきますので。俺はどうせ最低ですので、ご自分が如何に最高か、記述を展開されてみてはいかがでしょうか。たくさんの仲間があなたをフォローしてくれるはずです。僕に味方はいませんがあなたというか僕を最低と思っているかたはたくさんいるはずですのでその点においてあなたの仲間はたくさんいるのでどうぞ。(16:58)

 今日が元々の成人の日。成人式だね。俺は出席していない。すっかり捻てしまっていた。「成人なんて言ったって、昨日と今日のなにが変わるんだよバカ野郎」ってな感じか。成人式がはけたら、プチ同窓会のような雰囲気になって、まぁ、なんつうか懐かしいね云々の話が繰り広げられるのだろうが、例によって予定調和に違和感を感じてしまう俺は、自分が壊れるのを防ぐためにその場に身を置くことを拒んだのだ。正解か不正解かはもう今となってしまっては知る由もないが、んーまぁ結果を見れば自ずと察しはつくだろう。『48・無職・未婚』結婚紹介所が最もコマーシャルアクトしたいプロフィール。人生折々ハレとケがある。俺はことごとく拒んできた。節目がないのだ。道に…一里塚がない。何処で子供を終わりにしたか何処で大学に入った↔卒業したか節目がないのだ。こういうのは、自分でやっといてなんだが、避けた方がいい。素直に祝ってもらえばいい。と、この歳になって思う。みんなで一緒に祝ってもらうこと、これが孤独感を和らげる。そんな思い出のない俺は、孤独感満載である。成人式の日は一人でいた、大学入学式も一人で寝ていた。卒業式は一人池袋で買物…同期の仲間がいないというね。大学で俺、友達作んなかったからなぁ。不本意入学でこんな学歴に思い出など残したくないという歪んだ思考傾向は、確実に俺をダメにしていった。なんの後ろ盾も箔もなく、更に3月グループにしか入れないという、再会に当たって非常に恥ずかしい状況になっている。

 あぁダメだ…精神状態最悪。寝る。

 5時20分、GeckoLinux(日本語で参考になりそうなところはこちら)のLXQtインストール失敗。インストール先パーティションもディスクも何も表示されない。Windowsの「管理」で当該ディスクのパーティションらしきものをすべて削除、カラになったところでディスク全体を1パーティションにして、KNOPPIXのGPartedを起動。件のディスクにアクセスできない。これはひょっとしてェ?ってことですよ。そうですよWDBlue1.8TB様におかれましては、2018(平成30)年1月14日午前5時15分、ご逝去あそばされたようです。UNIX検証ドライブであり大事なものは入っていなかったのでまぁしょうがない。ご寿命が尽きたのだろう。結構前に取り付けたものだしね。いやぁでも、メインOSのデータをバックアップするってホントに大切だよね今回の顛末を考えてもさぁ。ゾッとするよね。予算が潤沢にあるのならRAIDでミラーリングできるのだけれど、現状ちょっと難しいよね。だから外付けHDDでボリュームの重要ファイルだけコピー、っていうほんっと最低限しかやってない。同時に壊れることはあまり想定できないことだけど、無ではない。こわいこわい。だからこそのクラウドなんだけど、ちょっと信頼性に難アリだからな。突然サービス停止して夜逃げとかさ。こういう急な出費って、非常に困る。HDDとかハードウェアをストックするのが一番なんだけどねぇ二段構えのシステムなんて金持ちしかできねぇもんなー。一人暮らしならエンゲル係数下げてまでもPCに使えるんだけれど、実家ぐらしじゃ俺のお財布なんてあってないようなものなので、俺このキャベツの千切り要らねぇんだけどなぁ代わりに30円くれない?…ということはできないので実家に暮らすって不便ねなんでうちはこんなにエンゲル係数高いんだ?そしてその結果が家族みんなの体型に表れているんだから。でもひよりは痩せないけれど太らない。どうやって体型を維持してるんだ?食生活なんてほぼ共通だし、やっぱり結局消費カロリーの違いなんだよな。俺なんか100kg~105kg辺りを行ったり来たりしてこの年末は増える方に暴走が始まった。まいったなぁなんか…。

*            *           * 

 午前9時20分、自宅出発。40分後、道の駅『風和里ふわりしばやま』着。野菜・花など購入。11時、成田方面に出発。

*            *           *

 このあとのことも書こうと思っていたが、急にうつ状態に陥りつつある。いろいろと考えることも多いけれど、このページから姿を消した人たちが何人かいて…所詮、ネットの付き合いなんてそんなもんだよね。っていうかここは人間関係の構築に問題がある方もいらっしゃってるんで、ま、こんなものかな、と。なんていうのかな、憤りとか、怒りのようなものはない。っていうか所詮、ネット上の付き合いって簡単に切ったり貼ったりできることが魅力なんでしょ?まぁ主張の交点はないから今現在、このような状況になってるんだけど。まぁいいや。現実を直視するとぶっ潰れるだけなので今から現実逃避をしようと思います。動悸がする。(23:26)

 色々書いたのに電気のブレーカーが下りてしまい給電停止。サブで使っているノートパソコンがバッテリーに切り替わって点灯しているだけ。TVも消えたし電気ケトルも消えた。

 だいたい、うちに電気ケトルなんて要らないんだよ。ガスがあるんだから、ガスでお湯沸かせばいいじゃん、なに気取って北欧の調理器具会社のイメージ戦略にに感化されて電気ケトルなんか使ってんだよ。と、母には言いたい。

 が、実際問題、母には、洒落にならない問題がある。ガスつけてくつろいでしまうと、寝てしまうのだ。そうでなければ、ガスつけて(例/魚の煮付けとか)庭の掃除に外に出てしまうのだ。または、すっかりガスつけているのを忘れてしまうのだ。何回何十回言っても直らない。直そうとしない。俺が物心ついたときには既にそうだった。何回何十回、醤油と酒が焦げた匂いを嗅いできたか。脳のどこかがおかしいのだ。

 その欠陥はきれいにそのまま俺にも受け継がれてしまっている。「俺と同じで、脳の何処かがおかしいんだから調べてもらうなりなんなりしてもらったほうがいい」と俺が言うと、先日の例ではないが「もう頼まない。金輪際お前とはかかわらない!」と、会話を打ち切ってしまうのでどうにもならない。

*              *              *

 俺は意地が悪いので、人の弱い点を図星で突いてしまうから、俺がなんか言うと「逆ギレ」されることがほとんどだ。ほとんどと言うかほぼ全ケース、そうだ。言い方の工夫をすれば逆ギレされることもなくなろうが、基本的に俺は意地が悪いので、わざとキレさす方向で持っていく。

 これはいくら肉親と言えど、反射的に殴られるか、刃物があれば刺されるか、紐状のものがあれば首を絞められる行為だから安全な策ではない。が、俺は意地が悪いのでそういう手段を執ってしまうんだな。俺の性格がよく表れているケースだと言えるだろうね。火に油を注ぐ、というね。

*              *              *

 なんだっけ?そうそう、電気ケトル。電気代かかってしょうがないと俺は思うんだけれど、実際に前述の、そういう母の事例を考えると、スイッチが自動的に切れるという点は電気ポットにゃ敵わない。ガスコンロも過熱防止センサーみたいのはあるけれど、これは結構危険なレベルまで達しないと作動しないことが多い。ガスは高エネルギーではあるが、裸火らび故にそういう危険な面に目をつぶるしかないというのが実情だったりする。でも、この経済状態で火災なんか出しちゃったら近所にも大迷惑だからねぇ。そう考えると、この電気代も、保険としてしょうがないのかなぁと思ってみたり…。

 電子レンジ・炊飯器・オーブントースター・エアコン暖房・ホットカーペット、この5つが重なると、確実にブレーカー下りるね。だから削るところは削っていかないと、ということになるのなら、四六時中パソコンやってる俺が、厚着してエアコン消せばいいだけの話。炊飯中は電気ケトルを使わない。それだけでいいという話だ。

 アンペア数もこの家電隆盛時代、30Aではキツいものがあろう。電力使用量から東京電力エナジーパートナーのページで試算してみると、うちは60Aないと全然足りてないという結果だった。んー。配電盤周りの工事、基本的に無料なんだが、条件(配線etc)によってはウチ持ちの屋内配線工事が必要となるらしい。何かしようとすると、なにかと物入りだ。世知辛い。

 しかしすっかり新興住宅地と化した土合地区、二台も三台もエアコンの室外機がついてる家も多い。アンペア契約、いったいいくつになってるんだ?不思議でしょうがない。

*              *              *

 1969年に始まった『土合ヶ原どあいがはらニュータウン開発(この名称もいつしか雲散霧消してしまったが)』。15年前までは鹿島企業の社員住宅団地群だった。建物が老朽化し始め、社員住宅住民が団地を出て土合に家を建て始めた。建物の維持・管理、固定資産税が嵩み、取り壊され始めた。ウチが社宅を出て土合に家を建てたのが1974年。もう、社宅に入っていたのは5年くらい。当時は区画もちゃんとしていなくて砂原の中にぽつんとウチがある感じだった。そうですよオープニングインハビタントですよ。もうウチ、土合の先住民ですよ。下水も完備されておらずなんだかんだと母が町長(神栖かみすに併合される前ここは「鹿島郡波崎町はさきまち(-2005.8.1)」だった)に光熱設備をどうにかしてくれと、身重を押して直訴に行ったりという…。(その時胎内にいたのが「ひより」)寂しい松が鬱蒼うっそうと生い茂る土地だったが、それらもすっかり切り倒され、特に2010年以降、ことに2011.3.11以降、土合あちこちに猛烈な勢いで新築が進んでいる。何故かと言うと、「土合まで津波が来なかった」「土合に液状化現象が起きなかった(近隣の太田地区、常陸川水門付近で液状化現象(≒噴砂ふんさ)が起きているが)」という「噂」とか「デマ」の類による土合についての「頼りない評判」のみを頼って、また、地価がウチが購入した当時の三分の一に下がっており購入が容易というのもあってニューファミリーが続々土合住民になっている。でも、どんな被災地だって、爺さん婆さんが「70年住んでいるけどこんなこと初めてだ」と証言する例を見てきているじゃないか。俺だって48年住んでるけどとりあえず今んとこは…居住70年まであと22年。なにも起こらないとは限らないからねぇ。しかしそれにしても地価が三分の一ってなんだよそれ?…元本割れ甚だしい。財テク大失敗(別に財テクしてたわけじゃないのでいいんだけれど)。

*              *              *

 明日休みだから、今日の内仕事を済ましてしまおうということで、ひよりが帰ってきたのは21時前。生鮮食料品を扱っているのでどうしても週休二日は無理、ということで日曜日休みなだけでもいいほうだとひよりは言っている。以前の会社が良すぎたということもあるが週休一日(不定期に付与される休日や臨時の給与で週休二日ぶんを補填されているのかもしれないがそこいらへんは不明)が基本である。

*              *              *

 23時47分。今日の日も終わりだ。明日が過ぎればまたウィークデイ、今日・明日休みの勤労者の皆さんには過酷な一週間が始まる。俺はなにかを学ばないといけないような気がするので無用な「うつ」がやって来ないことをひたすら祈るしかしょうがない。平穏な毎日が続けばなにも言う事は無し。おやすみなさい。(23:59)

 昨夜は眠くて仕方なかったので、早々にギブアップして寝たんだけど、今朝起きたのも比較的遅くて、いろんな疲労が溜まっていたんだろうな、と思ったり。もうなんていうか、精神状態最悪なんすけど。他にもいろいろ精神状態を悪化させる要素満載だったりね。もうなんつぅか、最悪ですよ精神状態。いろんな不快感から逃れる為には、とりあえず、現場から逃げること。今からまた寝る。耐えられない。(13:55)

 今日はひよりが仕事休みだったのでノープランでドライブに出かけた。行き当たりばったりで行ってみた。最終的に印西の方に行った。「鉄道があるから栄えてる」という定義は必ずしも正しくない。

 なんか今日は、凄く精神的に疲れていて、状態が良くない。先日の大喧嘩以来、父とは口を利いておらず、視線も合わせていない。朝晩の挨拶もつれなく、先方から声かけてきても、うーとかあーとか言うくらい。俺と父とは水と油。どだい共に暮らすのは父にしてみりゃ俺がいる限り家は住みにくい、俺にしてみりゃその逆だ。親子じゃなければ絶対混ざらない。根本的に、ダメなんだな。同居するのが。

 というわけで精神的に辛いので写真の羅列で勘弁してくだされ。

 

上の変な形の建物は駅舎らしい。ナニ駅だか判らなかったが、調べりゃすぐに出てくるだろうし。

 

 

 

 

魚みたいな雲とかが上空でぽこぽこ出ていたりね、で成田も近いからジェット機が比較的低空を通過したりね

 

 

 

 

 で、鹿嶋の方にちょこっと寄って、内田篤人くんが記者会見した鹿島セントラルホテルを右手に見ながら帰ってきてくれてよかったね云々話しながら帰ってきた。

 それから17時半に、近所の和食の店『三金』で家族で夕食を食べた、というかひよりがご馳走してくれた。ありがとね、気を遣ってくれて。多分主宰としての母なりひよりは、俺と親父の「仲直り会」みたいな感じでセッティングしてくれたんだろうけど、父も関係を修復しようと話しかけてくるんだけど俺は顔も見ず「あぁ」とか「うぅ」とかしか言わないもんで関係修復も何もない。結局今日も碌に顔も見ず会話も俺がけんもほろろなもんでとりつく島もなく会話は成立しない。多分あと1ヶ月2ヶ月、俺の怒りが終わるまでこのままだ。母やひよりにゃ悪いけど、俺はそういう人なので。ぱっと切り替えられる人ならこんな状態に陥ってない。

そんなわけで。今日は終わりにする。(23:53)

 なんか毎日、なんのコミュニケーションもないまま、ひとりでこんな無益な文章書いててバカみたいじゃん。まぁ、俺は実際、「みたい」じゃなくて「バカ」そのものなのだから致し方ないけれど。

 今日は晴れ。時々陽が陰るが、おおむね晴れと言っていいだろう。昔、気象観測で「空の何割以上が青空なら晴れ」とかやった気がするのだけれど忘れてしまった。小学校で、休み時間のたび、百葉箱に気温を見に行き、アネロイド気圧計というのがあったのでそれも観測してたかな。当時はアメダスAMeDAS:Automated Meteorological Data Acquisition System)もなかったのでいちいち百葉箱まで行かないといけなかったのが少々めんどくさかった。

 当時は気象に関して、比較的好きな分野ではあったものの、今ほど志があったわけではないので今ほど厳密には観測していなかっただろうな。

 当時は気圧はmb(ミリバール・hPa(ヘクトパスカル)との数値換算なし)だったなそういえば。ヘクトパスカルへの切り替えの経緯についてはここ。切り替えは1992年のことだったようだ。もっと最近のことだと思っていたがもう26年「hPa」なんだね。じゃぁ今年の新成人はずっと気圧のことはhPaだと認識しているわけだ。

 年取るとボキャブラリーが蓄積されるのと反対に理解力とか分類とかが弱ってくるので、逆に単語の誤選択も増えてくる。

*              *              *

 なーんか俺は18年ほど人に揉まれていないので、いつまでも若いつもりでいても、実際はもう既にアラフィフなわけです。精神的には「若い」とも言うし「幼い」とも言う。せいぜい精神年齢は、高く見積もっても30歳なわけですよ。だから人の打算とか策略だとかに非常に敏感で、それ故に人間不信が強い。「信じたら負けだ。」という短文が精神に刷り込まれてしまっている。俺自身も含めてだけど、人は容易に裏切るよ。

*              *              *

 LinuxとかSolaris、BSDなどのUNIX群は、日本語化されていないことが多くて、されていたとしてもユーザー側で設定しないとメニューが英語表記のままになっていることもある。こないだ、日本語表記にするおまじないをヒョコっと忘れてしまい、メニューを英語のままにしてあるディストロがある。別に英語のままにしてあったってなんの不自由もないんだけど、というか逆に状況によっては英語表記のまま使っていたほうが箔が付くこともあるだろうが、俺は日本語で表記できるものはそのようにしたいと思っているのでデスクトップ環境は日本語表記にしてある。そのおまじないを扱ったページがここ。非常に助かった。

*              *              *

 15時37分。陽が陰ってきた。冬至を過ぎたとはいえ、日の入りはまだ早い。16時も過ぎれば真っ暗である。俺の人生の先行きくらい真っ暗である。

*              *              *

 俺の人生の歯車が悪い方向へ回り始めたのが34年前、1984年の10月7日のことだった。

*              *              *

 コーヒー飲もうか紅茶にしようかちょっと迷っているが、母が起きていてその希望があればコーヒーにしよう。寝ていたら紅茶にしよう。最近と言うには随分と時間が経つが、母は午後、こたつ(こたつ布団はかけてあるがヒーターが壊れてしまったので熱源はホットカーペットという状態)に入って横になって寝ていることが多い。寝ている時間の長さは犬並みである。なんか、もう、どうしちゃったんだろうという感じ。夜、眠れていないのかなと思ったりもする。様子を見る限り「睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome=SAS[サス])」ではないようだが、睡眠を妨げるような事象があるんだろうか。

 母はNHKラジオ第一を就寝前からつけてあるようだがラジオ深夜便のリスナーの年齢層が若くなってきているのだろうか、ロックやヘヴィメタルを聴いた俺にとってさえ「ガシャガシャうるさい音楽」に聞こえる音楽がかかることが多くなった。先日はローリング・ストーンズがかかっていた。「やかましい」と消してしまった。夜中の高齢者にロックはないだろうよ。リクエスト出してるの、本当に高齢者?うーん…。

 母はどうやら寝ているようだから紅茶にしよう。今日はjanatのBlack Series『Original Earl Grey』です。ホットで淹れるとベルガモットの香りが結構強くて、下品に思う人もいるかもしれないけれど、俺は好き。夏はアイスで飲むことも多いです。

*              *              *

 実は今、急に「うつ」に入ってきました。16時20分。あぁ、薬飲もうか。以前は、ベンゾジアゼピン系(若しくはチエノジアゼピン系)の抗不安薬、いわゆる(精神)安定剤(マイナートランキライザー)としてデパスとかソラナックス(コンスタン)が頻繁に処方されていたが、ここ十数年で評価ガタ落ち、よっぽどのことがないと処方されない薬になってしまったので、代わりに、ということで俺は抗精神病薬(メジャートランキライザー)のレボトミン(ヒルナミン)を処方されている。でも効いてるのかな、俺は結構キ◯ガイさんが処方される50mg錠という大きい剤形を処方されているが、そんなに効いてるのかなぁ?というところではある。一回につき500mgとか1000mgとか飲むことも少なくないのだが、うーん…っていう感じではある。最近の精神科の先生はベンゾジアゼピン系の抗不安薬への信頼度は低いようだね。バシバシ抗不安薬処方されたあの時代は何だったのだろう?

 精神状態悪化のため、治るまで中断。(17:15)

*              *              *

 只今21時44分。あれから4時間半ほど。正直言って、精神状態はちっとも良くなってない。おまけになんか、デパスを断薬した時みたいに体中の関節が外れるかのように痛い。今、依存性のある薬剤は投与されていない筈だが…。

*              *              *

 今日、高校の恩師から年賀状が届いた。そう、恩師から見れば数百人いる教え子の一人に過ぎない。ぱっぱっぱーとコンビニで印刷済みのはがきを出して下さったんだろう。わざわざワープロじゃなしに直筆での宛名それでさえありがたかったのに一筆添えてくださった。教師生活ウン十年中最低の出来の生徒が未だこういう感じで生きていることを恩師はどう思っているのか…。それを考えてさらにうつ状態になる。

*              *              *

 あー、正月明けてから暫くメールチェックしていないな。POPサーバーパンクしてやいないだろうか。ほぼ全部広告のダイレクトメール。俺なんかに誰がメールなんかくれようか。はー。盆暮れ正月でみんなが浮かれてる時はダメね。毎日死にたくなっている。

 …クスリ飲もうか。ヒルナミン50mg錠を。1,000mgから2,000mgくらい飲まないと効かない(心毒性がある)上に、デパスとかソラナックス(コンスタン)とかのキレもない。メジャートランキライザーが人気ない理由がまさにその点である。

 ベンゾジくれぇ…こうなっちゃうともうシャブ中と一緒ねクスリが合法か違法かだけの違いで。それを見抜いて精神科の主治医の先生は処方しなかったんだろう。かつてジャンキーだった男はなかなか依存から抜け出すのは難しいから…。

 リタリン®は俺が「これこそ医薬品だぁっ!」と実感した向精神薬のひとつ。都会の貸ビル精神科クリニックから地元の総合病院精神神経科に来てまず、リタをカットされた。「ぇえぇぇ~!?」と思った。「俺、自殺しなきゃ」、と思った。そういう思考回路を作るのがリタの有害作用。なんだかねぇ…なんだかんだ言って今も生きてますけれど、切られたあとの投与中止にあたっては特に問題なかったので、俺のリタリン依存は精神的なものであって、身体依存ではなかったこと、これが幸運だったね。幸運っつぅか幸運ではないんだけれどもまぁ、まぁね、そういうことで…。

 はー。辛いな寝ようかもう午前0時だ。(23:59)

 成人式の晴れ着が着られなかった女の子たち、成人いきなりの災難だ。俺は実は新成人の頃もう既に精神を病み、不貞腐れて嫌になっていて、成人式に行く着飾った同級生の新成人の様子を窓から見ながら、「ケッ、浮かれやがって」みたいな感じで茶でも飲んでたような気がする。男はスーツを、女は晴れ着を新調するもんだけど、俺ん時はスーツなんて買わなかったからカネはかかんなかったかな。成人式の他、大学の入学式も不本意入学だったため不貞腐れて部屋で寝ていたという…。勿論そんな大学の卒業式にも行くはずもなく、池袋で買物でもしてたんじゃないかな…。「めでたくもない儀式に何故行かにゃならんのだ。」という…。華やか?な儀式に出席したのは、友人の結婚式以外ないね。未だに、ハレの日アレルギーがあって、そういう場に行くと気分が悪くなってしまって…。めでたくない人生を歩いてる俺が「晴れ舞台」なんてちゃんちゃらおかしい、とか言って不貞腐れてました。だからハレの行事を忌み嫌っているわけなんですね。俺はこんなだから、成人式の大切さなんて知らないし、知ろうとも思わない。けれど、普通の新成人の人の目出度さを否定するほど徹底してもいない。

 ので、新成人の人と、その親御さんには非常に気の毒だ、くらいはわかっているつもりです。ちなみにひよりは俺のようにひねていないので普通にお祝いしてもらってましたし、俺も祝いました。とにかく、俺は自分が目出度いのが許せないようです。

 今日はひよりと銚子から鹿嶋の方ぐるっと回ってきた。少し眠かったがせっかく連れてきてもらったので根性で目を開けていた。イオンの食料品売り場で人工甘味料を購入。「人工甘味料」と聞くと「発がん性、催奇形性」云々言う人がいるけど、同じ短命で逝くのなら不摂生した方が幸せだと思う。いいじゃねぇか別にあなたの健康を脅かすわけでもなし。別に俺は子供も持つ気などないので催奇形性は関係ないしね。

 あとなにしたっけなんか買ったっけか?覚えてないなぁ。パン買ったよなぁ確か。うち帰ってきて昼食食べて寝たのかなぁ夕方まで…それさえ憶えていない。とうとう来たかな若年性アルツハイマー。

 今日は昨日よりはまだましな今日だった…かな。

 夜、変なセールスが来たんだが、父がおとなしくそいつの言うことを聞いていたもんで頭に来て包丁持って玄関に撃退に行ったら、家族全員俺を寄ってたかって止めるもんで包丁も取り上げられてしまったし、自分の部屋に戻って来たんだが、納得いかなくて、親父に「何であんたはそんなにお人好しなんだ」といった旨のことを言ったんだが、それが親父にとって痛いところを俺が突いたので、逆ギレして怒鳴ったもんだから、空中をものが飛び交う事態になり、怒声の応酬。ひよりが泣きながら絶叫して、「二人ともやめてよ!」みたいなことを言ったんだろうか、俺はそのことは興奮していたのでよく覚えていないが多分そういうことだったんだろう。ひよりも珍しく、というかこんなこと初めてだが、絶叫してなにか言っていた。部屋に戻ってきたら母が追いかけてきて何か俺に言っていた。俺は俺で悪い。父は話し合いには向いていない人でというか、議論を物事の解決のために使うというよりは「口論に勝ちたい」ってだけの人であり、母は母で、口論で自分の思い通りいかないと、「もう頼まない!金輪際お前と関わらない」と言う感じの捨て台詞を残し口論を打ち切ってしまう人なので、その辺りの両人にとって図星で痛いところを言い返す言葉もないような感じで俺が言うので、人は話し合いで解決しないと暴力に訴えることになっているもの。暴力でこられたら、俺にとってはシメシメで正当防衛の名を借りてぶっ飛ばすわけである。

 で、件の変なセールスは去って行ったようだ。俺は、日常を壊されることを極端に嫌う。だからはっきり言ってセールスマンには殺意を持っている。包丁を持っていったのも明確な殺意だ。未必の故意ではなく、明確な殺意だ。幸い、ニュースで「セールスマン刺されて死亡」のニュースが流れなかったということは、そのセールスマンに危害が及ばなかったということですので、俺にとっては残念だったが、セールスマンは絶命せず済んだ、ということです。富山の薬売りならともかく、「光ファイバーの工事料はかからないから」云々、NTTでもニューロでもケーブルTVでもない光回線一体どこの馬の骨か判りもしない業者に払う金なんざ一銭もねぇ。俺の日常を壊すなバカ野郎!以上です。

 今日は別に何もしていなかった。していなかったっつぅか、していたんだが外から見るぶんには何もしていなかったっつぅか。

 考え事をしていたんだよね。結婚相談所みたいな広告が出るって昨日書いたじゃん?この際、両親に、今後俺は恋愛をすることも、ましてや結婚する気なんて全くないから、と伝えた。

 ひよりも、俺の恋愛をそばで見ていていいものだとは思わなかったようで(どちらが悪くても結局最後は俺が謝るetcを見ていて)、恋愛や結婚にすごくアレルギーを持っていて、めんどくさいめんどくさい言ってるんだよね。会社からは寄り道しないで帰ってくるし、週末は週末で俺や母とドライブでしょ?全く恋愛とか結婚とかが入り込む隙はない。ひよりも結婚しないとなると、両親に孫を抱かせることができないなぁ...とちょっと心配になるんだけれど、まぁ、人生結婚ありきではないので、こういう人生もまぁありだとは思う。まぁ、豆々家は俺の代でお家断絶となることが決定してしまったけれど仕方がないね。まぁ、ひよりは「結婚しない女」俺は「結婚できない男」ということで。人間関係の構築に問題があるからね俺は。

 今日の土曜日もひよりは遅くまで仕事だ。あぁあ全く以て…。課題山積だ俺の人生。明日あたり死ぬことを試みてみようか。(19:12)

 「ヴィッ ヴィッ ヴィッ!ヴィッ ヴィッ ヴィッ!」うわぁ、なんだなんだ?!地震?父の携帯がうなった。父のポケットから携帯引っ張り出して確認。「茨城県で地震」とのこと。当時俺は父と母と車内にいた。待てど暮らせど地震は来ない。(そのほうがいいんだけどさ)神栖は震度3。大したことはない。

 あとで知ったことだが、石川だか富山だかでも同時刻に地震があってその両方を同じ地震だと解釈したようなんだな計器が。だから、3.11の時のように宮城県沖の地震が茨城県沖の地震へと連動していったようなイメージで解釈したらしい。いやー。なんでもなくてよかった。帰宅したら、宮城のママ(伯母さん)から留守電が入っていた。

 今日はなんで出かけていたかというと、母がお遣い物を購入するのと、ついでにウエルシアに寄るんだったのね。俺はギャッツビーのデオドラントボディペーパーとシーブリーズの偽物(笑)。ボディペーパーって言うぐらいだから少々冷感刺激が強くてですねぇあれなんですが、俺はそれで顔を拭く。冷え冷えの刺激で皮膚が痛い!それがいいんですね。女性は彼氏のボディペーパー失敬して顔拭いたりしないでくださいよ。女性は皮膚薄いんですからただれちゃったらせっかくのお顔が台無しです。俺は別にどう転んだってどうでもいいような顔なのでゴシゴシ拭きますが。シーブリーズの偽物ですけど本物は700いくらくらいするんですが、偽物は300円弱。これは、偽物買う以外ないでしょう。34兆円あったら幾らでも本物買いますが、まだ家の家計はデフレマインドで推移しているので貧乏感旺盛です(何を言っているのか自分でもよくわからん)。

*              *              *

 午後になって雨が降ってきた。現在、20時14分。ピチャピチャと雨の音がする。寒いな。雪になるんかな。明朝、雪とかさ、雨でぬれた路面が凍結して氷になったら、出勤の車、危険ですね。いやぁ寒い寒い。たまらずエアコンを付けた。こたつはものすごく好きなんだけど、こたつ入っちゃうと、出ないでしょ?こたつから。すると怠惰な俺が更にパワーアップして半径50cmの半円形にものが並んでいくんですよ。ゴミ箱から、薬箱から、CDラジカセやCDケースが。更に、パンのゴミ屑やら、タオルやら、もうぶっちらかってダメなんですね。なんでかな?

*              *              *

 いろんなアンケートに「40代 未婚」と答えているせいか、結婚紹介所みたいなところの広告がたびたび表示される。職がない時点で俺はもうダメね。っていうか、いろいろなことがめんどくさくて、恋愛・結婚の類はもういいやって感じ。もうあんな思いをするのは嫌だ。もうたくさん。なぜ石田純一は何回も結婚したり恋愛したりできたんだろう。オスの性本能がすごいんだろうな。「懲りない」っつう(笑)俺は懲りたね。あんな人格否定されてさぁ、まぁ、彼女にとって精神疾患持ちはNGだったってことだよね(笑)俺が精神疾患で彼女には理解不能な言動が増えちゃったんでしょうよ。だったらそんな男はさっさと捨てるに限るしね。彼女もよく6年…うつが再燃して4年、我慢したよね。その間、俺は謝り続けてもはや対等な関係ではなくなっていた。彼女は自分の知人、友人に俺を紹介したがった。でも俺はそんなことちりひとつも望んでいなかった。彼女がいればそれでよかったから。彼女いわく俺を「飼い殺し」にしているみたいじゃない、と言ったが俺はそれでよかったんだ。飼い殺しで。彼女からの電話を二人暮らした部屋で待ってるそれでよかった。でも彼女はそんな男イヤだったんだろう。友達多くて、社交的で…俺とは正反対の人が好きだったんだ。じゃぁ俺と付き合っている意味はないだろう。棄てられるのは当然の帰結だったんだ。もう嫌だ。あんな思いはもうたくさん。この話が年末のことだったせいか、年末年始は、こういうことを考える機会が多い。嫌な気分だ。あれから17年。傷は少しも癒えていない。(23:32)

 俺があまりにレギュラーソリュブルコーヒーを飲むもので顆粒がなくなってしまい、ネスレの売上に貢献している。だからといってバリスタを買うことはない。レギュラーソリュブルとはいえ、実質上はインスタントだ。チキンラーメンかマルちゃん正麺かという話であり、どちらも即席ラーメン、というような関係性、といってもあながち間違いでもないだろう。坂井シェフの店でインスタント・コーヒーが出てきたらテンション下がりますわぁ。ちょっとそれ、勘弁してください。「このコーヒーの豆、なんですか?」「いゃあのぅ、ゴールドブレンドで…」って。逆に本物の豆をサーブして「いやぁ、ゴールドブレンドで…」つって客を試すようなこともあるかもしれないね。

 いゃ不味くないんだよ?ゴールドブレンドだって。でも、インスタントコーヒーならそうだと言ってくれないと。カップ一杯の、(バリスタで淹れたといえど)インスタントコーヒーに2,000円も3,000円も取られたらボッタクリという他ないでしょうよ。まぁね、商売はボッタクリで成り立っているのかもしれないがわかりやすいボッタクリはこの素人相手でちょっと悪質かな。

*             *              *

 で、このエントリーも、先日のGeckoの例によって『Freespire』というOSのFirefoxから書き込んでいるのだけれど、別にいたって変わることなく使えているのでいいんではないかと。このOSの隣のパーティションに入ってる『Robo Linux』というディストロは、日本語入力はできるが表示諸々が英語表記のまま。インターフェイスを日本語化するに至ってない。このディストロの作者は日本に悪い印象を持っているのかそもそも日本なんて眼中にないのか、日本語表記に至ってはノータッチである。俺のスキルではこれを日本語化できる気がしない。今夜はいくつOSを追加できるか。ただねぇ、OS Proberに関しては、相性というか、わざとそうしてるんじゃないのか、と疑うような事例があって、『Debian GNU/Linux』系統のOSのGRUBが『openSUSE』系を拾ってくれない。『Fedora』さえ拾ってくれるのに何故『openSUSE』を拾ってくれないのか、そこにもなんか見えない力が働いているような気がして…。やだな、派閥とかそういうの。人間関係って、なんかドロドロしてて嫌だなってつくづく思う。

*             *              *

 高校の時、ホワイトを一晩で一本空けて、酔っ払って学校行ったことがあって、野球部のN野と言う奴が俺にからんできたわけよ。「なんだてめぇ酔っ払って学校来やがって」みたいな。俺は俺で「そういう自分だって学校で煙草吸ってるじゃねぇかおめぇに言われる筋合いはない」みたいに言い返したわけ。したらへそ曲げて、自分の子分たちに『豆々をシカトしろ』って言ったみたいで俺が声かけても無視する奴が出てきた。「ははん、N野の子分だなこいつ」みたいに思って面白かった。N野にどういう見えない力があるのか、卒業式にPTA会長から表彰されてるんだ。どういう見えない力なんだろう、って、俺面白がってたけれど。こういうことを「イジメ」と言うんだな、みたいな。別にN野とその子分達に気に入ってもらおうということを目標に掲げて生きているわけではないので、ただ、PTA会長となにかしらのつながりはあるんだろうなぁ、喫煙もみ消してもらったり、パーマもみ消してもらったり、そういうので卒業を勝ち取れるインヴィジブル・パワーがあったんだろう。羨ましいね。…っていうドロドロした人間関係を垣間見たような。そういうので人間関係の蜷局とぐろが渦巻いているんだろうねぇ…。

*             *              *

 「人在るところトラブル在り」とは誰の言葉だ誰でもないよな俺の言葉だ(笑)。ほんっと…うん、そうだ。

*             *              *

 さっき、『ケンミンShow』だっけ?「北関東三県集まったら全国上位」みたいな、なんなの?それ。はなから小バカにしてるじゃないか。なんで三県まとめられなくちゃいけないの?まぁ、俺は東京生まれだけれどもほとんど茨城で育ってるわけなんだが、茨城でもよそ者扱いされている上に、俺の生育地としてはどこもそうだと認めてはくれないので、一応籍は茨城県にあるけれどもそれだけですよっていう。アイデンティティーは何処にもないわけです。世田谷区経堂四丁目の経堂マンションという「マンション」ってよりはコンクリで作った集合住宅という感じの一角にいたことなど誰も認めちゃぁくれないわけですよ。大和産婦人科で生まれたことも誰が覚えているか…。だから、俺は故郷なんてのはないわけです。何処に行ってもよそ者でね。まぁ、いいんですが。

*             *              *

 元旦から四日経って二通、年賀状が届いた。へぇーこういう奇特な方もいらっしゃるんだねぇ…と思いつつ、宛名と一筆を添え…。裏面の写真の犬はモカ。二年前に旅立ったけれど、俺の中では今も、きゅうりをかじるモカがいる。家庭菜園になったトマトを赤くなったのだけ選んで食べるモカがいる。首にリボンを巻いてもらって得意気な様子のモカがしっぽ振ってるのよ。こうして、一緒に暮らした犬たちは、旅立っても俺の膝元に横になっているんだよね。

「心の中に生き続ける」なんて、言葉では知っていても、今ひとつ実感としては理解できないでいたんだけど、PCの壁紙を犬たちのものにしたら、「あぁ、こういうことか」とぼんやりとだが、理解出来つつあるのかな、なんて思ったり。もう23時過ぎたか。金曜。週末だ。一週間が鬼のように早い。(23:18)