合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 いやぁ~ちょっと困ったなぁ~…困ったぞ…目がよく見えない。霞んだり、モノや字が二重に見える。俺、視力に関してはずっと2.0で、問題を生じたことはなかったんだけれど、この一週間十日、なんかねぇ…目がちょっとおかしいんだよ。←これを書いた時点ではおかしかったんだが目薬点けて少し良くなった。まぁ、原因は十二分に判りきっているんだが、PCずっとやっているからでしょ?それ以外に目を酷使する場面ってないもんね。

 もう18時38分。飯のおかずの玉ねぎ炒めた匂い。絶対美味い匂いだよ。食いてぇ。豚の焼き肉、玉ねぎ炒め、キャベツの千切り、ミニトマト、卵(玉子かけご飯)

 まぁ腹八分目といいますけどね、正直、5分目くらいなんスけど。一週間で4.5kg減らすにはこのぐらいしないと。今95kgだけど、元々は、っていうか体重の増減を繰り返すようになってから34年くらい経つかなぁ…元々は171cmの背で70kgの体重をプロテイン飲んでウェイトやって80kgにしたのが最初。それを高校一年の5月に、思う所あって減量を始め、8月初旬の時点で45kgにした。食べるのは千切りキャベツ(大量・調味料は色々)と伊藤園の烏龍茶、リポビタンDのみ。で、サウナスーツにセーターだトレーナーだヤッケだ着込んで毎日2時間走った。つらかった!すげーつらかった。でもあれだよ、糖質(炭水化物)を徹底的に抜いて死にそうなことやらないと20kgも30kgも痩せませんよはっきり言って。「楽~に」なんてあり得ない。女性なら生理止まるし、ホルモンの関係で骨ボロボロになるし、俺は男だから別にそういう症状は出なかったけれど、これやると怖いのが痩せ願望が酷くなって精神状態のバランスが壊れ、多分一生、体重で悩む羽目になる。俺は今95kg。20年前迄は56kgだった。2000年、ミレニアムミレニアムって世の中大騒ぎしていた頃ね。それから2年、2000年、2001年の2年間で115kg、約50kg、2年で50kg増えるって人あんまりいないよね。短期間で中身がでかくなった為、皮膚の成長が追いつかず、腕・胸・腹・脚、全部なんか変な波々模様がでて、今も消えない。それから10年くらい、呼吸器というか発声器がちょっと不具合というか、声がかすれて「アー」とかの「ー」が出ず、つまり空気の音、「スー」とか「サー」って音しか鳴らない。「あぁもう俺は歌歌えないよ」とか、「声が聴きづらい周波数帯のうえに声がかすれ、しかも伸ばせない、変な声だー」って結構気になったんだけど、最近ちゃんと声が出るね。最大で115kgあった時から20kg(それでも重いけど)ほど減っているので、多分声帯に脂肪ついたかなんかでそうなったのかな。あと40kg台だった時は、耳がおかしくなった。歌手の中島美嘉さんもなった、『耳管開放症』だ。自分の声が耳・鼻・その他頭部のあらゆる部分にわんわん響いて碌に聴こえない。その記事で「極度の痩せ」が原因とかそういう原因に言及したかどうだか記憶にないが、多分原因はそのような気がする。多分彼女は体重・体型をかなり気にしている。俺も当時はそうだった。今は…本来気にしなければいけないよね、糖尿だし、171cmの標準体重が64kgのところ95kgだもんね。今はまぁ、人目に晒されることもまぁほとんどないので、そんなこと気にしないんですよね。楽ですよ、それについてはね。

 17日金曜日午前5時46分42秒は『阪神・淡路大震災』から25年。俺が25歳の時。俺も若かったよ。でも今になるまで全然成長も進歩もない。無駄な25年。この25年なにをしてたんだろうな、俺。

 今日も行方市・玉造 甲の農産物直売所、『楽郷らっきょう』に行ってきた。母のリクエスト。次になんか石岡の駅のところでUターンして帰ってくる、ということにして石岡駅まで行ってきた。特になんというものもなく、ぼーっと景色を眺めていた。あぁそうだ、『楽郷らっきょう』に『◯室圭』の母みたいなおばさんがいた。にやけそうになるのを必死で我慢していた。ここではちぢみほうれん草、山芋、卵、と寄植えの花などなど。焼きいも買おうとしたら売り切れ。一本100円って安いよね。そりゃ、売れるよね。

 次。まぁ、特別用事もなかったので、無根拠、無意義に、石岡駅まで行ってきた。特にこの地に縁もゆかりもないんだけど、まぁ良いんじゃないでしょうか。帰りにちょっと変わった道を通ろうということで走っていると、途中から脇道に逸れるとそこからまっすぐ茨城空港に行けるということが判明したり、砂糖は麻薬だから出さない、と店主が主張してた、頭固いカフェがもう営業していなかったり(当然)。砂糖抜きで2年か3年長生きしたところでそんな人生ってなんだよ?と思って。

 神栖に入ったところで信号待ち時に左隣の車線の車に乗ってたおじさんが、「ホイールキャップ外れそうで危ないから気をつけて、と左フロントのホイールキャップを指摘し注意してくれた。オートバックスで工賃含め4,000円のホイールキャップを購入、取り付けてもらった。メーカー純正のが良いのかも知れないが、まぁ、キャップ外れて事故を誘発するのもなんだよね、ということでディーラーさんでなく距離的に近いオートバックスで処置した。ひよりは「また高い出費が…」と思っていたようだが思いがけず廉価だったため愁眉を開いた表情をしていた。ホイールキャップに1万も2万もかからんよ。

 自宅着15時。俺はその後何をしていたか記憶がなく、ん~困ったね、なにしてたっけな。またスッキリ系動画をぼんやり見ていたかも知れん。で、夕食になってすぐ終えて、またきっと動画かなんか見ていたんだろう。

 あとなんかひよりと談笑して今の時間(23:40)になった。さて、これからなにしようかな。

 なんか頭痛は治って、目のかすみはまぁ、クルマの運転ができるくらいには戻った。けどなんか、頭部のなんか変な炎症、とか言われ(医者じゃない単なる素人)て、めんどくさいなぁと思ったり。

 朝6時半頃にウトウトし始めて7時頃一時的に目が覚めてひよりを見送り、再び眠ると9時過ぎに起こされて母が買い物行くよ、起きなさい、と起こされ、まぁ、灯油タンクの運搬係なんだが別に苦痛でもないし、ドライブに行ける、というのでまぁ良いかと思い、髪はぐしゃぐしゃのまま帽子をかぶって出掛けた。

 潮来、ホームジョイ本田で灯油18リッターx2& 20リッターx1を購入、鹿嶋を回り、雑誌のバックナンバーをTSUTAYAで注文しようと思ったがツタヤの倉庫にはない、ということで、退散。うちで調べたら出版社の在庫も、特に楽しみだった8月号が紙版売り切れ、ということであとは電子版だけ、ということになった。ガクッと来た。俺は電子版だけっつぅ。時代が時代だから俺がどう抗っても押し切られてしまう。せっかくの紙の匂い、手触り...という魅力がなくなってしまい、最近アナログレコードやカセットテープが再評価され、当面20年30年のスパンでで繰り返すリバイバルだからその都度、なんかポコっと出てくる。受ければずっとまた続くし、失敗すれば二度と出てこない。

 まぁそんな事はどうでもいいが、
 眠くなってきた。のべつ幕なし安いペットボトルに容れた赤ワインを飲んでいたので、まぁ、それなんでしょうね、俺は酒なんて美味くもないもの。

 口内炎が…いいよね、、もういいから。

 最近碌すっぽ日記を書いてない気がする。あと、ちょっとまずいんではないかい?と思うのが、目が見えないっつぅか目のかすみが酷い。まぁ「かすみ目」っていうのかな。眼薬使っているんだが、まぁ、長いことかけて溜まった目の疲労はそんなに簡単にはとれないのかも。

 なんか頭が曇る感じがある。今日俺はなにをしていただろうか。記憶がない。んーなんだか気分悪いなぁ。頭と首の付根が重い感じがする。

 23時…なーんか…。パッとしねぇなぁ…。6Pチーズと魚肉ソーセージ。ワインでもあれば良いんだが
         これ、ワイン?→

なんか、瓶っつぅか容器、プラスチックなんだけど…。激マズ、っつうか、アルコール臭しか感じないんだけど。こんなもんなのかなぁワインって…?うちのPCのクロックさんが23:30って呟いて教えてくれました。

 うちのPCには、Offline117アメデス、強震モニタ、などなど、女声のアプリケーションが入っていて、色々知らせてくれます。「やかましい」という説があるが。

 風邪薬飲んだ時点であれじゃん、ほぼ酩酊状態っていうか、俺も、歯ぎしりギリギリギリってやってるし。中枢神経作動薬飲んでる時点でアルコール厳禁なのに、赤ワインなんか飲んじゃってるし。アミトリプチリン塩酸塩→強力抗うつ物質。飲み味は「ンームニャ」って感じ。物凄く美味いとは言い難い。

 …なんかワイン飲みつつダラダラとキー叩いていたら翌0時48分になってしまった。なーんかなぁ…ワインだったらジンジャーエールの方が数倍美味い。ワイン本来の香りや味わいがアルコールで全部消されてる。あぁ不愉快。

 今日は色々買い物とかあったので荷物運び係に連れて行かれた。口内炎が相変わらず気になってめんどくさい。イライラしている。土曜日か。なんか色々状況が転回してわけわかんねぇ。「展開」じゃないよ「転回」だかんね、ここんとこ重要。手指が冷たいんですけど。どうにかなりませんかねぇ。『トラフル®クイックショット』んー。冷えますねぇ今夜も。もう3時40分過ぎた。もうちょっと寝ようかな。

 夜中、午前3時24分、震度4の地震。震源はいつもの千葉県東方沖。千葉県東方、というが、実際問題としては、千葉県銚子沖、というか、茨城県神栖沖というのが最も近いというか、実態を示してる。まぁ揺れは結構大きかったけれど、震災の時を思えばまぁ再び寝るのが怖い、という感じじゃなかった。その後、しっかり寝たしねw。

 朝、というか昼近くに起きて、父が俺に届いた年賀状二通を持ってきた。恩師と、同級生。まぁ、同級生については例に漏れず、「大っ嫌いな同級生である俺」に幸福自慢。これに返信だと?と思ったけれど、下手(シタテ)に返信しといた。まぁ、仲良くやってくれ、俺にはもう関わらないでくれ。高みの見物面白いか。

 えっと、そうだな、ネット界隈の話題というと、ひよりが提供してくれたネタ、『第5期 WANDS』のことについて。まぁ、メンバーチェンジとかがあると、やれ、前の奴が良かった、今のはダメだ、なんて批評する自称音楽通がいるけれど、前は前、今は今、昔の奴が良ければ、精々第1期第2期第3期のを何枚も買って印税稼がせてやれよ。なに上から目線なんだよ。

 口内炎が別の場所に移ったり、舌に移ったりなかなか頑固で俺もちょっとうんざりしている。で、多分トリプタノールなんだろうけど、唾液が出ない→口渇って状態になっているので、なにか酸っぱいものや甘いものを口に入れていないとどうしようもないんだが、まぁ、例として、炭酸水やブレンド茶(カフェインなし)、ジュースなどを始終口にしていないと快適にとは言わないが、まぁましには生活できない。口内環境は滅茶苦茶。

 ひよりが20時半頃帰ってきた。現場に入って手伝っていたのかと思いきや、経営者家の子供の習い事の課題を手伝っていたらしい。譜面のおたまじゃくしにふりがなって…ピアノ習ってんのに読譜できないの?だって習ってんの1年2年じゃないんだよ?まぁ、こういう時に音楽系大学卒が生きるって…なんだかなぁ…。でも本人が喜んでやっているんならともかくとして、放課後時間の空白を習い事で埋めるってどうなのかなぁ、俺は無理やり習わされた剣道のイメージが強すぎて、「習い事」というものに良い印象を持っていないので、習い事、という言葉に全身拒否反応を起こす。
 ひよりは割と、文句言わずに習い事してたなぁ...習字、スイミング、エレクトーン、あと、学習塾(英語かぁ)…。
 まぁ、俺は他人から教わるのが嫌いなのでダメなんだけど、ちょっと自己主張強めの俺とは違ってひよりはそこんとこうまくすり抜けてきた人間なので、そういうものはそういうものとしてつきあってきた巧者である。
 スラローム競技でコーンを倒さず生きることができる人である。俺はコーンを倒さないどころか、わざとコーンに突っ込んで全部倒してから自分の気分でスラロームを始めるという人間なので正反対な性格である。
 なんでひよりがそういう性格なのかというと、俺がなにをするにもあまりにも周囲と摩擦軋轢を生じさせ放題でそれで俺が苦しんでいるのを見ていて、俺を反面教師としてなるだけ俺のような生き方は避けようというのが根底にあるし、俺も俺がもし弟なり妹とすれば俺と同じような生き方を選ぶことはないだろう。

 だけど俺はそういう生き方をあえて選んで生きているわけではない。ただ普通に、左右上下にぶれながら目の前の課題をクリアしながら進んでくると、こうなってしまうんだな。知らんちゃもう。