合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 傷口はわかんないが、腕がまた腫れた感じ。皮膚科での診察は24日、明後日か。セファレキシン錠250[日医工]は効いてんだかどうだか。ダルダルなのでカフェイン200mg投入。

 ちなみに、リポビタンDのカフェイン含有量は50mgリポビタンDの4本分レッドブルの5倍。はー。どうなっちゃうんだろ、俺。元気になるだろうか。なるんなら精神科が成り立たないよな。ま、お守りのような。ボトル一本飲んだら24,000mg、24gか。死ぬな。

 レボトミン5mg1錠、トリプタノール25mg2錠、メトホルミン500mg錠2錠を服用。消毒後、ゲーベンクリーム適宜(料理みたいだな)塗布。

 今日、午後からパソコンをPC-Depotに預けてきた。何がなんでも手間賃10,000円取るシステムはやや、ボッタクリには見えないようになったが、その実、ボッタクリだったり、後でよく考えてみよう。簡単な作業なら3,000円の内部清掃の4,000円またボッタクられてるような気がするが、知らねぇ。

 1時間後…カフェイン…逆に辛くなってきたんですけど…(笑)(20:20)

 メインのPC壊れた。よくわからんが修理に出そう。なんでPCっちゅうもんはこんなにすぐ壊れるんだ?日本製だろ?違うの?結構某国製の部品が入っていて日本製とはいえないのかもしれないか。ノートPC、極めて使いにくい。KB小さい。Wi-Fiつながっているのか一体?めんどくせ。今日は午前中早くに水戸まで行ってきた。で、帰りに病院に寄って来た。こないだの床ずれのようなところにばい菌が入ってしまったらしい。昨夜パンパンに腫れてしまって。そんなに痛くはないんだが、いかんせん「どっどぅしたの?!」」ってくらいに腫れてしまったので水戸からの帰り母が救急外来にかかりなさい、というので家には立ち寄らず直接病院に行った。んー…別になにをやるんでもなく…あぁ抗生剤出しておきます薬なくなったころ、皮膚科受診してくださいっていう感じ。疲労困憊。それに加えパソコン故障かよ。疲れた。寝る。

 雨の朝。

 『広報かみす 』10月15日号に、俺が通った『植松幼稚園』が閉園、土合東の給食センターとなりに『(仮称)認定こども園どあい』が新設されることが掲載された。そうか。時は流れ、現れるものがあり、消えゆくものもある。卒園式に『思い出のアルバム』を唄った記憶がある。たった2年通っただけだが、幼い頃の記憶は頭の深いところにしっかり刻まれている。スーパーの帰りにでも寄ってみようか…。

 今からUNIXのisoをDVD-Rに焼いて、精神的に余裕があったらOSをインストールしてみる。(4:37)

 しかし糖尿ってのはいろいろ悪さをするもんで左手の小指の辺りは感覚が麻痺して、自分の意思で動かすことはできるけれど、触覚がないので触られたら気付くのが遅れるね。あと左足、legじゃなくてfootの方。外側がいそく小指薬指辺りもやはり触覚が麻痺していて感覚が鈍い。最初脳の問題か?とか思ったけれど、そうだと言うには感覚鈍麻の場所と動作の有無が当てはまらない。おそらく糖尿病性神経障害に因るものだろう。困ったね。せめて網膜症とか脚、足などの褥瘡→壊死→脚の切断、腎不全→人工透析…とかならないようにしないとな。

 14時30分の予約、採血・採尿があるので少し早く、12時30分過ぎに出発。やはり今日もとんでもない混雑、待つ人数を受付端末で確認したら15人待ち。なにが嫌って、この2時間待ちがどうにかならないか?だから大きい病院は好きじゃないんだよね…14時半の時点で11時半の予約の人の診察。やれやれ、いったいどのくらい待つんだろうと嫌になりながらとりあえず座っていることしかできないわけだから只管ひたすら待つしかないんだよね…検査・診察は全然嫌ではないが外行く準備と待合室で長時間待つのが嫌なんだよねぇ…タブレット持っていけばよかった。

 まぁこの病院ではWi-Fiは提供されていないので電話回線経由で繋ぐことになるがそれをするとひよりの携帯のデータ量オーバーしてしまうかも。結局使えないんだろうか。まぁ病院なのでペースメーカーなどの医療器具にタブレットの電磁波が影響しないとも限らない。

 まぁ、暇つぶしには読書、かな?ラジオとかは…?デジタルオーディオプレイヤー(DAP)みたいのはダメなの?DAPも多分ラジオとかついてるんだろうけれど、多分FMだけとか言って気取っちゃってるのかな…それよりSONYのWalkmanは高いよ!まぁ安いの探そうと思えばMade in Chinaの7,000円弱であるんだけれど、んー!カネもないのにどうすんだってよ?カタログ見て、目の保養…。34兆円あったらきっと屁でもないのに。

 母が、俺の格好を見て、ジーンズとパーカーか何か買いなさい、と言われた。2000年くらいまではまだ体重は50kgちょっとだったので、収入の多くは服に変わってたんだけれど、体重100kgを超え、ウエストも1mを超え、ファッションなんてもういいや、ってことで、今穿いているジーンズは10年以上前のもの、Tシャツもそれくらい、パーカーなんつったらいつだったかわからないくらい前のもの。鹿嶋の宮中とか長栖辺りにジーンズ屋があったような。銚子のイオンにもあったかな。ウエストは40インチか42インチ。1インチ=2.54センチ。101.6センチか106.68センチ。大人の平均的なサイズの女の人一人腹ん中に入ってるようなもんだからねぇ…。

 あ、銚子のイオンにあった。あるんならイオンでいいじゃないの。日曜日…だな。今の体型のまま、大きいサイズの服を買ってしまうと、なんか肥満に敗北したような気がして嫌だったけれど、まぁ秋ものってものを持っていないからまぁ買うのも悪くないか。まぁ、パーカーのサイズは2Lなので取り立ててべらぼうにでかいわけじゃないからサイズはあるだろう。とりあえず、日曜か…。ジーンズのサイズ、あるんだろうなぁ?!なかったら泣くぞ。

 

 ま、とりあえず今月のビッグイベントは月末までないから、ちょっと安堵している。でも結構日にちが過ぎるのは早いんだよね。油断しているとあっという間に当日がやってくる。

 今夜はこれから、OracleSolarisのインストールに再チャレンジ。その前に飲み物を持ってこよう。

 おわり。(翌2:10)

 朝からまたゆううつで…どうしたもんかねぇ…

 いろいろ以下、書いたんだけれど抹消した。

 左肘を卓上についていないので、体のバランスが取りづらい。予想以上に辛いぞこれは。

 肘の方は昨日の今日なので治ったとかいうのは時期尚早。やっぱり肘突きゃひりひりするし間違ってシーブリーズがついたら痛いし、な~んも昨日と変わりゃしないよ。だいたい、左肘突かないとバランスが取れないっつぅこの体はなんなんだ…。

 9時過ぎた。あー。明日診察だよー。地域基幹総合病院だよー待つよーやだよー。チクショー。

 こんな夜…辛いよ…。(21:23)

 『褥瘡』…「じょくそう」と読む。これは一般的には『床ずれ』とほぼ同義。寝たきりの高齢者などが布団に同じ姿勢で寝ていて強く当たる部分に血流障害を起こし、発赤やびらん、潰瘍、果ては壊死を起こしてしまうことを言う。

 俺がここ数日、「肘が床ずれのような…」云々言っているのが今回の『褥瘡』。今日は母が見兼ねて、すぐ近所にある総合病院に連れて行かれた。

 その病院には33年前に左手の親指を裁ちばさみが貫通して大量出血、神経損傷してかかったっきり行っていなかったのだが、行ってみると非常にきれいな屋内で市中病院としては最高だと思う。下手な総合病院よりずっときれい。

 ここの理事長さんは元々診察室にいた院長先生で小学校の校医でもあったが、老人保健施設など手広く経営していて結構儲かっているようだ。これから高齢化社会だからね、先見の明があったんだね理事長先生。

 でも今日の医師は俺が精神的に弱っている時にかかったら辛いかも。弱っていると言うか今日も結構弱っていたんだけれど。辛かった。別に偉そうにしてるわけじゃないんだろうけれどね。医師にとっちゃ、いつもの普通の診察なんだろう。

 結局、『ゲーベンクリーム1%』を処方され、初診料・診察料・処方料で1050円。高くねぇか?

 俺は人の対人的な態度を過敏なぐらい感じてしまうので、自分にいい印象を持っていない人の内心が判ってしまう。呼吸がおかしくなって発汗、ひどけりゃこのままパニックを起こす。

 パニック起こした時のためにワイパックスかなんか頓服にあったらいいんだけれど、まぁ、頓服にはヒルナミン出てるからね。ちょっと気がれて暴れる方におとなしくなっていただくために使うパワフルなレボメプロマジンマレイン酸塩50mgだもんね。

 大は小を兼ねると言うかそういう感じなんで精神科の主治医も抗不安薬(≒ベンゾジアゼピン系・チエノジアゼピン系精神神経用剤)のリクエストへの反応は薄い。ベネフィットは依存などのリスクを上回らない、という判断でなのだろう、そりゃもうデパスをやめる際の離脱症状はきつかったからね。もうあのひどい全身の痛みは経験したくない。

 なんか、背中と腰が痛いなぁ(またかよ)左肘を卓についていないから体のバランスが取れない。

 母が肩から鎖骨付近の神経痛があるので今日『ウエルシア』でピップエレキバンを買ってきて、貼ってくれと言うので5箇所くらい貼ったかな?…けど…エレキバンって効くのかい?ピップさんには悪いけれど俺ちょっと懐疑的なんだよね。まぁ、最近ちょっとした議論になっている『ボルタレン』や『ロキソニン』のテープやゲルなりローションがやっぱり痛みを止めるのは解るけれど、「磁石?」という…。

 俺も正直言うと、体中痛むね。どうしたもんか…。『ロキソニン』飲もう。尤も、今飲んでるトリプタノールとかサインバルタも疼痛の軽減作用あるらしいが…。ふくらはぎ背中こめかみズキズキする。

 0時過ぎたね…頭痛か…(翌0:29)

 なんだか今日も精神的に調子悪くて、ずっとPCの前でぼんやりと多分、なんかしてたんだろうなぁ…。よく覚えてないよ。カフェインやっつけて尽く眠気を吹っ飛ばそう。どうせ、寝てたって起きてたって、文句言う奴は言うもんだが。
******************************
 こないだSolaris(Open Indiana)とかBSDなりのUnix系のインストールをしていた時にずっと卓面にずーっと肘をついてやっていたので、肘が床ずれのような状態になってしまって、赤く腫れて熱を持っている。明日病院に行くことにした。あぁまた病院かよ。うんざりだ。

 ゆううつでどうしようもない。(翌1:00)

 体中痛い。UNIXの作業をしてる時に肘をずっとついていたからなんだろう、肘が床ずれのような状態になってとても痛い。熱を持っている。

 今日はこないだ母が『楽郷』行かなかったので行きたいといった旨のことを言っていたので『楽郷』に行き、また母は 山のような物品を購入。まぁ、俺のカネじゃないもん母が何にどう使ったっていいじゃん?って自分もいてまぁ。苦虫噛み潰したような顔をしていたんだろうね俺は。まぁね。

 その後、『アピタ佐原東店』に寄って俺はまた『seria』に寄りCD-R2枚入を2セット購入。いろいろ見たんだが体調も良くなく浪費したいくらい躁状態でもなかったので10分くらいいてあとは『カルディコーヒーファーム』の前のベンチでずっと座ってボーッとしていた。小一時間後母とひよりが登場したのでカルディの店頭で渡された試飲の『マイルドカルディ』を飲みながら店内を物色。結局母がオリーブオイルを購入。また、食料品売場で夕食の弁当を、そして、『ベルナール』でパンを購入。その後帰路に就く。自宅着15時。

 「肘が痛い」と言ったら母に「湿布貼りなさい」と言われ湿布を出してきたので無抵抗に貼られていた(笑)。
 実は痛いのは肘だけではなくて、頭も痛いし目の奥も痛いし全身節々痛いし、なんだかよくわかんないけれどとにかく痛いのを消したいので『ロキソニン』2錠『ムコスタ』2錠を服用。16時、まぁ痛みは落ち着いてるかな。
 精神的に良くないこの状況、精神科のクスリも飲まないといけないんだろうなぁ。こういう、超低空飛行いつ落下するかわからないのを鎮めるのに、『『ヒルナミン』50mg錠2錠を飲んで効くんだろうか?添付文書に『精神神経用剤』と書いてある。以前は『強力精神安定剤』と書いてなかったか?『精神神経用剤』…なんとまぁ・・・ぼやっとした表現になったもんだなぁ…。んーーー…。添付文書内容改定の度になんか、表題っつぅか分類っつぅかそういうものが変わるというのは、なんなんでしょう?『強力精神安定剤』っていう表記、『メジャー・トランキライザー』というのの和訳だよね。普通の『精神安定剤』は『マイナー・トランキライザー(→『弱い精神安定剤』)』ってことでしょ?『強力精神安定剤』ではなにか不都合があったんでしょうかねぇ?

 17時半、体中にまた鈍痛。なんか…なんだ。効く時間が短いんでないかい?

 18時、まだひよりは起きてこない。何故か、ウチの俺以外の人々は昼寝の習慣があるんだよね。俺は小さい頃から昼寝の習慣がなく、っていうか昼寝が嫌いで、なんでかっつぅと、多分単なる偶然なんだろうけど昼寝から起きると必ずどこかが痛くなっている、というのが続いてそれで昼寝が嫌いになった。以来この歳になっても昼寝があまり好きではなく、徹夜で根性が切れた時ぐらいしか昼寝はしない。尤も「徹夜明けの根性切れ」の場合は、次の朝まで起きないんだけどね。

 (翌04:11)

 『OpenIndiana Hipster』のテキストインストールはうまく行かなかったんだが、思い直してグラフィカルインストールをしてみたら、何故かうまく行った。よくわからない。まぁ、うまく行ったんだから結果オーライでいいんだけれど、今度は『GhostBSD』と『TrueOS』のインストールがうまくいかないというか、それ以前に起動さえしない。なんなんだ。

 ただでさえ精神状態が良くないというのに、余計に状態は悪くなる。直接OSのインストールがうまくいかないことが原因というよりは、ゆううつな状態で更に碌でもないことが起こったので、死にたいとさえ思っている。頓服とんぷくの薬飲んだほうがいいのだろうか。あー…死にたい。多分インストールの件は関係なく死にたいんだと思う。(16:16)

 只今21時36分、KNOPPIX8.2上のFirefox60.0からの投稿。なんかフォントが違うので変な感じ。んー…精神的に疲労を感じる。今日は別に大したことやっていたわけじゃなかったんだけれどなぁ…。ひよりは母の布団で寝ている。疲れたんだろうなぐっすりだ。

 これから『OpenIndiana』のインストールにかかる。と言ってもテキストインストーラのDVDを作ってからの話。どっちにしろWindowsに戻ってからの作業になる。インストールした直後のUNIX/Linuxのデスクトップ環境は、悲しいかな、なんだかんだ言ってもWindowsに勝るものではないのだ。使えるようにするにはもっと作り込まないといけない。多分そのことが、Macよりも更に低い普及率に留まっているっていうか、ほとんどシェアのない原因なんだと思う。こんなめんどくさいOSは、よっぽど物好きな俺のようなギーク(パソコンオタク)しか手を出さないよ。なーんかめーんどくせーよなぁいちいち。更新頻度が高すぎるので半年に一回とかDVD-Rを買わないといけない。まぁDVD-RW買えって話なんだが、DVD-RWの50枚スピンドルなんて高くて買えねぇその値段払うんだったら別なものを買いたい。

 なーんか…くだらない人生送っているよな俺って…。情けない。(22:51)

 もう木曜日になりましたわ。昨日もまた日記書かないで失礼しました。なかなか、毎日書くってのは難しいですが、昨日は必ずしも難しかったわけではなかった。だってこのPCに向かっていたわけだから。ただ、このPCに『OpenIndiana hipster』をインストールしようとしていたので日記が書けなかった、というわけで。結局、『OpenIndiana hipster』はインストールできたのか、と問われれば、できなかった、と言わなければならない。どういう理由か判らないけれど、インストール進捗99%のところでインストーラが固まってしまい、強制終了して再び『OpenIndiana hipster』の起動を試みるとブート画面までは動くのだが、そのあとは止まってしまって起動しない。HDDをWindows以外全部まっさらにしてインストールするも99%で固まるのでもういいや、というわけで諦めた。こういうのは、何が原因か判らないことが多いんだよね。結局、だいたいの人が『マシンとの相性』ってことにして原因解明をやめてしまうんだが。俺も先日のKNOPPIX8.2の時は一度諦めたものの、パッと閃いてHDDまっさらにしてインストールしたらうまくいった。『OpenIndiana hipster』もその手で行けるかと思ったんだがそうは問屋が卸さなかった。なんだろうなぁ…以前、グラボとの相性が原因でLinuxが起動しなかったことがあったが…これ(『OpenIndiana hipster』)ともグラボが原因か?あっ!NVIDIAのドライバーが動いてるのでそれが原因かも。やってみようか。あまり期待してはいないけれど、まぁ、うまくいく可能性が0%ってわけでもないのでやってみよう。

 昨日は、ひよりと行方市玉造甲(玉造「乙」というところもあるんだろうか?)の農産物直売所『楽郷』に行って卵とかじゃがいもとか小松菜とかを買ってきた。レタスがなかったのはあとで『カスミ』で買おうということで。そのあと、神栖の『カスミ』に行きひよりは『カスミ』でレタスなど購入、俺は『seria』で雑貨を見た。今日は目ぼしいものを見つけなかったので、カメラのレンズ拭きクロスを購入、それからひよりへのおみやげにシュシュを二つ購入。次に『カインズ』で『フタ付きハードコンテナ#13』を購入、そのあと『酒のサイガ』でロックアイスを購入。自宅着13時30分。昼食にカップラーメンを食べる。ひよりは昼寝、俺は『OpenIndiana hipster』のインストールを始めるもうまく行かず、という感じで文頭に戻る。

 今からさっき閃いた、グラボのドライバーなしで『OpenIndiana hipster』のインストールにチャレンジしてみようと思うがその前に『KNOPPIX8.2』を再インストールする。商売でこの作業をすればいくらかカネになるんだがな。まぁいいや。(16:21)

 今日も朝イチで精神状態悪く一日に入ったのでなんかずっと中空を見つめて過ごしたようであんまり記憶がない。まぁね、まぁよ、ボサーっとして過ごしてました。もう廃人決定?目の前にスポーツ飲料っていうかなんていうんだろう…脂肪燃焼系のアミノ酸ドリンクっていうのかな?商品名は『ヴァームウォーター』があるんですけれど、今は非常にコーヒーのような重いドリンクが欲しいんですよね。だからなんかひとくち飲む度に違和感を感じるんだよね。

 ひよりは、この連休中一日も休みがなかった。ひどいでしょ?労使間の取り決めがあるのか割増賃金が出るのかどうか定かではないんですが、突然決まるので社員は振り回されます。で、やっと明日、一日だけ、休みだという旨、伝えられたようです。今週というか今度の週末も日曜日だけ休み。連休は盆暮れ正月くらいでしょうね。有給はあるんですが、文句言われるのが嫌なので使わないようです。いろいろ思うことは無いわけではないのですが、ひより自身の仕事で、いろいろ考えてやってるんでしょうから、勤務体系や給与その他会社のことについてはこちらからはなにも言いません。疲れて母の布団に寝てますよひよりは。

 ひよりは明日どこかに行こう、といった旨言っていますが9連勤にたった一日の休みで、車運転して大丈夫なんでしょうかねぇ。母は明日はゆっくりしているというので俺だけついていくことになるでしょう。

 21時です。今日も多分明日まで起きているかも知れませんが、日記は今日はこのくらいにして、『FreeBSD』なんぞインストールしてみましょうか。

 最近というかこの10ヶ月とか半年とか、記述に際し『だ・である』調で書くか『です・ます』調で書くか、混合調で書くか迷いつつ結局現在は混合調で書いているんだけれど、文としては非常に体裁整ってないね。口語調のが楽っちゃぁ楽だけどね。

 というわけでこのへんで。(21:07)

 昨日はどういう日だったか、っつったって、別に2018(平成30)年10月7日日曜日、という日に過ぎないっちゃぁ過ぎないんだが、1968年10月7日は、両親の結婚記念日で、1984年10月7日は俺の初失恋日だ。結婚記念日が目出度い日かどうかは、後々の行方によって決まるもんなんだろうが、今の時点での判断をするならば、まぁ、夫婦仲と子供を視点にみると、夫婦仲…×、息子…×(職なし独身)、娘…△(独身)―――これって…◯ではないですねどう見ても…×かな今のところ…まぁ、世間的に見ればそれで間違いないですかね。

 初失恋の日は、中学3年生の頃。周りに煽られ、囃し立てられて別に好きでもなんでもない人から告られてOKして、好きになろうと努力したんだけれどなれなくてそんな心境での恋愛に相手が焦れてそのうち別に好きな人ができたようでフラれたんだけれど、別に好きでもない人だったからそれはそれでよかったんだが、人格を全否定されたような気がしてものすごく傷ついた。失恋っていうか『人格全否定され記念日』って感じですね。

 その後の恋愛は、自分から告った人以外は白けてました。1999年暮れの、今のところ最後の失恋以降は、出会いがなかったわけではないのですが、自分が全然白けていて2003年にこちらに戻ってきてからしばらくは外部からの電話には一切出なませんでした。家族には俺は不在だとの旨を伝えておいてくれ、と言っておいたので異性からの電話は完全シャットアウト。『異性として』俺に連絡を取ろうとしていた人とは今現在までもそうだけど、多分今後も一切、そういうスタンスでいくだろうな。

 俺にはもう多分恋愛、ましてや結婚なんざあり得ませんね。ひよりはどうなんだろう。俺の過去の恋愛を見て『恋愛ってめんどくさい』と思っているようで、休日は家族でのドライブ以外予定を入れようとしない、出会いの可能性さえ持とうとしない事を見ても、両親が、たとえば孫を抱く希望を持ってるんだとしたら、それは残念なことなんだろうが。俺についても同様。多分この傍系家系は俺で断絶決定。祖父母が父という養子をとってまで繋げたかった豆々家の家系も、俺がいとも●●●簡単に途切れさせることになる。いいんでしょうかね?でも、好き嫌いの前に重要視されるのが家系の存続なんて、それによってなにを存続させたいんでしょうか?『子供を作ら(作れ)ない人間には生産性がない』という論説だかなんだかにありましたが、異性に選ばれない豆々という人物もまた、生産性がないことになるよね。この主張を目に耳にした時は、しみじみ「そうだよなぁ」と思うことこそあれ、反論しようだなんて気にもならなかった。こういう世間様の声が醸成されるにつき、そういう『生産性』の有無で人生の価値の軽重を測られることが、いいのだろうか、という意見が。俺は自分が生産性がない人物だと日頃から思っていたので、なんの疑問もなくそれを受け入れたのだが、どうやらそうでない人物もいるということがわかった。随分と自分を高くかぶっている人がいるものだなと思ったもんだが、どうやら最近は自分を高く買い被ることが当然の権利だと認められているようだ。「買い被る=…自分を実際以上に高く評価すること(小学館『新選国語辞典』第七版ワイド版)」俺もまたこの言葉を好意的には使っていない(解るだろうけど)。まぁ俺は自分が『最低のした』だと思っていれば間違いはないだろうと思っているので自己肯定はというか(最低の下の下の自分もしょうがないかもという)肯定感はなくはないけど(自分もまんざらではないんじゃないか)という肯定感はないね。

 あー精神状態おかしい。ダメだ。途中だが終わる。(19:16)