合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 大学時の恩師からお便りが届いたので返信を書いたのだが、ポストまでの足がないため未だ出せずにいる。

 今日は役場に行くつもりだったんだが、母のお茶会とかで行けないようだ。

 親父が起きてきた。なんで健康オタクだった父が、多くの病気を患うことになったのかわけが理解わからない。
 こういう実情を見れば、民間療法や健康法なんて全く意味を成さないのがよく理解わかる。所詮この程度のインチキ健康法が世にはびこっている。

 夜ずっと起きていたが眠れない。サイレース(ロヒプノール)飲むしかないんだろう。8錠くらい飲めばいくらなんでも効くだろうが。なんだったら10錠でもいいんだよ。さすがに10錠なら効くでしょう、多分。あぁなんか、碌なことない。ほんと碌なことない。なんで碌でもないことばかり起きるんだろう。つらい。しんどい。助けて。

 夜中に目が覚めて、そのまま朝まで起きていた。朝方、サイレースを6錠服用したところ眠くなったので寝ると夕方まで眠った。

 というわけで、日記に書くような出来事もまったくないので、今日はこれくらいで。

 気分は低空だが飛行はしている感じ。出掛けに茨城県知事選挙で投票を済ませた。誰が当選するかね。あんまりコロナ対策中に行政の空白は作りたくないよね。
 行方市の"玉造たまつくりこう"と呼ばれる場所にある、農産物直売所の楽郷らっきょうという店に行き食糧を調達した。新米がもう入荷していた。銀シャリの炊きたては美味いんだろうなぁ。
 ただ、最近はコメを食べることが少なくなった。今年の夏に体を壊してから、コメがダメになった。以降はうどんとか麺類ばかり食っている。なんでだか原因はわからないんだけれど実際こういう現況に至っている。でもまぁ、何かの勢いでコメを食べれば以降大丈夫だったりするかも知らんね。

 次、稲敷のメガドンキへ。ダイソーで電気小物を幾つか購入。カルディではスペシャルブレンドとマンデリンフレンチを其々200g豆で購入。
 次、潮来のホームジョイ本田で灯油18リットル購入。
 最後に、土合のカスミで惣菜と牛乳、人工甘味料などを購入。人工甘味料にいいイメージをお持ちでない読者の方々もいらっしゃると思うが、俺は減量が急務であるから、健康に良いものではなくても摂らざるを得ないものもある。別に俺がこれで体壊しても、他人に健康被害が及ぶわけではないので批判には当たらない。実際、110kgだったのが87kgまで減ったんだから全てが人工甘味料の効果とは言わないが、糖分を人工甘味料で摂るようになってから体重が減ったのには間違いないので全くの無効、とは考えていない。

 帰宅すると父は昼寝の為自室にこもっていた。母は父のそういう態度に腹を立てているようだ。帰宅する頃までにはリビングにいて、「お帰り」の一言でも言ってから寝るとかそういう事できないのかねぇ、というのだが、父にそんな気を利かせさせるのは無理と言うもんだ。結婚相手を間違えたんだね。ご愁傷さま。

 ラツーダを飲み始めて5日目、リタリンを飲んだ時のような絶大な効果はないが、まぁ、全く効き目がないとも言えないというのが正直なところだ。投与開始用量10mgの段階なので効くとか効かないとかそんな段階ではないと思う。次回まで様子見。

 最後に、茨城県知事選挙は現職が当選したらしい。そうだろうね。

 今日も一日中横になっていた。もうなんか、今週最悪。腹も痛いし、なんなんだよもう。日曜日、元気でいられるかどうか。最近ドライブ欠席になりがちなので、行きたいのはや山々なのだが。しかしなぁ…途中で具合悪くなって迷惑かけるのもなんだし。難しいところだ。右の耳管あたりが痛い。下手すると中耳炎になりかねない。鼓膜切開は嫌だ。  『ウェザーニュースLIVE』を久しぶりに見た。投稿採用されないし、ワンパターンになってきたので最近見ていなかった。

 具合が悪い。いわゆる不定愁訴というのかな…それが頻発している。そう言えば、先日の水曜日に精神科で処方された『ラツーダ®錠/=Latuda/(ルラシドン塩酸塩錠)』という抗精神病薬がある。最近の薬かな(2020.6.11発売らしい)、俺の知らない薬だ。基本的に抗精神病薬という括りで、適応は統合失調症だが、双極性障害のうつ状態にも使用するらしい。剤型は20mg錠のものだが、投与開始用量が10mgなので割線が入ってて、半分に割って服用。前回リスパダールが処方されていたが効いている気がしないと言ったらあっさりと『ラツーダ』に変更になった。

 うーん…『ラツーダ®』…得体の知れない薬なのでなんとも言えない。継続的に服用しておく必要がありそうだ。

 精神科と内科。精神科は今日も代診の先生。元々の主治医の先生は今日も休診。もう帰ってこないのだろうか。それっぽいな。別に先生が変わって困ることはないが、俺はいつもの通り症状を伝えられているのだろうか。

 つらい。もう死にたい。

 相変わらず調子は良くない。明日精神科と内科があるんだった。忘れてた。正直面倒ではあるが、病気持ちだから仕方がない。

 精神科の診察はまたは代診の先生なんだろうか。主治医の先生が数ヶ月も戻ってこない。体調不良のため、と受付に表示があったのだが、なにか肉体的に悪いものがあるのか、それともあの先生もセンシティブそうな先生なので、診察を続ける中でご自身も精神的に病んでしまわれたのか、いずれにしても心配だ。     

 代診の先生は主治医と姓が同じなのでなにか関係があるとかかな。奥様か、姉妹様なのか、偶然の別人だったのかは知らないが…。

 診察はなんか適当に済まされている感じ。多分代診だからなのか浅い診察に思えて。一応毎回近況の様子を書いて持っていくんだけど、どれくらい読んでくれてるのかちょっとわかんない。なんか最近、精神状態も体調も悪くて良くない状態が続いている。死にたいと思うこともしばしば。練炭買ってきて眠剤ODしてクルマん中で一酸化炭素中毒で死ぬのが臆病な俺としては相応しいだろうな。
 それを実現できないのは、俺がチキンなのと、カネを一切持たせられていないから。缶ジュース一本も買えない身分だからね。なにか買う時は親同伴でなに買うかいちいちチェックされて買って(もらってい)るんだぜ、50過ぎのオッサンが。俺は禁治産者のようだ。なんとも情けない。

 前に使っていた財布を紛失したので別な新しいの買ったので、財布は持っているが中身はカラ。診察券(再発行)、保険証(再発行)、カルディのカード(再発行)が入っているだけだ。紛失した財布、どこで失くしたのかなぁあれ。気に入っていた財布だけにしかも少額ではあるがカネ、20円でも惜しい、っていうか20円はもういいんだけれど、他になんのカードだったか覚えていないが結構入ってて…う~ん…って感じだよね。確か証明写真も入ってた気がするなぁ…あと、健康保険証と診察券も入ってたんだよ。保険証は再発行してもらったからいいんだけどさ。あぁ内科も新しい診察券もらわないとなぁ。事情を話して再発行…めんどくせ。自立支援の黄色いノートももう終わりなので役場に行ってもらってこないと。
 明日、この精神状態の俺が複数の用事があるのは少し厳しい。診察自体は別に嫌じゃないんだ。ただ…出掛けるのに爆発頭で行くわけにもいかんから朝、風呂っていうかシャワーして行くんだけれど、慌ただしい時間帯、体が眠りを欲している時にシャワーという大イベント。夜ゆったりと入る風呂とはわけが違う。
 体というか脳が「眠たいよーどうか寝てくださいよー」と言うのだが俺は構わずガシガシと洗い続ける。部屋に戻るともう疲労困憊。グデ~ッと倒れ込んで暫くそのままって事もザラではない。
 親には「豆は洗いすぎ!」と言われるんだけど、風呂に入って洗いすぎってどういうこと??普通に洗ってるつもりなんだけど?固形石鹸で洗ってボディソープでもう一度洗って…頭洗って…これでも最小限だよ?たかだか一時間か一時間半くらいじゃん。かからない?!それはいつも通りだよ。十代の頃なんて2時間以上入ってたじゃないか。50過ぎのオッサンが長風呂するのはダメか?皮脂要らない。

 明日の朝もこのルーティーンを執り行いますにつき、また疲れるのだ。風呂はゆっくり入りたいもんだね。

 今日も一日、何も身になる出来事は起きず、ボヤ~ンと横になりながら過ごしていた。少し風邪気味、鼻の奥と喉の境目に炎症が起きていて痛かったので点鼻薬を鼻の奥に噴霧して暫く休んでいた。
 あ~ぁなんか、体調万全と言える日がこの一年、あっただろうか。

 母は、膝痛のため整形外科に行く。俺はただボヤ~ンとして無為な一日を送って、今に至る。ど~うすりゃいいんだ俺は。リタリンが欲しい。カフェインでもいいや。 リタリンは、まぁリタリンで済めばいいけれど、そこからマリファナ、大麻、アンフェタミン・メタンフェタミン(覚醒剤)と進んで結果、人生終わり、ってことになるんだろうな。俺はただ、カネがないから麻薬・覚醒剤をやっていないに過ぎないのかも知れない。あぁ~。  

 8月ももうそろそろ終わり。秋か…なんか虚しいなぁ…9・10・11月と、季節は移ろってあっという間に年の暮れ、あぁ~嫌だ~。時間は止まらない…助けてくれ…。

 あぁあぁあぁ~畜生!俺はどうしてりゃいいんだ、毎日毎日、どうすりゃいいんだよ!もうなんか、全てが面倒だ。どうせ死ぬんなら今すぐ死なせてほしいんだけど。…あぁ…。

 今日も体調悪く、出掛けるかどうするか悩んだが、まぁ、しばらく出掛けていなかったので、ちょっくら出掛けてみるか、という事で出掛けることにした。
 俺は雑誌を買う用事があったので書店に寄る。それが済めばあとは特に用事はないので助手席にぼんやりと座っていた。多分本調子でないので口数が少ないということで、ひよりにどうしたのか訊かれたのでそのまま調子が悪い旨のことを言ったと思う。帰りにウエルシアに寄って、ボディペーパーとシャンプーを購入。次、カスミに寄ってコーヒーフレッシュとビスケットを購入。あと、夕食の弁当を購入。このクソ暑いのに母を台所に立たせるのも気が引けたので。カスミで小一時間店内を巡回していた。いろいろ欲しい物があるがカネがないので目の保養だけにとどめた。

 帰宅後、なんだかまだ調子も良くないので横になっていた。だるいわ、頭が重いし、どうしたもんだろうとなんともなしにぼんやりと時を過ごしていた。参ったなぁ…どうすべきか…俺の意思で具合悪いのを解消できるわけもなく。しょうがないのでぼんやりと横になっていた。参ったなぁホントに。父とひよりは昼寝、母はパラリンピック観戦。んーんなんか、体調も精神状態も芳しくない。明後日で8月も終わり。暦の上では9月、もう秋。けれど陽気はなかなか夏もまだ居座っていて、しばらくは暑い日々が続くんだろうが、季節は少しずつ秋に向かっている。うーん…困ったな。秋も深まり冬が近づいてくると俺の精神状態は徐々に悪化の一途を辿る。ニュートラルな精神状態でも春・夏はポジティブベース、秋・冬はネガティブベースな状態になる。秋か…あんまり好きじゃないなぁ…。

 結局今夏は新型コロナウイルス感染症に怯え過ごさざるを得ない日々で、やっぱりなんか、スカッと爽やかな日々とは縁遠かった。何にも怯えずにただ暑くて夏らしい夏を過ごしたい。まぁ、桜・花火・どんぐり・雪…春夏秋冬それぞれに好きな風景はあるけれど…四季を楽しめたならこんなにいいことはないなと思う。こんな疫病がない毎日を過ごせるのはいつのことになるだろう。もうこんな自粛生活は嫌だ。コロナワクチンなんて言葉が飛び交わない毎日が戻ってくるのが待ち遠しい。もう嫌だこんな生活。うんざり。

 俺はあと何回、四季を家族とともに迎えられるのだろう。当たり前と思っている毎日が、実は奇跡の積み重ねなんだと思うととても愛おしいと感じるのだろう。あぁ、それが永遠ではないことは予めわかっていることだけれど、それを考えるととてもつらくなる。俺は家族の死に顔は見たくない。俺が最初に逝ってしまえばそれもないから、それをただひたすら祈るだけだ。家族との四季…これがあれば、実は何も要らないのだ。