合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

  日が明けて火曜日。なんか疲れ気味。なにかサプリメントでも飲まないとダメかも。ビタミン不足。多分B群が足りないかもしれない。12…。糖質・脂質代謝が悪いんだと思う。まぁ、だるいのはレボトミン®の所為とも言えなくもないけれど…。

 また昼寝て、夜起きる生活になりつつある。ふとした拍子にそうなってしまう。朝型→夜型には簡単になるらしいけれど、夜型→朝型はなかなか戻せないらしい。

 しょうがないのでやっと出たDebian7.0(Wheezy)のインストールをした。デスクトップはgnome-shell。なんかDebianでgnome-shell?っていう違和感があるんだけど。デスクトップ環境をLXDEかXFCEにチェンジしました、gnome2のままにしました、というならピンとくるんだけどgnome-shellかぁ…う?んDebianもとうとうgnome-shellに手を出したか(っていうか出さざるを得なかった)って感じ。まぁ前までのDebianのデスクトップ環境がクラシック過ぎたというのもあるけれどね。とうとう保守にも改革の風が迫らざるを得なかったんだろうな。今回はnetinstの過程でブートローダーがインストールできなかったのでUbuntu13.04を再インストールしてgrubをインストールさせた。全部のOSを拾ってくれた。この下旬にはLinuxMintもリリース予定だしちょっとしたリリース期にあたる。って言っても俺はその他に近日リリースのLinuxディストリビューションを知らないんだが(笑)まぁ、来月下旬にはFedora19が出るとか出ないとか言ってるけどFedoraはリリース遅延・延期がお得意なのでいったいいつ出るかわからんし、遅れに遅れて気が付いたら10月リリースなんてこともありうる。気長に気長に。『ライブCDの部屋』さんにはいつも楽しませてもらっている。俺のPCにはこちらからチョイスしているディストリも入っている。更に搭載OSが増える予定(←無料なのをいいことに集めまくっている)(笑)一体俺は何やってんだか。

 朝になったので寝る(俺はドラキュラか?)。就寝前、サインバルタ®20mgカプセル1カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用、6時就寝。

 16時起床。ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。

 本を読んだりラジオを聴いたりして過ごす。17時40分夕食、18時20分父出勤。

 21時、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ラミクタール®100mg錠2錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。なんか知らんが漠然とした(色々な現状についてや将来についての)不安が続くので頓服のリスパダール®内用液1mg/ml・2mlパック2パックを服用。

 23時、母、妹就寝。リビングの明かりが消えると俺にとって魔の時間がやってくる。NHKラジオ第一のニュースを聴く。不安増強。頓服のリスパダール®内用液1mg/ml・2mlパック2パック3パック追加。20分ほどで効き始める。割と普通に戻る。

 腹具合は特に悪くないが日曜日に飲んだロペミン®の影響か日曜日から排便なし。

 何をして過ごそうか。日が明けるので次のエントリーに移る。(後日記)

 昨日、チェリオのジーコ広場でベンチに座っていた時ヨン様のドラマをやっていたからだと思うが、ヨン様のドラマを見ている夢を見た。それが、エンドレスの展開になっていて、実はヨン様は整形をしてその男になっていて本当は全然別の顔なんだがなんかそれでトラブルになって殺されるんだがまた生き返って…とゾンビな展開になってとても怖かった。上手くストーリーを説明できないんだけれど、とにかく、ゾンビな展開になっていつまで経っても同じ夢が延々と続いた。これは夢だと気づき起きるんだが「起きた」というのも夢でまたゾンビな展開になって絶望的になっていると、やっと目が覚めてホッとするんだけど頭が半分寝た状態で起きたものだから実際はいない蜘蛛がいて「うゎっ蜘蛛だ!」と幻視を見て電気をつけたらいないとわかり、「あ、昨夜リスパ液多めに飲んだからだ」と思い、リビングに行って朦朧とした状態で事の顛末をダーッと話してから「また寝る」と言って多分6時前後、サインバルタ®20mgカプセル1カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用後再び寝る。        

 次はなんか、高校時代の友人が3、4人出てきて、「海産物フェア」みたいなものをやっていて母と妹がさんざん試食した挙句、何も買わないという暴挙に出て、俺が「ダメだよー買わなくちゃ」と諫めていたり、それから説明しがたいドタバタがあって何故かやたらと速い観光船に乗っているところで話は終わり、起きると16時半。ところどころ目を覚ましていたが、起きはせずまた眠りに落ちるという感じでわけ解らない一日だった。17時45分、夕食。18時35分、ルボックス®50mg錠4錠、レボトミン®5mg錠6錠、ラミクタール®100mg錠2錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。今日は疲れた、なんか(19時42分)

 昨日は取り乱しまして…。不快な思いをした方も少なくなかったと思う。そういう俺も、当時のことを鮮明に思い出してかなり辛くなった。一度そういう思いが頭をよぎるとブレーキが効かんもんでダーッと書いてしまった。でもあれは事実であり、本心である。今回は(も)言葉を選べなかった。思った通りそのままを書いた。だから取り消しも撤回もしない。昨日、俺がそう思った思い出したという記録でもあるから。

 6時、サインバルタ®20mgカプセル1カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用。

 いつもながらどんよりした顔でテーブルに突っ伏している俺を見て10時50分、母と妹が、「ほら、出掛けるよ。準備しなさい」というので言われるがままに準備をし、車に乗った。妹がケーズデンキで電卓を買うというので降りてパソコンだのコーヒーメーカーだのを見ていたが、メディアがないと思って今月の小遣いの1000円で680円のDVD-RW10枚入りを購入。最近はケーズデンキで買うことが多い。Y電機はたまたま鹿嶋のだけかも知らんが感じ悪い。「ポイントカードをお見せください」と言っておいて「ポイントはつきません」とか訳の解らんことを言ってみたりなんか感じ悪かった。旭のY電機では菓子とかインスタントラーメンが売っていたりだとか訳解んねぇ。なんで電気屋行ってラーメン買わなきゃいかんの?そのスペースに電化製品おけるだろっちゅう話だ。

 ケーズデンキを過ぎたあたりにあるセブンイレブンで100円の挽きたてコーヒーのアイスコーヒーを買ったんだが、妹が車の中にコーヒーをこぼしてしまいブルーになっていたので俺がコーヒー飲むなんて言い出さなければこんなことにはならなかったのに、と申し訳なく思った。幸い少ししたら機嫌も戻ってきたのでほっとしたが。そのあとチェリオに寄って母は肉、妹は会社に来ていく白のブラウスを購入。俺は本屋によって立ち読みしていたが何も無理してあんまり読みたくもない雑誌買わんでも来月また1000円入るしと思ったので何も買わずにジーコ広場のベンチに腰かけて待っていた(股関節が痛かったので)。昨日、ジーコが鹿島の試合を観に来ていたからかも知れないが、20年間のアントラーズの歩みの写真が飾ってあった。サッカー好きの母と妹は熱心に写真を眺めていた。

 チェリオから少し神宮方面へ行ったところで、車が3台事故っていた。警察が来て調べをし、その車線は通行止めになっていた。派手に壊れた赤いビートル、勿体ない。

 今日は珍しい車を数台見た。一番新しい黒いソアラと黄色いマクラーレンと思われる車、それから白いランボルギーニ・ムルシエラゴ。よくそんな車買うよなぁ、価格は勿論だけど維持費がョ。ガソリン捨てて走ってるようなもんだからなぁ。自動車税とかもあるでしょ?そんなこと言ったら道楽できないか。大金持ちのお遊びなんでしょうからね。遊びとは得てして無駄なもの。羨ましいというより桁が違うから笑っちゃうよね。でも日本じゃサーキットでも行かない限り、性能は発揮できないだろうけど。ボディだけムルシエラゴ風でエンジンはカローラとか、そういうファッション的な車があってもいいような気がするのは俺だけだろうか…。

 15時15分自宅着。車に乗っている間は普通にしてるけど、家に帰ってきて荒んだ部屋に入ると気が滅入る。なんだか今日もゆううつ。何にもやる気が起きない。ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、頓服のリスパダール®内用液1mg/ml・2mlパック2パックを服用。気休め気休め。

 リビングに行ったらそらまめむいてくれと言われたのでむいた。手が青臭い。殻というか鞘の内側はスポンジ状になっていて鞘に占める豆の割合が極端に低い。なんだこの豆は。さやえんどうとかスナップえんどうのようにはいかない。

 18時45分、夕食。19時15分、ルボックス®50mg錠、レボトミン®5mg錠5錠、ラミクタール®100mg錠2錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。

 21時58分、暫く書けない時間が続いた。もう充分なんだろうけれどなんかやっぱり強迫入ってるかな。何か書かないと何か書かないとと思ってしまう。

 そういえばメールチェック暫くしてないや。どうせ重要なメールは来ない。レンタルサーバーの更新契約のお知らせとかくらいかな。別に友人からも来ないし。メルマガとか広告のメールしか来ない。殆ど消してる。友人からのメールも5年で80通余り。今ではもう交流のない人がほとんど。今年に入って5通(笑)。まぁ、人徳のなさが露呈してますな。「赤ん坊を無理やり奪い取ってコンクリートに云々」なんて書いてる人だから、人徳なんてないに決まってる。

 性格悪いしな。人格がひん曲がってしまった。俺はうつじゃなく、人格障害なんじゃないかって思って。前々任の先生には「パーソナリティ障害」といわれた。気を遣って「パーソナリティ」という言葉に置き換えてくれたけれど、結局は「人格」なわけで、前任の先生からは、「過去からの分析なんて無意味だ、家族関係の改善は非常に難しいから変えようがない。」ということで治療方針が変えられ、うつ、社会不安障害ということで「認知行動療法」の書籍を薦められたがなかなか上手くいかないし、なかなか34、5年かかった「ものの考え方」は治らない。今の先生は多剤多量処方には慎重だが、主に症状をさらっと見て(俺は毎回レポートみたいなものをプリントアウトして渡している)、薬剤主体の治療(凄く混んでいる中で一人一人の時間を短くして数をこなさないと待ち時間が長くなって仕方がない)。でも俺の時は10分くらい時間を取ってくれるからありがたいと思っている。

 俺にとって魔の時間帯がやってくる。俺が調子が悪いのは深夜と朝で、夕方になるほどに割とましになってくる。そろそろ気が滅入ってきたし、母も「もう寝なさい」というので寝ることにする。(23時42分)

 昨夜からずっと便意が続いている。トイレに何回も行った。硬便?普通。なんなんだよ!くそうんこ!ちょっとずつしか出ない。S状結腸の辺りにたまってる感じ。5時、サインバルタ®20mgカプセル1カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用。6時25分現在、まだ便意は続いている。なんなんだ一体!くそうんこ!(6時28分)

 6時35分また便意を催しトイレへまたちょっとしか出ないがいつまで出続けるんだこのくそうんこ野郎!(10時25分)10時30分また便意を催しトイレへ。下痢でもなんでもないのに便意が止まらないのはどうして?くそうんこ野郎!(11時10分)

 11時20分ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠を服用。

 13時50分、腹が痛くなってトイレへ。まだ出るの?なんで?14時25分、終わる。なんだちきしょうこのくそうんこ野郎!

 14時48分頃、石巻で震度5強の地震発生M5.9。けたたましくSignal Now Expressの音が鳴り響いた。いつもながらこの音、怖い。

 16時半、また腹が痛くなりトイレ。なんなんだ一体!下痢でも軟便でもない。なんなんだ?何か食うと胃・結腸反射で大腸が動くのはわかるけれど、でも何か食うたびいちいちいちいちうんこしたくなるって、どうなの?母は「ヨーグルト食べてるからじゃない?」というが、そうなのかな。まぁ、過敏性腸症候群の人は大腸の痛覚閾値が低下しているからちょっとした便の移動で腹が痛くなるのかもしれないが、それにしても…。ウンコマンだなここまでくると。くそうんこ野郎めが!(17時54分)

                                     * 

 なんとなくネットを見ていたら5月4日にDebian7.0(Wheezy)がリリースされていた。CDとかDVDに全部焼くと何枚も焼くことになって不経済なのでいつもnetinstを使っている。今回のWheezyはインストーラの画面はどうなっているのだろうか、いつものクラシックなやつだろうか、あの画面も飽きたなぁ。ところでWheesyのGrub2は全部のOSを拾ってくれるだろうか。一応、Ubuntu13.04のgrub.cfgをバックアップしておこう。さて、いつインストールしようか。今はパワーがない。nVIDIAのドライバーもビルドして入れなきゃなんないしそれ考えるともううんざりなんだけどね、今は。

 Linuxコレクション、趣味と言えば趣味なんだけれど、それさえやる気がないっつぅのは、やっぱり精神状態が良くないのかな。だるいし。頓服のリスパダール®内用液1mg/ml・2mlパック1パックを服用。てきめんに良くなるわけじゃぁないと思うけど、まぁ、気休めに。効いたら大儲けくらいの感じで。サインバルタ®20mg/dayは眠気が取れてからほんの少しの間は効いていたと思うけれど、今はなんか、腰折れみたいな感じ。40mg/dayに増えても、最大量の60mg/dayになっても、また眠くなって、少し効いて、腰折れという結末になったらほんと残念だな。「俺には何にも効く薬がないのか?」って思ってしまう。思ってしまうと、これは怠け以外の何物でもない、という考えに至る。そして「俺はどうしようもないダメ人間だ」「廃人だ」となる。俺はなんなんですかねぇ…。単なる「アパシー」なのかも知れない。だったら死んだ方がましだ。俺のために医療費・薬代・食費・その他雑費を出してもらってるのが申し訳なさすぎる。俺はダメだ。死んだ方がいいんだ。我が家の経済のためにもいい。「また言ってらぁ」と思われるかもしれないけど、今はそういう考えにしか至らないんだ。
 確か初めてそう思ったのは、十二指腸潰瘍になった頃だから小学校3年の時だったなぁ。十二指腸潰瘍になって、自らの体を破壊して死んでやろうと思って飲酒を始めたのもこの頃だった…。そうかそうだったんだ、俺は34年間かけてこういう思考回路になったんだ。本当の芽は34年前にあったんだ。忘れてた…っていうか忘れたふりしていただけかもしれない。小学校3年の時にその原因があったわけじゃなくて、事件は実は小学校2年の時の担任、「T石Y生」という女教師によるいじめだった。無理やり級長にさせられて、少しでもふざけたら「あなた級長でしょ?なにやってるの?」と怒られ、放課後どこかで同じクラスの誰々と誰々が喧嘩したら「あなたに責任がないからこんなことが起きるのよ?嫌なら辞めてもいいのよ、級長」と責められ…小学校2年の生徒に責任って言ってもねぇ、理解できるはずもなくただ泣いた。「泣くんじゃないそんな図体して!(当時も俺は太っていた)」結局デブだったのが気に食わなかったようだ。それからは気分が沈みがちになり、たまりたまってそれから9か月後、3年生になってすぐ、俺は十二指腸潰瘍になった。「俺がふざけていたから…」「俺が喧嘩を防げなかったから…」自分を責めた。今だったらもう、裁判起こしてる。損害賠償もんだよ。それから何年も経たずに教師を結婚退職した「T石Y生(もうこの頃は姓も変わっていたろうが)」は、ぬけぬけと赤ん坊連れて学校に来やがって、憎い筈の「T石Y生」の赤ん坊を作り笑顔であやしていた俺は何?今だったら赤ん坊を無理やり奪い取ってコンクリートに叩きつけていたかもしれない。「俺は貴様の所為で十二指腸潰瘍になったんだ『責任』を取れ!」と。「しかも俺がこういう思考回路になったのも貴様の所為だ『責任』を取れ!」と叫びながら。脳みそ飛び散って即死の赤ん坊をみながら俺は薄ら笑いしているかもしれない。「T石Y生」よ!俺が貴様の名を伏字にしてやってるのはささやかな「慈悲」だ!有難いと思え!殺しに出向かないだけ有難いと思え!今は58歳になっているそいつが不幸になっていることを望む。

                                   *

 ――今更憎んだって今の状況が変わるはずもなく…あいつのために犯罪者になる気はさらさらない。ただただ唇を噛むのみ。(翌1時58分)

 昨日あたりから奥華子のCDがヘビーローテーションでかかっている。ガーネット。青春だなぁ。俺にもこんな頃があったなぁ。今ではすっかり40おっさんになってしまって、こんな記憶も風化されていたけれど、思い出したよ。けれど。そんな思い出も中学、高校の嫌な思い出とセットになって覚えていて、なんだか複雑な気分。ヤンキー達が全てを壊しやがった。

 ま、それは置いといて、俺は奥華子のCDを3枚持っている。「vol.best」vol.best「やさしい花の咲く場所」そして「ガーネット」。声とビブラートがほとんどないのが好き。ビブラートが多すぎるのはくどい。
 左のブックレットは「vol.best」のもの。インディーズ時代のものだったと思う。14曲入り。
 そして下のブックレットはファーストアルバム「やさしい花のある場所」。なにかで聴いていいなぁと思って購入したもの。だから、購入した順序はやさしい花のある場所1「やさしい花のある場所」2「vol.best」3「ガーネット(シングル)」という順序。もっとアルバムはあるのだが、金欠によりガーネット未購入。最近の俺は女性ボーカルが好きだ。奥華子然り、又紀仁美(ゆうき・ひとみ)然り、石川ひとみ然り、松田聖子然りである。男性ボーカルはどうも力が入ってしまい、聴くのに精神力が要る。でも、女性ボーカルでも、歌い上げるタイプは好きではない。フェイクしたりとか、こぶしコロコロ回したりとか…。それよりもさらっとした女性ボーカルか、イージーリスニングのインストゥルメンタルやピアノとストリングスがいい。以前はメタルとか聴いていたのだが、力が入ってしまって疲れるので最近はほとんど聴かない。メタル聴けるときは元気な時だろう。

 今回紹介したのは結構前のものだが、多分廃盤にはなっていないから購入できると思う。多分CD買ったのはこれ(ガーネット)が最後のような気がする(土下座して買ってもらった)。パソコン雑誌買ったらもうその月の小遣いはなくなるから。

                                   *

 今朝は4時10分、パンシロン®G(胃酸を中和するため)1包、サインバルタ®20mgカプセル1カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用。今日も調子悪く寝たり起きたりしていた。両親は母の眼科に行った。13時25分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。19時40分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ラミクタール®100mg錠2錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。両親が帰ってきた時、俺はリビングでテレビをつけたままコタツに突っ伏して寝ていたそうだが記憶にない。その後母に促されて自室に来て布団に寝たらしい。ヨロヨロよしていたそうだが、頓服のレボトミン®を飲んだからだろう。どうせ4錠?5錠飲んでしまうから今度25mg玉に変えてもらおうと思う。

 もう22時20分か…昼間寝ていたから全然眠くない。昼間も2時間おきに目を覚ましていたので今夜寝ても多分2時間おきに目を覚ましてしまうんだろうな。母も内科でデパス®0.5mg錠を処方されているんだが、それで眠れるなんていいなぁ。羨ましい。(22時40分)

 8時55分、サインバルタ®20mgカプセル1カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用。

 眠ろうと思えばいつでも眠れる。あくびが止まらないよ。

 12時5分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠2錠を服用。

 12時30分、ほととぎすが渡ってきたようだ。「トッキョキョカキョク」と鳴いているのが聞こえた。俺は好きだほととぎすの鳴き声。夜明けも早くなってきたし。あと1ヶ月余りで夏至。夏至かぁ…早いなぁ。

 寝よ。気分悪い。(12時55分)

 17時15分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ラミクタール®100mg錠2錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。(17時20分)

 18時10分、夕食。18時45分、だるくてだるくて横になる。22時30分、目を覚ます。なんで朝じゃなくて、こんな時間に目を覚ますのだろう。こんな中途半端な時刻に…って寝過ぎだろうという説もあるが。

 今日も便は出なかった。ロペミン®、飲んでいないんだけどなぁ。イリボー®か?まぁいいや。めんどくさくなくて。(翌0時10分)

flowers 3時30分、目が覚めてしまった。胃酸過多で酸っぱい液体が上がってくるので昨日からガスター10を飲んでいる。やはり胃痛だったようだ。痛みはなくなったが、なにぶん腹が減る。昨夜はレトルトのおかゆしか食べなかった。便も出なかった。ただ、精神状態は結構いい。恐るべしサインバルタ®。90.2%の人に何らかの副作用が出るだけある。俺はもともと胃酸過多で9歳の頃十二指腸潰瘍を患っているし。もともと消化器が弱い。だから弱いところ――「胃」痛となって現れて出たんだと思う。(3時45分)

 4時10分、服薬に先立っておかゆとバナナを食べる。4時40分、サインバルタ®20mgカプセル1カプセル、ルボックス®50mg錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用。(5時3分)

woods 12時半、ガスター10<散>1包、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。精神状態が悪くなってきた。はぁ?サインバルタ®も、時間が経ってしまえば腰折れかな。どうやらサインバルタ®効いていないようだ。添付文書見ても「ファモチジン(ガスター10)飲んだから相互作用で効果が減弱した」とは考えにくいけど…。

 精神科の医師の間では俗に、「カリフォルニア・ロケット」なる処方があるらしい。サインバルタ®とレメロン®(リフレックス®)の併用だとか。でも、俺はレメロン®(リフレックス®)は正直言って怖い。何故ならレメロン®(リフレックス®)は四環系の改良型だから。四環系は俺にとって鬼門で、ルジオミール®テトラミド®テシプールも痙攣発作が起きた。だから多分ダメだと思う。それに強迫性障害に使っている、抗うつ薬でもあるルボックス®をカットしたくない。抗うつ薬の2剤処方まではキャパ内だろうけど3剤処方は無理だろうから。どうやら資料に拠れば3剤処方もないわけじゃないみたいだけどね(参考「向精神薬の処方実態に関する国内外の比較研究」pdf←データ量が多いので重たいよ。アップするのに2分くらいかかった)。でも俺は怖いし、推奨されるもんでもないだろうし、主治医も出したがらないからリクエストしないけど。

                                     *

mocha 今日は精神状態が良くないけれど、空は青い。庭には森のように木々が茂っていて、花もたくさん咲いているし、今年の3月20日に10歳を迎えた愛犬、モカもいる。雑種だけど俺が愛してやまなかった放浪犬のぶっこ(4月上旬・没)と、うちで飼っていた、ちょっと見ベアデッド・コリーの白いやつみたいな(雑種だけど)、おっとりしているけど何考えてるのかわからない愛犬のメリとの娘だ。メリはちょっと頑固なテリアの入った愛犬マルコの娘だ(父親不明)。メスは貰い手がなく、結局うちで飼うことになったのだ。一時はマルコ、メリ、モカの三匹が同時期にいた。
 ちょっと気難しいマルコが来客に歯をむき出して「ウ?」とうなると、モカは「やめなよ」という感じでお手をするようにマルコの肩に手をかけて制止することも度々あった。そんなところがぶっこによく似ている。マルコとメリは先に逝ってしまって、今はモカ一匹だ。その前にも実は俺が溺愛した、シェットランド・シープ・ドッグのペンがいた(97年、没)。ペンは初めて飼った犬だったので勝手がわからず、ドッグフードを与えればいいものを、人間と同じ味付けのうどんとかを与えていたため、腎臓を悪くして早くに逝ってしまった。残念で亡骸に、泣きながら詫びた。うちは四匹の犬を見送ったわけだけど、慣れないねぇ。モカも人生(犬生?)の後半を過ぎたわけだけれど、ぶっこくらい長生きして欲しい。いろんな穏やかな現在や、いろんな思い出がたくさんある。

荒んだ部屋 何が言いたいのかというと、うつになる要素なんてどこにもないじゃないか、ということ。なのに俺は毎日悩み、おこがましいが苦しみ、悲しんでいる。何故だろう?それはきっと、某SNSでの高校の同級生の幸せそうな毎日を見てしまうからだと思う。また、俺は職もなく、同級生が某SNSでこれ食ったあれ食ったこれ買ったなんていうのを見ていると、カツカツの自分の経済状態を鑑みるにつけ、淋しくなってしまう。「負け組」の人生を歩んでいること、勉強しようにも苦しくて集中力が続かず、そのまんまになっていること、十代の頃の感情をまだ引きずっていること、そして、愛する人を失ったこと、強迫性障害、社交(社会)不安障害になってしまったこと、それから、過敏性腸症候群になってしまったこと。
 「私も負け組です」なんて某SNSで言っている人だって、「どこ行ったそこ行った何買った何食べた」と書いていて、「全然負け組じゃねぇじゃんかよ」と思うことしょっちゅう。その妬み嫉み僻み等が折り重なって、俺を押し潰す。
 毎回言っているが、俺の苦しみ、悲しみは俺にしか解らないようになっている。「こうこうこうするのが、普通」という人もいるが、俺は普通ではない。おかしいんだ。どうかしているんだ。頭の螺子が外れているんだ。だから「普通」論で言われても困る。自称「普通」の人が普通の物差しで俺を批判したって、俺にはどうしようもない。
 以前、前の彼女に、別れ際、「あなたは変われない。絶対に変われない!」と言われた。それは真実だろう。今現在を以て30歳の俺と何ら変わってない。変わったのは体重が倍になったこと、歳を食ったこと、もうシャンプーと石鹸の匂いはしないこと、くらいだ。中身は全く変わっていない。人を信じられず、粗暴な俺のままだ。けれど彼女に手をあげたことはない。ただ、壁に物を投げただけだ。今は全体的には大人しいが、時々粗暴さが顔を出す。そして、人を信じられないのは今も一緒。結局何も変わっちゃいないのだ。「普通」に未だになれていない。そして未だに、まるで世界中の悩みでも背負っているように、悩み、苦しみ、悲しんでいるのだ。これでは周りの人も不愉快にさせてしまうだろう。だから俺は、某SNSにネガティブないつもの書き込みをしないことにした。ポジティブな書き込みは嘘をついてると思っていい。

 只今翌8時42分、眠くなってきた。寝る。(翌8時58分)

 4時、最近胃が痛い。空腹だとまずいんだよな。もうそろそろ朝の薬(サインバルタ®を含む)を飲むので、何か食おうと思ってクラッカー食ったら幾分楽になった。7時25分、サインバルタ®20mgカプセル1錠、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用。

 最近、胃が痛い?ん?腸が痛い?なんかひりひりする感じ。これがもし深刻な病気でも、俺は放っておこう。入院も手術も拒否する。これは緩慢なる自殺だ。俺にもう可能性は残っていない。もう生きていてもしょうがない。これは家族にも言っていない。病院のベッドで死ぬのは嫌だ。畳の上で死にたい。だから…。

 だるい。疲れた。横になる。(8時8分)

 腹がひりひりするのが続いている。tomotomoさんが読むように言ってくださったのはこれ。2ページ目の右下から3ページ目の左上の「(4)副作用」腹部痛。うん…腹部痛か。前からひりひりはしているんだが、サインバルタ®を飲んでから、確かにひどくなった気はする。ん?…基礎疾患は前からあったんだけど、サインバルタ®でこれが悪化したということも考えられる…か…。悪心は4日目から出ている。腹部痛は5日目からだったっけか。もう少し、粘ってみよう。(16時33分)

 俺の文章は長いばかり長くて中身がないと思う。(0時58分)

 9時半、サインバルタ®20mgカプセル1カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用。

 15時、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。

 16時5分、吐き気がするのでレボトミン®5mg錠5錠追加。(16時13分)

 16時20分、便意を催しトイレへ。やや軟便。吐き気はだいぶ治まったが、時々軽微な頭痛とめまいがするけれど二週間ぐらい経てばじき慣れるだろう。いやー、滅多なことでは副作用の出ない(四環系は別ね)俺が副作用を感じるのだから、デュロキセチン(サインバルタ®)は俺にとっては相当強いぞ(他のSSRI/SNRIとは別のチャンネルでセロトニンの再取り込みを阻害し、ノルアドレナリンの再取り込みを阻害するんだと思う)。同じSNRIのミルナシプラン(トレドミン®)はあまりに非力だったから余計にそう感じる。なんせ、サインバルタ®は何らかの副作用は9割の人が出るらしいからね。一週間で定常状態に達するというからそれプラス一週間見ればいいだろう。

 18時半、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ラミクタール®100mg錠2錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。

 18時45分、つくばに遊びに行っていた母帰宅。つくばのイオンイーアスつくばに行ったらしい。やっぱりつくばでもイオンなのね?(^_^;)…まぁ楽しかったって言うからいいんでないかな。

 ところで、夕飯はどうするんだろう?(19時10分)

 ご飯が炊いてあったので、おかずが買ってきてあったのでそれで食べた。その後、コーヒーを淹れて飲んだ。吐き気が起きないので朝?昼吐き気があったのは多分セロトニン系をいじったからだろう。俺の脳内に於いてはセロトニンの再取り込み阻害作用が強いのだと思う。

                                   *

 しかし…なんだこの腹は!相撲取り並だ。ひっどいなぁ…なんとかせにゃいかんなぁ。なんkgあるんだ?怖くて体重計乗れないよ。っていうかきっと計測不可能でエラーになるんでないか?今度内科の先生に「実は2年で50kg太ったんですよねぇ」と話してみよう。丁度血液検査だし。あぁあなんでこんなに太っちゃったんだろう。アホじゃなかろうか。バッカだよなぁ。54?56kgの俺は服のサイズに悩んだことなんてなかった。当時のジーンズのウエストサイズは28インチ。現在42インチ。1インチ2.54cmだから各自計算してみてちょうだい。だるい。寝よう。(23時42分)

 ちょっとテレビでさわりだけ見ただけだが、十代の精神を病んでいる女の子が漫画を描いて云々、というのをやっていた。先日も書いたが思えば俺の十代は、多分今と同じ状態だったのだろう。中学生・高校生という身分があっただけで。中学時代は荒れた学校に辟易していて気分が荒んでいたところに彼女にフラれて人格全否定されたような気になって(それも今となっては彼女が好きだったとかいうより恋に恋していた自分がいて、好きな彼女にフラれて悲しいというより人格を否定されたと思ったのが大きい。実は好きな人は別にいたのだ。全然タイプじゃなかったし。)、それからはアパシーというか無気力状態に陥った。

 そのまま高校生になり、アパシーのまま、流れに任せてバンドを始めて、そこで理不尽な因縁をヤンキーにつけられ「殺してやる」と脅され、恐怖に慄きながら学校へも行かなくなり、精神不安定になって暴れ、記憶にないが精神科に連れて行かれ、でもその一回だけで薬も飲まず…その時にちゃんと治していれば、もう少し違った人生があったかもしれない。今更言ったってなんの救いにもならないけれど。そのヤンキーは家族を持ってのうのうと幸せそうにしているのを街でちらっと見かけた。家族をめちゃめちゃにしてやりたい、幸せをぶっ壊してやりたい、そう思った記憶があるし、今でもそう思っている。人の人生ぶっ壊しておいて自分はのうのうと…畜生!

 俺も実は昔、漫画を描いていた。ドラムを始めた頃だから10歳前後だ。漫画を描いていた仲間は、次第にアニメへと流れ、オタク化していったので、俺は漫画をやめたのだ。当時の歳の事だから、内容もへったくれもなく、ただ絵を描き連ねて行っただけだったが。ずっと漫画を描いていたならその十代の女の子のように、何かメッセージ性のあるものを描いたのかも知れないが、まぁ、今となっては…。

 まさか十代に負った心の傷を、四十過ぎまで引きずるとは思わなかった。就職活動の失敗→精神科に通院開始という流れは、一つのきっかけでしかなかったと思う。彼女との夢のような生活でマスキングされていたものの、根っこの部分はまだしぶとく残っていたのだ。それが次第にすれ違って行く彼女との関係の中でまた芽を出し始めたのだ。あとはもう…彼女にもフラれ、転げ落ちるように現在に至る。俺はもう、「幸せ」を感じることはないと思う。俺と仲良くしてくれている同級生たちはもうみんな当然のことながら結婚をし、或いは子供をもうけ、幸せな毎日を送っているようだ。俺はもう歳だし、デブだし顔面痙攣だしメンヘラだし無職だしもう家庭を持つこともないだろう。

 あの十代の女の子にはぜひ立ち直って穏やかな且つ充実した日々を送ってほしいと思う。まだ十代、可能性はまだまだある。

 一方俺にはもう可能性など残ってはいない。あとは死ぬのを待つだけだ。待たずに自ら命を絶つかもしれないが。俺にはもう可能性など残ってはいないのだ。慰めなど要らない。俺はただ、可能性のなくなった自分に向き合い、絶望する以外にないのだ。

 更に傷口にワサビや辛子を擦り込まれるように、タバスコを点眼されるように、何ひとつ知りやしない第三者からの攻撃。俺の苦しみ、悲しみは俺にしかわからないようになっている。これ以上傷つきたくない。俺がガチガチにガードを固めているのはそういうわけだ。訳知り顔でもっともらしい正論を振りかざし説教をされるのはもうたくさんだ。俺の苦しみ、悲しみが解ってたまるか!

 4時15分、サインバルタ®20mgカプセル1カプセル、ルボックス®2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。眠くなった。寝る。

                                 *

 10時起床。めちゃくちゃ気持ち悪い。吐き気がする。頭が少し痛い。多分、今まで空腹時に飲んでいたので胃酸で不活性化されていたサインバルタ®だが、今朝はパンを食べてから飲んだので全量が活性を保ったまま腸に行ったのだろう。今まで「吐き気はない」と言ってきたが、やはり強い薬なのだろう。(サインバルタ®のカプセルの中身は腸溶性で腸で溶けるようになっているが、胃酸により不活性化するので食後に飲むのが正解。)制吐作用のあるレボトミン®を飲む。これで治まってくれるといいのだが。(11時27分)

                                 * 

 12時20分母、妹、父はモカの狂犬病のワクチンを受けに神栖市街まで行った。案の定モカは車に乗りたがらなかったようで連れて戻る時に車に乗せるのに一苦労だったという。大人しく乗ったのは「ぶっこ」だけだったようだ(ぶっこが他の犬に噛まれた傷を舐めて傷が掘れてしまうのでエリザベスカラーをつけてもらいに行った)。14時半、銚子のイオンショッピングモールに行く。母の日と言う事で夕食に母の大好きな寿司を買い、他、野菜とか切り花とかを買ってきた。店はすごく混んでいて銚子の人口の半分以上が集まってるんじゃないかと思うほど。他に行くとこないもんな。ほんと行くとこないんだもんな。成田とか船橋とか行くんなら東京へ行った方がいいし、近場だと道の駅くらいしかないんだよな。観光地っつったって、今の時期は潮来・佐原の水郷であやめ祭りやってるくらいだろ。しょぼいもんよ。なんだかんだ言ったって、所詮田舎よ。大抵のイオンには入っているスタバも銚子のイオンには入ってないし。まぁ着てるものは東京と遜色ないけれど何故かというと休みの日に高速バスで東京へ行って服を買ってくるから。男なんかはねぇそこいらへんのジーンズショップに行けば全国どこでも大体同じような服が買えるけど。ジーンズはケミカルブリーチのでなければいいし501穿いときゃまぁ、当たらざるとも遠からずだし別に東京に行かなくたって買えるしね。

 ま、とにかく田舎だよここは。ただ、土合のニューファミリーは自分達が茨城にいることを必死で忘れようとしてるけれどね。光が丘の人が自分達が練馬住民であることを忘れたがるようにさ。でも、ここは所詮茨城なんだよ。茨城は茨城でも、「つくばエクスプレス」なんか通っていない、本当の僻地なんだから。これはいかんともしがたいし致命的でもある。隣町の銚子も然り。千葉の東のとっぱずれ、中心街のデパート二軒が潰れた、寂れた漁師町だ。銚子の人は犬吠とかには行かないし、わざわざ銚電(銚子電鉄)にも乗らないし、今やお出掛けスポットは銚子イオンショッピングモールくらいになってしまった。まぁ、遠乗りしても鹿嶋の辺りをざっと流すくらいか。あと遠乗りと言ったら東京だ。間(あいだ)がないのだ。潮来から東関道に乗ってしまえばあとは一本道。2時間前後、下りならすいていれば潮来まで1時間半ほどで着いてしまう。下手すりゃ埼玉の奥地より都心までの時間がかからないかもしれない。銚子発浜松町行きのバスはあちこち寄り道して乗客を拾って行くので結構時間がかかるが、鹿島神宮発東京駅行きは鹿島セントラルホテルから乗れば潮来まではすぐなので速い。東京駅行きのバスが60往復くらい出ていて乗客も多いことがいかに地元に魅力がないかを物語っている。神栖の土合地区から水戸まで行くのと東京まで行くのと同じくらいの時間であるから、みんな東京へ行ってしまう。水戸にはさすがにスタバが数件あるが、県庁のそばのスタバのお姉さんが訛っていた。まぁ、それはそれで可愛いが…。ただねぇ…同じ時間かけるんなら、東京へ行っちゃうよね。銚子から東京行きの特急に乗ると、片道はバスと同じくらいの時間がかかって特急券含め四千円前後かかる。高速バスは鹿嶋からだと1780円。だったら東京行くでしょ。ねぇ。とにかく、我が家のお出掛けスポットは、銚子のイオンか、鹿嶋のチェリオ(イオンが入ってる)か、ホームセンター、それくらいである。とほほ。アントラーズの選手、退屈だろうなぁ。ってかオフの日は東京行っちゃうか。ってなわけで以上、銚子・神栖付近の一考察。

                                  *

 サインバルタ®の眠気は、4日目にしてやっと治まった。吐き気、頭痛も治まった。よかったよかった。これらの副作用が主作用に先行して出たものと信じたい。16時ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。18時夕食。20時45分、ルボックス®50mg錠、レボトミン®5mg錠5錠、ラミクタール®100mg錠2錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。

 22時、俺を除く家族全員が寝る。早くないか?うーん…早くないか?昨日まで眠くて眠くて仕方がなかったのに、今日は全然眠くない。俺は、一人遊びが得意ではない。だから一人置き去りにされるととても困ってしまう。妹とテレビを見たり喋ったりするのが常なのでどうしていいかわからなくなってしまう。こうしてパソコンをやっていても、リビングに気配が感じられるだけでかなり違うのだが…。し?んとしている。

 今日は精神的には比較的フラットだが、意欲が出るまでには至っていない。俺にはやはりサインバルタ®は40?60mg/dayくらい必要かもしれない(痩せていれば40mg/dayでもいいだろうが)。頭がクリアーになってきた。4日でこれはすごいかもしれない。次回の通院で40mg/dayに増えると効果倍増という事だろうか。まぁ、そんなに上手いことはいかないと思うが。頭がクリアーになった分、眠気がすっ飛んでしまった。今夜、眠れるだろうか。眠れなかったらなにかすることを探そう、なんかあるだろう。(23時22分)

 2時46分、眠いがまだ起きている。意識がはっきりしているのかしてないのかよくわからない。

 上の文を書いてから眠ってしまったようだ。6時55分、サインバルタ®20mgカプセル1カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用。(7時)

 13時25分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。(13時32分)

 18時15分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ラミクタール®100mg錠2錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。頓服のレボトミン®5mg錠5錠追加。

 イランでM6の地震発生。一体地球はどうなっておるのだ?

 19時、夕食。

 19時半、体調が悪いので横になる。21時起きる。腹具合が悪いが、トイレに行くほどでもない。みんなが寝てから行こう。

 サインバルタ®、副作用に「傾眠」とある。夜眠れなくなっちゃうんじゃなかったの?眠くて眠くて仕方がないよ。早い人で5日?7日で効果が現れるという。今日で3日。もう少し我慢してみよう。なんでセロトニン系をいじると俺は眠くなるんだろう。それともノルアドレナリン系をいじったからだろうか…。んーそうは思わないんだけどなぁ…。

 23時、眠い。眠いわぁ。でも副作用が出るということは効果も出る可能性が高い。と言う事にしておこう。来週の水曜日までに効果は出ているか、それとも眠いままか。サインバルタ®は強い薬だというが、俺はトリプタノール(これに®は無い)も大丈夫だったし、多分平気。吐き気もないし。

 翌1時25分、トイレに行ったが出ず。あんなにブースカブースカ屁が出たのに実が出ないというのはどういうことだろう。よくわからん。

 書きたい内容が見つかったが日が明けたので次のエントリーに移る。(1時44分)                           

 6時半起床。6時45分、サインバルタ®20mgカプセル1カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用。とても眠い。7時10分、朝食を食べる。(7時22分)

 8時、眠くて眠くて仕方がないので寝る。19時ごはんだよと起こされる。19時53分、まだ眠い。どうなっているんだいったい!SNRI(Serotonin & Norepinephrine(Noradrenaline) Reuptake Inhibitors=セロトニン&ノルエピネフリン再取り込み阻害薬)って眠いのか?いや、トレドミン®の時はそうではなかった。トレドミン®がノルエピネフリン(ノルアドレナリン)に、より作用があるのと異なり、サインバルタ®ではセロトニンに、より作用する薬理特性があるからかもしれない。俺は昨日も書いたがセロトニン系をいじられると眠くなるようだ。これはルボックス®を225mg/dayから300mgに増量した時もそうだった。眠くて眠くて仕方がなかった。ま、これもいずれ、慣れるだろう。副作用は主作用に先行して出るっていうし。少し我慢してみよう。

 20時55分、ルボックス®50mg錠4錠、レボトミン®5mg錠6錠、ラミクタール®100mg錠2錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。その後ぼ?っとして過ごす。21時便意を催しトイレへ。軟便気味。23時過ぎ『お天気お姉さん』を見たりしてゆるゆる過ごし、そのままタモリ倶楽部へ。そろそろ本格的に眠くなってきた。寝よう。(翌1時)

 7時、コタツで目を覚ます。あーコタツで寝てしまったー。7時20分、サインバルタ®20mgカプセル1カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用。8時半、眠くて眠くて仕方がない。せんせぇ、サインバルタ®って夜飲むと眠れなくなっちゃうって仰いませんでしたっけ?眠いんですけど。かなーり、眠いんですけど。zzz…(何時に寝たか記憶にないがそのまま19時まで爆睡)19時10分起きて夕食。エビフライか…揚げ物…うーヘビー…。大根おろし食いてぇ。

 20時、トイレ。昨日の水様便は治ったようだが軟便気味。やっぱりこういう時は絶食がいいんだろうな。俺も絶食なら絶食でその方がいい。めんどくさくないし。なにより「便の素」が入ってこないわけだから。今、寝るか食うか問われたら、迷わず「寝る」を選ぶね。ところでせんせぇ、すっげぇ眠いんですけど。どうにかしてください。どうも俺はセロトニン系いじられると、眠くなる傾向があるようだ。

 アモキサン®。「量を増やすとどうしても体の動きに支障が出て手が震えたり」ってそんな副作用一度も出なかったんですけどねぇ。まぁ色々利害関係があるんでしょう。薬価もサインバルタ®高いし。うーん。

 22時、ルボックス®50mg2錠、レボトミン®5mg錠9錠、ラミクタール®100mg錠2錠、ロヒプノール®1mg錠を服用。非常に眠い。あんなに寝たのにまだ眠い。これじゃ変更前と一緒だ。こんな状態なので出来事がない。つまらない日記で申し訳ない。副作用から解放されたらちゃんと書くのでお許しいただきたい。(翌0時40分)

 4時45分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠を服用。

 10時36分自宅発、11時4分受付済ます。12時診察開始。アモキサン®の処方を強く訴えたがダメ。ジェイゾロフト®カット、代わりにサインバルタ®20mgカプセル朝1カプセル。先生は三環系お嫌いなようだ。12時7分診察終了。12時20分会計、処方箋あがる。12時25分出発、途中、処方箋を出しに薬局に寄り12時55分、母の病院に到着、母を乗せて出発。掘割の園芸屋で母が実家の母(俺から見たら祖母)への母の日のプレゼントを見たいというので寄る。それから八百屋に寄ったり米買いに寄ったり母の処方箋を出しに寄ったりして14時15分自宅着。疲労困憊。14時30分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。19時15分ルボックス®50mg錠2、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。疲れたので寝る。(23時34分)