合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 9日水曜日は午後1時過ぎ、息苦しくなり某病院に救急で入って各種検査を受けたがなんでもないということで特に薬剤投与や点滴の類はなく、ただ行って帰ってきた。まぁ、心筋梗塞や心不全云々の兆候は皆無だったのでまそれが判っただけはよかったと思うが。9日10日はずっと横になり呼吸が苦しいのはもはやなかったが吐き気やら頭重なんかで、起き上がるのも困難でやっと先ほど起きてお粥などを食べたところ。一昨日から今日ここまで何度もPCの前に座って何かしら記述しようと思ったんだが、どうにも苦しく気分悪かったんでやっぱり駄目だわということで布団に戻っていた。寒いしね。以前にも一回同じようなことがあって、当時の主治医は「パニックだね」とおっしゃっていた。多分今回もそうなんだろう。以前との共通点は『トイレ』ということで、ウンコをした後にこういう状態に陥った。ウンコの何がトリガーになるのかよくわからないが、パーフェクトウンコの時はそうはならないよね。軟便の時にそうなるような。自分が思ったように用を足せないような時になるのかもしれない。俺にとって、排便という行為は人生の中で結構大きなイベントだったりする。それが自分が理想とするように終えられなかった時にこうなる感じがする。なんでだろう。自分でもよくわからない。(17:50)

 カードリーダーのCFの部分が壊れたので700円くらいのカードリーダーを買ってきた。"November the 2nd"のカードリーダー部、なんて華奢なんだ。使えねぇ。ヘヴィな使い方を全然考慮していない。

 犬吠埼に道の駅みたいな、なんか農水産物の直売所みたいなところができたらしいのでちょっと様子を見に行ってきたが、平日だからか人もあんまり出ていなくて、どこがそれなのかわからなかった。

 俺、運転免許証返納しようかなと思っていたりする。中枢神経系の薬物を服用しているからという理由で運転が許可されない。なのに運転免許を返納するとかいうと烈火の如く怒るのだ。意味がわかんねぇ。運転はさせないけど、持っていろというの?おかしいでしょそれ。「運転経歴証明書」というんだっけ?そんな、免許証に準ずる公的証明書になり得る証書なんだぜ知らんのか馬鹿だなぁ。運転させないけど運転できなきゃいけないなんて何を言っとるんだかわかんねぇなうちの親は。まぁ、俺のことを一人の人間として扱っていないのは以前から判っているが、ここまで滅茶苦茶なのはもう堪忍袋の緒が切れそうだぞ。

 イライラというか逆に絶望感というか、なんとも表現のしようがない精神の不快感そういえば今日まだクスリ飲んでいないや朝の分も昼の分も。トリプタノールが切れるとちょっとつらいね。

 

 18時も30分過ぎる時刻。台所では母により調理が行われ、リビングでは父がニュースを観ていて、ひよりはまだ帰ってこない。俺はこうして、ここにくだらない駄文を書いている。

 母が怒鳴っている。父がまた何か余計なことをしたようだ。よくわからんが、母はちょっと病人に厳しすぎると思う。俺が十二指腸潰瘍になった時もつらく当たられた。「根性がないからだ!」…根性がないと十二指腸潰瘍になるのか、そうかよくわかったよ。

 新進気鋭のウェブブラウザ『vivaldi』からの書き込み。特に変わった点はないが、この、『スピードダイヤル』というのは何なのか。使ってみたがわからんぞ。まぁいいや。俺のPCはFirefox、Chrome、Operaも入ってるけど一番クラシックな某ブラウザ使ってる。脆弱性とかどうなのか知らんが一番慣れてるし。Firefoxはねぇ、UNIX関係でその一番使ってる某ブラウザがない環境で仕方がないとき使ってる。別に使いにくくはないけど、別に使いやすくもない。遅い、かぁ?逆に他のブラウザ、速い、かぁ?そんなに急いでどうすんの?微妙な差じゃん。まぁね、塵も積もれば山っていうんでしょうが、それがなに?俺、そんな世界に生きていないので。PC始めて21年経ちますが、未だに一本指打鍵法ですしね。レジ打ちのような。ブラインドタッチ(本当は差別的だからって別な言い方するんでしょうがその名称知りません。)もできないし。なんか、スピードが勝負って世界には、俺はなるべくなら居たくないしね。論理性合理性の世界には居たくないもんでねぇ。既にその中にいるでしょって反論するんでしょうが、俺自身がその『別の世界』。俺ん中に入れないでしょ?ってか入ってこないで。

 俺が一時はまりかけていたディベート第一主義・論破第一主義、論破が相手を納得させるか、っていうとそうじゃないでしょ?多少ボキャブラリーが論破された側には貧弱かもしれない。でも、納得したわけじゃないよ。言葉遊びに負けたってだけでしょ?結局あぁいう人たちは言葉遊びしているだけだ。下手に人を論破しようと思わないほうがいいよ。口は禍の元、というけど、口で負けた人はどうすると思う?実力行使だよ。手が飛んでくる…物で殴られる、刃物で刺される…あるいは殺されるかもしれない。気を付けたほうがいいよ。

 

 20時だよ。8時だョ全員集合!どこに?

 喉がかゆい。俺には扁桃腺へんとうせんがない。咽頭いんとう扁桃と口蓋こうがい扁桃。咽頭扁桃だっけ、それは一般に『アデノイド』と言われてるかもしれないが口蓋扁桃・咽頭扁桃をだいぶ小さい頃に切除手術を受けて取ってしまった。

 あ、Vivaldi、ルビータグ使えるね。きょうびルビータグ使えないブラウザってあるのかどうかわかりませんが。

 『Windows Boot Manager』を修復して、その作業で疲れちゃって、システムの深いところの作業はもう、ちょっと、いいかな…めんどくさい。どうしようか…今からちょっとシステムの割と浅い部分を弄ろうとしているんだけども、なんかめんどくさくなってきた…。眠い。最近徹夜ができなくなってきた。朝、夜明け前を明かして昼迄起きているとかしょっちゅうだったんだけれど、割と浅い時間帯でギブアップってことが多くなってきた。50を目前に控え、体調も変わってきたのかな。それとも今夜、カフェイン飲んで徹夜行こうか?

 

 今日は七草粥だね。

 俺が外界から隔離された生活を送るようになって23年。俺は人との付き合い方を忘れてしまったし、礼節もわかんなくなっている。
 別にいいんだけどね。実際、付き合ってる中でもいざこざ起こすし。
 某SNSでは充実・幸福大披露大会で、それを読むことはこんななんにもない毎日を送っている自分には刺激が強すぎてそれは俺を『うつ状態』にするには充分だった。
 某SNSで『憎まれ口』というか『憎まれ文』を書き込んでは更に惨めになって、涙したこともある。
 嫌味のつもりではないのだろうが、同窓会の案内・出欠確認状が届いた時は報復のつもりなんだろうかと疑心暗鬼になって被害妄想にもなり、それに対して俺は何かをやらかしたのか覚えてはいないが、昔にもクスリでラリって電話かけまくって迷惑かけた過去もあるし、今回もなにかやらかしたんだろうな。もういいや。もう過去のしがらみは捨てよう。人間関係をリセットして、また別な人間関係を構築するよりほかないんだろうな。それさえめんどくさいし構築できるかさえ怪しい。ならば一人で生きていく術を探さなければならないね。
 精神科治療薬に拒否反応を示す人がいる「クスリなんかやめろよ」と。貴様に俺のなにがわかるかボケ!俺に死ねというんだな?わかった。あんたの為に死のうか?クスリは劇的に精神状態をコントロールできるわけではない。副作用の可能性もあるし、至極安全というクスリではない。でも、飲まないともっと苦しいんだ。清廉潔癖な『あなたがたグループ』には愚かな行いであっても。綺麗事をいうもんじゃない。俺の飲んでいる抗うつ薬は古参、しかも最強と言われるクスリで副作用も最強である。新しいSSRI、SNRI、NASSAなどが最近の薬物治療の主流だが、古参の三環系抗うつ薬に効果が勝るというものではない。同等以下、の効果であって、効果の増強というよりも副作用の軽減にフォーカスを当てた薬剤類である。非選択的に遍く心身全てを鎮静してしまう三環系抗うつ薬よりも使いやすいんだろう。

 サザンオールスターズのアルバムを聴いていたら、さっきの人間関係について書いているのと同じタイミングに『私の世紀末カルテ』がヘッドフォンから流れ始めた。泣けてきた。世知辛い。

 ベルガモットのエッセンシャルオイルをティッシュに垂らして鼻と口を覆っている。あー落ち着く…。今の俺には、人間関係から離れて、何の刺激もなくボヤ~ンとして生きているのが最善の策なんだろう。

 朝から疲れてる。(6:13)

 

 何やってんだろうな、俺…。(13:58)

 

 例のグループの一人の(中心人物(Z)に最も近しいと思われる)かたから年賀状が届いた。出すか出さぬか迷ったのではないだろうか。何故付き合っててもなにもメリットがない俺と通じていようと思うのだろうか。Zからは案の定届いていない。俺に年賀状出してZから怒られたりしないんだろうか…まぁね、「通信の秘密」というのもあるしね。内容はもとより出した出さないについても秘密はあるからな。素っ気なく「本年もよろしくお願いいたします」と一筆。返信しなければなるまい。

 母は今日、病院に行ってきたんだがえらく帰りが遅かった。というのも、病院はインフルエンザの患者で大混みだったとのこと。母の主治医の先生も診察終わったらすぐ帰ったほうがいいと言ってたそうだ。まぁ病院に時間がかかった、というのも一因ではあるが帰りに友人のところに寄ってきたという。家にいるだけじゃ精神的につらいのかなと思ったりする。脳の病気である俺の近くにいると、自分まで病んでしまいそうなのだろうか。俺は、周囲の人に悪影響を与える人物なのだろうな。人を不愉快にさせる天才とでも言おうか。

 あぁ寒い。エアコン30℃にしてあるんだけれど、寒いなぁ。ホント寒い。もう何もかもつらい。横になろうか。体が温まるまで。(19:57)

 しんどいなぁ…ドラム叩いてたくせにビートのある音楽を拒否する脳味噌。あぁしんどいなぁ…。落ちている精神状態に、ダウナーなヒルナミン(レボメプロマジン)を投入して、意味があるんだろうか。(23:12)

 灯油購入の為、潮来の『ホームジョイ本田』に行く。その前に、野菜の直売で何か買うようで稲敷の『アピタ佐原さわらあずま』に寄る。俺は相変わらず100円ショッパーなので、セリアをうろつき、疲れて股関節が痛くなってきたので『カルディコーヒーファーム』前のベンチに座り、母、ひよりの登場を待つ。二人が来たのでカルディのコーヒー試飲でコーヒーを貰って飲みながら店内をウロウロ。母が何か買ったようだ。終わってから冒頭に書いた『ホームジョイ本田』に行き灯油18リットル2缶を購入。母はなにか花を購入。

 次、鹿島サッカースタジアム前まで行き、平井方面へ海の見える坂道を下る。やがて鹿島アントラーズクラブハウス前に着いて、エントランス横の『セブンイレブン』で昼食を購入し、車内で食べる。次はどこも寄らないで土合まで来て『ウエルシア神栖矢田部店』で洗剤、消毒薬など購入。帰宅13時20分。

 *      *      *

 帰宅後、早速破損した『Windows Boot Manager』の修復にかかる。『もやし日誌』、『Yahoo!知恵袋』を参照させていただき作業に当たった。エラーは吐くが、まぁいいやこんなもんで、ということであまり神経質にならずに『bootrec /fixboot』では再三再四実行しても『アクセスが拒否されました。』と怒られるばかりで「なんだよー」だったのだがまぁいいや、BCDをリネームして、『bootrec /scanOS』、『bootrec /RebuildBCD』を実行再起動でUEFIに入ったら、『ブート優先順位』の項目がきれいさっぱりなくなっていた。「え?」やっちまったか…?と一瞬思ったが、これはきっとBCDが真っ新まっさらになった証拠で、もう一度Windows10をインストールすれば『Windows Boot Manager』は入る!と少々希望的観測だったが、まぁやってみよう、と思い、Windows10の再インストールを行った。インストールが終わって、DVD担当個所は終わってHDDから再起動!…するか?…するか?…したぁ~!おめでとうございまぁす!パチパチパチドンドンドンドンピーヒャラピーヒャラ♪…と、いうわけで、わたくしが得意とする『再インストール』は、成功裏に終わったのでした。で、今、大変に手慣れた環境でこの文章を書いております。

 バックグラウンドでは先日紹介した『アイ・オー・データ機器』の『マッハCOPY』で、データをZドライブからDドライブにコピー。先日は蓋を開けての作業だったが、それはめんどくさいし大容量のHDDを積んでいるのだから使わない手はないなと思い、『マッハCOPY』を使ってWindowsのデスクトップ上でZドライブからDドライブにコピーしている。ドライブレターも(Z:)にアサインされているのでエクスプローラにも表示されている。データの整合性はどうか、壊れているファイルがないか、チェックしたのち、当該ドライブにLinuxを入れる段になったらその時に消そう。だいぶ先の話しだ。いやぁ、データのバックアップにはちょっと神経質になりたい。こないだの件でつくづく思ったよ。『裸族のお立ち台』みたいなの買わないといかんなぁ。最低グレードだったら5,000円もあれば買えるだろう。いつになる話だっていう…何年先?

 *      *      *

 遅くとも昨年年始から『豆々村八分化プロジェクト』は始まっているんだな。俺が何かに礼を欠いたんだろうな。怒っている人に謝ったって更に怒りを増幅させるだけだろう。もういいよ。ただ、俺が一方的に相手方に不快な思いをさせ続けたっつぅんなら、それは相手方も同罪だよ。欠席裁判では、是非とも鉄壁の結束で、豆々をディスってくれたまえ(爆)。いろいろあるんだろ?俺に言いたいことが。俺の人格を否定したい奴がたくさんいるんじゃねぇの?「否定されてしかるべき人格」の保持者なんだろう俺は。そうだろ?俺をディスりたい例のグループのみなさんがたよ。読んでるんだろこれもよ。もう俺と付き合ったって何のメリットもねぇもんな。なにもな!俺は最低だしな。な?俺は最低だしな。な?じゃぁな元気でな。サヨナラ。

 *       *      *

 さて、俺は少ない友達のPCと遊ぶわ。(20:40)

 『openSUSE』のインストール時にWindowsの『Windows Boot Manager』を破壊してしまうという大失態を犯し、結果Windows10が起動せず、電源が入るとUEFI BIOS画面が表示され、それで起動は終わり、以上。という状態になってしまい、途方に暮れたがここでメーカーに泣きついても的外れな返答の挙句「お客様のやらかした大失態でのことですから有償修理となります。」ってなことになって御覧、メーカーの思うつぼだ。絶対そういうことはさせませんよ、と、必死こいてググること数十分(短いか?)これと思われる解決法が出てきたが、その質問者は結局ドライブを真っ新まっさらにしてWindowsを入れ直した、とのことだった。俺もそうするしかないのかな、と覚悟し、Linux用に確保していた3番目のドライブ(Z:)をNTFSにフォーマットしてDドライブを丸ごとZにコピーした。
 後の作業はまた明日。(23:42)

 PHPのスクリプトをいじくっていたが、頭こんがらかってイライラしてきたのでやめた。

*                 *                *

 なんだまた熊本で18時10分ころに地震か。震度6弱、M5.0、津波の心配なし。九州新幹線『博多』から『新八代』間で地震による自動停電システムで全列車停止、不通正月から物騒な。高速道路も熊本のほうで通行止め。

*                 *                *

 ひよりは、今日から出勤。生鮮食料品を扱ってるからしょうがないんだよね。人の嫌がるシチュエーションこそ攻め時っていうね。商売っつぅのはそういうものなんだね。

*                 *                *

 今日、下痢した。原因は確実に牛乳なんだな。アカディでコーンフレーク食ったのが原因。前にも書いたことがあるが、アカディという乳飲料は乳糖不耐の人のために作られたもので、予め酵素で乳糖を80%分解してある。とはいうものの20%は乳糖が存在しているわけでその20%の乳糖で腹を壊すほど俺は乳糖に弱いという…。だけど好きなんだよね、味が。下手な下剤よりよっぽど緩下剤としての役割を果たしている。

*                 *                *      

 さっきからイライラしてきた。多分きっかけは、PHPの作業の件なんだろうな。あぁ、ちっくしょ!ヒルナミン錠50mgを飲もう。何錠飲もうか…。昨夜もやはり調子よくなくて早々にPCの電源落として寝たんだが、今日もそうなんだろうかね。最近、やっぱり今年もう50歳ってことで、無理が利かなくなってきたね。うつ状態にもなっているんだろう。なんで正月は精神状態崩すんだろうな。そういやぁ餅この年末年始、あんまり餅食ってないな。もう夕食か。(19:05)

 只今19時27分。早々に夕食済ましてきた。正月の食卓ってのは、こういうもんなんだよね。カレー食いたくなるのもわかるわ。

*                 *                *

 俺が実家に戻ってきて20年になる。30歳の青年がもう50の中年。いろいろなことを体験できたはずの20年を失ってしまった。まさに『失われた20年』だね。あと10年で60だぞなにも為さずに俺は死にゆくのか、生きていれば老いていくのか、いったい俺はどうすればいいのか、全然全く判らないね。孤独死決定だ。つらくなってきた。(19:56)

 ひよりのトレイが不吉なことに割れたんでその瞬間ひよりの表情が曇った大晦日、買いに行かなくちゃと言ってたんだがそれが今日、決行となった。まず大野原のカスミ内にあるセリアで収納コンテナ2つ、CD-R2枚入り1つ、CDキャリーケース1つ、手袋1つを購入。なんか手袋小さいからひよりにあげよう。なんか年末から100円ショッパーになっている。品質はどうなんだか知らないが同じようなものが電気屋にいくと10倍の値段する。34兆円あったら買うんだけどいかんせんカネがないにつき、「まぁ100円だからね」というものを買って本当に便利だと思えば電気屋で買うというか。

 今回のHDDデータ大量消滅事件で懲りたのでミラーリングしておかないといかんなぁと思って考えてるんだがうち別に金持ちじゃないんで無限にカネが湧いて出てくるわけじゃないから余裕がありそうな時に土下座して頼むしかない。

 ひよりは俺がセリアにいる間、隣の敷地のホーマックでもトレイを見てきたがいいのがなくてセリアでも見たが、デザインは好きなのがあっても小さいという。じゃぁ、芦崎あしざき(地元の者は『あっさぎ』という)のカインズにもなくて、じゃぁまた別の日にニトリを見てみよう、ということになり、本日のホームセンター巡りは退散。ウエルシアで飲み物だのティッシュだのを買って、最後にセブンイレブン波崎土合南店で昼食を購入、帰宅13時。

 帰宅後昼食を食べる。サンドイッチとおにぎり一個ずつ。あんこ餅があったので食べる。腹いっぱいだ。前はもっと入ったような気がするんだが…歳?病気?この歳でモノが入らないともう、悪い病気じゃないの?とか思って、がんとかね、そういうのあるし。ただ、近親に消化器のがん患者っていないんだよね。でもなんか、胃のあたり痛いし吐き気もするんだよねこの数日。まぁ、昔から消化器…胃とか十二指腸潰瘍とかやったしね。でも誰か非近親者からピロリ菌もらってる可能性もあるしな。まぁいいや。(以下抹消)

 

 クリスマスから正月へと、こんなにも短期間で世の中の雰囲気がガラッと変わってしまうなんて、日本って不思議な国だなぁ…。

 今日は珍しくみんなうちにいて、ゆっくりしていた。俺は外付けドライブっつぅか、HDDケースに入ってたHDDが動かないので、ケースの基盤が壊れたと直感し、HDD本体をケースから出して、PCの筐体の蓋を開けてSATAの電源ケーブルとデータケーブル引っ張り出し、裸のHDDに繋ぎ、OSに入れたIOデータ機器の『マッハCOPY』を使ってDドライブにコピーした。『マッハCOPY』は、近いうちに公開終了になり、ダウンロードできなくなるので、早めにダウンロードしておいてフラッシュメモリーかなんかに保存したほうがいい。結構コピー速くなるよ。
 で、寝てる間にコピー終わりました。コピー元ドライブとコピー先のドライブのデータ量を比較すると、コピー先のデータが少ない。なんだこれ、と思ってコピー先のドライブのフォルダーを開いてみると、音楽データだけコピーされていない。コピー元のHDDのMyMusic(若しくは『ミュージック』)にアクセスしてみるとアクセスできないっつぅか、「このフォルダにアクセスできません、もしアクセスするなら永続的なアクセス権を持つことになります」みたいな(ほんとはもっとちゃんとした文章になっているが俺それ忘れちゃったから先述のような要約にしましたごめんなさい)感じで別にアクセスして悪いものじゃないのでクリックして『アクセス可』にして音楽ファイルを全部コピーした。だいたい両ドライブのデータ量が同じになった。ということでまぁ全部コピーされたんだろうと判断し、コピー元ドライブのケーブルを外して蓋閉じて作業終了。
 ただねぇ、UNIX(Linux、BSDおよびSolaris)のウルトラマルチブートをする際、何故か一定の数UNIXが入ると、Windowsが起動できなくなる。「なんだぇー」と思って頭きてWindows10を入れなおしてから適当なLinuxOS(俺の場合はUbuntuを選んだ)をインストールしたらGrub画面にWindows10のブートマネージャーが現れた。起動可能、OK!…だが、まだたくさんUNIX入れる予定なんだが、父や俺に来た思いがけない人からの年賀状があったので返信しないと、と思って、取り敢えず「松の内」が明けるまではWindowsに影響が出ないように、数日UNIXをいじらずに『筆王』を起動できる状態にしておく。

 先日、『中学高校の同級生にはもう年賀状書かない』みたいなこと書いたが、『数日後、若しくは松の内までに遅れて届いた年賀状にも絶対返信しない!』というほどには頑なではないので来た人には返信する。なにも俺を嫌ってる人にまで書くことはなかろう、ということ。来ない人には書かないよ。馬鹿馬鹿しい。

 結局まぁ、パソコンいじりの年明けとなったわけだが、いまんとこ『大うつ状態』にはなっていない。でも『軽うつ状態』ではあるのでメイラックスやヒルナミン50mgの世話にはなっているが。

 正月は、必ず精神状態崩す。やっぱり今年もそうだったんだ。例にもれず。つらい。寝る。

 あぁ疲れた。パソコン飽きた。でもこないだ過去の写真や音楽一切合切消滅してしまったファイルは、直近のやつを除いて外付けHDDに残っていたのでまぁ、なんとかなりそう。Dドライブにコピーしようと思うんだけど、どえらい時間がかかりそうだな。先が思いやられる。そのことを考えるとうつ状態になる。俺は趣味ということで気軽に始めたものでも、必ずズボズボ深みにはまり込んで、趣味が趣味でなくなってしまうことが多い。こういう事を書いているのもしんどい。やめればいいのにやめられない。これが俺がパーソナリティ障害たる所以なんだろう。頭がキリキリ痛む。背中苦しい。多分パソコンやりすぎなんだな。

 結局今年の暮れも、こんな感じで過ごすことになりそう。疲れたしんどい。ひよりは母の布団に入って寝ている。紅白もなんだかわかんない人ばかりで、観てても面白くない。『笑ってはいけない』も正直なところ飽きた。なんか適当に付き合える趣味ってないのかね。疲れてしまったよ俺は。体中痛い。寝たいけど作業が残ってる。なんで俺はこう強迫的なんだろう。つらい。(21:55)

 只今午前4時5分。いやぁー寒いねぇおー寒いあー寒い。一番近いアメダス観測地点、千葉県銚子市川口町の気温1.1℃!うわぁ寒いわけだぁ。ちょっと北の方に行くと-3.3℃とかすごいことになっている。氷点下かぁ。でも氷点下にならないことは、やっぱり銚子は温暖なんだなぁと思うよ。俺の小さい頃は、ちょくちょく霜柱に出くわしたんだけれど、最近、ある?なんか最近、見ないんだけれど。
 いやー、大晦日だよ大晦日。ねー早いねぇ。平成最後の大晦日、平成最後の正月。世の中の移り変わりが早くてついて行けない。次元号の発表、新天皇の即位があるゴールデンウィークは10連休だって。そんなに休んで大丈夫か日本!?世の中が目まぐるしく推移すると、イレギュラーが最大の敵の俺はパニックになってしまいかねない。引っ越しとか、昇進とかも「うつ」の原因となるそうだ。俺にはない引っ越し・昇進だが、他の面でも変化が起こると俺の脳はびくっと反応してしまう。

 うー腹がやや痛い。トイレだろう。でも寒くて行きたくない。脳梗塞とか心筋梗塞とかは苦しいなぁ。コロリと意識なく苦しむことなく死ねるんならいいけど、脳梗塞で秀樹みたいになったら苦しいな。それは避けたい。廊下のストーブつけてトイレのドア開け放って暖気を取り込ませてから行こう。なーにぶん寒いからねぇ。夏のくそ暑い時は、寒い方がまだましとか言ってるけれど、やっぱり寒いのも嫌だね。暑いのも、寒いのも極端なのは嫌だよやっぱり。

 "the 2nd"のシステムがやっとなんとか安定してきた。けれどちょくちょく変な動作をする。このPCがダメなのか、Windows10のバグなのか、ちょっと判断しかねる。マウスホイールでのスクロール不能にも今のところなっていないし、まぁ、そこは良としよう。でも2回なってるからねぇ…『二度あることは三度ある』というじゃないか。不安なんだよねぇ。もし年末年始休暇中に変になったらどうすんだよ。コールセンターは24時間365日OKということだけど、いいの?休まないで。正月に苦情聞かされるオペレーターさんも気の毒っちゃぁ気の毒だ。俺は脅したり凄んだりしないので、上客のほうだと思うよ?でもなんかこのPC、んー…。って感じだわ。"the 1st"の時のようなワクワク感がない。まぁ筐体きょうたいが小っちゃくて、フォームファクタがmicroATXなのでPCIスロットが少なくて拡張性がない、というのが一番面食らった。機械いじり野郎にとっては拡張性がないのが一番こたえる。まだちょっと期待外れ感と俺の目利きが良くないことを悔いて精神状態が悪くなり、抑うつ状態に陥ることもある。やっぱり次の製品はよく吟味して購入しようと思う。ミニタワー、若しくはマイクロタワーは鬼門だな。今度は最低ミドルタワーを選ぼう。でもこれから10年程度は世話になるのだから文句は言いたくないんだけれど、ちょっと…実は不満。でも、価格面で制限があるし、無闇に性能が良すぎるゲームマシンは俺には不要だ。なかなか、ちょっとうまい具合なのはないのかな。
 廊下のファンヒーターで電気食うし、更に炊飯器の稼働が重なるとブレーカー下りてしまうので暖房消したらやはり寒い。極度に寒い。腹具合が治まってきたから廊下のファンヒーター消したので自室の暖房点けた。やっぱり温度設定22℃はちょっと低いか?でも30℃は高すぎだろう…。あれだ、エアコンの暖房は、きっとストーブやファンヒーターに劣る。エアコンっつぅものは、冷房がメインで、暖房はおまけみたいなもんだろう。でもねぇ、寝落ちしちゃうような俺みたいな人間にとって、裸火はだかびがあるというのは、ちょっと危険なもんです、はい。ひよりは休みの日でも割と早起きだ。只今午前5時35分、もうそろそろ起きてくるだろうからリビングの石油ストーブを点けて部屋を暖めておいた。やっぱり、石油ストーブのような裸火の暖房器具は効きがいい。リビングは割と広いんだけど一台だけで充分に暖まる。俺の部屋は寒い。足元から冷えびえ。

 しかし、最近の文章は『です・ます』調と『だ・である』調が混在していてまとまらないねぇ。意図的にこうしているという面もあるけれど、読みにくいのかなぁ…俺の日常会話の口調がこうなんで、そのまま書いているんだけど。

 今日はひよりが潮来の『ホームジョイ本田』に灯油を買いに行くから一緒に行こうというので午前中に行ってくる。『ホームジョイ本田』は『ジョイフル本田』と全く無関係ではないようだが、経営者が違うようだ。
 第一目的は灯油だが、きっとひよりはまた他に考えがあるのだろうから、それが明らかになるのをおたのしみにしておこう。

 今日の銚子の最低気温は午前4時9分に観測した+0.9℃。充分寒いよ。でも氷点下行かないというのが、まさに海洋性気候の銚子らしいね。

 今日というか昨日12月30日度のNHKラジオ深夜便、午前3時台のメニューは『西城秀樹楽曲集』。俺も小さい頃から秀樹の隠れファン。脳梗塞で体が不自由になってまで歌う秀樹の姿は、辛くて見ていられなかった。秀樹はいろんな覚悟で臨んでいたみたいだけど…。脳梗塞は2回やった、と公式には発表されているが、実は8回だったとのこと、なんでそんなに梗塞が起こるの?血液の粘度が特別高かったのか血管が細かったのか…えー8回?さぞかし辛かったでしょうね。気の毒に…。奥さんが「西城秀樹をファンの皆さんからお預かりしている…」って言っていたようだ。「秀樹さんを幸せにしてくださり、ありがとうございます。」というファンの方の手紙が奥さんの許に届いたそうだ。それが秀樹ファンのおおかたの思いのように思えた。奥さんは表に一切出ず、裏方に徹して内助の功で秀樹さんを支えられた。奥さんは今月だったか『徹子の部屋』で初めて公の前に姿を現された。確かに晩年は痛々しかったけれど、きっと幸せだったと思う。できた奥さんでよかった。

 あぁそうかぁ今日は大晦日、改めて意識すると、今年は月日が経つその時間の流れが速かったなぁ…。部屋でごそごそやっていたら、俺が精神科の診察で主治医に提出した文書が出てきた。日付は2016年11月になっていた。もう2年以上診ていただいているのかと、その時間の経過の速さにちょっと驚き、怯え、恐れている。印刷物を見ながらテキストエディタで書き出してファイルとして保存した。Cドライブに、Dドライブに、USBフラッシュメモリー2本それぞれに保存した。デジタルグッズは弱いからね。昔のテレビみたいにぶん殴ると直る、とか、そんな牧歌的な風景はすっかり見られなくなったね。外に出ると、みんなうつむいてスマホをいじっている。マスクをして顔を隠し、スマホに耽る…そんな光景がすっかり定着した。
 なんで最近の若い女の人って、マスクするの?冬は風邪予防にありうることだが、今は四季を通じてマスクしている。あれはナニ?顔を見られたくないわけ?他人に自分の顔を覚えられるのが嫌なんでしょうか?なんか異様な光景だよね。この場合のマスク着用は芸能人のサングラスにあたるものなんだろうか?でも、なんで顔を見られたくないの?変な男に言い寄られたら嫌だから顔を隠してそういう事態を防ぐ目的とか?何故、匿名性を確保しようとしているのだろうか。んー…。ネットで匿名参加していることにすっかり慣れてというか或いは現実世界で自分を特定されるのが怖いのか?自分のこんな可愛い顔をわけのわからん男にみせるのは勿体ない?なに?なになになに?んー。なんか変な社会になったよね。ネットの匿名性が心地よくなって現実世界でもそれを貫こうとしているのかな?俺は不細工だが、マスクもせず堂々と不細工な顔を晒しながら街を歩いてるぞ。自分の顔には自信がないが、マスクをしようとは思わないな。それとも、んー…顔の一部を隠している自分の姿を見せることで、自分にちょっと興味を持ってもらいたいとか…。いや、マスクで顔を隠し匿名性を確保したうえで、素顔の自分を隠すことで、自分のコンダクト・コードを外しているのか?んー、わからない。

 今夜は皆さんどうお過ごしなのだろう。『紅白歌合戦』見るか、『笑っちゃいけない』を見るか、友達、彼氏彼女と過ごすか。俺は多分PCいじってて、紅白終わってゆく年くる年始まったあたりでリビングに顔を出し、年を越して新年のあいさつを交わし、三々五々それぞれの自室に向かう、という流れになるのだろう。
 明日の今頃、俺は何をして過ごしているのだろう。今年もあと17時間足らず、…早いなー。今日は朝に日記というか散文を書いた。この時間帯、明日起きてるかなぁ…。

 それでは皆さん、よいお年を。(7:27)

 今年の年末は、とりあえず穏やかに過ごせている。年賀状も恩師3人と水戸のほうの友人1人だけなので楽なんだが、なんとなく延ばし延ばししていた。かといって年賀状に全く手を付けていないというわけでもなかった。父の住所録データ入力、母の住所録データ入力は俺の仕事。父ももう脳味噌老化につきPCもあんまりできないので俺の仕事となるんだが、せめて文面の作成と、両面の印刷はやらせないとほんとに老け込んでしまうのでそれと母の文面の印刷はやらせた。後刻、母が「宛名書きするのがめんどくさくなったからやってくれない?」というので宛名印刷は俺がした。

 俺は前述の通り枚数少ないからプリンターに拘らなくても良かったがまぁ住所録あればなんかの役に立つかもと思ったので作った。件数4件(笑)。住所録入力したんだから印刷してみようかな、なんていう感じで印刷した。尤も、一筆はボールペンで入れたけれどね。

 年賀状とか同窓会とかの度に付随してくる問題というのが交友関係。今回から中学高校の同級生に年賀状出すのをやめた。中学高校の同級生≒バンド関係なんだけど、バンド関係の歴史とは中心人物の思うような言動を為さないと無慈悲に切り捨てて思想の純化を図り、囲い込みをしてグループに力を持たせようとしてきた歴史である。高校の時からそれはあって、いつの間にかたまり場だった生徒会室からいなくなった人間を見てきた。当時から心の底では「おー粛清だ。怖い怖い」と思っていたのだが何も自分から波風たたさんでもな、と思ったのでおとなしくしていた。
 そもそも、俺がどうしてこのグループにいたかというと、バンドに入ったことがすべてである。で、高校になってバンドを始めたやつらより5年6年長くドラムも叩いていたし練習量も半端ではない。高校2年でバンドデビューしてからというもの、一目置かれる立場になり、一時期は中心メンバーの一人でもあった。が、粛清が行われるたび、このグループに疑問を持ってきた。
 で、俺にごたごたが回ってきたのは1994年だったか、前年初夏の中心人物の結婚式二次会の大成功に味を占め、『CLUB◎×』という会費積立制サークルを作った時のことだった。確かに、結婚式二次会では良い思いをさせてもらったしありがたいと思った。ただ、粛清の歴史をそばで見ていた者として、「また始まったよ」と思った。カネで繋ぐ人と人、ってか?俺は前述のような思いがいろいろあったので入会を断った。変な雰囲気にはなったんだが、当の『クラブなんとか』内でゴタゴタが起きた。中心人物当人が自分一人で作った自分たちに圧倒的有利で恣意的な『規約』に、中心人物にごく近しい人間の言動が抵触したという、なんかそんな感じで揉めてたみたいだな。でそんなこんなで『クラブなんとか』は自然消滅したようだ。しばらく動きはなかったんだが、『Facebook』が世に現れてまた彼らは動き出した。まさにクローズドサークル好きの彼等が喜ぶシステムだものねぇ。ただ、距離があったためだろう、ゴタゴタは目撃していない。あったとしたらその当事者は俺であろう。多分俺は中心人物の期待に添わない言動で不義理をしたのかもしれないが、年賀状は来なくなり、暑中見舞いを送るも無視。で、俺は自分が粛清の対象になったことを知った。なにやったか知んない。けれど実際彼の堪忍袋の緒が切れたんだろう、ということで村八分ということに。まぁ、別に彼に嫌われることによって俺が受ける不利益はないのでいいんだけれど。俺はPC相手にしていれば大丈夫だし大丈夫でないときは寝てしまうからいいんだよ。そんな生活を送りながら俺は孤独死することになっている。典型的な孤独な人生だろ?(笑)そんなこんなで、年賀状書きは大変楽になりましたw。ま、俺も精神的に健康とは言えないからいろいろ常識上タブーとされている事項が抜け落ちていたりするんだよね。だからって『俺のせいではない』ことでは決してないから、なんか不義理したんだろうね。ただ、俺も土下座してまで「今後もどうかお付き合いしてください。君に嫌われたら俺は生きていけない。」という程の人でもないしね。そんなもんよ。俺も初めっから一人なのなら、別に妙な孤独を感じることもない。そういう人生を送っていこうと思う。