合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 今日は…

 サツマイモの日

 引越しの日

 麻酔の日

 日蓮聖人御大会

 

 今日はかなーりイライラしている。なんでかと問われても答えに窮する。取り立てて原因はないのだが敢えて言うなら、俺の存在そのものが、原因だと思う。

*                *                *

 昨日は一日、GhostBSDと格闘していた。中途半端な状態まで設定しているので、CLI状態(黒い画面に文字列がダーッと流れる例の…)のFreeBSDよりかえってめんどくさい。どちらも、コマンド主体の骨組みから、Windowsのような見慣れた画面(厳密に言えば違いがないわけではないが)に組み上げるというもの。CLIのままにしているユーザーもいるが、僕のようなユーザーフレンドリー環境で作業するのを好みとする者はそれを作る作業を行う必要がある。それが嫌な人はLinuxやBSD、SolarisなどUNIXライクなOSには来ない。わざわざ「その先の」実用を目的にコンピューターを使っているのに、わざわざ環境作りの作業に追われている時間がもったいないのではじめからある程度の環境作りが済んでいるWindows/Macを使うだろう。このことが数年前、XP難民の受け皿となる絶好の機会があったにもかかわらず、Linux側が一生懸命啓蒙に努めたのにそれから現在まで、いつまで経ってもLinuxが普及しない原因である。パソコンを実用機器と見るか娯楽機器とみるか、完成品のモデルカーを買うかプラモデルを買うかの違い。GhostBSDは半完成品である。

*                *                *    

 先程、『カスペルスキーインターネットセキュリティ(KIS)』を、バージョンアップするためにアンインストールしたらネットに繋がらなくなった。ネットワーク関係全部点検したがなんでもない。どう考えても『KIS』以外に原因が思い当たらないので今年度版の『KIS』を再インストールしたら案の定繋がった。手順はアンインストール失敗の今年度版『KIS』をもう一度インストールして、アンインストールをし直し、来年度版『KIS』をインストールしたら無事繋がった。なんだよ手間とらせやがって。あと、ちょっと特殊なネット関係を入れていたのでそれもアンインストールした。『KIS』でアンインストール失敗した時はもう一度インストール、アンインストールを実行するとうまくいく場合がある。ということで。もしこんな症状があった時、こんな解決法があるよ、ということで。アンインストールにえらい時間がかかることもあるけど、慌てないでアンインストーラーに任せた方がいい場合もある。なお、『カスペルスキーインターネットセキュリティ(KIS)』は『カスペルスキーセキュリティ』に名称が変更されているようだ。

*                *                *

 『GhostBSD』、『FreeBSD』の設定を済ませてから、『TrueOS』(以前『PC-BSD』と呼ばれていた)をインストールしようと思ったらインストール画面が乱れる。ISOファイルにエラーがあったかな、と思い別なDVD-Rに換えて同じことをしようと思ったらやっぱり同じ場面に画面が乱れる。ひょっとしてインストールHDDがMBRディスクじゃなくてGPTディスクであることがインストールを妨げているのだろうか。検証はまだ。今からやってみる。

ということで以上。

関連エントリー

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限
認証

日本で二番目に大きな湖は?