合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 風邪の方は割と良くなってきた。ルル飲んで寝てれば少しずつ良くなるもんだ。鼻から眉間に何か詰まっているような感じは消えた。まぁ、ルルは一番安いので成分の、医療用、処方薬と同じ量の分くらいは大丈夫なのでそのように飲み、寝て、って感じ。相当な高熱とか肺炎、インフルエンザ以外は医者に行っても行かなくてもあんまり変わんないかな。あんまり病人チックになっても面白くないので床に臥せってるのも良し悪しなんだけど、まぁ、辛くなったら寝る。それが一番。というわけで、この一週間そんな感じで。

 で、500GBのハードディスクドライブが壊れたのでケーブルを抜きカットした。ここんとこ、ハードドライブが壊れる時期になったのかな。こないだは2TBのドライブが逝っちゃったしね。いやぁ、パソコンって、ホント維持費がかかる家電だよね。PC逝ったらすぐ新品買える人ならいいんだろうけれど、俺はそういう地位にないので、壊れちゃ部品交換を繰り返して10年使ってますよ。10年前って38歳の時でしょ?VISTA用マシンを世間のVISTA悪評を聞いてXPにダウングレードして買ったものなので、スペック的にはWin10でも不足はない。遅いのやだったらメモリー増やせばいいので、今のところ問題ない。家計の関係で10月までパソコン・家電関係なにも買えないのでまぁ、我慢して使うしかないんだけど、パーティション80個近くあってLinux/Unixをいろいろ入れるにしても全然余裕はあるし、まぁいいや、って感じで。ただちょっと心配なのは、3TBのハードドライブがGPTなこと。MBRと同じようには使えないだろうからゆくゆくなんか問題が出てきたら嫌だなということ、例えば折角インストールしたLinux/Unixがブートできない、とかだったら非常に残念なんだけどまぁ、こればっかりはやってみないと判らないので実際やってみるしかないでしょう。

 で、BGMというかBGS(バックグラウンド・サウンド)として『3.11前後の報道の録音録画』をサブPCでヘッドフォンで聴きながら作業してるんだけど、俺の精神状態は、すっかり3.11の真っ最中になっていて、今、実際あの騒動の中にいるような錯覚を起こすような状態。だからたまに飽きてTVをつけると、「なんで震災の報道やってないの?」という、当然のことが解らない精神状態。「当たり前だ7年前の報道の録音を聴いているのだから。」という事実を自覚するまで少々時間がかかる。すっかり心は震災当時に戻っている。揺れや津波の録音録画は受容できたけど、なんか、精神状態、やっぱり変。

 震災とLinux/Unixのことで頭の中のかなりの部分が占められていて、あとの残りもなんか口が乾いて嫌だなぁみたいな多分トリプタノールの副作用とジャディアンス(糖尿の薬)の作用なんだろうけど口の中が乾燥。飲み物を脇に置いといたり飴舐めたりしないとやってらんない。で、多分今アカシジア(静座不能症)の最中で体の反復運動…体全体で貧乏揺すりしている感じで奇妙な舞踏に見えなくもない。ハンチントン(舞踏)病ってのがあるんだけどそれになったらやだな…と思いながら貧乏ゆすり的舞踏(?)を延々と続けている。

 あー。もう18時か。ひよりは今日は早上がりだったので14時前には帰ってきて一通り家事を済ませて、まもなく昼寝しに自室に引っ込んだ。

*              *              *

 18時、夕食。ポトフ、炊き込みご飯。ヨーグルト。

*              *              *  

 まだ、少々気管支がゼロゼロいう。痰が出る。

*              *              *

 BSDはBSD同士の干渉みたいのがあるようで、FreeBSDとGhostBSDのデュアルブートはできるのかもしれないがなかなか難易度が高そう。

*              *              *

 明日、神栖は一日雨のようだ。荒れるとか言ってる。今日は木曜日。もう木曜日か。早いよ。さて、作業を始めよう。例の録画録音を視聴しながら。

 風邪は恐らくピークを過ぎ、治癒に向かっているのだろうね。まぁ、クスリという存在に負うているところも少なくないが、体内の免疫も大役を果たしているのだろう。俺は3歳の頃に口蓋扁桃(扁桃腺)と咽頭扁桃(アデノイド)を切除しているので「扁桃肥大」という可能性はない。

 治癒には向かっているんだろうが、すごくだるくて。もうなにもしたくない。風邪薬飲んで寝よう。(13:42)

 人殺した奴ら、人を監禁した奴らって、統合失調症だか反社会性人格障害だか知らないが、明らかに奴ら、表情おかしいよね。それらを装ってるにしても、でもなんか、表情おかしいよね。ああいう表情、見るからに怖いよね。変だもん。自分が、若しくは大切な人が殺されても、「人権」なんてこと言ってられるのか?目と眉毛が異様なくらい吊り上がって、変だよ。キチガイの危険人物にに人権?ちゃんちゃらおかしいよ。すぐ怒るし。すぐキレるし。変な表情の人、怖い怖い。目、合わせちゃいかん。怖い怖い。

*           *          *

 風邪は、うーん良くなってんのかなぁ?取り敢えず、節々の痛みは幾分和らいだかな。時折咳が出る。俺に珍しく、痰が出る。上気道炎というのかな。精神状態はいいとか悪いとかじゃなくて、風邪の症状でしんどくてしんどくて、「ホゲー」的な、なんつぅか、浮遊感?変な感じで。

 鼻が詰まる。耳鼻科の鼻水を吸引する吸引器が欲しい。

*           *          *

 先週からおんなじ動画延々と視聴している。俺はなにをどうしたいのか…。決して楽しいとか面白いとかいう質のものではない。なんなんだいったい。もう例の日から7年。早く感じたけど、当時の自分の状況を考えれば、結構な時間が経っている。このような記録映像を見られるようになったのはごく最近。受容に7年を要したことになる。やっとかよ。遅ぇーよ。

 今夜はもうなんか非常に疲れたよ風邪。(翌2:11)

 体中が痛い。デパス断ちする時の体中の関節が脱臼するのではないだろうか、というくらいの痛みがある。風邪かな?インフルってわけでもなさそうだし…とにかくねぇ、痛いのよ。だから今夜は、早く寝よう(23:38)

 いつの間にかひよりの七段飾りは出されなくなり、しばらくお内裏様とお雛様だけ出してたんだけど、今年はそれさえない。雛鮨だけは作ったようだが。俺の五月人形はもう、三歳くらいに出したのが最後だったと思う。雛人形は早く片付けないと婚期を逃すとか言うが、ひよりは「結婚や恋愛は面倒だから嫌」「恋愛にいいイメージを持っていない」というので、当分、というか一生この家にいてウイークデーは仕事、週末はドライブ、ということになるんだろう。本人がそれでいいんならいいんだけれどね。俺自身も多分それでいいんだろうと思う。

 で、豆々家はお家断絶。元々、父は祖父母の実子ではなく養子縁組、という形で、祖母方の甥を養子に迎えた。父の起源はそういうこと。小さい頃から、「なんか爺ちゃんにも婆ちゃんにも似てないな」とは思ったんだ。こう言っちゃ悪いが、養子による子孫繁栄は今の時代は無理、ということ。

 恋愛ね…俺、元カノに別れる際、コテンパンに全人格否定された時に、もう異性のパートナーは要らない、と思ったね。平穏な人生を歩もうと思ったら、ひょっとしたら恋愛・結婚対象としての異性は要らないかな、と思ったりする。もう若くないんだからドキドキ・ワクワクは不要なんだよ。

 ひよりは俺が元カノに、コテンパンに人格否定されて抜け殻になった姿を見て、もともと恋愛に消極的なところに更に輪をかけて、恋愛・結婚にはマイナスイメージしか抱かなくなったらしい。だったら自分の好きなように生きるのがいい、というのがひよりの方針なんだろう。家に帰れば父がいて、母がいて、俺がいて、特に孤独感というのは抱かないらしい。家族みんなでいてもなお俺は孤独感しか感じないのに。元カノといた時?終始孤独だったよ。なんかね。結婚していたとしたら、更に孤独だっただろうね。フラれてよかったのかもしれないね。多分俺の孤独はどうなっても消えないんだと思う。だったら身軽な方がいいのかもしれない。(18:24)

 

 あれから俺は猿のように3.11の記録映像を延々と見続け、自分で見始めたくせに、結構しんどくなってる。こめかみが痛い。首から来ているのは判ってる。割と首が長いので、すぐ首に来るんだな。僧帽筋に広がって背中・肩甲骨のあたりに来ている。寝たほうがいいかな。

 只今01時3分。キッチンに飲み物を取りに行って、雨が降っていることに気がついた。俺の部屋は四方を部屋と車庫に挟まれているからか知らんが、天気がわからない。暖かくなったら少し片付けて、カーテンを開けてみよう。

 オウ、俺の部屋でも聞こえるくらいの勢いで雨が降ってる。「すげぇ好き」というわけでもないが、嫌いでもない。雨。ゲリラ豪雨なんて、不謹慎ながら少しワクワクする自分に気づく時がある。何だろうねあれは。竜巻・大風・洪水は嫌だけど。雷は嫌い。怖いとかじゃなくて、近くで落雷があったら、ひょっとしたら雷サージでPCぶっ壊れるかもしれないので、電源のコード、LANケーブル、パソコン関係と、あとTV・ラジカセ関係はケーブル全部抜いちゃうからね、何もできんのよ。唯一、ポータブルラジオが暇潰す手段。まぁ、ラジカセも電池入れりゃぁいいんだけどさ。ずっと入れとくと液漏れするでしょ?まぁ別に緊急の時だけ入れりゃぁいい話なんだけどね。まぁ、地震・雷・火事・親父とはよく言ったもんだ。

 歯ぎしりとか酸っぱいもの好きとかエナメル質が弱っている(酸蝕)ところに氷とか堅焼き煎餅とか食うもんだから、煎餅食うとパキィーンと割れちゃうんですよね、歯が。大事に育てた虫歯さんではなく、いきなり根元からなくなっちゃうんでね。奥歯全滅に近い。糖尿の薬でカネかかるんで行けないんすよ、歯医者。ね。まぁ、口内崩壊にでもなって、それで死んじゃうのもまぁ、プログラムされた俺の宿命なんでしょ。

 なんか動画、トリプタノールで検索したら、「薬好き出たがりさん(俺もそうなのかな)」がいっぱいいた。写真ならまだしも、自分の姿を動画にしちゃうかたがた。へぇすげぇとか思いながら、彼(女)たちが出演する動画を見たんだけれど、…んーーー、なんでこんなに元気なの?っていうか効果音とかキャプションとかまで入れて作った動画。困ったなぁ…消した。見るに耐えない。「バルプロ酸(デパケン)もらったけど太るから飲みたくなぁいぃー♪」みたいな感じ?妙にハイテンション。リタリン飲んでるわけないしなぁ…どうしちゃったんだろうこの人と思ったのが正直なところ。俺もこのくらいに元気になりたぁいぃー♪なんてな。ニコニコして…俺にはできない芸当だ。ここまで図々しい堂々としている根拠は何だろう…俺は朝にでもホームレスになりかねないのに…。まぁ、若い人だからそれもいいのかな。48の俺がホームレスになってしまうことを現実問題として危惧しているのとは全く対照的だね。俺はもうきっとだめだ。終わってる。あぁ夜中だ碌な事考えない。でも眠くないんだよな。俺が不眠症の方々と違うのは、「なにがなんでも寝よう」とは思わないことかな。結局いつか寝ちゃうんだよ眠くなれば。それでいいんだと思う。その睡眠時間が2時間でも3時間でも。だから俺はロヒプノール®を睡眠薬とは考えておらず、少し強めの抗不安薬(精神安定剤)として使っている。

 …眠くなってきた。(1:07)

 今日は母の誕生日だったので、「ラーメン食べに行こう」と前に言っていたのでひよりが帰ってきてから出掛けた。しかもひよりのおごりで。ねぎ味噌チャーシューを食べた。俺はラーメンというものを全く知らないので、というか、カップラーメンのあの味と食感がラーメンというものだと思っていたので、たまに本物のラーメンというものを食べるとえらく感心してしまう。美味いもんだなと。骨のある魚と野菜が苦手な以外は大抵のものは食うので、あんまりまずいというものはないんだが美味いもんだねぇ。

 そうか、あと40分で3月。冬が終わるよやっと。ね。桃の花が玄関に飾ってある。桃の節句もあと3日。桃が終われば、次は桜だ。いつ観に行こうかな、桜。桜の歌はたくさんあって数限りないんだけれども、みんなが桜が好きだからこんなに桜の歌があるんだろうなと思う。俺はどの季節も嫌いだというのはなくて、どの季節にも一長一短があるよね、っていう…。春は花見。眠くなるが。夏、ひまわりが好き。近年、暑すぎるけれど。秋、紅葉。物悲しいけれど。冬はなんだろう、クリスマスに正月か?寒いけれど。でも結局今年はこたつに入らなかったな。こたつにみかんを楽しみにしていたんだけれど、冬、終わっちゃったね。

 「明日は午後から春一番か」とか天気予報は言ったけれどどうかな。暖かくなるとか。俺はとりあえず花粉症持ちではないが、ああいうものは突然なるんでしょ?うーん。母が花粉症。裏山に杉のあるところで育ったからスギ花粉吸いすぎてアレルギー閾値が下がったんだろうね。俺はどうかな…。

 髪がだいぶ伸びてしまった。切りたい。耳が隠れてしまった。うっとうしい。切りたい。今日は(も)書くのめんどくさい。精神的に本調子じゃないからね。某動画サイトで3.11に関する動画見すぎたのかな。神経がつかれた。あくび連発!日が明けてしまったので次のエントリーに移る。(翌1:00)

 昨日は出かけて色んな所に寄ってきたのだが、カメラを持っていかず、心身共に疲れたのでさっさと寝た。

 今日は先日も書いたが3.11の件、発生直後から翌朝10時までのNHKの報道の録画が動画サイトにあったので、ずっとそれを視聴していた。ヘッドホンを付けてサブマシンで動画を再生しながら作業をしていた。いやぁ…緊張して視聴していたので、大地震当日の23時台のまで見たが、あと11時間ぶん見るのか…この時間帯以降、そろそろ原発が怪しくなってきた頃なので、さすがにこの先はちょっと辛いかもしれない。

 それよりBSDの作業があんまりうまく進んでいない。どうしたもんか。このマルチブートを始めた頃の熱意はどこに…という感じで…。

 疲れたな…地震報道を見ていたからだろうか…なんかこうして見ていると、この録画は過去のものだという意識がなくなってちょっと緊張するが見たくなくなる性質のものではない。

 夕食後これを書いている。また貧乏揺すり。トリプタノールとレボトミンを飲もう。それから糖尿のクスリも…

 今日はこのへんで終わりにする。最近、ちょっと思考というものができない。まぁ、作業に一区切りついて気分が乗れば書くかもしれないが多分それはないと思う。(19:35)

 無為の日。洗濯物取り込んだり、ちょこっとネットを放浪したりしていた。なんか、パッとしない日だ。歯が痛ぇし、頭も痛ぇし…はぁ…。パッとしない「日」と書いたが、実際はパッとしない「日々」というのが正しいか…。セレコックス錠を服用。パッとしねぇ。今から別な作業(Linux/BSD)をするので、ひとまず、終わり。(8:32)

*             *            *

 JR北海道の貨物列車がまた脱線したらしい。こんな会社に北海道新幹線を委ねられるの?今度は新幹線の脱線事故が起きるような気がするよ。

*             *            *  

なんか全く以てパッとしない日だ。腑抜け腰抜け あぁ!畜生!

 Youtubeで、今更ながら’95年の阪神・淡路大震災の動画と、’11年の東日本大震災の動画を観た。俺が、3.11のことに触れることができるようになったのは、去年半ば過ぎである。それまでは、それ関係の情報…当時の映像や記録、津波などの話などとんでもない、できなかった。それが去年半ばに突如、観てみようという気になった。「観」っつぅ字がなんか、観劇、観覧など、見せ物みたいなニュアンスが出てしまうのがなんか嫌だが語法なのだから仕方がないけど…いや、語法にこだわっても仕方がない。Youtubeを見た。うん、見た。いやー…なんかとんでもないことだね。俺も、四日間だけだけど、避難所で過ごしたけど、もうあんな思い嫌だね。つらい。何故、土合に津波が来なかったか、何故、土合で液状化が起きなかったのか…それは多分、たまたま。ちょっとした奇跡。「60年住んできたけど、こんなこと初めてだ」、そういう、お年寄りの言葉があるじゃないか。地震だけじゃない、竜巻とか、台風とかそういうのがいつ起こってくるか知れない。俺は…何故、3.11に触れられるようになったかはわからない。時間…としか考えられない。時間がダメージを癒やしてくれたのかな。なにも、3.11に関して心を整理しようとか、考えたわけじゃない。何もしていない。ただ恐怖だけがあった。その恐怖を去年半ば過ぎまで持っていた。なにも解決したわけじゃない。けれど…俺は、動画を見てみようと思った。今年で7年経つことになる。それを、今更ながら、見てみようと思った。見て、受容したように感じた。何故だろう、わからない。時間…それだけなのだろうか…俺のような臆病な人間が、受容した。これから眠りに就くまで、少し、考えてみようと思う。以上。

 今日は糖尿の診察のため総合病院に行った。12時半に行って18時帰宅。どうなってんだ全く…。HA1cが6.9%。やっぱり体重が10kg増えると体力的にも検査数値的にもしんどいなぁ。今回からメトホルミン塩酸塩錠に加えてエンパグリフロジン錠『ジャディアンス錠』が追加。これ薬価高いんだよねぇ…。はぁ…結局健康と共に失うのはカネ、ということ。健康なのが一番カネかかんない。

 下痢している。水便。なんか変なもの食ったかなぁ…。ロペミンが処方されたので助かった。俺は下痢の状態が普通というか便秘なんてことは特殊な状況下(ロペミン1シート+イリボー2シート服用とか)でもない限りあり得ない。腹痛とか、吐き気とかはないので多分、過敏性腸症候群の再燃ということだろう。

 こういうのは、乳製品を飲食したとか、疲労で抵抗力が落ちた時になるんだと思う。ここんとこ精神的にちょっときついことが続いてるのと、一週間ほど前、アカディ牛乳を飲んだからなんだと思う。アカディ牛乳は、実際には「乳飲料」であって「牛乳」ではない。牛乳飲んだ時の下痢の原因である「牛乳の乳糖」を8割ほど酵素で分解してあるのだが、それでも下痢になる人はなる。残りの2割の乳糖に反応してしまうんである。10割乳糖分解してくれよぅ、と思うんだが雪印メグミルクさんは、なにか理由があって乳糖の分解を8割にとどめているのだろう。甘くなりすぎるとかね。もしそうなら、俺、甘いもの好きだからノープロブレムなんだが。牛乳は乳糖不耐で下痢するくせに、味が大好きなもんだから飲みたいという矛盾。非常にキビシイ。

 昔から、俺は消化器、殊に大腸が弱い。そもそもの始まりは、赤ん坊の頃にかかった「小児下痢症(仮性コレラ)」なんである。「仮性コレラ●●●」なんていうから伝染するのかというと、そうではない。コレラに症状が似てるから「コレラ」という名称をつけているのであって、コレラではない。ただ、ひどい下痢嘔吐が続くため脱水や吐き気止の管理をしなければならないので入院した。入院したらしたで、他の患者のはしかが感染うつり、ダブルパンチであった。以降頻繁な小児科通いが始まったのであった。

 『S内科小児科医院』のS先生は、やたらと背が高く、鼻も欧米人みたいに高くて、それはそれは映画俳優みたいに色男で、声はでかくてバリッとしていた。昔NHKにいた、西沢祥平さん(故人)みたいな声であった。『This is the Doctor』(冠詞の使い方に自信がない)といった風貌だった。腹痛の時は通称「カナ3」という無色の皮下注射、発熱の時は通称「ピロ1.5」という黄色の筋肉注射。尻に射たれるピロ1.5がそれはそれは痛くて、泣きはしない子供だったけれど、辛かった。虚弱体質は高校1年で体重を35kg落とすまで続いた。痩せたら虚弱体質が治ってしまったわけである。という事は、肥満が虚弱体質の元凶だったということだ。体力に合った体の大きさ、というのがあるんだろうと思う。勿論、現在は健康体の体より50kgオーバーである。2年で増えた50kgを、どれくらいで減らせるのだろうか。道のりは多分遠い。話は戻るが、S先生も、膀胱がんで亡くなり、医院も閉めてしまわれた。時は移ろいゆく。昭和も遥か遠い昔となった。

*            *            *

 昨日から今日未明にかけて、FreeBSDGhostBSDのインストールとデスクトップ環境の構築をしていた。FreeBSDはデスクトップ環境もグラフィックボードのドライバーも入っていないので、作業はコマンドラインである。以前俺は、コマンドライン操作にアレルギーを持っていた。「できない」と思っていたが、今は別に苦手意識はない。慣れてしまった。だが、「このコマンドライン操作の先にあるのはデスクトップ環境である」という目標がないとしたらくじけてしまうのかもしれない。

 GhostBSDは既にMATEマテ(「マテ茶」の「マテ」。「メイト」ではない。)というデスクトップ環境が構築されているが、グラフィックドライバーが入っていないので、解像度がおかしい。これを色々試行錯誤しながら組み立ててゆくのだ。FreeBSDをベースに作られたGhostBSDのグラフィックドライバーのインストールから設定にかけては微妙にFreeBSDとは違うのだが、FreeBSDのデスクトップ環境構築ができれば勘でできると思う。(参考)『FreeBSDで遊ぼう-[SILVER SACKの自画自賛]』 『 Gnome2インストール FreeBSD 10.0-BETA3 – Nobwak's Lair』

 これから『True OS』というBSDを入れる。どうもBSDは、ひとつのディスクドライブに、かつプライマリ・パーティションにひとつだけインストールできるような感じ。以前2つ入れた時うまく行ったことがあるが、以来必ず2つのうちのどちらかが起動不能に陥るようになった。巧くやればできるのかもしれないが、俺の技術では未だ成功していない。取り敢えず『True OS』は別ドライブのプライマリ・パーティションへ。というわけで今日は終わる。

 今日も無為。FreeBSDとGhostBSDのインストールとデスクトップ環境の構築をしたぐらいで。腹具合が昨日から悪い。んー。なんかぱっとしないなぁ出来事がないから日記が書けない。

 ちょっといろんなことが面倒くさくなっている。体調が悪いせいもある。いろんな疲れが溜まっている。

 紅茶でも淹れて飲もう。