合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。

 今日は眠くてずっと寝ていた。4時25分、サインバルタ®20mgカプセル3カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、エビリファイ®3mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5μg錠1錠を服用。9時頃寝る。15時半頃起こされ昼食を食べ、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用し、また寝る。20時45分頃起き、夕食を食べる。21時15分、ルボックス®50mg錠2錠、リーマス®200mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。書くことがない。横になろう。精神状態が悪い。

 今日は投稿フォームを開いていたが書くことができなかった。ため息ばかりついていた。ゆううつ。この2、3日精神的不調が続いている。原因はなんなんだかわかんない。ドーパミンの禁断症状だろうか。俺がドーパミン中毒であろうことは何度か触れている。コカイン中毒と同じなんである。リタリン®を経験しているのでリタリン®を飲めば(俺はスニッフィングはしなかったので)浮上することは判っているのだが。一部の乱用者がマスコミに関わって自慢げにその使用体験なんかを語ったものだから当局が規制に乗り出して使えなくなってしまった。彼らの罪は大きい。もうどうせ使えないからこうして書いているが彼(女)らは口外せずひっそりと使っていて欲しかった。

 4時5分サインバルタ®20mgカプセル3カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、エビリファイ®3mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5μg錠1錠を服用5時頃寝たらしい。15時30分母に起こされるすぐにルボックス®50mg錠2錠レボトミン®5mg錠1錠を服用。それからずっと投稿フォームとにらめっこ。何も出てきやしない。突然「超神ビビューン」という特撮モノのことが調べたくなって調べた。ビビューンに変身したのは仮面ライダーストロンガー「城茂」こと荒木しげる(故人)えー、そうだったっけ意外。超神ビビューン、ズシーン、バシャーンの3人(?)はその前番組「アクマイザー3」のザビタン、イビル、ガブラの魂を受け継いだヒーローとして活躍する。「アクマイザー3」の3人は変身してザビタン、イビル、ガブラになるのではなく終始ザビタン、イビル、ガブラである。その「変身しない」というのが子供に受け入れられ難く、後番組の超神ビビューンではスポンサーから「従来の変身モノに戻すように」とのお達しがあって変身モノに戻したという経緯があるという。YouTubeでオープニングの歌(ささきいさお)を見たが、フルコーラス歌えた。バッキングまで覚えていた。確かレコード持っていた。どっかに消えたが。

 仮面ライダーは昭和のシリーズは大好きでずっと観ていた。平成ライダーはクウガ・アギトまでは観ていたけど以降魔法で変身云々となってからは嫌気が差して観なくなった。仮面ライダーはやはり改造人間でなければ。やはり、俺が好きなのは1号2号。1号2号のリメイクで「仮面ライダーThe First」というのがあったがこれもなかなか良かった。俺がこんな話するなんて意外だったかな。俺のヒーローはいつまで経っても仮面ライダーだと思うぜ。

 19時10分夕食、20時35分ルボックス®50mg錠2錠、リーマス®200mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。21時15分やっと日記を書き始めるが遅々として進まない。翌3時やっとここまで書き終える。あーしんどい。(翌3時4分)

 とうとう6月になってしまった。今月は21日が夏至で30日には俺は45になる。はぁ。何やってんだ俺は。ドーパミンを分泌させてドーパミン中毒になって…アホか毎日毎日僕らは鉄板の。

 

 4時5分、サインバルタ®20mgカプセル3カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、エビリファイ®3mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5μg錠1錠を服用。5時30分母にアイスコーヒーを作る。8時頃寝たらしい。13時頃母に起こされる。13時15分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。以降19時過ぎまでボケ〜っとして過ごす。19時20分、夕食。21時20分、妹帰宅。21時45分ルボックス®50mg錠2錠、リーマス®200mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。

                          *

 全く関係ない話題。俺は明石家さんまがあまり好きではない。ゴールデンタイムに関しては俺にはチャンネル選択権がないので、家族が「踊る!さんま御殿」とか観ていてやむを得ず見せられると決まってうつになる。だからさんまの番組を家族が見始めたら自室に来るようにしている。自室で、ただぼーっとするために。

                          *

 あー。今日はダメだ。書けないよ。

 

 

 空からお迎えの光が降りてきた

 俺はあの光を上って

 空へと旅立つ

 あとにはホトトギスの声が響くのみ

 (翌2時30分)

 4時、サインバルタ®20mgカプセル3カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、エビリファイ®3mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5μg錠1錠を服用。このあとすぐ寝たようだ。13時半頃、母に起こされる。朝食兼昼食を食べる。母、またどこかへ出掛ける。ワイドショー観たりネットを見たりする。14時ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。16時、ニュースをザッピング。17時半ルボックス®50mg錠2錠、リーマス®200mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。19時20分夕食。

 抑うつ状態に陥っている。ただ家のスケジュールに流されるまま生きてる頭空っぽ状態。

 うーん、じゃぁ、昨日の記事に関連して。真の意味で、人と関わりたくない人って、そんなに多くないと思う。もしそうなら、ブログにコメントしたりされたりという事さえ拒否するはず。掲示板に書き込むこともしないはず。彼(女)らはただリアルの付き合いが苦手というだけで、人との関わりをことごとく拒否しているのではないと思う。

 俺は「社会(社交)不安障害」という診断を前任の医師から受けているが、俺自身は疑いを持っている。社交不安障害の人間がバンド組んで人前で演奏するか?こんなに友達いるか?俺は完全に前任のミスジャッジだと思う。うつ病の結果出現した、「人に会いたくなくなる」という典型的な症状を、前任は何故か社交不安と結び付けたかった、ただそれだけの話だと思う。

 俺は社交家かと問われれば社交家ではないが、引っ込み思案かと言われればそうでもない。俺は広く浅くではなく狭く深く付き合うタイプの人間だ。ただそれだけの話であって、引っ込み思案とは言えないと思う。だって引っ込み思案が人前で演奏するわけがないじゃないか。ドラムソロ取ったりするわけがないじゃないか。「社交不安障害」って診断名、プロフィールから外したほうがいいかも知れないな。

                        *

 次、俺の強迫性障害について。俺は、公共の「他人が触った」手すりとか、つり革に触ることは苦にならない。苦になるとしたら、俺がトイレとかに行って汚れた手で、そういったものを触って汚染させてしまうことが苦痛。つまり「被汚染恐怖」ではなく「汚染恐怖」。「他人の汚れで汚れるのが嫌」なのではなくて、「自分の汚れで汚すのが嫌」なのだ。ひどい不潔恐怖の人からすれば、「そんなの不潔恐怖ではない」と言われるかも知れないが。とにかく、いつでも非があるのは自分側なのだ。排便後にいちいち風呂場でシモを薬用石鹸でゴシゴシ洗うのも、ウォシュレットだけではパンツにウンコくっついちゃうんではないかという汚染恐怖とニオイの問題。周囲にニオイを撒き散らすんではないかという加害妄想。今はそうでもないが、とにかく頭のてっぺんから足の先までシャンプーと石鹸の匂いじゃないと嫌だということもあった。トイレの件については主治医に言われた曝露療法で軽減している。ルボックス®の効果もあるだろう。

 ルボックス®の効果といえるのは、俺は17年前、元カノと付き合っていた時に、一緒に出掛けた先で催してしまい、トイレが長くかかってしまった。出てきたら元カノはすごくムッとしていた。それがトラウマになって、彼女といる時は絶対に催さないようにしようと思い、1.5リットルのペットボトルと、ハンズでゴム栓とL字管、ポリチューブを買ってきて浣腸器を作り、平日なら彼女が帰ってくる前、休日なら彼女が朝起きる前にお湯しか出てこなくなるまで1.5リットルのお湯で洗腸をしないと気が済まないという洗腸強迫に取り憑かれやめられなくなった(これも非があるのは自分側)のだが、15年前、発売されたばかりのルボックス®(当時の病院では同じ薬で販売会社が違う「デプロメール®」だった)を処方されたらぴたっと治まったので俺には強迫症状に効果有りと判断した。症状が改善したり諸々の理由でルボックス®を中断すると強迫症状が再発するのでルボックス®による強迫症状改善との因果関係は深いと思われるからである。実際、最近でも「イライラするのはSSRIの副作用」という理由で処方量を半分にされたことがあるのだがうつ状態と共に強迫症状が増悪した。元に戻したら改善している。

                          *

 次に過敏性腸症候群。これは今でも少し残っているが、食べ物の影響もあるので純粋に過敏性腸症候群だけというわけではないかも知れない。乳製品を摂ると軟便・下痢。コーヒー飲み過ぎると下痢。1〜2食抜いて空腹の状態でなにか食べると下痢という具合にパターンを把握しつつある。そもそも、過敏性腸症候群になってしまったのは、俺の勝手な推測ではあるが、「大腸の洗浄」で腸の粘膜が過敏になってしまったか、洗腸時に便が小腸側に逆流してしまい、腸内細菌が小腸に入ってしまったことによる過剰な蠕動運動が原因と見ている。ただ、これも不潔恐怖が軽減していることから出先のトイレに入ることがさほど苦痛にならなくなり、精神的負担はだいぶ和らいでいる。

                           *

 細かい浮き沈みはあるが、全体として薬の効果が現れている、最後に残るのは一番最初に発症した「うつ病」である。これがなかなか頑固で、本当に取れない。何かに反応して(例えば嫌なことがあったとか)で陥る抑うつ状態ばかりではないから。「よくわからない理由」で抑うつ状態になることも少なくないから、対処のしようがない。ここで俺が「死にたい」と書いている時はこのパターンが多い。よくわからない理由で悩み続ける限り、俺のうつ病は多分治らない。これを28年続けているのだ。もう気が遠くなる。人生の実に半分以上をこいつと共に過ごしているのだから。なんか、諦めてるよ、寛解は。(翌7時40分)

 23時57分になってしまったが今日の日記を書いてないー…。

 今日は14時半頃母に起こされた。なーんにもする気が起きない。意欲の消失というやつだ。頭空っぽなーんにもしたくない。これじゃ日記が書けない。

 んーーーーーーーそうだ、友達について。良い悪いじゃなくて世の中には友達を必要としない人がいる。それはそれで、凄いことだと思う。自己完結してしまうんだから。俺にはそういう離れ業はできない。

 俺も人生44年今年で45年だ。その間にやってきた人もいれば去っていった人もいる。友達が全員同じチャンネルの人であれば、いっぺんにやってきたりいっぺんに去って行ったりしていなくなる時は友達がいっぺんにいなくなってしまうのだけれど、別なチャンネルにそれぞれのチャンネルの友達がいれば、よっぽどのことがない限りいっぺんに友達を失うという事は少ない。

 ま、ここに何か誰かのことについてネガティブなことを書いちゃう時ってのは、その人との関係が切れるかも知れないってことを覚悟して書いているわけで、そういう意味では「嫌われることを恐れていない」ことになる。更に言えば、それで切れる関係だったら初めから縁がなかったんだと考える他ないと思って書いているのである。

 何かの本に書いてあったけれど「自由とは他人から嫌われることである」という一節があってなるほどそうだねと思ったりする。俺流に解釈するなら、「他人から嫌われることを怖れないことが自由ということだ(何もわざわざ嫌われることをせよという事ではない。)」。何かの、誰かの、期待に沿わなければならないだとか、誰々の承認を得たい、だからこうする。っていうのは、自分の生き方を自ら縛ってしまうことになる。

 かく言う俺も思春期からつい一、二年前までは「誰かに承認されたい欲求」があって自らがんじがらめになっていたんだけど、最近は割とどうでも良くなってきた。というのは俺も人間関係に疲れてきて自分の言動に足かせをかけているのが辛くなってしまって、こういうものを取っ払っちゃおうと思っていたところに、先述の「自由とは…」のくだりに背中を押されたのだ。

 「あぁこれが自由ということか」と、精神的に調子のいい時は、それを謳歌することができる。ただ、俺は精神的に健康ではないから時には世界中の悩みひとりで背負ったみたくなってしまってそこが修行が足りないところなんだけれど、得てして、「悩み」ってのは突き詰めれば全て人間関係に行き着いちゃうわけで「嫌われたくない」「嫌われちゃうかも知れない」ってのが多分根底にはあってそれで期待に応えようとしたり承認を得たいと思ったりするんだけれどそれができなさそうだったり、それに応えるためには自分の意に反することをしなければならなかったりしてその狭間で人は悩む。俺の悩みも突き詰めれば対人関係に全て行き着いてしまう。それを排して生きると楽になりますよ、というのが「自由とは…」のくだりなんだと思う。しかしながら俺は先程も書いたように修行が足りないので「友達を必要としない人間」にはなりきれないので、別々なチャンネルにそれぞれ友達を求めたのである。「自分を縛らない最低限度の良心を尽くした上でそれで嫌われるのなら、それを怖れない」生き方ができるといいね。

 俺が某SNSと距離を置いたのは、単純に、疲れてしまったんである。人を羨むこと、劣等感を持つことに。で、よく考えてみると某SNSは開いているようで、閉じた関係なんである。SNSに「属す」という事自体会員制クラブと何ら変わりがない。そんな関係を俺は望んでいるのか、NOである。二十年ほど前、某チャンネルの友人が「クラブ○○」というサークルを作った。俺は即、拒否反応が出てしまって入会しない選択をした。当時は「このグループに忠誠を誓うかどうかの踏み絵だな」と理解した。正直このことで俺は「友達フィルター」でふるい落とされることを覚悟した。だが、どういう事情があったか知らないが、今なお付き合いは続いている。ただ某チャンネルの友人は相変わらずクローズドの関係がお好きなようである。(翌2時48分)

 今日は特に何もしなかった。

 5時5分、サインバルタ®20mgカプセル3カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、エビリファイ®3mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5μg錠1錠。12時30分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠。13時頃から18時頃まで寝る。18時頃お友達に電話をかける。夜中の無言電話で困っているとのこと。俺はそう遠くない関係の人のような気がする。18時20分父外出。18時半母、近所の人のお宅に遊びに行く。19時妹と夕食を食べる。20時40分、ルボックス®50mg錠2錠、リーマス®200mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、22時過ぎ、母帰宅24時母、妹、就寝。翌0時10分コメントに返事を書く。翌3時42分、これを書く。(翌5時8分)

 eyesネットを見ているとうんざりすることがしばしば。精神病質者だらけ。良心の一欠片もない奴らだらけ。こいつらが日本にいるというだけで寒気がする。これに反論する人間こそ精神病質者。収容所に入れてしまうしか社会の秩序は守れない。言論の自由を盾に好き放題汚い言葉で書き込みを行なっている。「良心」というものが全くない。日本人をやめてほしい。これに反論する人間こそ精神病質者。ネット住人には「片山」が大勢いる。そして現実世界には「梅田」が大勢いる。そういう奴らはみんな片っ端からとっ捕まえて収容所に入れて一生出てこれなくしなければならない。犯罪予防のためにも精神病質者は現実社会、仮想社会から隔離されねばならない。子供から老人まで、全ての精神病質者をとっ捕まえて一生を収容所で過ごさせなければならない。危険な思想だと?精神病質者をシャバにいさせるほうが危険だ。世間の注目を集めるためならウイルス作って他人のパソコンを踏み台にして犯行予告を書き込んでいいのか。イライラしてたら人にのこぎりで切りつけていいのかという話だ。そんな奴らは気違い同士、収容所内で刃物で互いに刺し違えて全滅すればいい。世の中、平和が一番。しかし平和を保つためには、犯罪者予備軍の気違いたちを隔離するという必要悪がなければならない。それでも犯罪がゼロになることはないだろうが。

                       *

 今日もカフェインを摂取していないので、文章が出てこない。今日書いたことだって昨日書いたことの補足に過ぎない。

 俺は性悪説を採っている。他人を信用していない。多くの人間は、自分は安全な場所にいて、他人の批判をしたいものだから。

 「問題提起だ」と言い訳をしながら他人を精神的に屈服させようという姿勢には偽善を感じる。俺が晩メシに何を食おうが勝手だろう。大体、メニューを決めるのは俺ではない。俺は調子が悪いから一日寝ていたわけであって、調子が悪くないお前や同調者にそのことをとやかく言われる筋合いはない。俺がお前に何をした。お前と同調者の全てが偽善だ。お前らに俺の何がわかる?人それぞれに人それぞれの事情を抱えて生きているんだ。同調者が集まって、嬉しかったかい?何が「問題提起」だ。この偽善者め。お前らも精神病質者収容所に入れ!

                       *

 今日は13時頃起きた。起きてすぐ、サインバルタ®20mgカプセル3カプセル、ルボックス®50mg錠4錠、エビリファイ®3mg錠2錠、レボトミン®5mg錠2錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5μg錠1錠を服用。その後、この投稿フォームと格闘。全然文章が出てこない。やはりカフェインがないとダメなようだ。18時20分夕食。19時、ルボックス®50mg錠2錠、リーマス®200mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。精神的にしんどい状態が続いている。

 もうひとつ。親子の関係は複雑なものであり、それぞれの家庭の事情がある。それについて訳知り顔で指摘する人間。じゃぁ精神科医や心理カウンセラーさえ介入するのが困難な親子関係についてお前がどうかしてくれるのか、何もできないくせにしたり顔で説教するんじゃないボケ。人の親子関係について論じて偉くなったような気がするのか?俺より優位に立った気がするのか?俺より優位に立ったところで何もメリットはないぞ。お節介野郎。

                        *

 立ち眩みがひどい。耳鳴りもする。体中故障だらけだ。立つたび視界がブラックアウトする。

                        *

 ホトトギスが夜にも関わらず啼いている。特許許可局。

                        *

 もう何も出てこない。終わる。(翌2時56分)

 男って、惨めったらしい。絶望した。死にたい。(1時14分)

 時節柄、これに触れないわけにはいかないだろう。AKBの握手会の話。犯人の梅田悟(24)は恐らくサイコパス(精神病質)。AKBは女の子のグループという事で、握手会に来るファンは男が多いと思う。一方サイコパスはほとんどが男という。だから握手会に参加できるのは女性だけにして更に厳重に警備をするといった方法を取るしかないんじゃなかろうか。梅田は精神鑑定にかけられるかも知れない。そこで気違いという判定が出たなら無罪放免になってしまうかも知れない。これは危ない。一生「気違い収容所」に入れて置かないと危なくてしょうがない。「気違い」は意外と多いという。この際、気違いは全員収容所に入れてしまうか、初心者マークや高齢者マーク、車椅子マークのような感じで「気違いマーク」を作って常に表示を義務付けたほうがいい。人権?他人の人権を守れない者に、人権を与える必要はない。そもそも気違いはシャバにいてはならないのだ。とにかく、怪我をしたメンバー二人とスタッフの心身の傷が早く癒えること、同じテントにいてこれを目撃してしまった他のメンバー、それからAKBとその姉妹グループのメンバーのショックと不安が早く癒えるのを祈るばかりだ。

 それにしても、男に犯罪者が多いのはどうしてだろう。そもそもy染色体がx染色体の奇形であることが全ての発端であるのではないかと思う。まぁ男というのは、いうなれば、「人間の欠陥品」という事ができるかも知れない。という事は、俺も「人間の欠陥品」なのである。それでも生きなければいけないか…?俺は嫌だね。(翌2時3分)

 カフェインがないとまたこれだよ。カフェインなしでどれだけ書けるか書いてみよう。

・俺の日常的行動規範として「自分が一番下っ端と思っていれば間違いがない」ということ。自分は奴隷と同じ身分だってこと。

・某有名巨大掲示板の住民が大嫌い。あのものの言い方。片山の言う「サイコパス」の集団だと思う。思うに、精神病質の人間は結構多いと思う。しかもほとんどが男。「気違い」同士で「気違い」と罵り合っている気の毒な集団。ちなみに俺も気違いなのは言うまでもないが(もし人が俺を、俺が思いつかないようなこれ以上(以下?)の侮蔑の呼称で呼ぶなら俺はきっとそれ)。

 疲れた。終わる。(23時18分)

 眠れないので何か書いてみる。

 再来年から8月11日が「山の日」に制定され、祝日となるそうだ。夏休み中なので学校の授業日数に影響を与えないこと、お盆と重なるのでまとまった休みが取りやすい、夏山シーズンであること、などの理由で8月に決まったのだそう。年中休みの俺には関係ないけどね。

               

 6時30分、サインバルタ®20mgカプセル3カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、エビリファイ®3mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5μg錠1錠を服用。

 8時前、母外出。9時過ぎ、コーヒーをマグカップ3杯飲む。便意を催す。下痢。コーヒーのせいだと思われる。俺はコーヒーが好きで、コーヒーの「豆」から『豆々』と名乗っているわけではあるが、言うほどはコーヒーの量は飲めないのだ。マグカップ3杯で下痢するくらいだから。

 今朝コーヒーを飲もうと思ったのは、先日からさんざん言っているとおり、文章が書けないからである。カフェインを摂ろうとしたわけである。いま話題の「アンナカ」こと「安息香酸ナトリウムカフェイン」と同様の効果を期待したわけである。そもそも、「安息香酸ナトリウムカフェイン」は、「安息香酸ナトリウム」ではなく「カフェイン」の効果を期待して服用するものであってコーヒー、紅茶(カフェイン製剤という手もあるが)で摂れれば別にアンナカを使用するまでもない。アンナカは戦後間もない頃、クスリらしいクスリがなかった時代に頭痛とか気付け用に処方されていたものであって、現在ではほとんど処方されないクスリだ。カフェインは頭痛薬や風邪薬に「無水カフェイン」として配合されている。例の彼は、覚せい剤ではなくアンナカだと思って使用していたというが覚せい剤と見間違うというのはちょっと解せない。自分でもインタビューに「覚せい剤は結晶だしアンナカは粉、全然違うもの」と答えているではないか。それを警察検察には「アンナカだと思って使用していた」と供述している。大いに矛盾がある。ま、物証があれば有罪は免れないだろうね。過去には尾崎豊とか槇原敬之、田代まさし、赤坂晃とかが逮捕されているが何事もなかったように活動している人もあれば干された人もいる。社会に赦される人と赦されない人の違いがちょっとわからんが彼はどうなっていくんだろうか。…なるほど、カフェイン摂取は効果あるなぁ、こんなに書けるじゃないか。

                                                               *

 話は変わって、ここ土合地区や国道124号沿いの空き地や中央分離帯などに、キバナコスモスに似た綺麗な黄色い花が群生している。少なくとも25年前までにこの花は土合にはなかった。それ以降に流入・繁殖したものと思われる(それ以前はセイタカアワダチソウ・オオマツヨイグサ・ツユクサが繁殖していた)。「綺麗でいいな、しかしこの繁殖力は在来種じゃないな。」と思って調べたら「オオキンケイギク」という外来種、しかも特定外来生物で、栽培、譲渡、販売、輸出入が禁止されているときた。やはりこういう異常な増え方は在来種ではないと思った。

 以下、Wikipediaより引用

日本には1880年代に鑑賞目的で導入された。繁殖力が強く、荒地でも生育できるため、緑化などに利用されてきた。河川敷や道端の一面を美しい黄色の花々で彩る本種は、緑化植物としても観賞植物としても非常に好まれた。しかし、カワラナデシコなどの在来種に悪影響を与える恐れが指摘され、2006年に外来生物法に基づき特定外来生物として栽培・譲渡・販売・輸出入などが原則禁止された。また、日本生態学会により日本の侵略的外来種ワースト100に選定された。

 綺麗な可愛い花なんだけどねぇ…デリケートな在来種を駆逐してしまうから特定外来生物指定もやむを得ないんじゃないかなぁ。なんか気の毒だけどね。まぁ、オオマツヨイグサもセイタカアワダチソウもあんまり綺麗じゃないから、あったときは邪魔っけだなぁと思ってたけど(ツユクサはまぁまぁかな)。あんまり繁殖力が強くてもダメなんだ。難しいな、生態系って。

                     *

 久しぶりにこんなに書いた。カフェインの威力はこれほどのものか。今日はカフェインの効果を期待して飲んだのであまりカフェインが揮発していない浅煎りのコーヒー豆にしておいた(浅煎りのアメリカンコーヒーよりエスプレッソやイタリアンローストなど深煎りのコーヒーのほうがカフェインが揮発して失われるぶんカフェインが少ないという)。下痢と引き換えに(笑)文章が出てきた。

                     *

 最近は(今日はコーヒーの所為だから例外として)過敏性腸症候群の症状も、強迫性障害の症状も下火になっていて随分と楽にはなっている。クスリが奏効しているのは勿論、何をどれくらい飲食するとどうなるというパターンが読めてきていること(ex.ヨーグルトなど乳製品を多く摂ると軟便、コーヒー飲み過ぎると下痢、など)、強迫性障害のうち不潔恐怖については暴露療法を試して軽減していることに因る。

 ただ、リーマス®を飲み始めてから、文章が書けなくなった。その所為かどうかはなんとも言えないが。
 また、時折襲い来る無力感とゆううつ感、意欲の消失、希死念慮は未だある。実際、「未だある。」を書いてから数時間後、恐らくカフェインが切れたと思われる現在、なかなか文章が出て来なくなった。とはいえ、もう書くのやめたというのもあんまりなので、なんとかコーラを飲みながら(効くのかな?)書いている。しかし、コーラなんて久しぶりに飲んだな。20数年振りだ。それこそ40年前はコーラ、ファンタ、スプライト、コーヒー牛乳、フルーツ牛乳くらいしかなかったから、ソフトドリンクを飲む時にコーラが登場するのは珍しくなかったが、これだけソフトドリンクの種類が多種多様になっている現在、何もわざわざコーラを好き好んで選ぶこともないわけで(今飲んでいるコーラは何を思ったか母が買ってきた)、忘れかけていた存在だった。だいたいコカコーラグループでコーラは売り上げの何%を占めているのか。ほとんど他の製品で占められているのではないだろうか。営業妨害するつもりはないけれど、「美味しい」ってもんでもないしね。

                     *

 最近、俺は立ちくらみが多い。ほぼ立ち上がると100%立ちくらみが起きる。耳がキーンとなって音がよく聴こえなくなり、座ったり横になったりしてしばらくすると治るという。まぁ、一種の脳虚血なんだろうな例のアンナカの彼じゃないけど(自供したみたいだね、シャブ)。なんだろうね。ま、色々と思い当たるフシがないわけじゃないけど、まぁ放っとこう。医者にかかってあれこれ弄り回されたりしたら、余計寿命が縮まる。寿命が縮まるのは別に構わないんだけれど、医者に金取られて用もないこと色々弄り回されて痛い、苦しい思いをするのが嫌だということ。くも膜下でも脳梗塞でも心筋梗塞でも、一瞬のうちに死んじゃうならそれはそれでいい。余計な医療費を節約できる。ただ少しだけ我儘を言わせてもらうならば、もうちょっと楽しい人生、送ってみたいな。宝くじ一等前後賞大当たり。ってね。それが叶えば即死上等。「即死」ね、「即死」。延命治療は断る。

 ま、得てして何かが治れば何かが出てくるというのが病気だから、精神疾患が寛解した途端、癌になってみたりとか、脳卒中、心筋梗塞とか、俺ぐらい太っていれば糖尿病とか色々考えられるわけで母は長寿の家系だが父はそうでもない。父の遺伝子も受け継いでいるわけだから必ずしも俺は長寿ではないだろう。でもいいんだ。畳の上で余計なカネを使わず死ねれば。

 14時40分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。20時25分、ルボックス®50mg錠2錠リーマス®200mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。

 あぁ、ゆううつになってきた。今日は充分だろう。これで終わる。(23時5分)

 今日もなんか死にたい気分はある。頭は空っぽだし体はだるいし膝は痛いし。短文状態になってから更に太って膝にもろに来ている。上手く立ち上がることができなくなった。俺はもうダメだ。寝たきり要介護の一歩手前まで来ている。

 しかし…なんでこんなに書けなくなったんだろう。

 6時50分サインバルタ®20mgカプセル3カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、エビリファイ®3mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5μg錠1錠を服用。13時40分ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用、20時10分、ルボックス®50mg錠2錠、リーマス®200mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。(翌2時45分)

 急に気分が悪くなった。気分というか精神状態が。特に何かあったかと言われればあったし、なかったかと言われればなかったという感じではっきりはしないんだけれども。これをご覧の皆さんは気づいているかも知れないが、以前と比べてものすごく短文になり、しかも更新間隔も空いている。俺の脳に、明らかに何かが起きているという事は言える。リチウムが処方されだしてからはなんだか余計にバカになったようで、なんか文章が全然浮かばない。

 今日は11時に起きてみると母はまたどこかへ行っていて居ず、15時前に帰って来た。俺は結局この時間(23時8分)まで何を為すでもなく頭が空っぽで何の文章も浮かばない。俺は医源性の頭空っぽ人間になったのかもしれん。眠くなってきた。寝る(翌0時29分)