合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。

晴れ

2014年10月26日7時20分、茨城県神栖市土合中央、晴れ。気温20℃、湿度65%。爽やか?な日曜 降り注ぐ太陽? hum?It's a beautiful day?(『Beautiful Sunday』)

 

なんか、貧血で筋肉に酸素がいかないから、ガム噛むとこめかみが疲れる。今日は出かけてくる。帰って来たらまた書く。(8時3分)

 

 今日は行方(なめかた)のセブンイレブンに、母が置き忘れたnanacoカードを取りに行ってきた。次に鉾田の農協直売所に行った。頭に血が通ってないのか正直頭がくらくらしたり、酸素をより正常に送ろうと心臓がドカドカ拍動したり、「あ、俺次の瞬間死ぬかもしれない」と思う瞬間が度々あったが、なんとか持ちこたえたようだ。母も妹もドライブを楽しんでいたので、俺は気合で普通に振る舞っていた。しんどかった。今日は、写真をあまり撮れなかった。腕に力が入らず、カメラを持っていられなかったのだ。撮ったのは

北浦

北浦とか

だいぶワープして

スタバ?

スタバと思われる建設現場くらいしか撮る気力がなかった。

そのあとカメラ屋に寄り、財布の小銭かき集めてカメラバッグを購入。特価で2,000円ちょっと。もっと格好のいいのは4,000円だとか10,000円以上だとかでとても買えなかったので、精いっぱい妥協して…

カメラバッグ

…これ。もうこのCanon EOS Kiss DigitalXを購入して6、7年くらいになるだろうか、今まで家なき子で、無造作にパソコンデスクの上とかテーブルの上に置かれてきて傷だらけ埃だらけで過酷な環境に曝されてきたが、やっと家ができて、あとはクロスとブロアーブラシだな。レンズクリーナーがあればなおよろしい。

家に着いたら極度の疲労で倒れこんでしまった。あぁ、妙に100%オレンジジュースが飲みたい。しかし、なんか、吹き出物が多いなぁと思う。俺は周りがニキビ盛りの十代の頃も、肌はつるんとしていてトラブル知らずだったのだが、ここ最近、んー1年以内か、吹き出物が顔のあちこちに出るのだ。薬のせいか、数年、10年近く前かなぁ、神栖の木崎あたりで井戸水からヒ素が検出されたのだけれど、水脈が同じならここにもヒ素が来てるかも知らん。実際、昔は井戸水ガバガバ飲んでいたのだ。水俣病とかカネミ油症とかイタイイタイ病とか、そんなのの一角が、ここ神栖にも現れるんだろうか。はー。喉というか口乾いた。なんか、三環系抗うつ薬飲んでいた頃を思い出させる。20時か、疲れたなぁ。寝ていなければ、続きを書くこともあるかもしれない。(20時4分)

晴れ

茨城県神栖市土合中央、2014年10月24日6時38分晴れ、18℃。今日は内科に行く。(7時35分)

晴れ

茨城県神栖市土合中央、2014年10月24日16時40分、晴れ、18℃。

内科に行ってきた。かなりの貧血。普通だったら立ってられないくらいの貧血らしい。「徐々に進行したため『ちょっと調子悪いけどこれで普通』みたいになっているんだと思う」とのこと。血清鉄と血色素測定がかなり低い。なんだこりゃ!?というくらい低い。よく生きてるなぁ、俺。鉄剤が追加になった。『フェロミア®』。縁のない薬かと思っていたが、飲むことになってしまった。

 

 まぁ、健康面の悩みは尽きないけれど、別に、いいやとか思ったり。なんていうかまぁ、自殺しなくても近い将来、死ねるのかなとか思ったら、気が楽になった。だけどまぁ、運のない人生だったなとは言える。俺のピークは86年6月だったかな。あれから俺は坂を転げ落ちるように転落してきたんだな。近い将来死ぬと判った今となっては、今更なにも苦労とか、努力とかしたくない。楽して生きたい。うーん、もうすぐ死ぬって予め判ってしまった現在、せめて楽しい思い出、残したい。ドラム叩いてる最中に死ぬとか、パソコンやってる最中に死ぬとか、なんでもいいんだ。友達なんかいなくても楽しかったって言える、死ぬ間際によかったなぁと思えればそれで幸せだ。うちで死ねればベストだな。疲れた。寝る。(23時55分)

 憎しみだけが募る。俺は近い将来死ぬだろう。憎しみと虚しさ、それだけが俺の心の中を支配している。死ぬのは怖くない。怖いのは、俺をコケにして貶めた彼・彼女たちが何の復讐も受けずのうのうと幸せに暮らしていくこと。俺は必ずや彼・彼女に「人殺し」のレッテルを貼ってやる。

 精神科へ行ってきた。レボトミン®が元に戻った。やめるのがまだ早かったか、やめるペースが速すぎたかどちらかなんだろうと思う。んー、イライラの対症療法として出ているレボトミン®だが「うつ状態」にも効果があるんだろうか?抗精神病薬、いわゆるメジャートランキライザー。以前のレボトミン®の添付文書には「強力精神安定剤」と表示されていた。(現在は「精神神経安定剤」)まぁ安定剤にかわりはないんだけれど。ただ、5mg1錠、25mg1錠飲んだからって劇的に効くわけじゃない。まぁ「プラシーボ効果」程度のものだろうが。はぁ…、ここんところ本を立て続けに2日で2冊本を読んでいたり調子がよかったんだが2、3日調子が悪くて読めるかどうかわかんないけど買ってみた本。

井田寛子

あ、ちなみに気象キャスターになりたいってわけじゃないです、はい。一応、テレビに出るわけですから「ルックスコード」があることは理解してますんで。(18時40分)

 「豆々さん、オーバードーズで自ら死を選ぶなんてことはしないと約束してください」退院の間際そう言われた。…だって先生、俺の不幸を待ちわびている奴が大勢いるんだぜ。「死」…奴らにとってまたとない朗報じゃないか。就職もできない、結婚もできない、何の社会貢献もできない俺がこの歳までのさばって生きている。異常なことだよこれは。だから、社会の不経済である俺のような人間こそ自ら命を絶つべきではないか?違うのか?みんな言いたくても言えない、「働かざる者に死を」を俺は身をもって体現しようとしているんだ。こういう「不経済」となる存在は世の中から消えてくれたほうが社会のためになるんだ。俺に出来る最後の社会貢献、それは自殺だ。あの人の前の彼が逝ったのと同じように、俺も逝こう。睡眠薬多量に飲んで排ガス車内に引き込んでぇなぁ!ハッハッハッハ!そうすれば俺を徹底的にブロックしてこそこそとフェイスブックやらなくたっていいんだからよ。堂々とフェイスブックやれよ!みんなで仲良しこよししてればいいじゃねぇか。…など心の中で思いながら「先生、わかりました」と上っ面だけで答え、荷物を持って出てきた。そして、家に着いたら別な病院から電話。こないだの血液検査で「貧血」がひっかかったので時間のある時に来い。とのこと。俺は、自殺なんかしなくても、近い将来、死ぬのかも知れない。ま、それならそれで、手術とか、入院とかで、自分の時間を無駄にしたくないから。俺は生も死も思いのままに操るんだ。死ぬなら死ぬ、生きるなら自分の思い通りに時間を過ごす。別に、長生きしようなんて思っちゃいないさ。ただQOLを保って、後はいずれ行く道、死んだって構わない。別に。

 そんなわけで薬を使い果たしてしまったため、急遽明日、精神科に行くことになった。はぁ、めんどくせぇ、生きて還ってしまったばっかりに…。

 あぁ、精神状態最悪だぁ。(21時55分)

 気分が落ちている。俺はパソコンいじって一生を終える。皆さん幸せで、それはそれはようございましたね。これを読んでいる某くん、さぞやお喜びでしょう、俺が不幸せになればなるほど喜ぶ君がいることを俺は知っている。どうせ俺は、ドラムを叩けた、それだけの人。俺が幸せになることを、誰も望んでいない。俺が不幸になればなるほどみんな喜ぶんだ。あぁ、バンド関係の人たちだよ!俺のこのザマを見て、自分たちの幸せをより実感するのだ!俺は!俺はもうこれ以上君たちに「幸せのネタ」を提供するつもりはない。ただ!最後にドカーンとお笑いネタ提供してやる。葬儀告別式不要。戒名不要。ただ焼却して、うちに置いてほしい。墓には入らない。金かかるから。一切の法事も不要。金かかるから。ドラムは誰にもやらない。焼いて処分してほしい。「いままでどうもありがとう」なんて言葉を残して逝くほど俺は人間できちゃいねぇ。俺のこのザマを見て楽しんでるやつらあの世から末代まで呪ってやる。今夜決行。以上。(20時18分)

 やっぱりSさんになってた。俺の勘は当たる。しかも俺にとって不愉快なことは決まって当たる!俺はもう何の進化もないよ。俺の病に、あなたは付き合いきれなかった。だから憧れのS君と一緒になったんだろうね判ってたよ、つきあってたときに一緒に見たアルバムに載ってたS君の写真。あれで気づいてたよ。あなたは彼氏がいても平気で彼氏を作っちゃう人。したたかだよね。彼氏がいても、候補を持ってるんだよね。今どうか知らないけど。

空

茨城県神栖市土合 16時41分 晴れ、21℃。

 どんよりゆううつだねぇ。

空

 

今日も雨模様。

水たまり

 

モカも退屈。

も

 

モカの腰。

腰

 

 コンビニで見つけた『カンタン!自分で天気予報』。35年ほど前に読んだ『雲と天気』の著者『塚本治弘』さんとまた出会うなんて。

天気

 

部屋の掃出し窓(台風仕様)板を外側から貼り付けてある。

扉

 台風一過(と言ってもここ神栖市土合は大したことなかったが)の澄んだ空も午前中だけで、午後からの空は

10/14

こんな感じ。早くも明日昼頃には雨になる模様。今日、本当なら母は箱根に日帰り旅行のはずだったが台風接近のためツアー自体が中止、取りやめとなった。

 午後から母の買い物のついでに100円ショップでジップロックを買いに車に乗っていった。

10/14

んーあんまり嬉しくない買い物ってあるもんなのね。いくら100円と言ってもだね、やっぱり買い物は嬉しくあるべきものだと思うのよね。

 なんか、写真を見てて思ったんだけど、以前に比べて結構薬が整理されてる。基本的に抗うつ薬はサインバルタ®とルボックス®のみ、気分安定化薬としてリーマス®、補助としてエビリファイ®、イライラ時の頓服としてレボトミン®、睡眠薬がロヒプノール®。以前はこれに加えリスパダール®などなど(あとなんだっけ忘れた。)が処方されていた。特にリスパダール®なんかは内用液だったのでかさばって目立った、というのもあるかもしれない。一番酷い時なんかはトリプタノール(これには「®」は付かない)25mg錠6錠とかアモキサン®50mg6カプセルとか無茶苦茶ハードな処方で呂律回らず、ボケ?っとしていたもんだが、強いクスリと言ったらロヒプノールくらいで、ラリるような薬は入っていない。ODしなくなった理由が「この処方じゃいくら飲んでもラリれないから」というのが皮肉だが。ラリるくらい飲むときにはもう死んでる。なんか今の処方というかトリプタノールをカットされてから意識がクリアーになってそれはそれでしんどいけどね。まぁ、人としてどうかっていう問題はあるけれどトリプタノールでぼんやりと過ごすのも「徹底的に休む」時期には必要だと思う。(「緩解に向けた助走」の時期にはどうかと思うけどね)なんかでも、最近、この処方じゃちょっとしんどいかな、と思う時がしばしばある。うん。ちょっと一息つきたいなぁって時のトリプタノールが少し手元にあってもいいかな。なんだが現実が見えてくるといろいろ不安になってねぇ。この「不安」は正常な反応なんだろうけど。あー。しんどい。はーもう翌1時26分かぁ。寝た方がいいんだろうなぁ。んーーーーーーーーしんどい。(翌1時30分)

 男に生まれてしまって悔やんでも悔やみきれない。男には特権はない。社会的に優遇されているといっても結局は「カネ」の面で一部の男が優遇されているだけ。それに与ることができない男はなにもない貧しい存在だ。異性に許されていることが何一つ許されない。男だからとか男のくせにとかそういう不利益を甘受する代わりに享受できた特権さえ異性に取られて結局無一文。俺は男でよかったと思ったことなんてこれっぽっちもない。心と体のミスマッチ。性同一性障害とかそういうんじゃなくて、ライフスタイルと性のミスマッチ。俺の思考パターンでは現代社会に男として生きていくには無理がある、ということ。同性からは勿論、異性からも「男としてこうあるべきだ」というステレオタイプに嵌められて生きることが窮屈で、居心地悪く、つらい、しんどい、苦痛である、、という状態。おねぇとかオカマとかそういうんじゃなく、男としてのアイデンティティーは保持しながら、思考・行動パターンが男として生きていくにはちょっと無理がある、ということ。例えば、「社会にもまれてバリバリと仕事をこなす」とかそういう嗜好はない。が、世間の「男だから」「男のくせに」という声が聞こえて、俺は苦しんでいる。適性というものがあるのだ。これはどうしようもないのだ。が、

晴れ

茨城県神栖市土合中央 17時 晴れ 22℃。

tv

NHKより 那覇市街。

台風

 

 4時30分就寝というか仮眠9時30分目を覚ましてうだうだする。

 9時55分サインバルタ®20mgカプセル3カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、エビリファイ®3mg錠2錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用。その後再び寝る。

 13時40分目を覚ます。父が起きて何かやっていた。母がどこに行ったのか訊いたがなにを言ってるんだかよく解らない。

 自室に戻ってなんかネットやったりテレビを見たりしていた。

 夕方4時45分頃、トイレに行く、軟便。

 

 18時メンチカツとチーズコロッケがあったので食べる。ちょっとヘビーだったかな。夕食はそれで終わり。

 その後テレビを見たりなんかボケ?っとしたりしているうち、21時過ぎる。

                   *

 俺はきっと何もなしえないだろう。ただただ醜く太って、心臓悪くするか脳梗塞か、ガンかなんかで死んでゆくのがオチ。よくて実働10年で人生が終わり下手すりゃ実働数か月ということもありうる。俺はいったい何だ?何のために大学まで行ったのだ?俺みたいな人間、生まれてこなければよかったんだ。無駄な命。無駄な人生。なんか、社会の内部不経済というか俺みたいな存在がいなければもっと経済も財政も健全化するのに。

 21時40分、ルボックス®50mg錠4錠、リーマス®200mg錠2錠、レボトミン®5mg錠3錠を服用。

 あぁぁぁぁ…ため息ばかり。正直しんどい。疲れた。