合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。

 日記を書く気が起きない。なんだか精神的におかしい。なんとも説明がつかない感じ。精神状態が地下深くまで落ち込んで、なんだろう、なんともいえない感じ。あぁ、なんというかもう、俺終わりかな。ダメかな。症状の説明もできないくらい心が病んでいるようで。

 頭空っぽ。っていうか空っぽじゃないんだけどなんか、そのぅなんだ、あぁうぅやっぱり俺終わりかなぁ、ん〜考えがまとまらない。意欲は全くないわ、ほんと力が入んないわ、言葉は出てこないわ、なんなんだ全く。

 

 今日なにしたっけ?ずっと、寝ていたような、うーん、人質事件でうんざりしてちょっとゆううつになる。なんか、勝手に危ない国に行って、拉致されて人質になって、国に迷惑かけて、バカじゃないの。そこまで国が責任持たなくちゃならないもの?まったく…戦争して無秩序になっているところに好きこのんで行ったり、伝染病が流行している地域にわざわざ行ったり、自分は良くても、他の国民が迷惑するんだよ。やめろ!バカ!

 

 疲れた。寝る。(翌0時7分)

 今日も午後まで寝ていた。そろそろ腹も、落ち着いてきた。徐々に通常食に戻す。なんか、精神的におかしい。なんか、精神状態がおかしい。頭が曇る感じ。なんかとても、変な感じ。楽しくは勿論ないし、悲しいわけでも苦しいわけでもない。感情を取り上げられた感じ。なけなしの能力も取り上げられて意欲も取上げられてしまった感じ。もう俺は終わりだ。

 この、時間・空間・雰囲気認識の違和感は脳の異常なのかなんなのか。まだ体調を壊した時の時空認識下にある。もうこれ以上文章が書けない。二日に渡り、大変申し訳ない。(翌0時6分)

 まだ腹は本調子ではない。母と妹は買い物に出かけた。俺がいないので制約がないから思う存分買い物ができるだろう。することもないし、具合も悪いし、一日寝ていよう。

 15時頃二人が帰宅。俺は昼食にゼリーを食べる。まだ固形物を食う食欲がない。このままいったら少し体重減るかもな。

 

 なんにも考えられん。

 なにも

 考えられん。

 ダメだな俺は。

 俺はダメなんだな。(翌5時35分)

 吐き気がする。吐けば吐けるんだろうが、できることなら吐きたくない。下痢も止まる様子がない。まったく変なもんもらってしまって。要らないっつの。あぁ、ギモ゛ヂワ゛ル゛イ゛。受験生じゃなくてよかった。明日センター試験二日目。受験生は道中気をつけて。なんとか乗り越えてくれ。俺は気持ち悪いのでもう寝るよ。(21時38分)

 1995年1月17日火曜日午前5時46分52秒、当時俺は池袋本町の部屋で寝ていた。当時一緒に暮らしていた彼女は、多分その時間、シャワーに入っていたろう。6時過ぎ、「ねぇ」と起こされた。「なんか、すごいことになってるらしい」と彼女。指さされたテレビを見ると、倒れた家屋・ビル、高架橋。火の手も上がっている。「なんだこれは!?」そう、阪神・淡路大震災である。なんとも言えぬいや〜な気分になった。以降震災の報道が落ち着くまで2年程だったろうか、朝起きるたび、被災地はどうなっているのだろう、と変な緊張と不安な気分があったのを覚えている。1時間20分後、俺は合掌するだろう。(4時26分)

 下痢どめを飲んだら下痢は止まったのだが、吐き気がしてきた。なので今日はずっと寝ていた。なんか、一週間近く体調不良で過ごしてしまうとすごく勿体無い感じがする。どうせ体調よくても別に大したことしないくせにね。

 俺はよく睡魔の襲来中に書いたり、ぼけ〜っとしていたりして書いていたり、よく推敲もしないでただしゃべるようにつらつらと書いたりしていて、言い回しが変だったり言葉の重複があったり誤字・脱字、色々変なことが多いのであとから修正することが度々ある。数回お読みいただいた時に「あれ?」と思ったら修正してあるのかもしれない。

 さっきも書いたが今日はずっと寝ていた。とは言うものの、夜中は一時間半おきに目を覚ますし、昼も2時間おきに目を覚ますし、あーあ早く夕方にならないかなぁと思いながら布団の中にいた。でも、なんか吐き気はするし寒いし全然寝たようじゃなくて、疲労感が残っている。

 夕方、家族が集まっているので、みんなのところに行ったほうがいいんだろうけれど、俺があまり好きではないサッカーを観ているので自室でこれを書いている。なんか、ゼリーとか、フルーツのシャーベットとか、そんなものしか食いたくない。あとオレンジジュースかな、あんまり下痢には良くないんだけれど。

 さっき一日ぶりに下痢。あーやっぱりまだ腹風邪の細菌?ウイルス?は腹ん中にいるようだね。しつこいなぁ。

***********************************

 なんか、全てを放棄してしまった俺。もう、疲れた。夢も希望もありませぬ。なんかねぇ、全部、全ての物事が、実現しない自信が出てきた。(まぁ、やがて歳を取るだろうとか、いずれ死ぬだろうというのは別ね。)夢持っても希望を持っても落胆、絶望することは目に見えているわけで、もうそれらを持っても自分のためにならない。

 いつだったかも書いたけれど、俺はただ、死ぬまでの時間をいかに快適に潰してゆくかだけを考えて過ごす。努力も我慢もしない。そんな精神状態にない。(20時57分)

 世の中には少年法を盾に、爪楊枝とか一円玉を食品に混入させたり商品を窃盗したり逃走してる様子をヒーロー気分で実況している輩がいるが、こいつは多分反社会性人格障害者。更生できない。だから精神科的治療をするならしてもいいけれど、仮釈放のない終身刑にしなければならない。彼に更生のチャンスなど与えていたらまた同じこと、更にそれ以上のことをする。彼は反社会性人格障害者。シャバで生かしてはならない。彼のような人間など、人口割合数%の特殊で危険な人物などの人権とやらのために、他大多数の人権が侵害されては割に合わない。どうしても人が集まればある割合で欠陥品が出る。それにいちいち情けをかけていては社会は平和にならない。害にならない人はシャバに置いとく。害を与える奴はシャバに置いてはならない。エボラなら隔離するでしょ、それと同じこと。人間エボラはシャバに置いてはならない。「人間エボラ」…さしずめ「人エボ(じんえぼ)」ってところか。

 

 俺の腸は、某かの細菌またはウイルスに占拠されてしまったようだ。本当は、腹の風邪の感染者を隔離し、隅から隅まで次亜塩素酸ナトリウムで殺菌・消毒しなければならないのだが、可哀想なので普通に生活させていたら俺が伝染っちゃった。まぁでも、家族にまでエンガチョするのもまことにしのびないので、普通に生活して伝染りました。

 下痢で尻が痛い。一回一回風呂のシャワーで洗っているからまだいいけれど、なんで下痢の時尻がひりひりするか。なんでも、アルカリ性の腸液が排出され、それが肛門周囲に付着すると弱酸性である皮膚が溶かされて刺激〜ひどい痛みとなる、らしい。
 

 明日は4週に1度の内科の診察の予定だったが腹具合が悪いので1週間延期。具合悪くて医者に行かないのは本末転倒だけれど、待っている最中にうんこ漏らしてしまったら嫌なので。世の中、比較的元気な「うんこ漏らし」には残念だが寛容ではない。だから明日は欠席。あーでも、鉄剤もうないけど大丈夫かな。まぁ、鉄剤処方される前は立ち上がるたびブラックアウトしてそれでも普通に過ごしていたからなぁ。まぁ、いいや寝よう。(翌0時1分)

 妹の腹の風邪が伝染った。体の痛いのは風邪薬飲んで湿布を体中に貼ったら軽くなったけれど、水様便になった。まぁ、俺にすれば見慣れた現象なのでそれほど驚かないが、「あぁ、やっぱり伝染っちゃったかぁ」という感じ。食欲は全くなく、清涼飲料水や水しか受け付けない。まぁ、体調が欲しているものを摂ろうと思うので、それほど危急性は感じていない。何がしんどかったって体中の関節が外れそうに痛かったのがしんどかったのでそれが軽くなったのがなによりだ。

 それより、寝てた時に見た夢がしんどかった。Kという中学校の同級生の人物が出てきて、俺が最も嫌いな人物だったので苦痛だった。見るだけで声を聞くだけで嫌なのに、夢のストーリー全般に関わって出てきたからうなされて汗びっしょりになった。また出てくるのかと思うと、寝るのが怖い。なーんか。なんで出てくるんだろう。物語の基本設定が一緒で何回も何回も嫌な夢を見る。

 今日は一日寝てたので眠くはないが、まだ体調が本調子ではないので、もうそろそろ寝ることにする。(22時39分)

 精神科の診察日。11時受付11時55分会計、処方箋が上がる。処方箋を見たら処方が間違っていたので病院に行こうと思ったがも昼休みだったので一度家に帰って14時半頃電話して処方箋刷りなおしてもらってそれから行った。

 もう体中が痛くて仕方がないので熱を測ったら7度6分。もう、食べ物を食べるのがめんどくさい。飲み物しか受け付けない。風邪薬を飲んで寝ることにする。(20時15分)

 今日も妹が本調子でないこともあって特にどこにも出かけず特になにもしなかった。

 相変わらず俺は水分をがぶ飲みしている。明日は精神科。このことを言ったほうがいいんだろうか。(「味が」ではなく、「状況的に」)まずい…いくらでも飲める…。水中毒になるかもしれん。

 

***********************

 ネガティブとかポジティブとかあるけど俺はネガティブだ。何故かというと、そのほうが楽だからだ。ポジティブは疲れる。自分の能力以上だったり、あさっての方向の目標なり課題を与えて、自分にいいはずがない。向上心はない、というか失った。自分にとって向上心は無駄なことでしかない。疲れるだけだ。俺は、何かのエキスパートになるわけでもないし、何かのプロフェッショナルになるわけでもない。ただこれからの人生死ぬまでの時間をいかに快適に潰していくかにだけ興味がある。俺は世のため人のためになろうとなんて思っていないし、自分をより高みに持っていこうなんて全然思っていない。ましてや誰かに勝とうとなど全然思ってもいない。

 向上心…若い頃はあった。だが、それは自らを幸せにしないことが、そして自らの肉体と精神を蝕むことが判った。俺は、誰か他人のために、誰か他人の理想のために、要求のために生きているのではない。俺は生まれてしまったから死ぬまでを快適に生きようとしているだけ。他人に何を言われる筋合いはない。俺は、向上心を失った。もう疲れてしまったのだ。肉体的にも、精神的にも。その結果、俺はいちばん痩せている頃より70kg太り、精神を病んだ。もう何かに向かって努力するつもりはない。その向こうにあるのが死だとしたら、それもやむを得ない。俺は向上心や努力がいいものなのだという印象を持てなかった。だからもうやめる。何かのキャッチコピーで「がんばってる君が好き」というのがあったように思うが、「条件付き」で好きなのである。そんな「条件付き」で好かれても、って感じだ。ともあれ、宣言しようか。俺は、がんばらない。(翌1時3分)

 今日は何もしなかった。母だけ午後から散歩がてら買い物に行ってきたようだ。

 夕食後、猛烈に気持ち悪くなってしばらく横になっていたが排便後、よくなった。なんだかわからない。

 無性に100%オレンジジュースが飲みたい。

 そういっても、気の向くまま飲み続けていると糖尿になってしまうので、冷たい水を飲むのだが、意外に水は口が渇くのだ。

 雷が鳴っている。モカが怖がってヒンヒン鳴いている。(翌0時19分)

 朝起きると妹は朝一で病院に行っていたしばらくして帰ってきて感染性胃腸炎だそうでやはり下痢止、吐き気止の類は用いずにビオフェルミンの配合剤が処方された。今日は一日ゆっくり休んでください、ということで。必ず妹は年に一、二回感染性胃腸炎をやる。俺は割とやらないのはヨーグルト食ってるからかも。妹は割と食わないから。

 なんか、自分の部屋に戻ってくると気が滅入るのは、照明が暗いからだろう。せっかく日記書こうと思ったら気分が落ちてきた。以降夜中〜翌朝に寝なかったら、一言ずつでも随時更新していく。ひとまず少し横になって頭を休める。(23時52分)

 精神状態めちゃめちゃ。なんでだか知んないけれど。頭掻き毟りたくなって。実際掻き毟って。「毟る」っていう字、「少ない毛」って、嫌だなぁなんか。あー不快。全身不快。18時、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠4錠、リーマス®200mg錠2錠を服用。精神状態がとても悪いのでレボトミン®25mg錠2錠を服用。なんだか…よくない、んぁ〜よくない。

 今日は妹が早く帰ってきたのだが、どうやらお腹の風邪を引いたらしい。明日、病院に行くという。なんか知らないが弱気になったのか、泣いていた。普段元気だから、ちょっと病気になると弱いのかな。俺も腹弱いっていうか過敏性腸症候群だけれど最近は比較的落ち着いている。軟便気味ではあるけれど。イリボー®とロペミン®の効果だと思う。母が薬局に妹の吐き気止を買いに行ったら、薬剤師さんに、お腹に来る風邪だから吐き気止や下痢止はよくないので、乳酸菌整腸剤や経口補水液がいい、ということで、ビオフェルミンSとOS-1を買ってきた。病院でもビオフェルミンのようなものが処方されるんだろう。まぁこの種の下痢や嘔吐には下痢止、吐き気止は良くないというのは半ば常識なので、そう言われるんじゃないかなとは思っていたんだけど。とにかく明日病院に行って、日曜日は出掛けないで、ゆっくり休むことだね。家にいるとつまんないからって、週休一日の日曜日を、毎週毎週休まないで出掛けて歩いているんだから疲れるのも無理はないよ。疲れると抵抗力が落ちて、風邪とか何らかのウイルスにも感染しやすくなるんだから。

 妹はもとより俺だよね、精神状態悪いんだから、寝なきゃね。(翌1時43分)