合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。

 髪切ってきた。ヘアサロンからの帰り、妹、オートバックスでバッテリー交換。潮来で灯油を購入。ケーズデンキに行って使用済みインクカートリッジを廃棄。土合、ウエルシア神栖矢田部店で買い物。帰宅14時。

 両肩、なんか脱臼しそう。夢で肩外す夢見たりしたらまずい。一回それで右肩脱臼したことがある(バカ…)。(ここまで1時38分)

 朝と10時頃、二回排便。やや軟便。腹具合があまり良くない。

 朝、妹が出勤間際、クルマのキーがないという。探しても探してもなくて、結局別なクルマで行ったけど、しばらくして、俺は気がついた。昨日妹が大根とキャベツをレジ袋に入れて持って帰ってきたことを。あっ、と思い台所のレジ袋をあさると、あったあった。ありました。よかったね。

****************************************

 餅ついた。餅米の蒸けるにおいがすると、なんとなく気分が落ちてきた。やっぱり今季も「年末年始うつ」がやってきたようだ。あぁちくしょ…。3日後の正月もまた泣いて過ごすのかな。あぁちくしょ。

 つまんねぇ めんどくせ 俺は「つまんね」と「めんどくせ」で出来ている。眠い。(翌1時12分)

 これを読んだことある方々既にお気づきだと思うが、俺はコンプレックスの塊である。容姿に始まって、人格、知識、学歴…。俺は実質四浪(99%遊んでいたが)なので、W大くらいは出ておきたかったし、ホントの事言えば旧帝大に行きたかった。ただ、俺はドラムばかり叩いて勉強など少しもしたことなかったし(っていうか生まれてこの方勉強したのは四浪目の11月〜翌年2月だけである。)、そもそも、俺には、小さい頃から「勉強」という習慣がなかったのである。高校の時なんか、微分積分、代数・幾何、基礎解析など数学系や、物理、科学などは定期試験で赤点以上取ったことがないのだ。赤点というか0点である。0点以上、取ったことがないのである。原因は勉強しなかったからである。

 16時半頃学校から帰ってきて、ドラムを叩き始める。21時近く迄ドラムを叩く。メシらしきものを食う。風呂(42℃以上の)に2時間以上浸かる、で23時過ぎ。2時頃までTVを見る、寝る。「勉強」の入る余地が全くない。これで点数取れたら天才である。俺は凡才なので当然0点。はっきり言って、中学校数学の「図形の証明」は今でも全くわからない。なぜなら!勉強をしたことがないからである。なのに、高校は進学校に行った。世界の七不思議である。中学校の受験期、その後自らも俺と同じ進学校に行くことになる友人に「○高行くの?そんな頭いいと思わなかった。失礼だけど。」と言われた。ほんと失礼である。でもそれくらい、俺は勉強をしなかった。「勉強」という概念がなかったのだ。

 ただ、受験期に期末テストが重なると、俺の頭はどうしたことか急に回転しだす。理科(第一分野第二分野)百問以上あって一問0.5点とかのテストで100点取る、社会98点取る、など。なんでそうなったのか俺にもわからない。そういうことがあったので、はっきり言って、なめていた。

 で高校2年生から登校拒否(今では不登校というんだろうが)になって3年生もほとんど学校に行かなくて、もう当時からなんか、精神を病んでいたのである。で、現役では受験そのものをせず、計画的に浪人になったんだが、一浪目に当たる88年4月〜89年3月期は病気をしたこともあって精神状態荒廃でまた受験せず、二浪目、追い出されるように東京に出て、同い年の女の子と半同棲。勉強せずアッパラパー状態。その後、「こんな生活はきっともうダメなんだろう、学生という身分を得よう」と四浪目11月〜2月、人生初の猛勉強ののち、M大、H大に合格(というか精神的負担が大きくここしか受けなかった)で、友人に、「M大とH大って、俺どっち行けばいいんだ?」と間抜けなことを尋ねて、友人が「Mに決まってるじゃないか」と言ったので「そうなんだ」とM大にした。

 そんなわけで、行きたい大学でなかったこともあり、未だに愛着がないし、校歌も知らないのだ。入学式も、卒業式も行ってないし。ま、勉強もしないで「W大に行きたかった」「旧帝大に行きたかった」ってのも図々しいよな。入学後、スチューデント・アパシーになるのに時間はかからなかった。もう高校の時に逆戻りである。その後、2つ年下の女の子と同棲、9ヶ月後その子は社会人になり、俺は一日中二人の部屋でぼけ〜っとする生活になった。大学四年、就職活動で行き詰まり、高校のときなったあの妙な精神状態になり、病院に行くとうつ病の診断、精神科の主治医のアドバイスに従い、資格の学校に通うも精神状態悪化で勉強手につかずその状態のまま彼女にフラれて、今のような生活に入りその後2年間で50kg増量それでも資格の勉強をしていたが、家族との相談の結果、「不完全な状態で勉強しても教材費ばかりかかって無駄」との結論にいたり、今年からは教材を買わずに療養に専念することにした。

 50歳まであと5年、それまでに何とかなるんだろうか、それとも廃人になるんだろうか。初めから音楽なら音楽方面に進んでいればよかったんだ。中途半端な勉強はなにももたらさない。高校の進路相談で「音楽方面に行く」といったら必死で進路指導の教師が「大学に行け」と説得してそれに乗っかった感じの俺は自分にちょっと腹が立った。プロ野球選手でも高校から直接プロ入りした人のほうが、大学に行った人より活躍しているのを見ると、大学も良し悪しだなぁと思う。

 学歴のメリットを享受したいのならその頂点に行かなければそんなにメリットはない、メリットがないんなら直接進みたい方向に進んだほうがいい、と俺は思う。まぁなんつうか、学歴のメリットを享受するには勉強はしたほうがいいですよ。それも学歴の頂点を目指すくらいに。学歴のメリットが使えないようなところに就職するのなら、まぁ話は別ですけどね。

 学歴もそうだけれど、もっと大切なのは、目標なんだろうね。早いうちに目標が決まって、ブレないようにすることなんだと思う。俺なんか小学校の頃は漫画家、中学・高校とミュージシャン。それを進路指導で折られて、宙ぶらりん。昔っから医学に興味があるのなら、医者とか、クスリに興味があるのなら薬剤師とか、そう決めてりゃ良かったのに、俺はそこまで大人じゃなかった。上っついた、チャラチャラした職業に憧れていた。

 もし嫁さんもらう場合に、自分の娘を貰いに来る男が「ロックの人」だったら父親はどう思うだろうか。「漫画家」だったら父親はどう思うだろうか。「医者」とか「弁護士」だったら万歳三唱だろうが「ロックの人」「漫画家」だったら苦虫噛み潰したような顔になるだろう。「ロックの人」も「漫画家」も、立派な職業だ。それで立派にメシ食ってるんなら差別されるいわれは本来ないんだろうが、実際「ロックの人」が娘の婿になるのを手放しで喜ぶ父親はきっとそんなに多くないだろう。そういうところまで俺は考えが及ばなかった。その結果「ロックの人」にも「医者」にもなれずただのプー太郎になってしまった。「行くは廃人」決定である。結局今の身分は「ウンコ製造機」である。コンプレックスの塊、無学者・無業者になってしまった。なんの知識も学もなく、職もない、最も軽蔑されるべき人間になってしまった。果ては白骨化死体無縁仏決定。(22時30分)

mocha

モカ11歳。2003年3月20日、ぶっことメリの娘として生まれる。写真はチェックのマントを着せられ、ひたいにみかんのシールを貼られているのを知らないでくつろいでいる図(2014.12.27)。珍しくカメラのレンズを見ている。

 寒い。(17時18分)

 2005年12月25日、羽越線「特急いなほ14号」脱線転覆事故があった日、俺は風邪をこじらせて寝ていた。テレビがついていてこの事故のニュースを始終伝えていた。熱が上がり朦朧となった頭でなんとか放送の声を追っていた。画面には真っ白に雪に覆われた「特急いなほ14号」が脱線転覆した無残な姿を呈していた。あれから9年、か…。つい最近のような気がしていたが…。

 今年は今のところ風邪もひかずいるけれど、インフルエンザも流行ってきているし要注意。年末良くても、年始早々にインフルに罹ったら嫌だ。

 今日は寒かったので布団に入っていた。さっき布団から出たばかりだが、やっぱり寒いので寝ることにする。(翌1時50分)

 おもろないなぁテレビ。なんかNHK教育で『オトナへのトビラ』だっけ?なんかそんな感じの番組で、ゲームに人生支配されている人の特集をやっていた。うーん…理解不能。っていうか理解しようとしていないな、俺。人の数百倍数億倍も負けず嫌いの俺は昔から大のゲーム嫌い。ババ抜きから人生ゲームまで、負けるとそれ以降の時間を「不愉快」「不機嫌」という感情に自分の気分が支配されるので大嫌い。ゲームセンターにも行ったことがないし、俺が出生してから流行ったインベーダーとかマリオとかFFとか、かすめてもいない。別なもので、自分から流行を作っていくほうが性に合っていた。漫画描いたり、それが流行ってオタク化してきたら嫌になってドラムやり始めて、イカ天ブームを経験し、飽きて叩かなくなって、今は主な趣味と言えばパソコンだけれど、ゲームのようにソフトに自分の感情を支配されるのは好まないし、人間関係までメディアに依存するのはもっと好まない。

 パソコン好きといっても、ソフトウェアというより機械そのものというハードウェアや、ソフトもこれがなけりゃ動かないというアプリケーションソフトより上位にあるOSそのものに興味があって、まぁネットもそんなに上手に活用しているとは言えない、ギークからすればどうしようもなく俺はアナログでファジー。まぁ、考え方が「全か無か思考」ではあるけれど、その根拠となる動機とか、理由とかが合理的に説明できるわけではなく、勘とか、気分とかで決まるし、著しく合理性を欠いているのは言うまでもない。その、「合理的でないもの」を悪として認めなくなる社会は貧しいし、窮屈だし、危険だと思う。「合理的じゃないから、大きなモニターは認めない」とか「合理的じゃないから、SNSを通じない人間関係は認めない」「その他合理的でないもの全て認めない」なんて世界に生きるのは俺は嫌だね。それが強いられるとしたら俺は自殺するね。PC使っておきながらPCに指図・支配されるのを猛烈に拒んでいるんだ俺は。

 それから、ソフトで済まそうとする風潮にも俺は疑問を感じる。物欲がなくなったら人間社会おしまいである。音楽のダウンロード配信とかに傾きつつあるが俺はCD、ハイレゾ化で容量が足りなければDVD・Blu-Rayのメディア(というハード)を使って販売する形態が続いて欲しいと願ってる。いかに世界に「時代遅れだ」と糾弾されても、である。CDのラベルのデザインの価値、ブックレットの価値…例えば紙の手触り、インクのにおい、色合いetc...物欲があるからCDメディアのメーカー、CDケースのメーカー、製紙工場、印刷会社etcが成り立っているんであってソフトで済ませたら多くの事業が廃れてしまう。なんでも新しいものにすればそれでいいってもんではないと思う。まぁ、それほど思い入れがないものならダウンロードでもいいかもしれないが俺は思い入れがあるものはCD・ケース・ブックレット含めて一式買いたいと思うけどな。それと、逆にブックレットとかがあるから印象に残る、思い入れが生まれる、ということもあるのではないか。違うかね。かさばるのがいいんじゃないか。なんでもUSBメモリーやSDカードで完結しちゃうなんて。ん?最悪、こちらが最大限妥協して、メディアをCDからUSBメモリーやSDカードにチェンジして、ブックレットとセットで販売するってどう?この際。結局物欲が勝るのよ、俺は。でもどうだろう音質的にはDVD、Blu-Ray、HDDというモーターが介在するメディアとUSBメモリー、SDカード、SSDというモーターが介在しないメディア、どっちが音がいいんだろう。うーん、後者なのかな。でもな…回転メディアも、捨てがたいんだけど。俺、どっちかっていうと、軽薄短小派じゃなくて重厚長大派なんだよね。だからタワー型デスクトップって、絶対消えないで欲しいんだけど。ノートブックもあれば便利だけど、重厚長大ならではの魅力って、やっぱりあるんだよね。物欲の鬼としては、やっぱりかさばるほうがいいな。時代錯誤で結構じゃないの。(23時42分)

 

 母と口論になった。ぶん殴ってやろうと思った。だが、力が違いすぎる。今の俺ならその気になれば殺してしまうことも可能だ。それゆえ、殴ったり蹴ったりすることはできない。だから余計にフラストレーションが溜まる。なのでゆかを踏み抜いてやった。俺のキックはこんなにも簡単に、物体を破壊することが可能なんだぜ。なめるなよ、俺を。薬飲んで寝よう。(ここまで18時18分)

 母は犬の散歩をしてきて気持ちをリセットしてきたみたいなので、俺も普通に戻した。

 その後は、まぁ普通にクリスマス・イブのイベント(チキン食ったり、ピザ食ったり)をしたが、ケーキは腹がいっぱいになったので食えなかった。明日食べよう。(23時54分)

 TDKが加湿器を探しているそうだ。「TDKの加湿器」って「canonの大根」みたいな異業種感があるねぇ「トヨタのコーヒー」みたいな。「SONYのクリスマスケーキ」とかさ。「森永の電気機関車」「崎陽軒の液晶モニター」「UCCのトラック」「富士重工業のシュークリーム」「日本航空の咳どめ」「コンタックの注文住宅」「ランボルギーニのこたつ」「マイクロソフトのコンビーフ」「TOTOのBBクリーム」「象印トニックシャンプー」「ブリジストンウコンの力」「バンダイガーリックトースト」「Kubota赤カブの浅漬」「東レすきやきふりかけ」「ソフィーナ枝豆徳用」「サンガリアブルドーザー」「小学館ストレートバーボンRolling-K」「新潮ラジカセRX-D707」「フェラーリの風呂敷」「ヤクルト仁丹」「三和シャッターのジーンズ」「グリココンタクトレンズ」「東急の干し芋」「Panasonicヨーグルト」「日立ごぼうささがき500g」「リーバイス紅しょうが」「ヤンマー魚肉ソーセージ」「マルハアンティセプティックラージボトル」「三菱電機ボイルずわいがに800g」「ポルシェうずらたまご水煮1kg」「協和発酵デジタルモーター」なんかマニアックになってきた。なんだ「ボイルずわいがに800g」って。深夜のテレビショッピングじゃねぇか。

 山手線の「ノザキのコンビーフ」って看板、まだあるのか?昔は「ヒフ病 おでき薬局」ってのがあったんだけど。電柱に。

 吉祥寺の「カルディコーヒーファーム」に「ほしえぬ うずら卵水煮」っていう業務用の缶詰があって、それが頭に浮かんだので、ポルシェに作ってもらうことにした(ウソです)。

 「仮面ライダー3号(V3じゃなくて)」ってのが石ノ森章太郎の構想時点では実は存在していてそれがなんか今度映画だかゲームだかで登場するらしい。1号2号と同様、「怪人バッタ男」の系統のようだ。(これ本当)

 

 今日はね、具合が良くなかったので、出掛けなかった。母と妹だけ出掛けた。「道の駅いたこ」と「チェリオ」に行ってきたようだ。寝てたよ、俺は。昼頃起きて、駅伝見て、15時頃母と妹帰宅。母が買ってきた昼食食べて、ぼけら〜っとして少し寝て、ニュースなどボサ〜っと見て、夕食になって、テレビボサ〜っと見て、バカじゃねぇの俺、って思って、日記書いて、これ終わったらなにするのかな。わかんねぇな。終わりだ、終わり。(翌1時51分)

 はー。つまらないですなぁ。12月ももう終盤。あと11日で大晦日だ。12日で正月だ。はぁ〜。ため息ばかりなり。

 俺は、向上心がない。ただ物欲がある。

 は〜つまんないつまんない(21時24分)

 頭痛い、鼻の奥が痛い、喉が痛い、腹が痛い全部痛い痛い痛い痛い!

 なんちゅうか、42、3歳頃までは、恋愛に血眼になったりするわけよ。特にクリスマスシーズンなんかはね。自分に相手がいないことを他人のせいにしたりするんだけれどね。そうやって泣いている女の子を結構見てきたんだけれど。俺も45になって他人のそういうのを見たりすると、俺はもう今はいい。性欲は自分の利き手で処理しちゃえばいいし、虚しさは物欲を満たせばいい。それでも虚しい時は食べるのさ。そうして、クリスマスに部屋を追い出された平泳ぎ体型のタカシくんは15年後、70kg太ってデブっちょになりましたとさ。街で会ってもわからないだろうね、声と、顔の左が痙攣するのを見聞きして、気付くかどうかだな。

 クリスマスの寒空の下、俺を部屋から追い出した主は、今年も、フェイスブックでクリスマスのデコレーションを写真に撮ってアップするんでしょうね。まぁ、知人の誰かが、俺がフェイスブック見てるみたいだよ、と告げ口したんだか、最近は更新がないけれどね。というか、再ブロックされたのかな?まぁいいや。

 俺は今夜もカチャカチャキー叩けてるし、満足。今日もどこかのウェブサイトでは、他人の恋愛話だかを羨んでる人が「動機が邪だ!」と叫んでる。恋愛は誰がなんつっても所詮交尾の序章、どちらかが恋愛を高尚なものへと持ってこうとしても所詮オトコは、もしくはオンナは、何かあらを見付けて別れようとする。だって、あのひとの恋愛する相手に対する最低条件が自分のイエスマンになることだから、口答えなんかしたり自分の気に入らない言動をしたりしたら「あっそ、じゃ、別れましょ」ってことになる。俺もそれで干された。「私はタカシ色に染まって努力したのに、なんであんたは私に気に入らないことばかりするの?」って、それはお互い様だ。俺は超アリバイ男になって…まぁいいや。原因について議論したところで何も得るものはない。

 まぁ30にもなって部屋を追い出されるような男じゃぁ、この恋愛が最後の恋愛なんだろうなって、思ったよ。容姿的にイケてるんだったらまだしも、超百貫デブだぜ?俺。カネをいくら積んだところで誰も寄ってはこないし(笑)ライザップに行くようなカネなど無い。痩せようと頑張って歯を食いしばってみろ、動脈瘤が破裂して脳卒中で死ぬだけだ。誰が自分が死ぬために、カネを積むよ?まぁ、唯一のダイエット方法は、ガンがあちこちに転移してモノが食えなくなって自然に痩せるとか、そんなところだろうよ。俺は手術とか治療とか、ぜってぇ受けないからな。手遅れになって死ぬんだ。それが俺にゃぁ、相応しい死に方だよ。誰にも看取られずに死ぬんだ。あの時あの人の気に入るようになにか言ったり言わなかったり、動いたり動かなかったりしなかった報いが、これだよ。あんたの呪いが成就しつつあるよ。あんたが釘を打った藁人形は、しっかりと、俺を破滅へと誘ってる。あんたが俺のために捧げた時間を恨み、恨み恨んで呪った労力は、俺の孤独死・白骨化死体・無縁仏化となって結実するだろう。ご苦労様でした。タカシは無事、無縁仏となりました。

 俺は誰も呪いはしない。呪う相手がいるとすれば、それは俺自身。俺の過ちは、この世に生まれい出てしまったことがそもそもの過ち。俺が死産して、死産した妹が無事生まれればよかったんだ。俺は自分の出生を祝えない。なんてな。翌19日0時59分にこんなことをタイプしている男に未来はない。あぁ、クソ。頭痛い、鼻の奥が痛い、喉痛い、腹痛い、痛い痛い痛い!

 俺の顔面神経近くの血管は、左だけじゃなくて右側まで冒しつつある。痙攣が右下瞼にも出てきた。あんたの呪いはどんどん俺を苦しめている。嬉しいかい?あんたの大事な二十代を浪費させたつまんない男はこうしてあっちが痛い、こっちが痛い、精神状態が悪い、顔が痙攣すると言って毎日毎日つらいぞ。ザマァミロだろう?あんたはあんたの描いた通りの人生を生きているようで、よかったですね。俺は孤独死するか、排気ガスの一酸化炭素中毒で自殺してやるよ。思い通りだろう?思い通りの、人生だろう?どっちにしろ俺は無縁仏だ。へへっ(笑)

************************************

 母は来週忘年会だと言っている。妹も忘年会だと言っている。俺には何もない。年賀状はおととい出した。9人中、5人が同級生と後輩(もらうほうもイヤだろうが)、恩師3人、ネットで知り合った人1人。今夜はカレー食った。だからなんだ?いや、一応報告。イカとマグロの刺し身は食ってないよ。「問題提起」の名のもと、その人の感情のままに、晒されるから(笑)。俺は多分、メシ食っちゃいけない人間なんだな、論調を見てると。そうとしか思えない。

 ま、でも食ってるけどね。母がもし俺を差別して銭もメシも与えなければ、虐待になっちゃうから作ってくれるし。別にイカとマグロの刺し身じゃなくてもいいんだけどね。ご飯にマーガリンと醤油かけただけでも、有り難〜くいただきますって。

 ま、なんだな、誰にとっても俺は迷惑な存在で、生きる価値なし、って感じか。呪われるし晒されるし、そんなに俺のことが憎いかって話だよ。年賀状出した人の中にも俺に喧嘩売ってくる人もいるし(それを知らないふりしてる俺も俺だが)、なんだ、つまりは、俺って、目障りなんだろうな。目障りなんだろうよな、きっと。俺が何やっても、気に食わないんだよ。だから、俺がこうして、ブタのような生活を送って、世の中の底辺でひっそりと生きているのを、鼻で笑われ、見下されているくらいが俺に相応しい生き方かもしれないねぇ。だって、俺が人並みの生活してみ?きっと気に食わないから。あの人。負け組であることを嘆く俺に「そもそも、勝ち組・負け組って、ナニ?」とぬけぬけと言って勝ち誇れる、そんな存在である必要があるんだな俺って。負け組があって、勝ち組があるんだよ。「勝ち負けって、ナニ?」と本気で思ってるのなら、「勝ち負けを意識する必要がない時点で既に勝ち組だよ、あんた」と言いたい。「負ける」から「勝ち」を意識するんであって自分もいつかそうなりたいと思って生きている。それが常勝になって見ぃよ。周り、眼中にないから。

 翌2時10分、台所にヨーグルト食おうといった時に立ち眩み。また血、吐いたからな。貧血になってるんだ。フェロミア®飲もう。心配無用。いつものことだ。悪いものならそのうち寿命が尽きる。

 しっかしそれにしても寒いなぁ。今日の予想最低気温0℃!ここで0℃!すごいことだねぇ〜。

 寒い寒い。今日も眠れそうにない。このへんで18日木曜日の日記は終わろう。(翌2時26分)