合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。

 少子高齢化が問題なんつっても、俺みたいな精神障害者は、いや、精神障害者たる俺は貢献できないわけ。彼女も去って行ってしまうしね。だってキチガイと結婚したい人なんていますか?いないでしょう?奇声を発したり暴れたりしている人は勿論、人格異常(人格障害)と呼ばれている俺のような人間は、相手にされませんって。欠陥品を、精神の欠陥品を選ぶ異性なんていねーし。俺はそういうことを延々と考えながら孤独死し、腐って蛆湧いて見つかるんだ。俺を見切ったあの人は今幸せに暮らしてる。俺はこのザマ。ネガティブなこと書いている奴だってよくよく読んでみるとリア充だったりしてなぁ?結婚してんじゃねーかよ、子供いるんじゃねーかよって人が結構いて、それで不幸せって人も結構いるけどふざけろよ!って話だ。それなりの苦労は承知の上だったんだろ?嫌なら全て捨てて一人になればいい。それが嫌なら苦労しろって話だ。

 俺はもうほとんど自棄っぱちになってるよ。死んで腐るだけだからなぁ。それが目に見えてるだろうよ。くそっ!俺のこんな姿見て、嬉しいだろ?な?嬉しいよな?自分の選択が正解だったんだから!クリスマスの寒空に俺を追い出したんだからよ。その時の俺の気持ちわかるか?わかんねぇだろ追い出した側だからなぁ。あんたは清々しただろうよなぁ、役に立たないボンクラと離れられるんだから。ご両親もご兄弟もさぞ喜んだろうなぁ、あの人、いい人っぽいもんなぁ。俺は人格障害だ。「障害者と結婚するなんて絶対いやっ!」あなたはそう判断したんだ。あぁ、差別だと言いがかりをつけることもできるよ?できるけど、男女の仲って、そもそも差別じゃん。よりよい遺伝子を残そうと女は男を、男は女を差別する。いいんじゃねぇかぁ?差別で。ふんっ。世の中に平等を求めるだけ無益だ。不平等が、人間の本質なのだから。(翌0時21分)

カメラ用品 今日は特になんつぅことはなかったがカメラの防湿剤とレンズクリーナーを買ってきた。買ってこのかた、レンズ掃除というものをしたことがないのだ。不精なことに。かびが生えるのも嫌だしね。そういうわけで、この二品。防カビ除湿剤カビストッパー&レンズクリーナ-キット。

 あぁ、それにしても…悪い予感が当たってしまったね。お嬢さんの心には、パパの腰に手をまわしてバイクに乗った記憶が最後の思い出になってしまったのかなぁ。なんで社会に必要な人が逝かなきゃならないんだろうね。俺みたいに死んだほうがいいやつが生き残っちゃってなんかね、嫌だね。

 あるブログの筆者さんが事故で(極めて自殺の線が強いが)亡くなったという噂だか本当だかわからないがそういう話だそうだ。俺は"BipolarDiary"というブログしか知らないが、そのブログでは、悲観的な文章が書かれて間もなく、ブログ自体が削除されていた。というわけで、その後どうしていたのか気にしてはいたんだが、このような結果になったということだ。俺はただ読んでいただけでその人のブログにコメントを書き込んだりはしなかった。何故なら、彼にとっての善人、悪人の定義が極めて明快だからである。病を抱えながらも働いてる人が「善人」、そうでない奴、殊に、心の病を理由に働きもせずちんたらと暮らしている奴は「悪人」だからである。「悪人は徹底的に粉々にぐちゃぐちゃに叩き潰せ」そう思わせる彼の言論から察するに、彼が俺のブログを見た場合、俺は良い待遇を受けないな、と、わかりきっていたからである。高い教養、聡明な精神、俺は何一つ、彼に敵うところはなかった。何を言われてもけちょんけちょんに反論され、論破されるであろうことが、わかりきっていたからである。負け戦に立ち向かうドン・キホーテじゃないからね俺は。だから、敢えて関わらなかった。好き嫌いはともかく、社会は有用な人を一人、失ったことになろう。「あいつが死ねばよかったのに」真っ先に俺のことが頭に浮かんだ人もいよう。彼は並行して書いていたブログに、遺書めいたことを書いていたらしい。ともあれ、彼は逝ってしまった。ちっこいハエのような悪人を約一名処分しないままね。合掌(翌0時22分)

道の駅くりもと 今日は旭、香取、匝瑳のほうに行った。道の駅巡りに行ったようなものだ。まず「道の駅くりもと」に行き野菜、惣菜の類を買う。店先でインディアンの格好をした中南米系の人が、「コンドルは飛んでいく」かどうかはわからないが、それ系の音楽をバックに流しながら、ギターのような楽器をポロンポロンやっていたが、次見たときは、普通の帽子になっていてインディアンじゃなくなっていたので、一体どこの国の人なんだろうか、結局わからなかった。

 今日は「恋豚」には行かなかった。 

  

みーちゃん 次「ふれあいパーク八日市場」に行くがその道すがら腹が痛くなりコンビニに寄る。「ふれあいパーク八日市場」の花木売場には猫の「みーちゃん」がいて立ち寄る人を癒していた。手前がみーちゃん。奥のはわかんない。おともだちかな?

 

 

 

 

ふれあいパーク八日市場 ふれあいパーク八日市場の全景。左奥のピンクののぼりが立ってるあたりでアイスクリームが買える。コーンと、カップが選べる。大人の人は溶けると後々めんどくさいから、ということでカップにする人が多いみたいだが、俺だったらコーンを買うね。おこちゃまだもんで。いつも警察車両が何でもないけどいることが多いのだが、昨日はいなかった。

 

 刑部岬

 次にいつもは通り過ぎてしまうのだが、今日はお昼をここで食べようということで刑部(ぎょうぶ)みさきというところに立ち寄った。人がちらほら出ていた。展望台があって、無料で使える双眼鏡が設置してあるので、晴れていれば富士山や筑波山も見えるらしい。今日は曇りだからどちらも見えなかった。

 

 

   

 再び登場スノージーいつもの如く三崎町から県道286(銚子ドーバーライン)を通って犬吠を回り、君ヶ浜~海鹿島~黒生~川口を通り、新生のローソンで妹は初のカカオ72%のスノージーを買う。 昨日に限ってはうちらのスノージーが最後だったみたい。(これからも暑いうちはやってますのでよろしくとのことでした。)

 

 

 

  

銚子大橋 左の写真は銚子大橋。2005年銚子側で起工式が行われ、2011年の大震災をはさみ、2012年完全供用となった。2000年には上流側に利根かもめ大橋有料道路が開通しており、交通の分散化に一役買っているが、開通以降有料道路制が続いており、昭和37年(1962年)に開通した銚子大橋の無料化は昭和49年(1974年)なのでもうそろそろ無料になってもいい頃なのだが。無料と言えば、利根かもめ大橋の通行が2015年7月1日から9月30日の期間限定で全車種通行無料となる。この間、無料で通れるので観光やドライブなどでこちらにお越しの際はこれはいい機会なので無料で通られてみるのもよろしいのでは?ただ、なにもないけれどね。産業は漁業と農業、それにまつわる食品製造業、住宅地にいる人はたいてい、鹿島臨海工業地帯で働く人やそのリタイヤ族、というところだろうか。寒暖の差もあまりなく夏比較的涼しく冬は暖かい、雪なんかめったに降らない、味気ないといえば味気ないところだがこういうところに俺は住んでいる。銚子側から利根かもめ大橋を渡り、神栖側で降りてからR124号に交わるまでの左手のどこかに、5月27日にオープンしたばかりの、"Cafe Serendipity"がある。何かほかの用事でこの店を偶然発見した時、あなたにはSerendipityがあるねぇ、ということになるだろうか。まだオープン当初なので混んでいる時もあるようだが、落ち着いたら、行ってみようかな。(翌5時57分)

 おとといからの引き続き徹夜の作業をやった。いい加減疲れているのだが、どうにもこうにも気が収まらなくて作業を続けてしまった。html5に対応しようとはしたものの、どうしても昔の癖でレガシーな記述をしてしまう。cssとかで設定するのがめんどくさい。コンテナーを角丸にしようとした件はなんのことはない、html5対応のスキンを別なものに変えたら解決してしまった。border-radiusとかベンダー・プレフィクスとか、いろいろ課題はあったのに、多分画像で処理しちゃってるんだろうなこのスキンは。わかんないけど。ともあれ、まぁ使用するに支障はないのでいいんだけど。何も変わってるようには見えませんがところどころ苦労はしています(笑)。(翌6時33分)

 html5に対応しようと思ってcssだのjqueryだの弄ってみたが、どうも仕上がりが気に食わない。も少しどうにかならないもんかなぁといろいろやっていたら徹夜作業になってしまった。俺はまとめてガーッとやらなければできないタイプだ。大学受験の時も勉強したのは四浪目の11月からだ。それ以外は自分の感情のコントロールで精いっぱいだった。物理的にというか、精神状態的にというか、まとめてやらざるを得ないのだ。調子に乗ったら乗りっぱなしでいかないと、下手に休みを入れると調子を崩してしまいかねない。逆に調子が悪い時はどうやってもダメで、自然に力がみなぎってくるのを待つしかない。それが10年とか、15年とか20年、それ以上のスパンでローテートするから周りは待ってくれず、すっかり時流に乗り遅れることがほとんどである。かなりこれは社会生活行っていくうえで障害になる。実際、物凄い障害である。多分、今回は20年超の周期になっていると思う。早くてあと3年、遅ければあと10年、充電期間が必要だろう。その間に収入源が絶たれたらそれでもうおしまいである。首吊る以外にない。それが現実のものとなるような感じで、時は流れている。俺を見限った人は、いい判断をしたと思う。山形で、幸せに暮らしているはずだ。俺といると、きっと誰も、幸せにならない。(翌6時37分)

 なんか調子悪いなんか調子悪いって思ったら精神的にかなり追いつめられていることに気付いた。何が俺をそんなに追いつめているのだろう。口をついて出てくるのはネガティブなことばかり。これでは嫌がられるのも至極当然な反応だろう。ネガティブな要素しかないから他に言いようがないんだ。因果応報。死にたいんだ。俺は、死にたいんだ。あぁもう嫌なんだよ!人の幸せ指咥えて見てるのが!リタリン®呉れ!俺にリタリン®を処方していただきたい。スーパーマン(にでもなったような気)になれる魔法のクスリを!闇で売ってるのは知ってる。でも俺には闇で流通してるものを買う金がない。なんで規制されたのか。リタリン®常習者が自慢気にメディアで発信してしまったからだ。それもスニッフィングなんて覚せい剤でもやるようななんか変な使用法を流行らせたからだ。リタリン®はずっと日陰のものであってほしかった。苦しい。

レボトミン® 母と喧嘩して、セルフびんた&セルフパンチやっていたら両親に取り押さえられた。目の視野もおかしく、セルフびんたやったせいかレボトミン®(強力精神安定剤)500mg(10錠)飲んだせいかわからない。レボトミン®飲んだのは母と喧嘩してイライラが爆発したからである。ちなみにレボトミン®の最大処方量は目安として200mgの2、3回に分服って感じ。だから一回100mg程度しか飲んではいけないものを500mg飲んだわけである。まったく…俺もいい加減落ち着けよ、と思うのだけれど、それができないから病院通ってるんだけどさ。こめかみが痛いのはセルフびんたがヒットしたせいだと思われる。あ゛ーーー。しんどい。(翌5時16分)

 今日は診察日。メモに、こないだの(って書いたっけ?)集合住宅の最上階に上がって死のうとしたけれど死にきれなかったということを書いた件で思いとどまれてよかったと主治医はおっしゃった。さて本当によかったのかどうかはこれから俺がどう生きるかによって決まるだろう。死んでいたほうがよかった場合もありうる。だから繰り返しになるが死んでいたほうがよかった場合も俺の生き方次第によってはあり得るということだ(単なる繰り返しで言い方一つ変えていない(笑))。クスリはいつも通り、レボトミン®50㎎錠&5mg錠、ルボックス®50mg錠、サインバルタ®20mgカプセル、エビリファイ®3mg錠、リーマス®200mg錠。勉強より生きることのほうが先だということで勉強はお預けだそうだ。「死にたい気持ちがなくなるまでは動くのはよしておいたほうがいい。小さな挫折感でも死につながる場合があるから。」そうかもしれないな。でも俺なんか別に死んだっていいんだけどね。(翌2時43分)

スノージー 今日は特に用事もなかったが銚子まで行ってきた。いつものコース。利根かもめ大橋から小船木~松岸~三崎~名洗~天王台~犬吠埼~君ヶ浜~海鹿島~黒生~新生~大橋町~唐子~銚子大橋~波崎市街~駒立・ウエルシアで買い物、サイガで買い物~自宅着17時。途中新生のローソンに寄って「スノージー」を購入。甘すぎず美味かった。カフェラテが飲みたかったので荒波のローソンにも寄ってアイスカフェラテを購入。それがいけなかったのか、うちに帰ってから腹壊した(-_-;)。そういえば、出かける前にも、アイスカフェオレを飲んだったんだった。俺は立派な(と言うのもおかしいが)乳糖不耐症だ。牛乳、少しくらいなら大丈夫だがちょっと多めに飲むと腹下す。

 使用しなくなったAptivaの本体を引き取ってもらうためにIBMに電話をしたら現在はLenovoに移管しているのでそちらへお願いしますということでかけてみたら2171-55Jは改正リサイクル法施行前の製品なので3240円(本体のみ)かかるということだった。結構かかるのね。モニター(RDF17S)は三菱電機だがまだ問い合わせていない。やっぱりそんくらいかかるんだろうなぁ。買うにも金かかるけど、処分するのも金がかかるのね。しょうがないね。嵩張るし使えないし。テレビも確かそのくらいかかるなぁ。1万円が吹っ飛んだ。なんか一番合点いかない消費の仕方だ。なんか嫌だなぁ。

 明日火曜日は精神科の日だ。主治医に渡すメモ書かなくちゃ。(翌1時9分)

 なんか、東金のほうにアジサイの名所があるらしいという不確かな情報で東金に行ってきた。うーん、ガセネタだったみたい。しょうがないのでコンビニでUターンして、山武市松尾町松尾の猿尾交差点から猿尾トンネルを通って、はにわ道西行き(成田方面)を走った。特になんということもないんだがところどころに埴輪のオブジェがある。

猿尾トンネル埴輪

で、道すがら、芝山の空の駅「風和里しばやま」に寄った。俺は股関節が痛くて長時間立ってられなかったので(今日に限っての話)車の中に残ったので様子はよくわからなかったが、母と妹はグレートピレニーズがいたので触ってきた、と喜んでいた。モカが亡くなって4か月、まだ犬のぬくもりが恋しい。飼いたいところだけど、俺はこのざまだし妹は仕事で忙しいし、両親はもう歳だから犬を引いての散歩は厳しいから無理だね。下が「風和里しばやま」の建物。

風和里しばやま

 帰り道、前から気になっているスーパーがあったので、寄りはしなかったが看板の写真を撮ってみた。

ダッツノ

「ダッツノ」…どういう意味なんでしょうかね。どなたかご存じありませんか?まさか「ツノダ」さんじゃぁありませんよね。(翌日)

 覚醒状態42時間目の夜を迎えて、なんかもうヘロヘロになっている。言葉も何も、出てきはしないよ。でも、それでもなお言葉を紡ごうとしている愚かな俺。このブログの体裁も細かい修正を重ねて、2日かけてやっとなんとかここまで持ってきた。3年10ヶ月かけて仕上げたことを2日でやろうとするものだから豪い手間暇がかかった。その間、昨日の夜中から今日の朝にかけて強い雨が降ったのも昼には日が射してきたこともそしてその後また曇ってきたのも俺は知っている。

 覚醒状態50時間目に入った。もうなんだかわかんねぇ。なんかこうして書いてる間にも、WindowsUpdateが走っていて急に再起動したりしてWindowsは忙しい。

 ダメだもう限界だ。寝る。(翌4時40分)

しくみ なんか知らんが、何かの拍子にブログのレイアウトが著しく崩れてしまい、使用に耐えなくなったのでおとといの夜から今日の夜中にかけて修復作業にあたっていた。いやぁ大変だった。難度というより手間の数が。これで商売してるんなら簡単にできようが、普通は一度設置したら根本的なバージョンアップでもない限り暫くはやらないから忘れている事柄が多い。そういうわけでこの間、妙な色合いの日記帳になっていたことをご容赦いただきたい。昨夜は眠いところ無理してやっていたので能率が悪く、ケアレスミスも多くて全然進まなかった。徹夜して勉強しても能率が上がらないのと同じ原理だろうね。俺の場合、「朝起きて→徹夜して→次の日出かけるので昼も起きてて→そのまま寝ないで徹夜して→朝、耐え切れず寝る」というシフトがしょっちゅうだから、これ、ひょっとしたら「睡眠相後退症候群」なのかもしれない。24(25)時間サイクルの体内時計でないことは確かだな。この画像は「」のものだが、今日の夜中までこんな感じのページになっていたと思う。なんか設定間違えちゃったんだよね。何をやったらおかしくなったのか今となっては知る術もないが、多分、眠くてしょうがないかロヒプノール®飲んでたりしてトリップしてる時に何かいじったとか多分そんなところだろうね。結局つまるところ、ロヒ飲んだらさっさと布団に入る、ということですな。(翌3時25分)

AQUOS 結局、チューナーは壊れてしまい、臨時収入があったので、それで22型のテレビを買った。32インチのブラウン管という巨大な前のテレビとはふた回りくらい小さく、液晶テレビであることもあり薄っぺらいのでずいぶんとボリュームは小さくなったが、どうせ俺一人でこの部屋で観るテレビだ、過不足はあるまい。テレビ内蔵のスピーカーは音が非常に貧弱だったので以前パソコンで使っていたスピーカーを取り付けたらだいぶ良くなった。それにしても、なぜ家電というものはいっぺんにまとめて壊れるのかね。まったく…。