合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。

 俺は社会不適合者。俺はハナから、社会に認めてもらおうなんて思っちゃいない。不良集団だって暴走族だってあれでも社会に認めてもらおうとしているんだからカワイイとこあるじゃない。

 俺は味方でない人は敵だと看做すので世界中の人間が敵だ。あぁいう、学校なんていう集団教育システムに行かなかったら、俺はもう少し、まともな人間になれたかもしれない。

 ドラムなんてやらなくても済んだように思う。勉強だけしていたら、もっとずっと楽しい人生になった可能性が高い。あんな、無駄なことに耽らなくても。バンドなんて程々にしときなさい。よっぽどの才能があればいいんだけど、普通、ないもんねそんなの。

 毎日4時間も練習してなんにもならない。それが野球だったらD○I○に表彰されるんかいな。まぁ、吹奏楽部を除いて非理系の活動なんて鼻で笑われるからな。

 今それが役立っているかといえば、全然ない。なんの役にも立たなかったよ。「団体行動は面倒臭いな」っていう印象だけでさ。

 いつも、この時間帯に起きていると、過去の大失敗への後悔とか、なんでドラムなんてやってしまったんだろうって自戒。

 俺はその時その時の感情で生きているから。合理的な動機とかそういうもんがない。「もうちょっと物事考えて動こうよ」って思うんだけど、こういう生き方を46年47年続けていると、今更治らないよね。

 あの人に「あなたは絶対に変わらない」と罵声を浴びせられたように、多分そのとおりなんだろう。そして、俺の顔面に唾吐いて、本当に好きな人のところへ行った。ただそれだけの話だよ。17年ほど前のお話。

 俺を慕ってくる犬とか猫とか、そういう存在にだけ、俺は心を開ける。人間なんて騙し合い化かし合いの最たるもんだよ。

 今日は妹と『道の駅さわら』に食材の調達に行った。途中、俺は眠くなりさぁ寝ようということで目を閉じて次の瞬間目を開けるともう20分25分経っていたというホラーなお話。手術の全身麻酔ってこういう事があるのかななんて。次の瞬間焼け焦げて、骨、遺灰になって土へ帰る。いろいろ今日も怖い話を見聞きしたけれど、俺はどう死ぬべきかなど考えさせられた出来事だった。道の駅を出てからは終始饒舌に喋っていたらしい。俺、あの瞬間睡眠は何だったのだろう。記憶がすっぽりと抜けているのが怖い。

 昼に起きた。変な時刻に起きた。歯痛は治った。変な夢を見た。高校の時付き合って何も手を出さず別れた(取り扱い注意の)ヤンキーのねーちゃんが出てきた。ストーリーは忘れた。

 母は今日、鹿島アントラーズの試合を観に、カシマサッカースタジアムに行った。息子より元気。アントラーズ、鳥栖に勝ったみたいだね。負け女にならずに済んでよかったね。それが一番。あとはインフルをもらってこないのを祈るだけ。俺はなってもいいけど、オカンがなると辛いものがあるので。

 さて、俺はこれから、また違うLinux OSのインストール兼環境構築に入る。もうこれは、完全な病的行為なので、しょうがないね。同じOSでも、エディションが変わればまた作業が出てくるので、多分これは永久に終わらない。俺が死ぬまではね。

 更新頻度が下がって申し訳ありません…って、誰も迷惑してないか。ちょっとPCの作業に没頭していたことと、ちょっと疲れていたり、歯が痛かったりなんだりして、書きませんでした。

 昨日から今日にかけては、HazeOSというLinuxディストリビューションにかかりきりで、Firefoxがない、日本語入力できない、グラフィックボードドライバが合わなくて「nomodeset」しないと起動しない、更にnVIDIAの純正ドライバーのインストールでつっかかる。結局、躓くとこは皆さんと似たりよったり。

 Firefoxがない件については、「sudo gedit /etc/apt/sources.list」 で「sources.list」 ファイルを開き、「deb http://packages.linuxmint.com debian import」 を追加。「sudo apt-get update」する。次に「sudo apt-get install firefox」してインストール。日本語化するには「Index of /firefox」みたいな語句でググッて、FTPサーバーに行く。firefoxでアクセスしてさっきインストールしたFirefoxのバージョンの「x86_64」のディレクトリに入って、xpiを探す。ja.xpiをクリックするとなんかインストールできるっぽくなるので、インストールが進むように作業を進める。Firefoxを再起動すると日本語表示になる。または、「sudo apt-get install firefox-l10n-ja」とコンソールに打てばインストールされて、再起動後から日本語で使える。

 実はここまで、ibus-mozcで作業をしてたんだが何故か日本語入力できないので「debian ni firefox」とか「Linux Mint nihongo nyuryokuga dekinai」という感じで検索してたどり着いた。あがいてもがけばなんとかなる例でした。

 日本語入力できない件は、コンソールに「sudo apt-get install fcitx-mozc --install-recommends」と打ち込みfcitx、fcitx-mozcと推奨されたパッケージをまとめてインストール。「im-config -n fcitx」とコンソールに打ち込むかこのコードをコピペして貼っつければOK。ログアウト→ログインで、パネルっつうんだかツールバー?タスクバー?まぁそんなものにキーボードのアイコンが出ているはず。全角/半角を叩けば「あ」のmozcアイコンが出現。ローマ字入力が可能になる。かな漢字変換にちょっと癖があるのでそこら辺好みが分かれるところだけれど、俺は大丈夫。直に慣れた。

 で、「nVIDIA」のグラボのドライバーを入れるのにちょっと躓いた。自己流でやったんだけど、それじゃダメだな、ってところで。まず、NVIDIAのサイトに行き、自分のグラボのドライバーをもらってきて、俺の場合「/home/mame/」直下に置き、Ctrl+Alt+F1でCUIに入り、「sudoさん」か「su」になって「/sbin/init 3」でXを切る。「chmod 755 NVIDIA-Linux-x86_64-xxx.xx.run」でパーミッションを変更し「sh ./NVIDIA-Linux-x86_64-xxx.xx.run」と入力するとずらずらっと文字が出てきて、これ行けるぞってなったら、まぁ、英語だけど多分こういうことしている人ならわかるよね、という前提で進めます。しっかり「/sbin/init 3」でXを切っていないと、インストーラーに「Xがまだ動いておる」と怒られ、インストールが中断するので、そのへん、気をつけてください。

 それから、俺の場合は、Grubのアップデートをせずに再起動したのでメニューでeを打って「quiet splash」に続けて「nomodeset」を記述し、F10を打って起動するとフル画面で起動成功。update-grubしたらどうなのかまだやってないからわからない。

 以上ここまで、備忘録です。(20時52分)

 

 

 朝から体が痛い。2年でダメというのは直し直ししながらでも8年もっているPC持ちとしては厳しいものがある。ノートPCはそのメーカーメーカー独自の仕様があるので、「バラして直しました」というのも部品屋みたいな店がない田舎としては辛い。うーん。網から集めようか。できるのか?

 ノートパソコンが壊れたということで動作チェック。動作が重いので、再インストール・アップグレードも覚悟に入れデータをバックアップ。特に重いIE周りを調整。まぁなんとか1ページ表示(タブなし)ではまぁ、上手く表示できた。2ページ以上表示(2タブ以上)ではちょっときつい。どうしたもんか…やはりメモリ1GBでは無理があるか。プロファイルの削除などなどちょこちょこっとやっている。DVDドライブがダメになっている。リムーバブルドライブは認識できない。とくればネット経由のアップグレードしかできない。かといってこのメーカー製モデルはアップグレード保証対象外。何が起きても知りませんよという…。回復ドライブはダメになっている。再セットアップも期待できず。設定ファイルだとかソフト本体とかまるっきり片っ端から直していかないと難しい。なんか体中痛いが、大切な作業。頑張る。

 今日は所用で県央の方に妹とロングドライブに行った。8時に出て10時半に到着。それから近所のスーパーで野菜など購入。鹿嶋のセブンで昼食を購入、チェリオで今夜の惣菜などを買って帰路に就く。自宅着15時。作業があったので17時ころまで粘るが疲れていたのか睡魔が襲い就寝。

 明日2月21日は、’90年代初頭には、東京圏の有名私立大学X大学の入試の日だった。で、合格発表は3月2日。思い入れが強い大学だったから、よく覚えている。俺はその大学の出じゃないが、校歌は覚えている。自分の出身β大学は校歌も知らない。駅伝とかも志望大学Xのチームを応援する。TVで駅伝とかラグビーとか観るたびに俺の出身大学の話になると、「なんでお兄ちゃんはXの応援ばかりしてβは応援しないの?」と訊かれるが、「Xは入りたかった大学だから」というと「なんでぇ?βだって六大学じゃん」と返されるのだが、Xはいつになっても憧れだからだ。と言いながら、2月21日に実際に入試を受けたことはない。願書は出したが当日ビビって一日寝込んでいたことは家族にも話していない。よくよく考えれば、「βに籍を置きながら、次年度、Xを受けても良かったんじゃん?」なんて考えてる。もう、今はできないけどね。23年経って、「なんか、バカだな、俺。」と思う。

 明日、21日は、ちょっと所用でロングドライブに行ってくる。

 なんか今日は、腸が落ち着かず、ずっと貧乏揺すりしている。

 今日は水曜日。何を書いていいのかわからない。世の中殺伐としていて、非常に不愉快だ。精神病というか、人格障害っぽい人間が国のトップとして君臨する国々。自分たちは被害者だと隣国を恫喝し、利権を得ようとする心の貧しい人々。いつまでたっても昔のことを蒸し返し自分たちは被害者だから未来永劫賠償を得る権利があると醜い主張を繰り返す人々。こんなことをしている限り世の中平和になんてならないよ。そう思う。

 今日は精神科診療所での診察の日だった。いつものようにメモを通じての診察。滞り無く終わり、良いはずなんだが…よくないんですねぇこれが。まるで天が俺に、「精神状態が良くなるのは許さない」とでもいいたいかのように。なんか、本気でそうなんじゃないかとさえ思ってきた。多分、俺が自覚せずにやっている様々な悪事を裁き、俺の精神状態を悪い方へ悪い方へと向かわせているかのように。きっと俺は自覚なしに様々な悪事を犯しているのだ。が、無自覚にやっているため言われても心あたりがないのだ。無自覚の罪。これはこれで始末に負えない。のだろう…多分。それで俺に辛いわ苦しいわ死にたいわ言われてもですねぇ、天のほうは罰するためにそういう嫌な感情を俺に強いたのにそれが辛いだ苦しいだと願われてもねぇ、どっちらけっていう感じなんでしょうよ。で、願いを聞き入れてくれない天に向かって俺は唾を吐くと、自分の身に返ってくると、そういうことなんでしょうね、きっと俺には良いことは何も起こらないでしょう。天はあの手この手を使って、俺を不愉快のどん底、絶望のどん底に落とすのでしょうね。あぁあ。薬飲み忘れてた。飲もう。身体中の関節が痛い。外れてしまいそうだ。

 昼食にエビのパスタサラダ食ったら喉に詰まって死にそうになる。トイレで吐いて生還。以前もそういうことがあった。嚥下障害っていうの?向精神薬飲むようになってから度々起こるようになっている。自律神経系をいじるような薬だからしょうがない。4年ほど前にもこういうことがあった。いやぁ~、歳を取ったんだなぁと思うよ。

 インフルAに罹ってしまったのか、体中の関節が痛い。外れそうだ。(17時14分)

 今日もなんか例の人は攻撃的だね。なんでそんな荒っぽい攻撃的な文章を書くのだろう。ちょっと良くわかんない。自罰的に一見見えるが、その実、他罰的だ。普通は「他罰的に見えて、自罰的だ」と言うんだろうが俺の見方は違う。最近の若い人、時に成人の言葉の乱れは著しい。随分と攻撃的になっている。俺と相対したら、俺は多分、先に手を上げてしまうだろう。命を殺めるだろうことを含めて。攻撃製造機を全部壊すために。

 めんどくさい人とは関わりたくない。清潔な精神っていうのを勘違いしている人とか(笑)けがれることを極度に恐れている人?なーんかねぇ、「いい子」になりたがっている人というのかなぁ。男でも女でも、いるでしょそういう、自己陶酔自意識過剰な人って。めんどくさい。関わりたくない。清廉潔白かぁ…めんどくさい。自分が生まれた原因を葬り去ろうとしている人。(0時40分)