合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。

 今日は寝ていた。っていうか起きてはいたんだけど、実質何もしていないのなら寝ていたのと同じだ。俺は屁糞と一緒。屁糞と一緒。屁糞と一緒。なんで頭がこんなに空っぽなのか。それは俺がアホだからだ。ただ、俺に対する支持がゼロになっても、この日記を書いていく。

 何にもしないとはこういうことを言うのか、ってほど何もしなかった。ただ起きて食って出したそれだけだ。別に書くべきこともないし。Windows10 pro(64bit)のクリーンインストールをして、只今原状回復の最中。なんだか疲れている。精神状態が良くないからだろうか。

「あさひ砂の彫刻美術展」に行ってきた。

    

 

 高校の同級生の友人が、先日、ポストにチケットを入れておいてくれたので、見に行ってきた。国内のほうぼうの方々、海外は台湾からの製作者の方々が参加しての力作。楽しむことができた。これも明日以降、壊されちゃうのかな、とおもうと、勿体無い、と言わざるをえない。

 今日もなんということもなく、退屈な一日を過ごした。退屈っていうか、Windows10のクリーンインストールをして、その後の原状回復もあるから、やることはたくさんあるんだけれど、日記も書かなきゃならないし、「ならないし」っていうか別に誰に強要されているんでもないんだが、あえて言うなら「自分」に、もっと詳細に言えば「自分の強迫」に強要されているというところか。俺は昔から強迫症状を持っていた。だからダイエットした時も二ヶ月半で35kgも減量できたのだ。普通できまい。80kgから45kgに。でも実際に俺はやったのだ。で、あまりにもだるいので45kgはあんまりだ。普通の女性くらいか背の高い女性より軽いじゃないか。ということで54kg~56kgに増やして15年維持したのだが、15年維持して半年経った頃から太り始め最終的に67kgリバウンド&ゲイン。彼女にフラれ、ただでさえ心に病を抱えているのに、更なるストレス。病気を理解しそのように扱ってくれと言う権利はただ6年半暮らしただけの女性にそれを強いるのは酷というものであり、俺にはないし、彼女に俺を病人として扱う義務などない。人間楽な方に楽な方に流れるし、少しでも気に食わなければ異性を取っ替え引っ替え渡り歩くのも彼女の権利。「精神の病気持ちは人並みの幸せを得る権利はない。豆々が一人孤独死しようが私には関係ない」というのが彼女の偽らざる気持ちなんだろう。人の幸せは誰かの不幸の上に成り立っている、そういうことだ。君は俺がこうなるのを望んでいただろう?俺がこうなったのを見てザマァ見ろと思っただろう?●君よ、彼女に俺がいかに不幸になったか、伝えてくれ。「ざまみろ」だろう?ってね。近い将来、俺も彼と同じ死に方するんだろうから。

 8月に入って初めての日記。もしかして最後の日記からずっと見に来ていただいた?申し訳ありません。なんだか気分じゃなかった。でもなんか書かないこともストレッサーになっていた。書いても地獄、書かなくても地獄って感じで。

 母が「これ、ポストに入ってたよ」と渡されたのが同級生の友人でバンドとかを一緒にやっていたM君が実行委員会委員(委員長かもしれない)をしている毎年恒例となっているイベントのチケット。名刺が入っていたので電話した。元気そうだ。(仕事で疲れているのかもしれないがだとしたらそれを感じさせない精神力がすごい)懐かしいんだけどその発声は社会人モードになっている。んん…年月が…過ぎ去ったんだな、と思ったよ。懐かしくもあり、羨ましくもあり…

 3日前、夜中にふと思い立ってと言うか、何かに突き動かされて、「あぁ、死ななきゃ」と思ったんですね、で、家を出て、近所の団地に向かって歩いていたら、団地に入ろうとしたところで「おい、豆々」と呼び止められて振り返ると家族三人が尾行してきていた。腕を掴まれ、引っ張られて家まで連れ戻された。(お願いだよ放っておいておくれよ俺は死ななくちゃいけないのだよ誰も困らないから、いや、そのほうが家族は楽になるから放っておいておくれよ)と津久井の殺人事件の被告の思想みたいだがそんな感じの理由を死ぬ側が持ってしまった。社会のお荷物である俺は死んだ方がいいってね…。でも、俺が殺すのは「自分」だけだ。奴とは違う。奴は快楽のために人を殺す、俺は辛さから逃げるために自分を殺す。

 火曜日、言いたくなかったけど、どういう症状か言わないと、主治医の先生も治療する手立てを見出だせないと思うのでこのことを話した。治るというかこの病やそのバックグラウンドにある人格(パーソナリティ)障害は治しようがないので、良くても寛解。全治あるいは完治ということはないんだな。突然自殺念慮が出たりするからその精神状態などを勘案しなければならないので、医師側は患者側の情報を多く知っていたほうが手立てがあるだろうから。

 水曜日、機嫌が悪かった。理由はわからない。

 そして今日、ものすごい暑さだった。夕方、妹の車に乗って筒井から息栖に抜け、小見川から東庄、新宿のウエルシアに寄って飲み物を購入。フーデリアに行って弁当購入。18時半夕食。

 で、ボヤッとして日を暮らす。今日は比較的と言うか、この二週間で一番、腹具合が良くない。なんだろう、塩酸ロペラミドの効果が切れたのか、多分そうだ。この便意、思いだした。過敏性腸症候群のあの、なんというか、不快な便意だ。俺はやっぱり便秘のほうがいい。下痢は、色んな物事を消耗する。

 やっぱり俺には、ロペラミド塩酸塩(ロペミン®)カプセルが必要なんだと思う。粗相しないようにね。

 膝が痛い。どこかで膝おかしくした。正座を無意識にしちゃうんだけど「あ痛っ」と痛みに気づいて胡座をかくんだがひょっとした拍子にまた正座をしてしまう。

 今日は内科の診療所の診察。血液検査で採血した。手の甲からの採血。中でグリグリ血管を探されたので少々痛かった。ヘモグロビンA1c6.6。もっと悪化していると思ったらそんなでもないのでよかった。

 誹謗中傷は幼い頃から受け続けています。周囲の上級生同級生からもですが両親にも受けていました。人格形成期のことだったので、人格がゆがんでしまいました。「うつ」は「うつ」なのですがそのバックグラウンドにパーソナリティ障害があるようです。これはもう治せないのでうつが出た時の対症療法として抗うつ薬、抗精神病薬が処方されています。

 こういう「社会的弱者」のところには興味本位でいらっしゃるかたも少なくなく、自分より弱い人に当たり散らす輩もいてその対象が精神的に大きな傷を受けることを予期しながらというかそれを目的として、「自殺しても構わない」という未必の故意によって書き込んでくるわけです。

 このブログは僕以外の第三者が閲覧できない投稿も可能です。ですが表に出ていないこのブログプログラムの様々な機能やシステムによって投稿者の個人情報を得ることは容易にできます。ですから、僕の良心・義務によって良心の人の個人情報を閲覧しない判断も可能です。可能ですし心がけていますが、他人の人権を壊す者の人権は壊していい、というのが僕の持論なのでそれが社会通念上「良」でなくても、それを知ったうえで投稿する限り僕の裁量に拘束されることになりますのでこちらの流儀として個人情報を晒させていただくわけです。

 それがいやなら別なところで「豆々をぶちのめすスレッド」でも立てていただいて、僕をぶちのめせばいいわけです。

ここに書くことができないチキンが某所で

『このブログの筆者は1日寝ているのにイカとマグロの刺し身
が食べられます。これでいいんですか?』

 という話題を自称「問題提起」していただいたので、そこからくる人達の個人情報を閲覧させていただきました。

僕はスイッチが入ると、その労力は青天井になります。イリーガルハッカー(クラッカー)にでも成り得ます。なにがあっても責任は取りませんよ。覚悟ください。

それがパーソナリティ障害というものです。キチガイですから。

キャップ 100円ショップでキャップを買った。この色の組み合わせに一目惚れしてしまった。100円だけあって、生地も薄くて異様に軽い。風来たら吹っ飛んでしまいそうだ。

 



何か一言お待ち申し上げております。
書き込みが誹謗・中傷であると管理人が判断した場合、非公開設定であっても公開します。
ついでにホストも公開します。露骨な宣伝広告等は 予告なく削除させていただきます。

 いきなり「じゃじゃ馬大腸乗りこなす」ときた。なんなのか、というと「蠕動運動過剰の大腸をおとなしくさせる」ということなんだけれど、簡単に考えてはいけない。ヘタすると腸閉塞やイレウスを起こし、死ぬ。

 俺は、どうしようもない過敏性腸症候群のうちの下痢症を患い、最近では過剰な不潔恐怖を克服しかかっている。あれは2012年12月16日のこと。不潔恐怖になった1997年以来初めて、排便後に尻を拭いただけで(風呂場に行って薬用石鹸ミューズでゴシゴシ洗わずに)済ませる、といった曝露療法(行動療法)を行ってみた。案の定、「尻の割れ目にウンコはさまってる感」満載で、気持ち悪いこと気持ち悪いこと、顔にウンコ塗ったような、他人の痰を飲んだかのような気持ち悪さ、と言ったら解ってもらえるだろうか。「ウォシュレットをすればいいじゃん」、と言われたこともあるのだが、俺の場合「強力な勢いのある」シャワーでしかも「薬用石鹸ミューズ」で、洗わなければ気持ち悪くてしょうがない、という感じだったので、かなりの精神的負荷がかかった。で、他のところで変な症状が現れた。洗髪が普通にできない、という。なにがどうなってるんだか、地震・津波への恐怖で、洗髪をするのが怖くなったのだ。頭を泡だらけにしながら全裸の、無防備な状態で戸外に出なければならなくなる状態が怖くて。で、更に週に一回、洗うのがやっと、最終的に10日以上洗えない日も出てきて、頭が気持ち悪くて気持ち悪くて…でもそれも地震・津波の恐怖には勝てなかった。どっかの代わりになにか出てくるというのがやっぱり精神のバランスを取ろうとしているのだな、と今になれば理解できる。それも、亀の歩みよりもっと徐々に。それも、回復しつつあるが。

 曝露療法の他に、俺の薬の飲み方もひとつの要因だと思う。俺はイリボーOD(口腔内崩壊錠)10μg/dayとロペミン1mgカプセルを処方されていたのだが、イリボーOD錠は歯で噛み砕いて服用するので味が甘くなっており、当日早朝というか未明に4~6錠ガリガリボリボリと噛んで服用。そしてロペミン1mgカプセルを土曜の夜中からドライブに出かける当日早朝というか未明に飲む。以下「とどめの一発」。飲む量がポイント。下手すると硬便、若しくは便秘、そして運が悪ければ腸閉塞、イレウスになり、更に運が悪ければ開腹手術、最悪腸破裂で死ぬ。死ぬのはともかく、お腹に開腹した痕が残る。せっかくのきれいなお腹に傷がつく。男は別に構わないだろうけど女性は…そんなもったいないこと、しないでくさい。じゃぁ飲む量を書きます。ロペミンカプセルの最低含有量は1mg。これを東南アジアで使われている同じ成分のカプセル「コロディウム」1カプセルの含有量は2mg、このくらいは良かろうと、ロペミンを2カプセル服用、それを効き具合を見ながら1カプセル追加していったら、5カプセルを時間をずらして飲むところに落ちついた。これは俺の体重112kgと経験則があっての技なので、小さい子供または体重が軽い人、女性は特に便秘・硬便・腸閉塞麻痺性イレウスに男性より圧倒的になりやすいので注意というか【警告】しなければならない。また、この効果は長いと日曜未明に飲んだクスリが、俺の場合木曜日くらいまで続く。下痢・軟便体質の俺でさえ、5日排便がない。重ねて【警告】しておくがこのクスリで死亡例がある

 次に、外部の要素もある。最近、トイレ事情の改善も外部要因として挙げる事ができる。最近、コンビニやホームセンターで洋式トイレが増え、しかも洗浄が行き届いている、という環境にある。今どき、和式じゃぁねぇ…ということでそのために改築、改装がコンビニに相次いでいる。新しめのコンビニをチェック。それから、新しめのホームセンター。俺が使っているホームセンターはトイレがショールームを兼ねていることもあり快適に使える。個室の数が多いと、割と駅のトイレより混んでいないのでゆっくり使える。古い施設、例えば古めの役所などは和式が多い。チェックするのは新しめのコンビニかホームセンター。まぁ、肝は薬の使い方、そして、俺でも入れるくらいにトイレ環境が改善した。でも一番は曝露療法かな。「ウンコ挟まっている感」をクリアして俺は普通に出先でものを食べたりできるようになった。万人に効果があるものではないのであまり鵜呑みにしないように。以上です。

 アメリカかどこかでポケモンGOというゲームがリリースされたようだ。任天堂がこういうのやったら歩きスマホや運転スマホが問題になると既にわかっていて、それでもなおGOサインを出した確信犯的リリース。既にそれで怪我をした人も出ている。スマホ持っている人は俺のような非スマホユーザーを取り囲んでプチいじめするんだぜ。俺は社会復帰を諦めたので多分一生スマホは持たないと思う。俺はギャンブルとゲームは嫌い。例えば…

 人(俺が想定しているのは具体的には某氏の奥さん)の財布からカネをくすねてギャンブルに何万も投じるバカ。っていうか精神疾患だからね、もう。懲りないよ、このヒトは。断じて、返せばいいってものではなーい!!こういうヒトはおんなじことまた繰り返す。絶対。

 ゲームでの成績は実生活に影響する。負けると不愉快が長続き(ガムの宣伝みたいだが)なので、ゲームオーバー後のその日の能率が一日中悪くなるので嫌い。

 なんだか精神状態が悪くなってきた。薬、飲もうか。助けてくれよー。しんどいよー。なんなんだこの抑うつ感は。昔―――つっても高校生の時、初めて病院で「抑うつ神経症」と言われ、セカンドオピニオンみたいな感じで別な病院に行って「うつを伴うパーソナリティー障害」とその時の主治医のC先生に告げられ、「一体これはなんなんだ」と。疲れた。寝るー。