合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。

銚子への道 昨日は中学3年の時付き合ってた人にフラれた日。まぁ当時は「人が好き」というより「恋に恋していた」ような感じだったから、全然タイプじゃない人と付き合ってたんだけど。好きな人とお別れしないとならない悲しみというよりは、人格を全否定されたように思って、精神的に変になった。なんか、同級生のKくんとSさんがキスしたキスしないという話(まぁ今からすれば可愛いことだけどね)を聞いて当時の彼女が、俺が手を出さないので切れた(俺は俺で手を出す気もなかったんだが(→好きじゃないので))、で、フッたんでしょ。今となっては屁でもない出来事だったんだけどね。ま、数々恋愛を経験して、「結局損するのは男なんだよな」ということ。40~50代になって家族の中で孤立し、定年と共に離婚されて、孤独死…というシナリオが見える。だったら、独り、気ままに、フーラフーラして死ねればいいんでねぇの?

 

 なんか、ん~、東京に出て、独りで部屋で、ただ独りで、音楽聴いて、先行きを案じながら…どうせ独りなんなら、ずっと独りでいいや、…なんて…「大学受験?じゅけん?なんすか?それ」薄暗い部屋で、腕枕で痺れた腕、「アヂヂ」…小さな寝息を聞きながら腕をさすって、シャワー浴びて、目の前に寝ている人を眺めつつ、「あー、この人とは結婚できねぇだろうなぁ」なんて思いながら、表向き受験を口実に別れて。「あー、受験しねぇといかんかなぁ」四浪目の俺。やっと受験勉強始めたのが11月。10月、11月というのは、何かしら動く。それが秋。んー。俺付き合っちゃうと、飼い殺し状態になっちゃうんだよね。自ら進んで。禁欲的になって、自分を縛り付けるのが常でね。「あ、この多肉植物、おっきくなったなぁ」とか言いながら部屋に閉じこもって。いろいろ縛り付けちゃうんだろうねぇ、自分を。子供の俺が父親になれるはずもなく。その他もろもろ、考えたらめんどくさくなって、多分一生独りだろうなぁ。まぁ、…自由電子になって生きていくんだろうな死ぬときゃその時だ。いいや、そういう人生しか俺を待ってる筈ないんだから。

 いつもアールグレイの人がダージリンなんか飲んじゃって、「んー。なるほど。」なにがなるほどなのかよくわからんが。アールグレイアールグレイと呪文を唱えてスーパーのコーヒー紅茶コーナーに行き、「ロンドン・ストランド・アールグレイ」を見つけ即購入。…これが大失敗。ラプサン・ス-チョンを飲んだ時以来の変な味。廃棄決定。2パック開けてあと残り。どなたかいらっしゃいませんかね、「London Strand Earl Grey」好きなお方。残りの8パックお譲り致しますが。ラプサン・スーチョンは正露丸汁だったね、あんなの飲む人、いるんだろうねぇ需要があるってことは。俺ゃあダメだ。

 終わる。(22時36分)

 んー。良くないね精神状態は。それから、さっきから吐き気がする。其れをマスキングしようと思いレボトミン®50mgを4錠服用。良くない。吐き気を抑えるのにはイリボー®を飲んでもいいんだが。飲もうか。メト◯◯コ®を6錠も飲んだから、低血糖になったのかも。低血糖は場合によっては高血糖より怖いと言われるぐらいだからダメだよ、糖尿の薬をODしたら。自分が苦しいだけだからね、と自分に。あぁ…だるい。いやー。なんかダメだなぁ。今、俺の境遇を俯瞰してみて、何不自由なくこういう場所に書き込みをできているのだから、恵まれていると思うよ。細かいとこ突っつけば何かかにか出てくるのだろうけれど、叩けば埃が出てくるのだろうけれど、全体としては、恵まれていることを俺は理解せねばならない。精神・身体を病んでいる以外はね。なんだかうーん、合点行くかといえば行かないけれど。木曜日、こんなていたらくで。俺は多分、廃人になる。なら!初めからリタリン®依存になっていたほうが同じ廃人なら辛くなかったろうな。チクショー。(16時58分)

desktop1 昨日の県央への一連のできごとで元気が出た。まぁ、良好かな。いまんとこ。まぁ、楽しい出来事の後は得てして「落下」があるのだが、もうちょっと持ってくれるといいな。平凡な日常が戻ってくれば、またうつ状態が待っているんだろうけれど。(9:03) 

 

desktop2 14時33分、先程、レボトミン®50mg3錠を服用。やはり、ちょっとうつ状態。ううん…だめだね。あと3錠足そう。300mgで、どうにかなるなら。それでもダメなら、ロヒ3錠飲んでみよう。それから、今からシステムが不安定なので、Windows10を再インストールする。作業中に好転してくれればいいんだが。あーいや、参ったー。

 今日は県央の友だちの部屋にお邪魔して、ちょっとしたPCの設定をさせていただいた。俺は自分の家族以外とリアルでコミュニケーションを取らなくなって彼女に99年クリスマスにフラれてからその後実家に連れ戻される2003年から13年ほど経つ。13年で初めてかもしんない今回。なんかテンパった。平常心を戻すのに時間がかかった。実際の作業はそんなにかかっていないのだが。ま、でも、なんだ、頼るのも、頼られるのも、幸せかもしれないね。ありがたい。ありがとう。CCレモン飲んで今から寝るよ。おやすみなさい。

 俺が昔友人だった人間の嫁さんに酷く罵倒され、嫌な気になる夢を見た。旧友の、Iくんと俺2人を、どうして呼んだ?あ?逆にに呼ばなかった人間は何故呼ばない?そんなの俺のことを嫌いである以外何の理由がある?いくらでも言い訳できる。そう、俺は替玉が利くどうでもいい人間だったということ以外に、何の理由がある?まぁ、呼ばれりゃ金出さなければならないから助かったことは事実だが、気分は良くないよな。KとOは追放と言うか更迭というかクビ。グループ行動規範に抵触したから。裏切りというかね、まぁ裏切ったかどうかは裏切られた方にしかわからないというか、本来そういうもんじゃないの?でもトドメは刺さなかったことが原因なんじゃねぇの?俺はトドメを刺した。それが原因でしょ?唯一無二の原因なんじゃねぇの?

 今日は精神科の診察。11時半頃終わって帰ってきた。帰りに松岸のセブン・イレブンで昼食を購入。そのままR356をまっすぐ小見川大橋にて右折、橋を渡る。セントラルホテル前を通過。矢田部中央を右折、薬局に処方箋を提出、16時配達で来てくれた。あとはなんだかボーっとして疲れた。今日は早いがそろそろ眠る。疲れた。(23時50分50秒)

 洗濯機壊れた。排水されない。というわけで、洗濯機購入のために神栖市街のケーズデンキへ。値引き交渉も5000円が限度。仕方なく購入。あー。なんか、疲れたし、脱力感。ヤマダ電機の店員がケーズに紛れ込んでるんじゃないか?今日の店員、あんまり感じよくない。奢ってると、ヤマダ電機の二の舞いになるぞ。

 はー。なんか書けないな…。頭空っぽだ。駄目だこりゃ。

 紅茶を飲むのに電気ケトルを持ってきている。今、二部屋の続き間のあいだの扉を開けているんだが、続き間の向こう側には母が寝ている。暑くて寝られないと、エアコンのある部屋と続いている隣の部屋で寝ているのだ。エアコンの冷気が届くように扉を開けて扇風機で空気の流れを母の寝ている部屋に向ける。4時30分、ロヒプノール®1mg錠x3、レボトミン®50mg錠x2を服用。昼だったか夕方だったかお友達から電話が来て、喋っていたがロヒプノール®の効果が効きすぎてボワーンとしながら喋っていたような気がする。ごめんね◯◯さん。またかけるから。

 人を傷つけた挙句、のへのへっとこの記事を書いているこの俺の神経がわからない。俺はサイコパス(プシコパート)かもしれない。障害者に対して壮絶ないじめを「した」小山田圭吾みたいな。彼、K井S一郎くんに似てるんだよな。K林Y朝くんの鼻にマーガリン詰めた人。それを止めなかった俺は彼(K井)と同罪だ。あの頃の「人権」教育は無茶苦茶だった。教諭が依怙贔屓するのもパワハラ・モラハラするのも当たり前。「いじめで自殺」があったとしてもないものとされてしまうほど集団教育課程現場は腐ってた(腐ってる?)。俺が中学生だった時も体育の教諭が偉そうな顔してて、自分の思い通りにならなかった女の子を鼻血がでるまで殴ったり(K科)その後も社会では小学生の女の子に猥褻なことをしたり「幼女愛」をもつような人間じゃなきゃ男が普通、あんなに大変なことをする小学校教諭になりたいなんていう動機としてはあり得ない。書く気が失せた。終わる。

 今22時42分。精神状態が悪い。こめかみをギリギリと締め付けられるように苦しく、いかに俺がダメ人間かを物語るような一日の記憶を吐き戻して、それで絵や文字を書く・描くようにしてまたおんなじ思いを経験するような…事件事故の被害者加害者がもう一度その件についての詳細を語らなくてはならなかったり同じ思いを再び経験することの心痛のような「もの」・「こと」。…この記事の前に書いた記事も書いているときからなんか変な、嫌な気持ちを抱きつつ20時間後のこの記事に臨んでいる。うーん…。(記述放棄)

 只今3時19分。

 昔のことを思い出した。2000年から2003年にかけてのことを。俺の住んでいた板橋のアパートが駆け込み寺となっていた頃のこと。ハンドルネーム「Y」という女の子が度々俺の部屋を訪れた。「このおっさんは大丈夫」と思ったんだろうか。まぁ、下手に匿うと「未成年者隠匿」とか「青少年保護育成条例」でアウトになるから怖かったんだが。ひとしきり喋って、帰るのだった。いつだったか、俺が風呂に入っている間に部屋に上がり込んでこたつに入って寝ていた。あー怖い怖い。この娘がもし俺が乱暴したなんていったら刑罰に加えて社会的制裁を受けたんだろうな。もう一人ハンドルネーム「E」という女性。妙齢の女性がオトコの部屋を一人で訪れ、夜は泊まっていくという、目的はそれだ。だが、俺の息子は当時までには全く役に立たなくなっていた。すぐ萎れてしまうのである。数回訪れたがその度に萎れた。女性はすっかり自信を失ってしまい「私だからかなぁ」と呟いた。以降連絡がつかなくなり、以来会ってもいないし電話で話すこともなく現在に至る。悪い事したなぁと思っている。ま、でも正直、タイプではなかった。「女なら誰でもいい」わけではなかった。次、御茶ノ水の寿司屋にて、OFF会か何かで一緒になったハンドルネーム「R」という人妻。俺の中では「女性との飲食に際しては、俺が全額払う」ことになっていたので、そのとおりにしたんだが、女性に勘違いされた。お返しに、と、舞浜の駅に来て、と。そこで愕然とする。女性が人妻だということが、この時点で発覚する。うーん。俺はそこまで「ゲス極」ではないと思っているので腰が引けた。「もう会うのはよそう」と思い、電話をかけると付き合ってくれと懇願された。俺より若くてすげぇかっこいい男がそこら中にウヨウヨいるのに、何故俺なのか不明。以降俺が放ったウルトラC(詳細は省く)で疎遠になり、以降なんの接触もなく、無事生きている。安物の寿司の勘定だけでここまで勘違いされるのかと思い、女性の取り扱いは非常に難しいなと思った次第。もうめんどくさいのは、やだ。というか、もうデブ著しいので、デブ専でもない限りそういうこともなかろう。めんどくさくなった時には「致命的身体特徴」が役に立つこともある。俺は男を随分前に捨てたもんでねぇ。やなのよ、めんどくせぇのは。以上、記憶を辿る旅でした。

もたん 人間、適度な距離を保つのも人間関係上大切なことです。強引に引きずり込んだりというのもなんか違うなぁと思ったり、無理矢理自分の懐深く入ってこようとした時はなんだか困ってしまいます。かと言って邪険に扱うのもなんだかなぁと思いつつ、人間関係で日々悩んでおりますが、『嫌われる勇気』をちょっと読んでみて、「あぁそうだよな」と自分の考えに近い主義もあるのだなぁと思った次第であります。俺が図らずも入ってしまった「バンド関係」も、誰からかわかりませんが、「行動規範」のようなものができてしまい、非常に窮屈。それから、知人を全て抱え込んで「お友達」が7~800人なんて人もいたりして、俺自身ちょっと面食らっています。そこで、僕から連絡を取るというのを一切やめてそれで関係が切れれば「その程度の間柄だったんだ」と思うことにしています。俺の「お友達リスト兼年賀状住所録」も質素なというか、市販のメモ帳の空いたスペースにちょこちょこっと書いたものでリスト≒記録とも言えないようなものです。次第にマッキー極太の横線が増えてく気がしています。大学時代の同級生はとっくの昔に消えました。あまりというか全然自分の大学に愛着がないものですから。これから、ごそっと「リスト」が軽くなることでしょう。どうなるか、見ものですぞ♪