合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 今日は母とひよりと買い物。神栖市街、ホーマックにて俺は1000ml入るコーヒーサーバーを購入。1,000円弱也。佐原(香取市)を通り旭~R126飯岡~八木~銚子市三崎町『イオンモール銚子三崎店・カルディコーヒーファーム』にてイオンモール店開店7周年記念、コーヒー豆半額セールということで母に「この際買い溜めしときなさい」というので『マンデリンフレンチ』200g『モカフレンチ』200g、計700円弱購入。俺は深煎りのコーヒーが好きなのでマンデリンもモカもフレンチローストにした。本当はマンデリンもモカもイタリアンローストがいい。モカイタリアンがあったと思ったけど見ないので発売中止になったのかもしれない。このところ精神状態が悪いのでドライブも前ほどは楽しくない。近所の名所は行き尽くしてしまったし、そういうのもあるのかなぁ…。多分原因は俺の中の気持ちの問題。なんか歯車に噛み合っていたチェーンが歯車から外れて、絡まってしまった。俺は日常を壊されるのがとても嫌いで壊されると癇癪を起こしてパニック状態になる。

 文章が思いつかない。終わる。

 昨夜2時半過ぎに寝て、昼12時半頃起きたが、現実がすごく嫌でまた寝て起きたら夕方5時だった。それから5時間余り、何もしないでいる。もうなんか、嫌になった。俺自身の存在意義がわからなくて。多分ないんだよな初めからそんなもの。ないんだよなないんだよな。

 俺はずっと、承認されて生きていないので、承認欲求が強い方だと思う。いっぽう、自己破壊願望もあり、自分で自分の精神を崩壊させる言葉を書いたりする。多分リストカットする感じで自分をこき下ろしているのかもしれない。他人の精神も自分の精神も崩壊させるんだろう。

 どこかで誰かが「豆々はいずれ『加藤智大ともひろ』になると思いますか?」みたいなことを知恵袋でリンクまで貼っていただいてご丁寧に(笑)。んー、無差別はらないでしょうね。しかも秋葉原のホコ天でなんて。でも、長いこと恨み続けてる人は数人いますよ。そいつらの命を奪う価値があると思ったら殺るかもしれないですね。恨みを抱いてる奴らの罪に俺の日常を壊されたくなければ殺らないでしょうね。そんな俺の日常を壊してまで殺らなければならないほどの価値なんて奴らにはない。あんなクソ野郎たちには。ダブル「A」、I、K、S、今は心の中で呪いを唱えるだけにしとくよっ。思い当たるフシのある奴がここに見に来てるはずはないと思うがいたら俺の怨念が既に襲い掛からんとしてることを知っといてくれよ。

 きょうはこのへんで。

こういった現状で…「俺に未来はあるか」なんて自問して、「あるわけがないじゃねぇかこんな碌でなしに」と自答する。ばあちゃんのところへ行きたい。もう耐えられないよ現状に…。俺は50年近く生きてきて、いったい何を得た?何を得たんだよ!マイナス要素ばかり得ているじゃないか。何をしてるんだ俺は!もう、これ以上生きていたって…やっぱり薬物(向精神薬)摂取しか方法はないか。はぁー47…6月になれば48年生きてきてもう何の望みもないし、死ぬのは、死ぬのは怖くない。けど痛い苦しいのは勘弁してくれ。意識ないまますぅーっと逝きたいね結構もう精神のほうに来ているんだけど、もう耐えられないと思った次の瞬間やるかもね。ただ、公共交通機関とか賃貸物件とかは使わないようにしたい。この家が瑕疵物件となるのも嫌だ。どこーか山奥とか、自殺の好適所というかそんなようなところに行って遂げたいと思う。俺はもう社会復帰は諦めた。もうダメだ。死ななきゃ、ほんとに。

 俺の生き方、物の書き方が嫌われ、四面楚歌。まぁいいでしょ、別に読者に媚び売るつもりはないしまぁ、これで稼いでるならまだしも、何の糧にもなっていないしね。俺への嫌悪が、まさか死後の世界まで追っかけてくることはないと思うけどもし追いかけてくるのなら現実逃避のために自ら死ぬのは無意味なのかな。でも死にたいのは死にたいよね。生きてるだけで目的も目標もない。なんなんだこの人生。モンブランが食べたい。

 俺に幸せになるレールなんて、一本も敷かれてなかったんだよ結局。先日亡くなったばあちゃんのところに行ってもいいかな、積もる話もあるし。

 精神状態がとても悪い。

 半年ぶりくらいに腹下した。多分牛乳の飲みすぎ。アカディだからって飲みすぎれば普通の牛乳と同じ。腹の中で異常醗酵してるなということがガスのニオイでわかる。日本人の大多数は牛乳の乳糖を分解する酵素を持っていないらしい。まぁ、牛乳は牛の子供が飲むように最適化されたもので人間用ではない。過敏性腸症候群がピークだった頃を思い出した。辛かったな。これが元でまた逆戻りしなければいいが。折角よくなってきたからブログ村のリンクバナーから過敏性腸症候群を除いたんだから再びなって欲しくはない。まだお守り代わりのロペミンカプセルは持っておかなきゃダメだな。

 表面的に頭が痛い。きっと筋肉か三叉神経痛。ペインクリニックみたいなところでボツリヌス毒素注射を打ってもらえば三叉神経痛に効くし片側顔面けいれんにも効果があるというか「にも」ではなく俺はこっちにメインに効いてもらいたい。対症療法なので顔面神経の減圧術のように恒久的に効くもんではない、というものだが、美容目的ではないので多分保険は利くと思う。

 俺には外界の刺激に未だ耐え切れる気力がない。対人関係の技量の低さと受け流し下手のせいなんだろう、過度にストレスを感じる。一見普通の人に見えるのでそこが厄介。表情にストレスがあまり表れないので、配慮だの忖度を求めることができない。怒りながら微笑むのが得意。これはストレスマネジメントメソッドのスキルとしてはかなり低いほうの部類に入る。

*        *         *        *         *

 俺は'97頃、風邪ひいた後で咳が止まらなくて数か所ドクターショッピングをしたが、西東京市の『H谷中央病院』の医師に侮辱・嘲笑され、清瀬のF十字病院の若いラグビーとか柔道とかやってそうな医師に、当時飲んでいた向精神薬を伝えたところ、

 「なんでデパスなんか飲んでるんだ!?デパスは強すぎる!俺が治してやる。次回までに今の診療所に通うかここにするか決めてきなさい!」

と叱責された。内科医に

「俺が治してやる!」

と言われても…。どうせ通うことになってもスパルタ式診療が待っているだろう。勿論、丁重にお断りした。医者も人間だ、いろんな人がいる。社会に出てもこんな人たちがワンサカいると思うと自信がないのが更に自信なくなる。モラハラ・パワハラ・ドクハラ…スルースキルがないのでまともに食らってしまうだろう。パンチをもろ受けたりしたら、反射的に首吊ったり飛び降りたりしそうな気がする。普段から持ってる自殺願望が現実化しそうだ。

 この期に及んで書くことと言ったら毎日同じことじゃないか。

*        *         *         *         * 

 夕方、コーヒーを淹れて飲もうとしたらひよりから電話がかかってきて、

「今日はもう上がりだからガソリン入れに行く」

 というので着替えて待つ。クルマが来たので助手席に。R124を走って太田のGSに。上中にあったエネオスのスタンドは、店を畳んで取り壊しもほぼ終え更地になっていた。店長が亡くなったとかで、継ぐ人もいないので畳んでしまったんだろう。

 亡くなったといえば、うちの裏手にあるクロネコさんのドライバーさんをしていた方の家が、最近車もないし見えないなと思ったらこの1月に亡くなっていたそうだ。離婚して独り居たんだろう、なんか、悲しい最期だったな…。俺もきっと、そんな最期なのかな…。そう思うと非常に切ない。最近身近な人が亡くなることが多くなった。まぁ俺も、癌世代に入ってきた。糖尿でもあるし、なんか、身につまされる思いだ。他人が亡くなるのを見るのは辛い。俺はさっさと逝きたい。多分糖尿病の神経障害なんだろう左足が痺れていて、本格的に俺はドラム叩けなくなった。こんな形でドラムとおさらばしなければいけないなんて。まぁ、ツーバスでなければできないことはないけれど、まぁしょうがない。

22時15分 

 毎年…この日が来ると思い出さざるを得ない11,3.11あんな日がもう来なけりゃいいのにと思うのは人間の勝手。超人類的存在がまた地球転覆を図るだろう。俺もこの5年数ヶ月PTSD気味で地震を極度に怖がっていた。いや、今もそうなんだがかなり回復してきた。でも、俺にとっちゃ6年かかってやっと取っ掛かりに辿り着いたに過ぎないから、6年と言われても俺の中の精神破壊が治ったわけじゃない。

 俺の今の状態が始まって、精神科に連れて行かれたのがおそらく'86年か'87年だったと思う。自分で自分の状態を把握できてなくて、病識もなく人格崩壊していった。そのきっかけがヤンキーだった。S産とT総のヤンキーにライブでガンつけられて以来「豆々を殺すと言っている」という噂が広がり始め、「あ、人より上手いのが気に食わないんだあのヤンキー達」なにかやると「生意気」とガンつけられて「殺す」と。当時は恐怖心で銚子に行くのが嫌だった。助けに来てくれた友人もいたが、その呼びかけに反応するほどの余裕も当時の俺にはなかった。なんでドラムが人より上手いだけで殺されなくてはならないのかその理不尽さを抱えて俺は銚子に行くのを避けるようになった。つまり、学校に行かなくなった。それからも精神の崩壊は続いた。'92~'94年まで潜伏期があり元気だったのだが阪神・淡路大震災、地下鉄サリンで騒がしかった'95年、俺の人格崩壊が再び始まった。耐えきれず、精神科診療所に駆け込み診察を受けるようになった。それからは坂を転げ落ちるが如く転落していった。いろんな薬を試す中、四環系抗うつ薬の「ルジオミール」で痙攣発作が起こった。この薬に特徴的な副作用だったそうだ。その後四環系抗うつ薬の「テシプール」「テトラミド」でも痙攣発作が起き出先で倒れることが頻回続き、2003年に東京の部屋を引き払い実家に連れ戻された。その後の生活は過去の日記(『豆々式軟禁生活のしくみ2』『豆々式軟禁生活のしくみ』『豆々式日々のしくみ』)にまかせることにして…。

 波崎高校に身を寄せていた4日。他の被害者の方々に比べると屁でもない期間の避難だったが、俺にとって日常を奪われるということは死ぬに等しいことだった。それから数年、俺は地震の恐怖に苛まれるようになる。6年経って、やっとなんとか、地震~津波の映像を直視できるようになった。出かける度に持っていった非常持ち出し袋役のリュックサックを持たずに出かけられるようになった。まぁダメージはある程度時間が解決してくれるように思うな。

 最近は夜1時から3時くらいまでの時間はコーヒータイム。「夜にコーヒー?」と言う向きもあるが、でも結局眠たい時はコーヒー飲んでも寝ちゃうんだよね。ほんとカフェイン製剤ないと夜更かしができないようになってしまった。あー。何か別の作業しないと寝てしまいそうだ。取り敢えず、終わる。

 電話がいろいろかかってきた。なんかの会の勧誘、サプリメントの勧誘、インターネットの勧誘。もういいよこなくて。そんなことできる家計じゃない。ごめんなさいだけど、もう嫌です。勧誘は。「お時間ございますか?」えぇえぇたーくさんございますことよ暇だけはそぅもぅた~くさんございます。でも、あなた方とお話しする時間はございませんの。おーっほっほっほ♬って感じだな。ただでくれる試供品には応募するけれど売り物に興味はございませんわ。おーっほっほっほ♬損失が大きいから、試供品商法、やめたら?ムダが大杉漣。なんてな。なんてな~なんてな。浮かれた語調でなんてな~言ってる俺は「激うつ」なんだな、実は。はぁ~ため息またひとつ。耐えられるかなこの状況に。

豆と葉っぱ なんか、今日も精神的にはぱっとしない日だったね。ひよりの運転で佐原の方回って銚子のイオンのカルディに行ってマンデリンフレンチ200g豆のままとjanat(ジャンナッツ)のオリジナルアールグレイの葉っぱを購入。嗜好品はやはり安くはないよね。今日も夜中にコーヒー淹れて飲もうと思う。お客さんが誰も居ないのがちょっと寂しくはあるけれどね。まぁ、自分だけのコーヒーもいいんじゃん?っていつもの事さっ、はっはっは。先週捻挫した足首がやや痛いというか違和感がある。挫創から腐ってきやしないかな、切断する羽目にならんかいななど、雑念が多い。まぁ、夜中は普段「良くない良くない」に晒されて生きている俺に「良し良し」する時間。

 俺、親より先に死ななければならない強迫観念に囚われている。もう、これ以上、生きるのがなんか、いけないんじゃないかって、なんか全てのマイナス要素が俺が一人死ぬだけで随分好転するような感じがする。かなりの部分、家族の経済活動の負担が減るんじゃないかと思って。学歴も実績もない俺に何が為せるか。知識も教養もない俺になにができるか。無駄に生きてるというのがぴったり当てはまる。どうすればいいですか?俺、死んでもいいですか?いいですよねぇもうこんなに気を張って生きてるのはもう耐えられませんよぅ…。

コーヒー こんな思考が始まった夜にはレボトミン®50mg錠を多めに飲んで寝るしかないのかなぁ。欲しいなぁデパス。でもなんか持て囃された割には廃れるのも早くてデパスロスになってる人いるんじゃないだろうか。なんか多剤大量処方に目くじら立てている人もいる、その中に少々ヒステリックに過ぎる人達もいる。Youtubeの多剤大量処方の動画はあれは酷いです確かに。だからって「精神科の薬は全部インチキだから飲むな!」みたいに喧伝する人たちもどうなのかなと思うことも俺にとっては事実。ベンゾジアゼピン系(チエノジアゼピン系を含む)はいずれにしても精神的依存というのに留まっているという説は信じられない。俺も身体的依存になったことがあるから。俺の場合はいきなりオフしたので激しい離脱症状が出た。節々の痛み。関節という関節が外れてしまうのではないだろうかというくらい激しかった。パニック症状も出た。それを言ったらロラゼパム(ワイパックス)が処方された。「も~。ベンゾジ系はみんなおんなじじゃん」と思いながら、長時間作用型のメイラックスに辿り着いて今ベンゾジ系はロヒプノール(睡眠薬だけど)で代用している。レボトミン®はイライラ時の頓服として1日3錠までの服用で処方されている。中には1,000mg(つまり1g)の高用量を使っている人もいるがそれは例外。心毒性があるのでそんなに使えない。といいつつレボトミン®50mg錠服用。頓服なしで済むほどには情緒が安定していない。頭の天辺から足の先まで必ずどこか調子悪い。頭痛がするので在庫のあるバイアスピリン飲もうかと思ったけれど併用厳重注意の項目が多すぎるので怖くて飲めない。

 はぁ~12時なるぞもう…。どうするんだやめかやめだ。やめやめ。頭イテ。(23:46)

 まだ歯痛が治らない。寝る。(3時21分)
 寝たら歯痛は治ったが、今度は耳管のほうが痛い。
耳管が痛いので中耳炎になるかも。参ったぁ。
 今のところ耳管の痛みは治まった。助かった。
そのぅ…なんだ…精神状態の方だが良くはない。うつかな…。(10時40分)

 電話が来るかもしれないので電話が使えない。電話使えないので話すことが出来ない。困った。キャッチもあるけど、アレ好きじゃないんだよな。

 一応世間ではLINEがPCでも使えるようになったんだが、既読スルーとか未読とかめんどくさいので使いたくない。(14時44分)。
 耳管の痛みは治ったけれど今度はまた歯が痛くなってきた。はー。耳管というのは中耳から喉というか喉と鼻の境目くらいにあって、普通は扁桃腺に隠れているけど俺は扁桃腺とアデノイド切除しちゃって存在しないので扁桃腺があった部分のちょこっとした範囲に『のどぬ~るスプレー』を噴射する、ということをしたら、とりあえず痛みは引いた。

 今日はひよりの帰りが早かった。明日ひよりは休み。クルマのバッテリー交換の時期だというのでついていく。コーヒーももうないし紅茶、メインで飲んでるジャンナッツ(janut)のオリジナルアールグレイも在庫切れになりそうなので買っておく。(19時27分)

缶々 しっかし世の中には上昇志向が強い人がいるねぇ…起業・経営・莫大な収入…はぁ~どこまでポジティブなんだろう東大・京大・早慶でも出てりゃ何か俺も意欲が違っていたかもしれない。そこ以外の大学なんてクソみたいなもんじゃん?とこの受験シーズンに相応しくないこと書いたけど、よっぽどの事情でもない限り、塾に通わせたその時点で東大・京大・早慶に行かせたくて通わせるというか、東大・京大・早慶に受かったら両親親戚万歳三唱。ふっ…俺が出た大学の校歌は俺は知らない。早稲田のは知ってる。入学式にも卒業式にも出なかった。ちなみに俺は成人式も出ていない。華やかな場所を俺はことごとく避けてきた。志望大学でない大学の入学式なんて、自分の葬式に行くようなもんだからな。卒業式は四回忌だ。誰が行くもんかそんなところ。俺の無力感は果てしなく深い。今ならもっと勉強するのにな。低学歴がこんなにしこりとして残るなんてね。金があったら今度は志望大学に通いたいよなぁ。動機がはっきりしていないと、勉強も身が入らないだろう。俺はいつになったら寛解するんだろう(うつ病には「完治」はなく「寛解」止まりであるらしい)勉強ってねぇ、あれなんだよ精神状態が荒廃してると身が入んない。それでもできちゃう人はできちゃう。そこが!持って生まれたポテンシャル…なんだろうなぁ。俺自身の能力の限界がまぁ見えてる気はするがね。今は意欲云々じゃなくて、まず、情緒を安定させることだね。俺は学歴云々より「人」としてどうかよという感じ。それならやっぱり学歴も人格もダメだな俺は。ダメか?ダメだな。他人より足りないところが星の数ほどある。それを身につけることはほぼ不可能。だめかね?だめだな。(21時50分)

 あ゛―――――歯が痛い。歯が痛いのはもうどうしようもないほど辛い。

 鎮痛剤 飲んだが そんなに 変わらない

 今日は色んな面で、良くない一日だった。良くない良くない一日だったね。