合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。

 そんなに男が下劣で、汚くて、くだらない存在なのなら、この世から男を抹殺してしまえばいいじゃない。今生きている男を全員殺してしまえ。ジジイから新生児まで。女だけならいかに神聖な世界になることか(笑)

 一日一日が速い。もうなんか、何もしてないのにクタクタ。疲れてる。非常に。もう何もかもが嫌になってる。ストレスだけがある。くつろぎとか安らぎとか、そんなものはない。体中痛い。溜息いてばかりいる。

 眠い。

 明日…内科。午後夕方近くからの診察。んー。ちょっと、ゆううつかな。時間帯がさ。午後のが空いているのかな。まぁああいうことは朝イチで済ませたい気持ちがあるのは俺だけじゃないだろうから。なんか、いつものとおりゆううつなんだよなぁ。「脳が不活性化することによって脳が萎縮している」のなら、これからも俺の脳は萎縮し続けるんだろうな。で、きっとボケるんだろう。ボケた者勝ちだろう。

 なんか書く気が失せたので終わりにする。

 今日は(今日も)つまらなかった。なんか、小馬鹿にされてる感じ。まぁいいけどさ。小馬鹿にされるような人間だもの。今日は一日、『GeckoLinux(ギーコリナックス)』というOS と格闘していた。たった今日本語入力が設定できた。でもいちいち丸一日ひとつのOSにかかりっきりになってたら、精神が持たない。気になった物事には500%根詰めてやってしまう俺の悪い癖なのだがいつも楽しみがストレスになって嫌いになってしまうというのを俺の歴史が証明している。小学校の時から、お絵かき(漫画)、プロレス、音楽(ドラム)ときて現在PC。やっぱりこれも嫌いになってしまうのかなぁなんて、思ってる。俺の場合趣味が趣味じゃなくなってるんだよな。なんで俺は根詰めてやってしまうんだろうか。

 (今日の教訓)世の中には色んな人がいる。どこまで受容できるかが「人間力」。俺にはそんなものはない。

 なんかつまんねぇなぁ。今日早朝に寝て、昼に起きたら、リビングの食卓に書き置き。「Mさん宅に行ってきます」今日も外出なのだね。母がこのところおば様方にモテモテ状態。いいね人気があって。俺はまたひとりでパソコンやっとるよ。もう終わりだな俺は。人生ダメにした。もうどうでもいいさ。早く死なないかな、俺。もう全てがやんなっちゃった。

 リニューアルした『道の駅いたこ』に行ってきた。生鮮食料品売り場が新しくなった。随分と広くなったし、トイレも温水洗浄便座になっていた。3つある個室のうち洋式が2つ、和式が1つ。やっぱりまだ和式の方がいいという人もいるんだろうなぁ。おら嫌だ。

 それから鹿嶋を回り、潮来を通り越して稲敷の『アピタ』『パルナ』まで行ってきた。俺は『セリア』に行って買い物。CD-R3枚入り、マウスパッド、カードケース、小物入れのバスケット計四点432円購入。14時半自宅着。

 それからは…何やってたかなPCいじっていたような記憶が…。眠いしだるいし、今日は(今日も)ダメな日だねぃ。

 眠いし…。

 もう6、7年なるかなぁ、左上腹部がヒリヒリして痛いのだよ。がんなら死んでるし、なんだろう。もしがんなら治療はしないでおこう。畳の上で死にたい。病院のベッドは嫌だ。

 実はこの日記はGhostBSDなるOSから書き込んでいる。こないだはFreeBSDだったと思うが、今夜はGhostBSDにいる。日本語入力システムの調整がうまく行かず、つい先程完了。疲れた。これで、食わず嫌いだったBSD系もデスクトップ用途のものはとりあえず手順はなんとなくだがわかった。あとはArch系、Gentoo系もこれから試してみるつもり。GhostBSDが完了したということで間髪入れず別なOSに挑戦してみようと思う。GhostBSDからの書き込みはここまで。

つつじ公園 つまんない日だった今日も。朝、母が「雲井岬行くから」と言ったのを「準備しなさい」という旨のことを言ってるんだと思い、着替えてクルマに乗ろうとしたら「違うよQさんと行くんだよ」と言われたので着替えて寝た。

 夕方、母とひよりに「行くよ、雲井岬。」と言われ頭から???を出しながらよく聞いてみると、「今朝、悪かったなと思って」とのこと「あぁ…そぅ…」と言ってついて行った。なんてことない「つつじ公園」だ。とくになんつうこともなく。木をぼーっと観て歩いて、「あー…つつじだねぇ」と…特に楽しいとかつまんないとか、そんなこともなく、指示に従って写真を撮ったり…そんな感じかなぁ。桜と違って、つつじには申し訳ないけど俺の琴線には触れないんだよね。やっぱり桜かなぁ俺は。だからって、桜の足元で飲めや歌えやなんてことするのは俺が最も嫌う行いなんだよね。提灯飾っちゃうのも、「ビアガーデンじゃないんだから…」と思ってしまうほうで。

 今の状態は、なんというか、じょうの状態。楽しくないしむしろつまんない。嘆息。今の俺の状態はいったいなんなのか。ゆううつでゆううつで、でもこないだほどではない。貧乏揺すり。やや苛ついているかもしれないね。

 カメ(過去ログ参照)が今シーズンも目覚めた。無事冬眠を乗り切った。夏にかけて『おカメ』ちゃんが我が家の話の種になる。

 

 はー。精神状態よくないなぁ。泣けるわけでもなく、精神をリリースするようなことがないから、溜め込んでしまう。あぁ…よくない。自分の精神と向き合う時ってのは、大体において良くないことが多い。いい時なんて、自分の精神と向き合うこともそんなにないから。

 楽しい日の日記じゃないから、文章も楽しくないね。ここんとこ、あまり調子が良くない。「死にたいなんて全然思わない」と言ったら嘘になる。今は別に首をくくる気はないけれど、あぁいうものはタイミングだからね。精神状態が回復しかけて行動力が出た時に死にたいと思ってしまったらしょうがないね。

 南部鉄器のさぁ風鈴があったんだけど東京で元カノと一緒に住んでいた時それを吊るしたら「ちり~ん、ちりーん」と涼やかな音が鳴って「ねぇ、いいでしょ、いいと思わない?」って訊こうとしたら彼女は「うるさいから取って。近所迷惑だから」俺、がぁ~~~~~~~~~~~~っかりして、この人とは人生を共に出来ないな、と思った3年目の夏。彼女が美容院に行ってパーマをかけてきた。「どぅお?」といったから仕返しにじゃないけど「…前のが良かった」と言ったら「ぶちっ!」という顔になった。そこに居たくなかったから近所に住んでいた妹の部屋に遊びに行った。バカ話してあははおほほと、夕食もご馳走になり、彼女との棲家に帰ってきた。彼女はパーマを取ったというかストパーかけて元の髪に戻っていた。ひどいよねーひどい彼氏だ。「ひよりちゃんとこに行ってたんでしょ?」と彼女。黙っていると、「豆くんはそこしか行くとこないじゃない。ひよりちゃんとこか、電車に乗ってくるかでしょ…」続けて「他の女の子と遊ぶようなバイタリティもないもんね」俺は貞操観念が強い。付き合うと女の友人とかそういうお姉ちゃんたちとの連絡を一切取らなくなるしお姉ちゃんにつながる男の友人とも連絡を絶ってしまう。完全に「彼女だけのための俺」になってしまう。彼女が他の大学のサークルの男にまみれてバンドをやったりしていても俺は不愉快だがなにも言わなかった。自分の行いで貞操を表現していた。当時携帯も出てきたばっかり…ポケベルとの交換期くらいだったかな。いつ電話が来てもいいように電話のすぐそばにいた。池袋から帰るコールがあるので西武線の時刻表で調べて到着に合わせて駅に迎えに行った。鬱陶しい彼氏だよな(笑)彼女は、「まるで豆くんのこと飼い殺しにしているみたいじゃない」と、喧嘩するたび彼女は泣きながらそう言った。「飼い殺し」?そうだよ俺は自ら望んで飼い殺しになったんだから。当時はネットも電話回線でいちいちアナログモデムで「ピーヒャラヒャラピーガ~ピーガー」と繋いだり切ったりしていたからそれで時間が潰せるほど便利じゃなかった。今だったら少しはましだったかもしれない。彼女の帰りをただ待っているのに、俺は夜通し彼女の寝顔を見ては心のなかで「ねぇ、なんか話そうよ」と呼びかけていたが忙しい彼女はすっかり疲れて熟睡。俺はといえば就職活動で心が折れてしまい寛解期にあったうつが再燃、心がどんどん折れてゆく…卑屈になってゆく…就職浪人の俺は午前中池袋の法律学校に通い、終わったらすぐ帰って電話を前にして膝抱えて待ってる。あれ話そうこれ話そうと思っているのに帰れば夕食もそこそこに寝てしまう。俺もガス抜きは必要だったんだよなよくそれを6年も続けた。彼女への思いが強ければ強いほど、俺は追い詰められていってしまった。元カノには俺の思いが重たかったのかもしれない。ごめんなさい。いい旦那さん(その他大学のサークルのバンドの先輩)と一緒になって子供も二人儲けて幸せでしょうよかったですね。俺は所詮精神疾患を持ったただのポンコツ男。あなたは俺には勿体ない人だったんだ。いいじゃない。収まるところに収まったんだから。俺は人の人生を作れるほどの技量がある人間ではなかったんだ。こうして、年老いて、無職で、独り身で、人生が好転する余地もない、貧乏神、疫病神の男。なにも…勝負できることがない。全く ない。元カノが俺を選ばなかったのは正解だったね。自分が幸せになるためには、「情」というものを何処かで捨てなければいけないこともあるんだろう。彼女はその時機を見誤らなかった。さすが女だ。俺は消耗品だったんだ。冷蔵庫の奥の隅に転がっている、大根の切れっ端だ。その冷蔵庫、耐久消費財、長期保証の優秀な冷蔵庫と、あなたは一緒になった。俺のようなポンコツ男にゃ勿体ない………ってか?

 俺は今日も、…疲れたよ。眠い。トリプタノールがまだ効いているのだろうか。あぁ  疲れた。

6年前これは先日掲載した神栖市堀割あたり。電柱が傾いていたり荒らされた店もあったり。日本人じゃないと思うな、犯人は。

 

 

 

 

今

これは最近の同じところですね。今はこんな感じで修復されましたが、ここに来ると、思い出しますね、当時のことを。

 眠いんです。今。今日はひよりと潮来まで行ってきた。とにかく眠くて眠くて仕方がない。今朝、トリプタノールを過量服薬したのでそれだと思う。

 鹿嶋のR124沿いにスタバができるらしい。…いまさら「スタバ」っていうのも次第に恥ずかしいワードになりつつあるが…既存のR124のスタバ神栖店、そんなに離れてないよ?反対車線だけど。マーケティングリサーチかけてOKってことになったんだと思う。銚子への出店をあくまで拒み続け、鹿行地区にオープンするスタバ。

 なんでスタバは銚子に出店しないんだろう?また始まったのかな?銚子住民の「なんでも反対」運動が。火力発電所計画に反対しておじゃん、地域中核病院の設立に反対しておじゃん。なんぼなんでもと「CK大学」を誘致開学したが、大学の箔どころか高卒の学歴をも汚すかもしれないレベルの大学らしい。また、バイト・プレイスポットがなさすぎて、退学する例も少なくはないようだ。銚子という完全漁業依存型経済、単一業種依存型経済は安定した経済をもたらさない。高価値の産業が必要だと思う。それをことごとく蹴ってきたわけだ銚子市民は。住民の選択が必ずしもいい結果になるとは限らない良い例だ。

 まぁ、銚子にスタバが来ない理由は先述のような市民の反対ではなく、スタバのマーケティングリサーチの網から漏れただけというのが本当のところだろうな。人口構成比とかでジジババが圧倒的に多い、スタバに来るような客層がいないっていうことなんだろうな。でもそれにしても…。銚子が夕張のような地方公共団体にならないようにするにはどうすれば良いんかいのぅ…。

 今回はFreeBSDというOSから書き込んでおります。まぁ、OSが変わったって文面が変わるでもなしその痕跡を残せるわけじゃないけどまぁ自己申告でお願いします。

 えぇ〜とぉ〜…非常に精神状態が悪い。非常に悪い。頭が両側からボルトねじ込まれているように感じる。喉が締まる感じ。泣くの我慢してるとそういう感じになりますよね、そんな感じです。まぁ確実に言えるのは非常に不快であるということです。『「〜だ」「〜である」調』と『「〜です」「〜ます」調』が混ざっていますがその時々で書きやすい方で書いているので特に他意はありませんのでよろしく。なんでこんなに精神状態が悪いのかよくわからないんですが、悪いんですよね非常に。鏡に眉間にシワ寄った自分の顔を見て、なんだこの仏頂面は、と思いながら深いため息をいた。

 なんだこの文。 

 先程意識回復。意識が半分以上飛び降りていたのでレボメプロマジンで人工冬眠。死ぬことが悪いことならば悪いことはしなかったようだけれどほんとにそうかどうかはあとになってみないとわからない。

田 今日はひよりが半ドンだったので11時過ぎイオンモール銚子に行ってきた。和風レストランみたいな店で小割りそばを食べた。セットだから寿司が3貫ついてきたが寿司いらないからそばがもっと多くてもいいかも。その後、旭から小見川おみがわを回って息栖いきすから宝山ほうやまへ抜け、太田を通って帰宅15時。

 てな感じで現在に至るのだが、精神的には支柱がなくフラフラした感じで泣きたい気持ちになったり怒りが爆発したりゆううつでカタカタかたかた貧乏揺すり。

 右上写真は旭あたりの水田。田植え終わったとこもあるしGWに集中して田植えするところもあるだろう。旭市~銚子市西部はこんな景色が延々と続く。下総台地あ太田たりは夏になるとひまわりが咲いていたりとうもろこしが密生していたり、田舎好きにはたまらんだろうが、俺は特に見慣れた風景なので。でもひまわりが炎天下、たくさん元気に咲いているとこちらも元気になったような気がする。気がするだけね。その場所を過ぎれば元に戻ってしまうのだけれど。でも炎天下、「陽炎かげろう」や「逃げ水」が見える中、脱水症状になってくらくらで失神しそうになりながら、こういうところを歩くのも嫌いじゃない。23年ほど前、池袋東口から池袋本町まで炎天下歩いたことがあって、気が遠くなりながら上機嫌だったね。

 左中の写真は太田あたり。神栖は鹿島石油コンビナー掘割トがあるために税収が潤沢なので羽振りがいいほうではある。というわけで2011年3月11日の『東北地方太平洋沖地震』の液状化でウネウネになってしまったのを修復して舗装し直した。舗装の質は今のところ良好。ただ、重い大型ダンプやトラック、トレーラーが通るのでやがてわだちができるでしょうが。

 右は震災当時の写真が出てきたので載せてみた。電柱が傾いて怖い怖い。場所は神栖市街の掘割ほりわりというところ付近。まぁ、現在はこの状態ではないが、当時はこの風景を見るたび身を固くした記憶がある。

 只今19時17分。今日の日もあと5時間足らず。何して過ごしましょうか。TrueOSもなんだかグラフィックドライバーの件でちょっとこんがらがっているが。やらなきゃしょうがないんだろうか。しょうがないんだろうな(笑)俺の性格からして目に見えている。

 今、同県のお友達は8月中旬くらいまでのお仕事で大忙しである。元気でいるのだろうか。かたや俺は、しょうもないこと(パソコンのことね)で大忙しである。ほんとしょうもなー。はぁ(深い溜め息)20時10分。刻々と、時間は過ぎていく。現在、実は精神状態が危機に瀕している。ちょっと洒落にならない、まずいことになってきている。

 今日も例によって精神状態が悪く、寝たり起きたりして今は起きているんだけれど、なんか全然クスリが効いてる実感がなくて、でもきっと飲まないともっと悪いんだろうなと、半ば諦めつつ今の時間を過ごしているわけです。苛ついてるというか、非常に不機嫌。今、メイラックスとレボトミンを飲んだ。メシ食うのも人間の仕事だけどそれはするけどちーとも喜びはない。何が喜びかな今…喜びっつうか、喜びだの悲しみだのを考えなくて済む眠りの時間が一番ラク。さっきも脳貧血で倒れそうになったけれど、その、頭からすぅっと血の気が引いてゆくその感じも、嫌いじゃないな。そのまま意識を失って命の灯が消えても、否、むしろそうなったほうが、俺は幸せだと思う。そうだな、そうなったほうが、俺は幸せだな。

 この昼刻、こんなことばかり考えて、もう嫌だ。なんなら、寝ていたほうがまだましだ。精神的支柱である家族も永遠にいるわけではない。順繰り順繰りで歳を取ってゆく。そして死んでゆく。本来歳から言ったら父→母→俺→妹の順で死ぬわけだ。俺を最初にするわけにはいかんのだろうか。

                   *

 俺のゆううつの原因がもう一つある。UNIXの件。なかなか上手くいかない。それで僅かばかりの自信と熱意を失い、グダグダになっている。もう嫌なんだけれど強迫が許してくれない「もっとやれ、完璧にやれ」という強迫観念。「これを完璧に行わなければお前(俺)の大切なもの、大切な人を一つずつ奪ってやる」、というなにかわかんないけれどそういう観念が起きる。そんな気がする。俺はとことん突き詰めてやるので(技術面というよりは精神面で)一定の場面に達すると、もう疲れてしまってやりたくなくなる。興味の行き着く先は意欲の減退・挫折。俺は物事を適当にやれないところがある。その結果一番の興味であったはずのものが「大嫌い」になってしまう事がほとんどだ。ドラムも。UNIXも…いずれPCも?今、うつが悪化しているようだ。

 上↑まで書いて寝てしまったらしい。(27日02時32分)

 26

①豆をセットします。アイスの場合、倍量の豆を。今回、三杯分淹れるので六杯分の豆です。②豆全体が湿るくらいのお湯を注ぎ30秒ほど蒸らします。膨れてきます。③豆の中心に細くお湯を注ぎます。膨れた山を潰さないように。三杯分のところで注湯をやめ、ドリッパーを外します。④グラスに氷を入れ、コーヒーを注ぎます。マドラーでかき混ぜ、急冷。出来上がりです。