合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。 神栖市 神栖市

 結局寝なかった。4時、サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用。只今4時16分。夜が明けてしまった。これを読んでくださっている方の中には、これから仕事・学校という方もいらっしゃるだろう。そんな方々にとっては、俺は究極の放蕩野郎だろう。しかしこんな俺でも、眠気は来る。それでは失礼して、寝ることにする。夜にでもまた書く。(4時25分)

 7時10分起きるがやはり怠くてまた寝る。13時25分起きるがやはり怠くて仕方ない。何だこの怠さは?14時、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。怠いー!怠いのが取れたら書くつもり。(14時59分)

 17時15分、ルボックス®50mg錠2錠を服用。レボトミン®5mg錠はあまりに怠さが酷いので飲まない。

 17時20分、血圧110-65 脈拍107 体温36.1℃。ぁ?あ怠い!なんでこんなに怠いんだろう…。(17時42分)

 …夜になると怠さが取れるのはどうしてだろう。よくわからんなぁ。うつは朝調子悪くて夕方?夜に元気になるというが…やっぱり俺、そうなのだろうか…。ん?いかように判断しようとも所詮俺は素人だから何とも言えないなぁ。色々症状が交錯していて、判断に困る。怠け者体質が染みついたとか…でもここまで不快になってまで、怠けたくはないよ。明日…また怠くなるのかと思うと、怖い。

 今日は幾分、思考停止状態。考えがまとまらない。なんか、体調悪い時って、いつもこんな感じ。今回は診察の間隔がちょっと空いてしまったのでそれもあるような気がする。以前にも確か書いたと思ったが、精神科医というのはやはり単なる薬屋ではないんだと思う。それ以上の存在でなければいる意味というのはないんだと思う。
 これ以上文章続けられなくなったので寝る。(翌1時13分)

 只今0時19分。怠いのは少し取れたが、立ち上がると百発百中で立ちくらみ(ブラックアウト・耳キーン)はある。23時50分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。胃がむかむかする。都議選は自民・公明が大勝。今の情勢では致し方ないか。今夜はもう寝ることにする。徹夜で見る夜明けより朝に目覚める方が心地いいから。死んでなかったら朝以降お会いしましょう。(0時29分)

 7時、起きるが怠くて仕方なく、クスリを飲んで寝る。7時5分サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠を服用。次起きたら12時半。まだ怠い。ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。寝る。起きると17時40分、お友達から14時40分頃、スカイプにメッセージが届いていたが出られず。あちゃぁ。やってしまった。メッセージを返信して現在に至る。それにしても立ちくらみはほぼ百発百中。17時50分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。18時10分、夕食を食べる。また怠くなる。なんだろう。やっぱりおかしい。クスリか?だとしたらレボトミン®かな…。はー…しんどい。(18時39分)

 21時50分、だるさが取れたのでアイスティーを淹れて飲む。今シーズン初のアールグレイ。気分が落ち着く、というか元気になる。以前はアロマポットにアールグレイの香料であるベルガモットのエッセンシャルオイル(ちゃんとしたものだと12ml瓶で3000円くらい)を垂らして部屋中ベルガモットの香りが漂っていたものだがなにぶん安いものではないので今はやっていない。安いのもあるにはあるがやはりそれなりのものである。

 さて、昨日は「自分の存在意義に向き合う」なんてたいそうなタイトルを付けたが実際はそんなにたいそうなことは書いていない。ただ自分の存在意義は鳥の囀りより低いという事を書いた。あの文章らしきものの言葉は別に自分を卑下して書いたものではない。事実そのままを書いたつもりだ。

 俺のようにデブな一見栄養過剰っぽい五体満足のくせに無職である精神疾患患者、過敏性腸症候群のような外見からはわからない病気の患者に対する風当たりは強い。「怠け病」一体何度このような陰口や晒しに遭ったかわからない。俺は「頑張ってる感」を出したくないので「何々に取り組んでいる」、「何々を勉強している」と言う事をいちいち日記には書いていないが、調子が悪くない日は何もやっていないわけではない。ただ、自慢げに書けるほど順調に捗っていないことも事実だ。

 人生、結果が全てであり、「プロセス云々」や『世界にひとつだけの花』にみるような「オンリーワン論」なんてものは負け犬の遠吠え以外の何物でもなく言い訳に過ぎないのだ。結果ダメなら全てダメ。

 俺にとって「結果」とは、「独力でメシを食う」ことであってそれができない俺は全てが否定の対象なのだ。残念ながら俺が何をしたって「独力でメシを食え」ていない俺のやることは全て誤り、間違いなのだ。

  「俺は負け組だ」というと「それの定義は一体どういうことか」という指摘をよく受けるが、俺にとっての「負け組の定義」とは、「なりたい自分になれていない」ことをいう。つまり「独力でメシを食えていない、自分の代で家を建て替えられない、世帯を持っていない、欲しいものを買えない」自分は「負け組」なんである。「劣等感を感じている自分」は既に「負け組」なんである。

 俺が劣等感を感じるのに一番いい場所は某SNSである。そこに行けば「何々を買った」「家族と何々をした」「子供がどうこうした」俺が劣等感を感じるのにとてもいい材料がたくさん揃っている。オールインワンである。裕福な経済、幸福な家庭、今の自分にはないものばかりだ。

 「負け組ってなぁに?」なんていう人は、その時点で「勝ち組」なのだ。「人生に勝ち負けなんてあるの?」なんていう人は、その時点で既に「勝ち組」であることを自覚すべきだ。そして「負け組って?」「人生に勝ち負け?」という言葉は上から目線の、「負け組」に対する、最強最悪の嫌味であることを自覚すべきだ。自分は優越感なんて感じたことはない。劣等感を食って育ってきたようなもんだ。俺の身体には「劣等感」が充満してもはや破裂寸前だ。

 「優越感は必要か?」という問いに対しては、俺だったら「必要だ」と即答する。仮に事実に基づかない、絵に描いた餅のような優越感であっても、あるに越したことはない。「劣等感」より数兆倍ましだ。俺は聖人君子などではないから「優越感」を持って生きたい。世俗的な「人生に於ける成功」を得たい。だが、それは選ばれた者だけが得られる。俺にとってのそれは、天文学的数字分にひとつの確率でしか手に入らないものである。

 只今翌1時24分。この陰気臭い静まり返った夜中にひとりこんなことを考えるという非常に哀しい作業をしていると虚しくなって疲れる。しかしこんなことをする以外時を過ごす術のないのが「負け組」の宿命なんである。さて、寝ようか。(翌1時36分)

 別に学校や会社に行くわけでもないのに、俺は朝になるとゆううつになる。12年間の集団教育課程が俺にもたらした成果がこれだ。

 俺はうつなどではなく、回避性人格障害なのではないだろうか。

 ならば救いようがないだろう。あとは死を待つのみ。医療費も、無駄。本当は生きていちゃいけないのに、そんな俺のためにかかるカネは無駄以外の何物でもない。存在自体迷惑見て迷惑関わって迷惑世の大迷惑ハエや蚊やゴキブリのようなもんだ。ハエや蚊、ゴキブリがいなければキンチョール買う必要がないように、俺がいなけりゃ俺にかかるムダ金をもっと有効に使える。俺は生きる価値が全くない人間「風(ふう)」生物だ。俺は生きれば生きるほど不経済を生む。両親もこんなめんどくさい奴が生まれるとは思ってもみなかったろう。本来なら今頃は俺が食わせなければならない人たちなのだ。なにやってるんだ俺は。

 ただ、実際俺は今座っているのも辛いほど怠い。これで何をやろうとしたって何もできないのだ。本当に、ただ呼吸しているだけなのだ。この文章らしきものだって一本指で打っている。怠い。怠い。俺は何かの体の病気なのに、スーパードクターに当たっていないので見逃されているのかも知れない。でなければ単なる怠け病だ。でもね、怠けているとしたって俺は全然、楽と思ったことはない。なんの得もしていない。怠ける意義がわかんない。何億円も金があればね、何億円も金があればよ、ひょとしたら怠けるのも数日は楽しいかもしれない。俺、ひとっつも楽しくないんだよ。生甲斐なんて何もないんだよ。親が死んだら俺、餓死するしかねぇんだよ。トイレに行くのさえ這って行く人が、一体何の仕事ができる?死んで献体するしかできることはねぇだろう。それさえ生前の仕事ではない。

 血圧111-60、心拍数105、体温35.9℃。バイタルサインだけいっちょ前だ。何かにときめいて心拍数が高いわけじゃない。いつものことだ。こんな糞重い身体を維持しようとすれば心臓もこれくらい働かないとダメなのだろう。ここまで書くのに半日かかっている。バカか?…だな。疲れた。

 8時45分、サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠を服用。15時10分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。今日もまた、製薬会社に貢献…あぁこの金で、正確に言えば親が薬屋に支払った金で、薬屋と従業員、製薬会社の人と家族は日々生きてる。きっと俺なんかの数兆倍、有意義な人生を。俺は数々のクスリに囲まれ、日々無意義な人生を、死んでいない結果として、生きてる。

 

 鳥が囀っている。それは俺の存在より、意味がある。(17時28分)

 今日の日も明けてしまった。また「今週」になってしまった。喉に何かがつかえている感じ。大した学歴もなく、IBSで、強迫で、社交不安で、うつで、働きもせず、一日寝ているばかりの俺のような人間を軽蔑している人もたくさん知っている。某村の某カテにもそういう人がいることを俺は知っている。文の端々に、俺のような人間を軽蔑するような言葉があふれている。約半分の年齢の人間にこけにされ悔しい。が、事実なのでぐうの音も出ないし、どうできるわけでもない。馬鹿にするがいい。軽蔑するがいい。嘲笑うがいい。どうできるわけでもないんだ。腸の事もあり、強迫の事もあり、社交不安の事もあり、もちろん、うつの事もありがんじがらめでどうもこうも動けない俺を嗤うがいい。俺の苦しみは当然のことながら俺にしかわからない。俺でない部外者は俺のことをあーだこーだ誹謗中傷するだろう。致し方ない。他人は俺じゃない。俺の事情が理解できたならそんなことは言わないだろう。他人にそんなこと期待する方が間違っている。間違っている。俺はサンドバッグになるよりしょうがないんだ。サンドバッグに。(1時36分)

 精神的に良くないことがあって落ちている。怠いし、体調悪いし。でもあの人にしてみりゃ、「早く死ね!」というところなんだろう。望むのなら早く死ぬよ。それがあなたの精神状態にとっていいことなのなら、喜んで、死のう。人のために何もしてこなかった俺が、人のために何かできる、最後のチャンスだ。もういい。俺のこの糞のようなこの人生なんて継続する意味があるのか?いやないな。命の大切さを解ってないだって?俺の命なんか大切じゃねぇよ。この世には、大切な命とそうでない命があって、俺の命は後者だ。命の重さには軽重があってな、画一的な教育を受けてきたあなたには、それはわからないだろうが命の重さには軽重があるんだ。俺の命はヘリウムのように軽いんだ。10時25分、サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。15時38分ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。17時42分ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。あとから頓服のレボトミン®25mg錠2錠を服用。よくならないのでリスパダール®内用液1mg/ml・2mlパック4パック服用。

 今日は内科だった。血液検査の結果は肝機能がよくないが脂肪肝だから。他細かいところ見ればいろいろあるが全体としては問題なし。ただ俺は、怠くて怠くてしかたがないしイライラしてしょうがない。精神面でも嫌なことがあったりしてよくない。7時10分サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。12時35分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。20時5分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。こんな日はタモリ倶楽部を見て和もう。あぁいう力の入っていない番組はいいな。ところで今日あるよな?ゴルフでつぶれたりしてないよな?明日がいい日でありますように。嫌な思いはもう嫌だ。

 某SNSで、明らかに俺がよく知っている女性がいるのだが、俺だけには投稿が一切見えないように設定されている。でもその投稿への返事にはその女性の名前が書いてあるのでわかるのだ。非常に気分が悪い。俺はのけ者にされている。そういうことを平気でする人なのだ。無慈悲な人だ。イメージダウン。でもその人にとってはその方が却って好都合なのだろう。あくまで俺とすっぱり縁を切るつもりだ。俺だっていつまでも未練たらしく憧れていると思うなよ。なんか勘違いしてるんじゃないの?もうあんたにそんな気はないよ。黙ってりゃいい気になりやがってこの女!

 眠気はなくなったが疲労がたまっている。4時35分、サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。Linux/Unixインストール強化期間、Oracle Solaris11のgrubでつっかかって、なかなか前に進まない。どうしたもんか悩んでいたが何とか解決(?)まだ最終段階に来ていないので解決したかどうかわからない。それから、最近パーティションというものを久しく切っていないので基本パーティションと拡張/論理パーティションの仕様を忘れてたりして全く要領を得ない。おまけにswap切るのを忘れていたり全く以てどうしようもない。こういう細かいことの積み重ねが疲労となってたまっていく。嫌ならやめればいいじゃないかと思うだろうが、ここんとこが強迫じみている。13時10分ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。全く、馬鹿としか言いようがない。HitachiのHDDもうすぐ寿命が来るというのに、書いては消し書いては消しして酷使している。そのうちヘッドがディスクに接触してお陀仏だ。19時20分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。目も痛いし腰も痛い。PC眼鏡、買ってもらおうかな。眼鏡と言えば、俺は最近、老眼になってきた。近くの細かい字が見えない。もうじじいだ。髭は白髪だし、足腰は非常に弱ってるしほんともうあちこち老化が進んでいる。寝たきりももうすぐだ。

 明日は内科。こないだのこと、話そうかどうしようか迷っている。ほんとどうしようか。ちなみにOSのインストールはまだ終わっていない。明日(今日)いっぱいかかるかな。疲れた。寝たい。翌2時過ぎ、雨が降ってひやひやしてきた。(翌2時23分)

 4時35分、サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。

 昨日からずっと眠い。かといって眠れるわけでもなくただ眠い。サインバルタ®が犯人であることはだいたい判った。体調悪い時は効かなかったんだな。今になって効いてきたのはいいタイミングだ。だけど眠いのがどうにかならないのか?今日で三日目。しんどい。

 Linuxコレクション強化期間が始まった。500GBのHDDをもう一台用意してあと7つLinuxを入れる魂胆だ。計15のOSが入ることになる。でも…なんか不毛だなぁ何か意味あるわけ?ただ単なる好奇心なんだが、自分でも半分馬鹿馬鹿しくなってる。眠いわ、不毛だわ、馬鹿馬鹿しいわ、それなのにやってしまうのは何故?これも結局、強迫じみているわけで、なんつーか「これやらなきゃ死んじゃう」みたいなそんな思いもあり…。「バッカじゃねぇの?」といわれたら「バッカだもん。」と言うしかない。このくそ眠い中こんなくだらないことをやってなんになるのか、ただOS選択画面のOSの選択肢が増えるってだけだ。馬鹿じゃなかろうか。(翌0時34分)

 眠くて眠くて仕方がなかったが、横になっただけで結局眠らなかった。昨日は非常にゆううつな日だった。この世の中の人もそういう人が多かったのだろうか、そんな気がする。なんか、先週以来怠くて立ちくらみもする。食うのを少し控えていることと、サインバルタ®の副作用も少し出ているのかも知れない。(副作用1?5%未満の項に「立ちくらみ」有り)立ちくらみは5月30日くらいからだから、ちょうどサインバルタ®が一回2カプセルになってから出ていることになる。まぁそれも直に慣れるだろう。今のところ立ちくらみはほぼ百発百中で出る。ブラックアウト、耳がキーンとして聞こえづらくなる。血液検査では特に貧血はなし。自律神経系に何らかのアンバランスが生じているのではないか。

 只今3時33分、コーヒー豆を挽いてアイスコーヒーを作って2杯飲んで、トーストを焼いて食べた。これが今日の朝食。4時になったら今日の朝の分の薬を飲む。サインバルタ®は胃酸に弱いので食後に飲まないと効きが悪くなる。もっと遅く朝食にしてもいいんだが、母の朝食の準備と重なるとコンロが空いていなかったり弁当の用意をしていたりして台所一杯に食材が置いてあったりするのでコーヒーを淹れることができないのでこの時間帯になっている。で、俺の「日度」の始まりは4時であるのでそれに間に合うようにとなるとこの時間しかない。4時15分、サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。

ぶっこ 今年2013年の夏至は6月21日。あと三日後。もうこの時期になると3時45分過ぎると薄っすら明るくなってきていて、夏至が近いことを感じさせる。今日の銚子の日の出は4時20分、日の入りは18時55分。日の出は早く、日の入りは遅い。俺は昼の時間が長くなってくると比較的上向きになってくるのだが今年は若干それが遅れているようだ。毎年この時期になるとこの時間帯、車庫の屋根に昇って(以前ここが物干し場だったので屋根に昇る階段がある)景色を眺めていたぶっこがもういないというのもあるのかも知れない。そっか…ぶっこはもういないんだね…。

 他にも色々と健康面の心配だったり、計画が捗らなかったりしてゆううつの種があるし、強迫や過敏性腸症候群の調子が今一つだったりしてなかなか上がってこない。躁転までしないでいいけれど、もっと元気になりたい。(6時53分)

 今更ながら部屋を夏仕様にしたコタツ布団がなくなり、広々とした。今日は蒸し暑い。27℃まで上がるそうだ。うんざり。暑いのは嫌だ。13時15分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。

 眠くて眠くて仕方がない。翌1時半に起きて2時15分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。昨日,今日と異様に眠いのはサインバルタ®?とにかく、眠いんですけど。(翌3時22分)

 3時半朝食。4時3分サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。ねる。13時8分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。19時54分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠2錠を服用。眠い。眠くて眠くて仕方がない。何かのクスリが「かかった」か?サインバルタ®か?飲んで暫く経つがかからなかったんだが…。3週間目か…。ちょっと時間かかったなぁ。眠いので寝る。(21時20分)

CHRIS HART /Heart Song 3時50分、リスパダール®内用液1mg/ml・2mlパック4パック服用。家族はみんな起きてきてサッカーを観ている。好っきだねぇ…。4時20分、お友達と電話で話す。5時5分、サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。5時50分、サッカーが終わり(ブラジル3-0日本)家族は三々五々テレビの前から離れて行った。俺は今から寝る。(6時14分)

 一度起き、14時42分(今日は記録していたので時刻が細かい)、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。再び寝る。17時30分起きる。18時21分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠2錠を服用。異様に腹が減っている。19時、出前の「こがねそば(えび天・焼餅・山菜)」というそばを食べる。ワサビがきつすぎたのか下す。

                                   *

 妹がCHRIS HARTの『Heart Song』を貸してくれたので聴いてみた。いいじゃないか!なんだこれは!オリジナルより良かったりする。早速PCに取り込んで…いやほんとはお金を出させていただきたいくらいだ。申し訳ない。聴きこんでみる。これを聴いて、ドラムというものは、必要なものではないのかな、と思ったりもした。唄があれば充分じゃないかと。

 23時50分、レボトミン®5mg錠3錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。

 今日もあまり体調は良くなかった。今日の日はもう終わり。明日がいい日でありますように。(23時59分)

 怠い。かったるい。4時15分サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠を服用。13時25分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。19時50分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。

 過敏性腸症候群に始まって排便強迫→便意恐怖→パニックときている。最悪の経過をたどっているような気がする。俺は排便の度パニックを起こすのだろうか。嫌だーそんなの嫌だー。なんかこの4?5日文章を書く気力がない。読者の方々もそのへんは既に察知していらっしゃるだろう。ちょっとショックが大きくてねぇ。日常茶飯であるはずの排便が人生の中で大きなウエイトを占めてしまっているというのが、なんかねぇ…。例えば下痢、普通は第一波が出たところでみんなトイレを出るのかもしれない。で第二波が来てまたトイレに入るのかもしれない。俺の場合下痢が第五波まであったとしたらそれが出るまでトイレを出ることができないのだ。自分の腹具合と向き合う時間が人生に於いて長すぎる。何もできない。下痢なら下痢、便秘なら便秘、その中間がないのはどうしてなのか。

 書く気が失せた(翌0時47分)

 多分パニックなんだな。「うんこ!」=「ゆっくりできない!」→パニック!となるんだな。それで胸苦しくなって、呼吸困難っぽくなって、俺は、救急外来を受診したんだな。で、死にそになってん、いうたんやな。バカヤロウ。


 こう書けば笑い話だが、実際はそんな呑気なもんじゃない。今日もそうなりかけた。頭の中で、「排便=切迫」という図式が成立してしまって、「便意=恐怖」となってしまった。便意恐怖の理由は二つあって、一つ目は排便時に東日本大震災が起きたこと→早く終わりたい→慌てる→残便感→焦り→パニック。二つ目はトイレが一つしかない→後に入る人がいる→早く終わらないと→慌てる→残便感→焦り→パニック。自分の意思に反して上手く排便が進められないということに原因がある。そもそも、どこまで出せばいいのかということが解っていない。俺は、「排便を制する者、人生を制す」だと思う。「人生を制す」…うん、そうだと思う。「排便」の人生に占めるウエイトが、いかに少ないかに、人生楽しく生きられるか否かがかかっているといっても過言ではない。これは例えば手洗い強迫とかでも、「手洗い」の人生に占めるウエイトが限りなく大きいことに患者の人生が支配されてしまってQOLを著しく低くせしめている。俺も多少手洗い強迫がある。それより大きい部分を排便強迫が占めていてそれゆえ便意恐怖に陥っている。QOLが著しく低い。「排便」に人生を支配されているのだ俺は。「排便強迫」なんてマイノリティーだろうから「強迫」というカテゴリーには入れられないことが多いというか「強迫症状」として認知されていないことが多いと思う。でも実際はあると思う。人間、あらゆることが強迫の対象になり得るのだ。強迫→どうにもなんない→パニック。…強迫性障害を基礎疾患とするパニック(障害)も存在するんではないかと俺は思う。(以下抹消)