合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。

スプレーボトル 午前中はいつもどおりゆううつに"GhostBSD"の設定、ドライバのビルドとインストールやってたんだけど、昼にひよりから電話かかってきて「午前中で帰る。」と言ったので急に出かける用事ができて帽子被ってこないだ買った七分袖のパーカー(...って俺パーカーばっかりだな)を着てった。

 なんか糖尿なってからサイズがダウンしている。「4L」と見積もっていったらそのサイズだと肩抜け。3Lも同じ感じ。結局、2Lのもの。腹囲が、まるで栄養失調の子供に腹水が溜まってパンパンって感じなので。ヒップもそんなにでかくないし脚もそれほどでもない。腹だけサイズがでかい。内臓脂肪ですよこれね、ぜ~んぶ。筋肉量が減って、「サルコペニア肥満桜状態。痩せてた頃は平泳ぎ選手のような体型でしたが、今は普通の体型の人がTシャツの下にバスケットボール入れたみたいな感じになってる。腹だけポコンと出ている。サイズは横幅がなくて厚みだけでかい。へんなの。
 で、『ホームジョイ本田』で灯油を買って、『Seria』でスプレーボトルを購入(写真)。『ケーズデンキ』でDVD-Rの50枚スピンドルを購入。『カスミ』で惣菜やパンを購入。帰宅16時。

 で、再び"GhostBSD"の設定をしたんだけど上手くいかなくて断念。あとで再トライの予定。

 あぁーあ。くそつまんねぇ。今年の桜はこれで見納めかな…。日曜日くらいまで散らないでくれればいいんだけど…。

 精神状態最悪。二十数年前、ドラム叩くの疲れちゃって…というか、他の楽器担当の人たちが全然上手くなろうという気がなくて、俺は練習の初日には本番やってもいいくらいに仕上げていったのに、なんだよ!?他のメンバーは自分が本番レベルに達していないことが面白くなくて仏頂面、中には自分で上手く弾けないことにキレてベースを壁に叩きつけたK・H。そんなとこから文句が湧いて、人間関係のいざこざ、いつも板挟み。そんなとこから綻びが出ていっつもぐしゃぐしゃ。そんなことがたびたびあって、人間関係に疲れた俺。抜けましたよ、練習一回で。えぇ、俺はテープの音源そのままにコピっていきました。なのに何その唄?怒鳴ってるだけだよね?デスなの?音源はデスじゃないよね?この曲にこの歌い方?オリジナリティっつうのはそういうのじゃないの。こんなバンド、誰が聴いてもつまんないと思うぜ。メロディに音階がない。こんなバンドに俺を使わないで。100人が100人、聴き心地が悪い音楽を、俺はりたくないのですよ。だいたい、知らない人がなんで一人で俺を迎えに来るわけ?ふつうさ、誘ったK・Hが一人で、若しくはバンドのメンバー引き連れて来てスタジオまでの歩きがてら自己紹介のような話になるんじゃなくて?そんなにルーズで良かたっけ?そこからして俺は???だったんだけど、まぁ、練習終わりのチョコレートパフェ、美味しかったです。ありがとうございました。それが歓迎会兼送別会ということでひとつよろしく。もうお会いすることもないでしょう。小学校中学校の同級生K・Hくん。あなたはちーとも変わってなかった。

 なんて二十数年前の出来事を反芻してまた嫌な気持ちになってる。でもチョコレートパフェは美味しかったですね。

 眠くなってきた。でも眠らんぞ俺は。今のとこ覚醒剤・非合法/危険薬物を除けば最も目が醒めるのはカフェイン。でも、コーヒー程度のカフェインなんて大したことないし、俺が好む深煎りのコーヒーはカフェインの多くが熱に因って揮発してしまっている。…とこういう話の行く先は大抵リタリンなんだけどね。あれくらい効果が出る化学物質のみが「薬」を名乗れるようにすべきだと俺は思う。

 あ、それから最近では、「風邪ぐらいなら市販薬で済ます」→『セルフメディケーション税制』で医療費控除の特例として認められる。一定の条件を満たした市販医薬品の出費分も医療費控除の対象として認められるもの。ガスター10とかのスイッチOTC薬などがその対象。そのリストはこちら。最近だと抗アレルギー剤(花粉症など)があったりするね。個人輸入で買ったようなのは当然ながら×。でもどうなんでしょうねぇ…医療を必要とする「医者に行きたくない」人が、対症療法的に下痢止めとか解熱鎮痛剤、胃薬買って療養してたら実はがんの末期だった、というのはあり?それも治療の選択というのなんですかねぇ…ねぇ、これでええのん?まぁ定期検査をきちっと受けてるっていう前提があるんですよね、どう証明すんの?まぁ人口…特に年寄りが早く死んで年齢構成のバランスが取れるようにという誘導ですかねぇ。あと一つ文句があるのが、患者が自己判断でインフルエンザを風邪だと判断してシャバで動き回りパンデミック化する、胃痛を「軽いさしこみ」だといい方に解釈してブスコパンとかで処置してたら胃がんをこじらせて死んじゃった、節税を利用するために…。と言うのはええのん?まぁいいかぁ…それもまた 人生 か…。

 疲れた。20時30分

 なんか…ゆううつだ。『憂鬱』と書けばまぁ、一見アカデミックで偉そうなんだけどね。今日は俺は敢えて『ゆううつ』と記述してみる。ゆううつだねぇ、ゆううつだよぅ…。今日は父の病院だったので母も付き添いで行った。14時10分、両親帰宅。ドトールのミラノサンドをお土産に買ってきてくれた。んーでも…なーんか気分は晴れない。晴れないねぇ、晴れないよぅ…。なんか…うーん…。つらい…。「どのように?」と訊かれても困る。ただただ疲れ、しんどい。もう嫌。

 ホントは精神科の予約は明日だったんだけど、明日、父が病院で母も付き添いで行くので今日にしてもらった。調子がとても悪かったこと、人間関係での葛藤【Facebookのアカウント「停止」ではなく「削除」にしたこと。】1985年入学の高校、バンド関係者との関係。【はじめにドラムありきの豆々・ドラムを叩かない豆々は不要】【徹夜が出来ない】【母方の祖母と母のこと】等々。A4一枚片面に収まるようにフォントをギリギリまで小さくしてプリントアウトして持参した。

 精神科の会計処方箋発行が11時40分くらい。で、母が潮来の『ホームジョイ本田』でポット植えの植物を買いたいというのでR356を西進、小見川大橋を渡って県道44号~県道50号~R51との交差点を右折、左手にホームジョイ本田がある。俺の所持金は400円だったので何も買えず母が園芸コーナーを見ていたのでしばらく俺も見ていたがクールミントとペパーミントを購入。ゼラニウムとかローズマリー、ラベンダーとかあったが、今日はミントだけで。「何に使う?」って訊かれると思うんだけど、それは母に訊いてください。

 自宅着、15時。あとは日記書いたりUNIXを弄ったりして、現在に至る。

 なんか疲れた。

 疲れた。

 

夢のひろば須田 昨日のテレビ東京系『出没!アド街ック天国(21:00~)』で銚子をやっていたこともあって、まぁ多少時間がある人は銚子へと向かっただろう。混みそうなので我々(母・俺・妹)は鹿嶋方面を目指す。

 神栖市須田地区にある、須田小学校の表で、チューリップなどを植え、山羊のいる公園っていうのかなぁその名も『夢のひろば須田』。あんまり花の名前知らんのだけれど、チューリップを始め、いろんな花が咲いている。やぎの『ゆめたろう』くんが、すごい勢いで草をんでいました。そんなに美味いかねぇ、草。 マスコットのゆめたろうくんです。管理のおじさんがゆめたろうくんを連れてきてくれたんですが…ゆめたろうくん、ぜんぜん言う事聞かない(笑)引っ張る引っ張る。早く草喰いたくてたまんない様子。毛の触った感じは割とゴワゴワしている。放浪犬『ぶっこ』のような硬さ、と言ってもスタンダードがわからないもんね、ごめんなさい。

 ゆめたろうとにかく、じっとしてない。だから幾つシャッターチャンス逃したか知らない。

 もうちょっとアップで写ったのがこれ。瞳孔の形が面白い。しかしなんか…画質が、ひよりのXperiaのカメラの性能が高い!このcanon EOS kiss Digital Xより綺麗に写っている感じがする。こないだ成田のさくらの山公園に行った時に撮った鯉のぼりの写真、ひよりの方は綺麗に撮れていたのに、なんか俺の写真の鯉のぼりは、ひっからびたししゃものように写っていた。うーん、これってやっぱり腕(技術)なんでしょうね。俺は俺で全然説明書見ないのできっと使えこなせてない。だめかな?だめだな。

【追記】

 ここに来ていたビデオカメラ持ったお姉さんがNHK水戸放送局鹿島支部の関係の人だったことが判明。NHK水戸放送局からのニュースで放送されていた。母の笑い声がしっかり入っていた。テレビ出演って簡単にできるんだな。お姉さんの真後ろあたりに俺がいるのだ。黙って突っ立ってた。何処のビデオカメラか知らんけど、こちとらもう10年選手のcanon EOS kiss Digital Xだ。GPSもついてないし、SDカードじゃなくてコンパクトフラッシュだ!悪いか?

 精神状態悪化。さっきLinuxのisoをダウンロードしてる最中急に来た。昨夜から悪かったが更に大波がきた。物凄い悪化だな。こんなに自分の精神的揺れを感じることは最近なかったんだけど。参ったな…。もう16日だよな。昨日、何か動きあった?どこぞやの国。知らんのよネェ今日碌にニュース見てないもんだから。パニックの予感があったけど「まぁいいや。死んだら望み通り」と思ったんだけど、決意にちょっと時間がかかっていつもより1時間ほど遅い4時に風呂に入った。TVつけるとTVショッピング。金井克子がぱっぱっぱぱっぱ歌ってるしずーっと「黒酢にんにく」。

 NHKニュース。松戸の女子児童殺害事件。子供に関する職に喜々として参加している男の大人って、ロリコン多いんじゃない?何も好き好んでさぁ児童とかに関わりたくない。倒錯してるなぁ。小児に性的魅力を感じるかぁ?うーん…精神疾患や精神障害、俺もその当事者としてなにか書いてみる。

 精神科級の人格障害の人間がちいちゃい児童を殺した。いつもこの手の事件が起きると大抵のニュースには「なお、容疑者は精神科に通院歴があり…」みたいな但書が。それで追及をやめちゃうんだよね。でも…自力救済は認められないとかいう。自分の子供が戻らないならせめて厳罰、残虐刑を求めたいところだね。残虐刑の定義について、『不必要な精神的、肉体的苦痛を内容とする人道上残酷と認められる刑罰』ということだけど、目にタバスコをさす、足の爪を剥がし、ハバネロを擦り込んだ上、金槌で叩く、とか。鼻に練りからし詰めるとかね。自分で犯人を殺せない、更に死刑廃止を喧伝するやつがいたりとか、それなら自責自戒なんか奴ら無いので、残酷な刑罰を与えるほうがいい。そして、決して出所がない刑罰を望む。どうせ猫かぶってりゃ数年で出てこれる、と思って猫かぶってる奴がたくさんいる。

 で、倒錯とくに幼児愛が強い人(あくまで男のみ)というのは子供を異常に可愛がる。それはその先に自分の欲求を満たすという目的があるから。まぁ、保父、保育士、男はちょっと採ったらいかんでしょ。変なのは男に多い。小中学校教諭(これも男のみ)も結構今だったらクレームが入るような事やってたような気がする。幼児・児童嗜癖、いるよね、子供の近くにいる成人男性には。でそういうのも含めて精神障害・人格障害に区分けして、なんだか責任能力云々言うけど、そうでなくて、『危険物は隔離する』論理でやったほうがいいと思う。死刑廃止、俺はどちらかと言えば反対派だがもし廃止したとして譲れないのは決してシャバに戻ってこれない終身投獄を刑罰として求める。恩赦・特赦の廃止は当然。人権を尊重しない者の人権は尊重されない、云々美辞麗句を並べてみてもそれでは不足で『危険回避』として終身投獄を強いられなければならない。「危ないから、閉じ込めておく」危険物隔離の論理。原発の汚染物質を閉じ込めておくようにそういう人間は隔離されなければならない。何回もこういう犯罪をする奴は自責・後悔・懺悔など無いので、いくら刑務所に入れても一緒。更生はしない。責任能力云々言ってたら結構な数の犯罪が無罪放免となる危険がある。敢えていうが、同じキチガイの俺としてはキチガイに温情など無用だ。責任能力がある程度の意識レベルを持っているから人殺したり犯罪をしたりするんでしょうにそれを…「責任能力なし」って…。おやおやヒューメインな司法ですこと。裁判官も自分を神が如く存在であるような高揚感があるのでせうか。あの容疑者はシャバに出たらまたおんなじことをする。責任能力云々ではなく、危険物隔離を優先させないと。

 あぁー二日間に渡りましてお送りしました『キチガイのグチ』そろそろ別な記事に行こうと思います。あー疲れた。

 今日も恒例、精神状態が良くなく、びろーんと不貞腐れて過ごしたわけですが、皆さんごきげんいかがでしょうか。土曜日だったんですねぇすっかり曜日感覚がわかんなくなってしまいました。なんか、ゆううつですよすげぇゆううつ。なんでこんなにゆううつなのか、問題の解決の時間が、次第に尽きていくような気がして、俺はどうやって生きていけばいいのかわかんないんっす。最終的には誰にも等しく死が待っている、なんつったってヒトの致死率は100%ですから。でもその行く末が悲惨なものなら更に情けなく…。もうなんかね、生きる気力がなくなってきました。「糖尿だけど、まだ清◯よりはマシな患者かな?」なんてボトムを広げて自分を過大評価したところで、なんのメリットもない。まぁ、覚醒剤常習者でないことがせめてもの救いなんて最低すぎる。それは最低限度すぎる。

 ただね、俺は当時無知なまま、リタリンという準「覚醒剤様薬物」を医師の処方によって飲んでいた。あれこそが「薬」を名乗れる化学物質だと、それほど俺には効いた。あの多幸感、万能感。今まで味わったことがないあの爽快感。いやーたまらなかったっすねぇ。

 ところがその幸せも、病院を転院してから、主治医の「あれはね、人生めちゃくちゃになっちゃうよ。うちの病院では出しません」との一言で終わってしまった。幸い、依存にもならなかったし、退薬症状もなかったが、「俺の幸せもうおしまいかぁ」と、ちょっと悲しかった。

 あと頼るべきはトリプタノールかアモキサンか、といったところだね。今も服用しているのはトリプタノール。俺のうつがこの程度で済んでいるのはトリプタノールの力に依るところが大きい。アモキサンはちょっとアッパーで多幸感があったりするので、多分俺は依存するだろうと警戒されてだろうか、処方されない。

 …俺は果たして「治る」んだろうか。残念なことに、うつに「完治」はないらしい。「寛解」止まり、のようだ。俺も八割九割がた、諦めている。俺に幸せは来ない、と。世俗的な幸福を求めれば幸せなんてきっとこないだろうから、「幸福」を別なものに置き換えて満足感を得る、というのが宗教の役目のひとつなんだろうが、宗教を『生没儀式の様式』とだけ定義づけている俺には宗教は救いの場所ではない。救いの場所は俺にとって何処なのか何なのか、俺自身にはわからない。ひょっとしたらこの日記帳かもしれないし。

 他人に今の俺の生活・思想を譲るとして「充分幸せじゃないか」という人もいると思う。だけど俺自身人生の成功者では決してない。所謂「負け組」だ。「完敗」だ。一緒に歩く人は現れず独り腐って土に還る。プロセスなんてどうでもいい。悪事をやらかしてでも幸福になる人もいる。不正手段で幸福を得る人もいる。幸福と思えることが幸福だ。俺はまっ                              たく自分が幸福だとは思わない。

 いつでも俺に喧嘩を売ってきた人達は既に社会的地位も獲得し安定した生活を送っている。俺は誰かに呪われているとしか思えない。S君、I君は元気かい?二人で俺の悪口を言い合っているかい?楽しいだろ?俺の悪口は。S君がI君とつるむようになってから、君の嫌な部分が俺の心のなかで増幅したよ。いつでも高みの見物、いつでも傍観者。「ここだけの話」が出来ない。話はいつも筒抜けだ。いつもそうだ。もういい頼まない。K君?あの人なんか論外だ!

 結構多いんだよね、『アンチ豆々』。ネット界でも、実世界でも。敵が。もう、俺は同窓生とは仲良く出来ない。小中高の関係は切ったし、大学なんて友達作んなかったし。結局集団教育課程はいい思い出なんかぜんっぜんない!知人ならいるけどね。その程度だ。これを見てる俺を友人だと思っている同窓生何か書いてみろ!いねぇだろ?!俺の被害妄想?どうだかね。

 知るか全く…。

 今日のアド街ック天国は銚子。いつもの景色がたくさん映っていた。鹿嶋の時より伝え方に悪意がなかった。努めて活気があるように映していたが通りを一本入ると閑散としたシャッター街があるのだ。一位が銚子漁港…それくらいしかないもんな。それしかないもんな。明日銚子はやや人出が多いかもしれない。市西部は全く触れられていなかったよね。なんにもないもんな。仕方がないか。明日は銚子方面はやめとこう。潮来・鹿嶋・香取・稲敷方面ってとこだな。山羊を見にも行きたいし。

                     *

 精神状態非常に悪い。22時40分。殺したいとかそういうことはないけれど、もう近づいてくるな俺に触れるなとは言いたい。

 精神状態非常に悪い。

 manjaroKDEをインストールし、起動させると、カーネルパニックで起動できず。何かしら方法があるようではあるが、この件で精神状態悪化。眉間に皺、細かい貧乏揺すりカタカタカタかたかたかた…はぁー。なにカーネルパニクってんだよ。俺がパニックなるわ。こういう状態なので、ミスを検討して修正する(若しくはその修正方法をググってみる)という一手間がかけられず、イライライライラする。レボトミン最強バージョンの50mg錠を20錠でも飲んでみるか。1000mg=1g。嘘。死にゃぁしないけど眠くなって作業効率が下がる。うーん、ArchとかGentooとかキワモノを避け、ubuntuベースの簡単Linuxをインストールして成功体験を積み上げて精神状態を良好な方向へ持っていく…なんつぅ事もできなくはない。が!癪に障る。別に俺はねぇLinuxを片っ端からこのPCに入れて何本入るかというバカげたことをやってるわけでは!…あるけれどもでも、ubuntuばっかり集めたってしょうがないでしょう?BSD然りArch然り、独立性を保っている高いプライドを以て開発されているUNIXを集めて、しかも起動画面でそれを切り替えるなんつう、贅沢の極みですよ。PCは3台あるけれど素人の手に負えずお払い箱になった戴き物が2/3であり、碌なPCは今この日記を書いているこのPCしかない現状、そういうやり方でもしないとUNIXの多様性は体験できない。勿論先日のようにSolarisはマルチブート不可能ということが判明したりすることもあるけれどね、やらなきゃそれが判らなかった。まぁ、ただその度に精神状態壊して日常生活への影響も起こり得るわけだけど、それをやらなきゃ、一日な~んもやることがないんだから。この小さな成功体験をいくつも積んで、例えば資格だとか、その勉強にもつながる意欲まで持っていきたいと思っているんだけど、なかなか、一筋縄ではいかなくてね。挫折挫折の毎日ですよ。毎日挫けてる。第一三共ヘルスケアのパテックスを脳みそに貼ってなんとかやってはいますが…はっきり言って、しんどい。これ、自分が好きなことやってるんですが、それなのに毎日毎日挫折して挫けてはっきり言ってもうこんなものやめたいと思うのも毎日。あぁもぅなんなんだ。

                   *

 しかし母、連日連日お呼ばれで忙しいねいいことですね人気があって。俺とは大違いだ。大枠で母に似ている俺の性格の違うところ=非社交的。基本的に男女の差とも言えるが。母の話を聞いていると、中ではドロドロしたいや~なものもあるという。ちょっと前近所で亡くなった方Aさんがいて、Aさんとは違う班だし直接付き合いもないからとXさんには特に伝えなかったらXさんが癇癪かんしゃくを起こしてうちに怒鳴り込んできた。「なんでうちを爪弾きにするのよ」と。その後謝罪に来たが、Xさんとは疎遠になってきている。今後、親密な関係を回復するのは無理があるだろう。今日はなんかちょっと珍しい方に呼ばれたので「なんだなんだ?毒でも盛って殺されるんじゃねぇのか?」と、はっきり言って今、思っている。

 只今15時45分。出掛けて5、6時間経つだろうか。近々には近所の付き合い『お茶講』というのがある。そこでまぁ、近所の情報交換をしているようだ。あの店潰れたのは借金だ、いや違う、どこどこの誰々さん、亡くなっていたんだって、あの土地にはスーパーができる。いや、できない。そういうことを延々としゃべくってくる。

 俺、そういう集まりに入るの嫌い。色々嫌な経験してきているから。直接俺がどうこう言うわけじゃないんだけど、そのグループに於ける、行動規範ってのがあってそれに抵触するとグループを追われる、ということを散々見てきた。かえってストレス溜まる。『嫌われる勇気』という本を読んだことがある。同名のドラマがあってどうやら視聴率低迷で1クールで終了するようだが、こんなドラマに同タイトルがつけられて安っぽくなって嫌だ。俺も基本的に友人をあまり欲しないタイプ。こういう作文をしてれば駄文であれ、時間が潰せる。別に人に評価してもらおうと思って書いているわけじゃないし、名文を書くなんてだいそれたことは言わずもがな。俺は単なるド素人だからね。

 俺も自分でなんか「発達障害」っぽいな、と思うことがある。複数事案を並行処理できないのだ。だから、周囲に自分のペースを乱されると癇癪かんしゃくを起こす。だったら一人気楽にマイペースを守れるほうがいい。きっと俺、現代社会に向いていないんだ。

 まだ文頭の『カタカタカタかたかたかた』はまだ治まっていないというのはまだ薬を飲んでいないから。16時30分、母帰宅。旭の『袋公園』という桜のある公園に行ったらしい。オカン、何日連続で桜観るんだろうね。いやー、益々元気だねぇ。俺だけだよ元気じゃないのは。深い溜息いた。

 薬飲まないとな。そういえば糖尿の薬も飲むの忘れてた。怖い怖い。ジャヌビア25mg錠、ジャディアンス10mg錠、メトホルミン塩酸塩250mg錠・・・サインバルタ30mgカプセル、トリプタノール25mg錠、レボトミン5mg錠、エビリファイ3mg錠…まぁ処方薬はこんなところで。あとまぁいろいろ飲んだりしておりますが。えーっと今、レボトミン50mg錠を8錠…400mgですね、飲みました。効くのか否か、わかりませんけれども。デパスのあのほわ~んとしたダウナー感、もう一回味わってみたいですが、主治医は出さないでしょうね。ここんところ、評判悪いですから。向精神薬になり3ヶ月処方ができなくなったし(1ヶ月に制限)個人輸入もできなくなった。うーん…ソラナックス(併売新薬コンスタン)は俺、効いたんだっけか?一時処方されていたが。あれも依存、離脱症状ひどいらしいからね。

 あぁ…なんか気分悪くなってきた。レボトミン50mg錠、飲まなきゃよかったかな。でもなんか食いたいし。今日の日記、長くなったからもういいよね。

                               おわり

 10時半頃起きたら誰もいなかった。「行ってきます。食パン食べてください 9:30」と母の書き置き、「床屋に行ってきます 父 10:20」と父の書き置き。食パンっつってもなぁ…。と思いながらアールグレイ紅茶パンを食べる。んー…アールグレイねぇ…アールグレイは飲むものだな。と、完食。まずくはない。しっとりしていてむしろ美味いんだが、何故アールグレイの葉っぱの粉末を練り込んだのか、興味があるところだ。

 あ、母はどこに行ったかっつうと、チューリップを観にSさんとお出掛け、結局俺が昨日行った成田の『さくらの山公園』にも行ってきたらしい。やっぱり平日なのに大混みで臨時駐車場の一番奥に案内されたという。

 俺はKNOPPIXの作業でちょっと上手くいかないことがあって、精神状態が悪かった。でも終わらさないと余計気が滅入るので無理やり作業した。これが悲しいさがと言うもんなんだろうな。俺は一体何を、そして何処を目指しているのだろうか。

 俺はきっと、こんな毎日を過ごしながら次第に弱っていき、更新も途絶え気味になり、いつもの「孤独死白骨化死体」の道を辿るんだろう。

 今日もあんまりよくない日だったな。昨日と同じ今日なんて望みはしない。今日と同じ明日を作ろうとは思わない。とは言うものの、俺は今日と同じ明日でいいよ。今日より悪い明日なんて嫌だから。俺は一部のロックンローラーみたいに、病的なポジティブ思考は出来ないからね。

 はぁー23時56分…俺、寝るのかなぁ今日…

 良い睡眠をどうぞ…

                                  おわり

JAL 本当は、この日記、今日(13日)ぶんの日記にしようか、昨日の分にしようか随分迷ったんだけど、なんとなく昨日12日ぶんの日記として書くことにした。

 昨夜(11日)8時半頃妹のひよりの会社から電話が来て、「明日休み」ということだったので出掛けることになった。行き先は成田の『さくらの山公園』。空港のすぐ隣に位置している。見晴台からは駐機場、滑走路も見えて、迫力の離着陸が観られるので、人がたくさん来ていた。「あなたがた一体何を生業にしていらっしゃるのですか?」というシニア、俺くらいのおっちゃん、若い人も結構いたんだけど手にして、または肩や首から下げてるカメラはプロ級。軽く40~50万は超えるそれに大砲のような超望遠レンズ。(あいやー)とswiss心のなかでビビりながら人をかき分け見晴台に向かった。こちとらデジイチ入門機canon EOS kiss DigitalXに50mm-200mの小型望遠ズームレンズ。焦点距離をマックスにしたって200mm。まぁ、プロ機材持ってても使いこなせなければ意味ないんだけどね。

でも、厚生年金の金持ちおっさんの高性能デジイチはいいとして、俺より若い女性が100万近いデジイチを持っているのを見て、なんの職業なんだろう?とかちょっと思った。

 俺、カメラ持ってから結構長いんだけど(小6)…桜ちっとも上達しない。「漫然と撮ってる」ことが一番の原因だと思う。初めて持った一眼いちがんレフは、RICOHのXR500。シャッタースピード最大1/500…まぁ超入門機ってとこなんだろうな。今もあるんだけれど、随分長いことバッグから出していない。カビたりしてるんだろうね…。

 それはいいとして、今日ここ『桜の山公園』に来たのは、飛行機もあるが、桜がたくさん咲いているから、それを撮りに来たんだけど。いろいろ、絞り優先とかにして撮ってみたんだけど、うーん…という感じ。人出が多くて収拾がつかない。勿体ないからせっかくだし桜を撮ろうかと思いつつ、なかなか山桜撮れないもんだ。

 沿道では日航ホテルの桜が見事だった。またあちこちに山桜だったり八重桜、名も知らぬ多分あれも桜だろう。この時期俺は好きだな。いまのとこ花粉症持ってないからなんだろうけれど。街をクルマで往くと、マスク姿の女性多数。花粉症の人も当然いるんだけれども、今の風潮から言うと『伊達マスク』の人も結構多いんじゃないんだろうか。ざわちん効果を随分意識しているんだろうなって。鼻と口の配置形状大きさで随分印象変わるもんな。俺はデブなのでマスクしても興味を持たれない。第一次審査失格!ということでまぁちょっと爆発頭をキャップで隠して行ったのだった。自宅には14時30分頃着。昼飯食って、写真の整理などをする。夕方は調子が悪く、レボトミン50mgを10錠飲んで横になっていた。まだ一ヶ月前の日常の変化のダメージが尾を引いている。俺はスパッと元気になれる人間ではない。

さくら1 昨日水戸の千波湖畔に行って桜の写真諸々210枚撮ったわけだけど、納得していない部分があって、というのは雨天だったのでトーンが暗いこと、それから父母夫婦を写真にしておきたいという思いがあり、水戸はちょっと遠慮しますという父だったが「潮来ならいいでしょ?」と母。「じゃぁ行ってくるね」と勝手に二人で行く段取りを組んでたから「いやいやいやいや、夫婦写真誰撮るのよ?」と俺。あんまり二人の距離を離したくなかったから敢えて三人で横並びせず、俺は数歩…十歩くらいかなぁ後を歩いて観光客みたいに首からカメラぶら下げてパーカーのポケットに両手突っ込んで帽子を目深にかぶって付いてった。

                    *    

 なんかもうね、最近は出掛ける寸前に起こされたりするので、風呂入って頭半乾きで寝てたりするともう、頭爆発してボンバヘッド状態で出掛けるのでベースボールキャップ被ったり、ニットキャップで頭全部覆ってしまうような格好をしていることも多い。実は俺は昨夜、寝ようとして寝たんじゃなくてやむを得ず眠ってしまったということで寝間着のジャージに着替えないでいたのでそれこそ昨夜に着たそのパーカーのまま、来てしまったというわけ。 高校大学なんて、一日三回、夏ならもっと入浴する、日に三度も四度も着替える…「いつも石鹸の香り漂う豆々くん」と言われていたこの俺が、もうそんなことに労力を使うの、疲れちゃったんだよ。それに出かけた先で会う人なんて、もう二度と会う確率などほとんどない人、それをいちいち気にしていたらなにも出来やしない、と、非常にズボラになり、現在に至る。どうせね、背も中途半端に標準身長なのに102kgもあってさ…明日起きたら「もこみち」くんになっていたら、早朝からハイテンションで小躍りするなぁ。もしそうなら喜んで被写体になるんだけどな。今はいい、撮影者で。死期を察知したら撮ってくれと頼むのだろうけれど。免許の写真なんて水死体みたいな顔に写ってるからなぁ。実際そうなんだろうからそう写ってるんだけれども。妹のひよりの免許の写真、やや微笑んでよく撮れている。それに引き換え、なんだこの水死体は!?なーんでこのぅ、浮腫みがね、顔に浮かび上がってるんだろうか昔の写真と較べると、明らかに違うもんね。昔の顔は、日本ハムファイターズにいた西崎とか、角松敏生に似てると言われていた。悪くないじゃん?でも今は、水死体よ?気分が悪くなりたければ免許の写真5秒ほど見りゃぁいい。いやぁ子供の頃はちゃんと子供の顔していますよ。でも今水死体。

                   * 

 で、川でクルーザーみたいなのに女の子が乗ってて、その体験記を取材してるような銀レフ持った人とカメラマンの乗ったボートが走ってくるわけですわ。で間もなく、エンスト(笑)…というのを横目に見ながら桜の写真を撮り、「二人の写真撮って」といわれたら「ハイチーズ」「ハイポーズ」なんて、鼻で笑いながらキューかけてました。

ryoushin 今日行ったのは潮来の川沿い、権現山公園、弁天公園。ロケーション的には水戸の千波湖最高なんだけどね、天気には勝てないなぁ…つったって他が悪いわけじゃないよ?ただ権現山はやや寂し目だったかな。弁天公園は、昔の知人に教わったもので、あれはいいね。

 ところで、カメラのコンパクトフラッシュが途中で「いっぱいになって撮れません 」という警告が出てゾッとしたがそういえば昨日の210枚をPCに取り込んだにも関わらず消去・フォーマットしていなかった。ので昨日の写真を消しながらの撮影。昨日は電池がなくならないようにフル充電して、それで満足しちゃって、CFまで気が回んなかったんだな。ドジでいかにも俺らしい。

                     *

 まっ             たく違う話だが、Solaris(今回はOpenIndiana)と他Linux、Windowsの共存ができるか、つまり、grubで拾ってくれるかということを課題にやってみたんだが、どうやら無理らしい。「どうやら無理らしい」という情報だけ載っていてなんでなのかはいくら検索しても仮定、推定だったりするから参考にならない。ここで、今回と言うかSolaris側が態度を改めて汎用grubで拾われるようにしないと、ミーハーの人であっても「使えね」と放棄するだろう。ある程度grubの方向性が固まっているんだから、我を張らずに汎用化しちゃえばいいんだよ。ほんとにもう…。

 パーティショナーを使っていて2、3、気になることがあるのだが俺の杞憂に終わればいいんだけれど…。ドツボにはまってまた精神状態の悪化が起こるのは避けたい。そうならないように願いながら、俺はこれから、KNOPPIXをインストールする。

おわり

桜1 今日は雨だったが朝5時40分に家を出て、水戸の千波湖畔に桜を観に行ってきた。日和山から太田にかけて雨が強くなって、これどうしようと思ったが、水戸の千波湖畔につく頃は雨足がだいぶ弱まってきて、「大丈夫かも」という雰囲気になったので、悪天候ということで駐車場も空いていてちょうどよかった。桜はもちろん綺麗で壮観だったが、湖畔で出会った犬。珍しい犬にも会ったので、写真撮らせてもらった。

 千波湖畔は一見、変わりがないように見えた。が、白鳥がいない。鳥インフルで命を落としてしまったのだろうか。でも、コクチョウは元気にしていた。コクチョウの遺伝子に鳥インフルに強い要素があるのだろうか。

湖畔 一時間位湖畔にいただろうか桜は壮観だし全部見頃になっていたのと、悪天候だったこと、人出が少なかった幸運が重なった。水戸に向かう時には青信号ばかりで全然信号に当たらず、我々、なんか善行でもしたんだろうか。してないよな、単なる偶然以外の何物でもない。いやー見事だった。明日明後日あたりは弁天公園の桜を観に行きたい気がする。晴れるかな? 

 

sessya 被写界深度を浅くしようと思って絞ったら露出不足であんましよく撮れなかった。

 

 

 

 dudle

 なんとかドゥードゥル。人の懐に潜ろうとするくらい人懐っこい犬。この子は俺のジーンズに体を擦り付けて、愛情表現なのか濡れて気持ちわりーので拭いたのか不明。

 

 

 

  

茶ワンこの茶色の子はちょっと臆病。あんまり懐かなかった。まぁ、そういう子も中にはいるよね。連れていた女性は非常に愛想が良かった。犬が会話をはずませる。

 

 

 

 

 

 田んぼが見渡せる茨城県庁前のスタバでお茶して俺はカフェラテ。母はカプチーノ。ひよりはカフェモカ。小一時間いただろうか。

 帰りにかねふくめんたいパーク大洗に寄って試食したりミュージアムを観たり、でかいめんたいおにぎりを食い、お土産を買って帰路につく。ひよりは以前はじめてめんたいパーク来るまでは明太子嫌いだったのだがここに来て試食しておいしい、ということで食べるようになった。人生損してたというまで食わず嫌いだったんだろう。ちいさな手柄ですよかねふくさんは。

 ま、盛りだくさんで色んな体験をしたのでちょっと疲れた。寝る。

 うちは命日とか何回忌だとか神仏を重んじる家族だ。というか母だ。もう何回忌というのは終わりにしたんだけど、命日や月命日は墓参りに行ったり、ご飯は炊き込みご飯とかたけのこご飯である。じいちゃんの(月)命日は、故人の好きだったパンを供える。こないだはお茶の時間に俺がコーヒー淹れてたので、「コーヒー、少しちょうだい」と、デミタスカップにコーヒーを注いで供えた。うちの仏壇には3人の位牌が納められている。じいちゃんばあちゃん、そして2つ違いの妹まみこ。みんなコーヒーを飲んだのだろうか。じいちゃんはなんでも「んめ、んめ!」と言ってくれるだろうしばあちゃんは「燻りくせぇ」、まみこは「にがにがー」とでも言っているのかな。それにしても、先に逝った3人は俺の現状を見て嘆いているのだろうな。存命中に荒れなかったのがせめてもの救いだ。