合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。
  • 2013年06月登録記事

 2時21分に「もう寝ようか」と書いてから7時間、結局まだ寝ていない。散らかった部屋を片付けた。特に何かがあるというわけじゃないけれどさすがに自分でも見かねてしまったので。それでもまだ細かいところを見れば雑然としているのだけれど。どうも俺は片づけが下手だ。「片づけられない女」というのがあったけど、俺は「片づけられない男」だ。なんでこんなふうに育ってきてしまったのだろう。っていうか、脳の構造に問題ありとかいうことだったが…どういう構造に問題があるんだろう。調べてみたらここにあった。見ると、ADD、ADHDだ、ということだ。俺にも当てはまる項目が結構ある。俺はADDとかADHDなんだろうか。特に授業中に教室を歩き回ったりとかはしていないけれど、集団行動が苦手で、遅刻しがちだったし、過集中でもあったし…一生治んないんだってさ。しょうがないね。「あれもこれもしなければならない状況下に置かれると頭の中がすぐ混乱してパニックになってしまうのである。」まさしくその通りだ。

                                     *

 昨夜、朝昼夜寝る前のクスリを一度に飲んでしまい、今朝も早くにクスリを飲んだので、ちょっと頭が痛くなって、遠近感がおかしくなったが寝て起きたら治った。軽いセロトニン症候群だったのかも知れない。

                                     *

 Linuxコレクションがやっと終わった。結局Debian系、Ubuntu系が主になってしまった。

Debianfedora

 

 

 

 

 

knoppixlinuxmint

 

 

 

 

 

natureossolusos

 

 

 

 

 

opensuseubuntu

 

 

 

 

 

voyagerwattos

 

 

 

 

 

zorinosbodhilinux

 

 

 

 

 

scientificlinuxkanotix左から"Debian"、"Fedra"、"KNOPPIX"、"LinuxMint"、"NatureOS"、"SolusOS"、"openSUSE"、"Ubuntu"、"Voyager
"WattOS"、"ZolinOS"、"BodhiLinux"、"ScientificLinux""KANOTIX""WindowsXP"全部で15のOSが入っている。それぞれ少しずつ使い込んでみようと思う。でも、これでコレクションが完了と言う事ではない。明日か明後日にはFedora19が出るので入れ替えないといけない。「いけない」というのが強迫的だ(笑)。二日ぶっ続けで不眠不休でやっていた。バカみたいだ。疲れた。今日はゆっくり寝よう。

 そもそも今日未明のうつの波は多分起きた時から始まっていたもので、全然平穏な一日ではなかったのになんで「割と平穏な一日」とか「ちょっとだけ」なんて書いたのだろう。多分、ドライブに連れて行ってくれて、おまけに雑誌二冊も買ってくれた母に気兼ねしたのかも知れない。母はパソコン使えないので、このページを見るわけでもないので変だね。昔爺ちゃんが言った「おてんとさまが見ている」がどっか頭の中にあったのかも。

 でも実は、買ってきたパソコン雑誌もスマホ・タブレット特集とか、俺が当分(もしかして一生?)持ち得ないものを(妹や父の持っている携帯もガラケーだ)特集されても何が何だかわからなくて、さっぱり楽しめなかった。とは言うものの、その特集だけが悪いのではなくて、朝から始まっていたうつの波が影響していたことはほぼ間違いないだろう。以前ならアモキサン®で上げ過ぎてイライラして暴れたこともあったが、今はそのエネルギーさえない。俺が大人になって丸くなったとは考えづらい。やはりSSRIもSNRIもアモキサン®とは比べ物にならないほど弱い薬物なのだろう。ただセロトニン症候群になる可能性があるというだけで。アモキサン®はドーパミンを出させるという効果があるのかも知れないな。午後に起きた時は少しうつの波も治まっていたが、Linuxコレクションがどうもうまくいかなくて難渋している。これから明日未明にかけてまたうつの波が来ないとも限らない。

 なんだかサインバルタ®の影響か立ちくらみがほぼ百発百中で来る。でもいつか慣れると信じてこれからも飲んでいこうと思う。何故ならあと選択肢は三環系抗うつ薬くらいしか思いつかないからだ。レメロン®やリフレックス®などのNaSSAはけいれん発作の可能性がある(昔飲んだルジオミール®、テトラミド®、テシプール®などでけいれん発作を起こした「四環系」の改良型だから)からこの選択肢はないし、SSRIのレクサプロ®はあまり期待できないということで主治医は出したがらないのでこの選択肢もない。だから繰り返しになるがアモキサン®やトリプタノールなど三環系抗うつ薬くらいしか思いつかない。でも主治医が出したがらないのでこの選択肢もないだろう。補強のラミクタール®は湿疹が出るし使えない。主治医は気分安定薬としてリーマス®を提案したが結局はそれくらいなんだろうな選択肢は。

 6時10分、サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用。13時30分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。18時25分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。

 眠くなってきた。そろそろ寝るとするか。(翌2時21分)

 今日はため息ばかりついている。Linuxコレクション強化期間であるにもかかわらず、コレクションが上手くいっていないという事情もある。

 ないならないで諦めればいいような気もするが「これできないと死んでしまう」という変な強迫めいたものが俺に取り憑いている。けれども結局、Linux界も再編・淘汰の時期を迎えているようで、Redhat系はCentOSとScientific Linuxくらいに絞られ、Fedora系はFedora以外はマイナーなディストリに別れ、日本語化も進んでおらず、あとはDebian系とUbuntu系が大勢を占め、事実俺のHDDもそのような状況になってきた。

 別な名前を名乗っていてもシステム自体の名称を根っこから変更しているものは稀で、Grub2のOS選択画面ではDebian7.1(7.0)とかUbuntu13.04とかの名前ばかりが並んで面白くない。どれも大同小異といった感じで、なんだか「比較検討のための」というコレクションの意義がなんだかわからなくなってきた。

 もっとDebianとかUbuntuとか(Kubuntu、Xubuntu、Edubuntuといった亜種も含む)Fedora系以外の、独立系Linuxが出てきて欲しい。独立系(日本語対応)で健闘しているのは、openSUSEくらいのもんで他、独立系のを探してインストールしてみたらインストーラがopenSUSEそのものだった、というものもあり、多分それは消してしまったと思う。

 ん?ライブCDの部屋さんのところも、最近はUbuntu系亜種Debian系亜種が主で独立系というのは皆無に等しい。かといって、同じUnixライクOSでも、毛色の違うSolarisとかBSD系、Slackware系を入れるとマルチブートができない、といった問題が起こってくる。チェインブートさせれば可能なのかも知れないが、Grubでやってくれないかな、と思うこともしばしば。Grubでなくても他のファイルシステムを認識できるような汎用ブートローダーが欲しいところだ。(「MBM」という選択もあるようだが俺はこれについては良く知らない)。

 結局幾らググってみてもSolarisとLinuxのマルチブートに関してはほぼ情報はなく、あっても「それは厳しい」といった感じのもので、結局今回は諦めて、SolarisのDVDだけが虚しく残る、といった結果だった。DVD-RWにしておいてよかったが、ラベル面には過去の消されたOSの名前が汚く抹消線と共に残ってしまう。ライブCDの部屋さんはどのように世界のディストリビューションを見つけ、そして日本語化しているのだろう。その情報収集能力と熱意に、ただただ敬服するばかりである。

 俺のスキルではそろそろ限界が見え始めてきた。この趣味ももうそろそろ終わりにしなさいよというお達しが来たような感じがして些か淋しい。でもただでさえ趣味貧なところにこれさえやめなければならないとなると俺はいよいよもって無趣味となってしまうのでもうちょっと粘ろうと思う。

 俺は過去にもどっぷりと浸かった趣味がいくつかある。漫画描き、プロレス(ラーになろうと思って体を鍛えた)、ドラム、そして現在のパソコンである。一時はどっぷり浸かるのだが、やがて熱が冷めるというよりは意図的に見切りをつけ、その趣味から離れていく、といったことを繰り返してきた。いわば、「やり遂げたことがない」と言うのが正しい言い方かもしれない。

 皮肉にも、今パソコンが置いてある場所は、かつて、ツーバスのドラムキットが置いてあったところである。ここはどうやら趣味の場所となる宿命なのかも知れない。今ではドラムキットは、20年前の友人の結婚式の二次会用に「金屏風仕様」になったまま、タムやハードウェアは天袋に、二つのベードラは倉庫にしまわれている。さぁ明日やるよと言ってドラムキットを組もうとしたところで、紛失物無く完全に組み上げる自信はない。なにぶん、要であるイスがない。壊してしまった。まず、頑丈なイスを買わなければならない。それに、「金屏風仕様」ではなんかなーという感じなので、以前から「金屏風」の次は「ホログラム仕様」にすると決めてあるのだ。ハンズでホログラムシートを買ってこなければならない。

 というか俺叩くのか?きっぱりやめたと宣言したわけではないのだが、いつしか叩かなくなっていた。最後に叩いたのが1994年3月6日のことである。Windowsで言えば3.1か95の時代である。なんと!そんな前か!といった感じだ。そうか、もう、叩かなくなって20年が経つか。当時はまさか40過ぎの俺がこんなザマでパソコンかちゃかちゃいじくってるなどと想像だにしなかった。

 ん?、ドラムというかバンドというのは俺にとってのコミュニケーションツールだった。今も唯一付き合いがある高校の同級生≒バンド関係である。高校生のくせに勉強も全くせずドラム叩きにほぼすべての労力を使い果たしたのと引き換えに得たのが現在の友人である。高かったのか安かったのか難しいところだが(笑)。

 でもなんだなぁ、パソコンやっててできた友人もいるけれど、やっぱり、少ないよな、純粋にパソコン上で出会って今でも付き合いが続いているって人は二人か。パソコン上でたくさん友達作る人もいるけれど、元々非社交的な俺がパソコン上だからって社交的になるわけでもあるまい。内向的な人間はどこに行こうとどこにいようと内向的なのだ。そもそも、内向的な俺が「バンド」という場にいたことは奇跡だとしか言いようがない。

 内向的なくせに「独り遊び」が苦手だ。独りでいると、すぐに孤独感に襲われる。独りドライブとかで暇が潰せればいいのだが、あいにく精神科系のクスリを飲んでいる俺は運転を許可してもらえない。ドライブは妹か父兄同伴となる。

                                 *

 ドライブと言えば、今日もドライブに連れて行ってもらってきた。神栖市街、大野原・平泉のあたりから息栖大橋の方を回って小見川(香取市)から旭を回り銚子から犬吠を回って波崎を通り、WonderGOOに寄って雑誌を買ってもらって帰ってきた。先日、母がカメを拾ったことを日記に書いたと思うが、うちのカメ(「おカメちゃん」と名が付いていた)は何故か鶏の笹身しか食べないのだ。カメのエサがあるのだけれど、全然食べてくれない。栄養が偏ってしまうのでどうにかならないものかと、母に頼まれてWonderGOOでカメの飼育本を探したら一冊だけあったのだが、解説書というよりは寧ろエッセイに近いような感じできれいな装丁で、1600円もした。母に見せると「う?ん」と思案顔。結局買わずに来た。別な書店か、そうでなければホームセンターのペット売り場で売ってるのでは、ということで後日探してみることにした。まさかうちにカメが来るとは思っていなかったから、何もスタンバイしていなかった。カメか…カメね…う?んカメか。地味な飼育になりそうだ。俺に引き継がれることになるのだろうか…勘弁してくれよ…。

                                 *

 今日は立ち寄った書店で股関節が痛かった以外は特にパニックになることもなく(というかそのきっかけの一つと考えられる排便自体をしていない)割と平穏な日だった。いや、そうでもないかな…精神的にはちょっとだけきつかった。ちょっとだけね。なんか、ため息ばかりついていたような気もするし、頓服のリスパダール®内用液のお世話にもなった。ちょい不安、という感じだろうか。8時45分、サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用。15時、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。18時20分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。

 只今翌1時53分、精神的に結構落ちている。寝た方が良いかな。(翌1時57分)

 7時30分、サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用。

 13時、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。

 19時排便中またパニックになる。なんなんだろう。20時半レボトミン®5mg錠5錠+25mg錠1錠=50mg服用して何とか治る。一体なんなのかよくわからない。

 20時半の血圧 95-61 脈拍108。

 本日も思考停止状態。現在翌1時1分。今日も中途半端だがこれで終わる。

 結局寝なかった。4時、サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠、イリボー®5?g錠1錠を服用。只今4時16分。夜が明けてしまった。これを読んでくださっている方の中には、これから仕事・学校という方もいらっしゃるだろう。そんな方々にとっては、俺は究極の放蕩野郎だろう。しかしこんな俺でも、眠気は来る。それでは失礼して、寝ることにする。夜にでもまた書く。(4時25分)

 7時10分起きるがやはり怠くてまた寝る。13時25分起きるがやはり怠くて仕方ない。何だこの怠さは?14時、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。怠いー!怠いのが取れたら書くつもり。(14時59分)

 17時15分、ルボックス®50mg錠2錠を服用。レボトミン®5mg錠はあまりに怠さが酷いので飲まない。

 17時20分、血圧110-65 脈拍107 体温36.1℃。ぁ?あ怠い!なんでこんなに怠いんだろう…。(17時42分)

 …夜になると怠さが取れるのはどうしてだろう。よくわからんなぁ。うつは朝調子悪くて夕方?夜に元気になるというが…やっぱり俺、そうなのだろうか…。ん?いかように判断しようとも所詮俺は素人だから何とも言えないなぁ。色々症状が交錯していて、判断に困る。怠け者体質が染みついたとか…でもここまで不快になってまで、怠けたくはないよ。明日…また怠くなるのかと思うと、怖い。

 今日は幾分、思考停止状態。考えがまとまらない。なんか、体調悪い時って、いつもこんな感じ。今回は診察の間隔がちょっと空いてしまったのでそれもあるような気がする。以前にも確か書いたと思ったが、精神科医というのはやはり単なる薬屋ではないんだと思う。それ以上の存在でなければいる意味というのはないんだと思う。
 これ以上文章続けられなくなったので寝る。(翌1時13分)

 只今0時19分。怠いのは少し取れたが、立ち上がると百発百中で立ちくらみ(ブラックアウト・耳キーン)はある。23時50分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。胃がむかむかする。都議選は自民・公明が大勝。今の情勢では致し方ないか。今夜はもう寝ることにする。徹夜で見る夜明けより朝に目覚める方が心地いいから。死んでなかったら朝以降お会いしましょう。(0時29分)

 7時、起きるが怠くて仕方なく、クスリを飲んで寝る。7時5分サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠を服用。次起きたら12時半。まだ怠い。ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。寝る。起きると17時40分、お友達から14時40分頃、スカイプにメッセージが届いていたが出られず。あちゃぁ。やってしまった。メッセージを返信して現在に至る。それにしても立ちくらみはほぼ百発百中。17時50分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。18時10分、夕食を食べる。また怠くなる。なんだろう。やっぱりおかしい。クスリか?だとしたらレボトミン®かな…。はー…しんどい。(18時39分)

 21時50分、だるさが取れたのでアイスティーを淹れて飲む。今シーズン初のアールグレイ。気分が落ち着く、というか元気になる。以前はアロマポットにアールグレイの香料であるベルガモットのエッセンシャルオイル(ちゃんとしたものだと12ml瓶で3000円くらい)を垂らして部屋中ベルガモットの香りが漂っていたものだがなにぶん安いものではないので今はやっていない。安いのもあるにはあるがやはりそれなりのものである。

 さて、昨日は「自分の存在意義に向き合う」なんてたいそうなタイトルを付けたが実際はそんなにたいそうなことは書いていない。ただ自分の存在意義は鳥の囀りより低いという事を書いた。あの文章らしきものの言葉は別に自分を卑下して書いたものではない。事実そのままを書いたつもりだ。

 俺のようにデブな一見栄養過剰っぽい五体満足のくせに無職である精神疾患患者、過敏性腸症候群のような外見からはわからない病気の患者に対する風当たりは強い。「怠け病」一体何度このような陰口や晒しに遭ったかわからない。俺は「頑張ってる感」を出したくないので「何々に取り組んでいる」、「何々を勉強している」と言う事をいちいち日記には書いていないが、調子が悪くない日は何もやっていないわけではない。ただ、自慢げに書けるほど順調に捗っていないことも事実だ。

 人生、結果が全てであり、「プロセス云々」や『世界にひとつだけの花』にみるような「オンリーワン論」なんてものは負け犬の遠吠え以外の何物でもなく言い訳に過ぎないのだ。結果ダメなら全てダメ。

 俺にとって「結果」とは、「独力でメシを食う」ことであってそれができない俺は全てが否定の対象なのだ。残念ながら俺が何をしたって「独力でメシを食え」ていない俺のやることは全て誤り、間違いなのだ。

  「俺は負け組だ」というと「それの定義は一体どういうことか」という指摘をよく受けるが、俺にとっての「負け組の定義」とは、「なりたい自分になれていない」ことをいう。つまり「独力でメシを食えていない、自分の代で家を建て替えられない、世帯を持っていない、欲しいものを買えない」自分は「負け組」なんである。「劣等感を感じている自分」は既に「負け組」なんである。

 俺が劣等感を感じるのに一番いい場所は某SNSである。そこに行けば「何々を買った」「家族と何々をした」「子供がどうこうした」俺が劣等感を感じるのにとてもいい材料がたくさん揃っている。オールインワンである。裕福な経済、幸福な家庭、今の自分にはないものばかりだ。

 「負け組ってなぁに?」なんていう人は、その時点で「勝ち組」なのだ。「人生に勝ち負けなんてあるの?」なんていう人は、その時点で既に「勝ち組」であることを自覚すべきだ。そして「負け組って?」「人生に勝ち負け?」という言葉は上から目線の、「負け組」に対する、最強最悪の嫌味であることを自覚すべきだ。自分は優越感なんて感じたことはない。劣等感を食って育ってきたようなもんだ。俺の身体には「劣等感」が充満してもはや破裂寸前だ。

 「優越感は必要か?」という問いに対しては、俺だったら「必要だ」と即答する。仮に事実に基づかない、絵に描いた餅のような優越感であっても、あるに越したことはない。「劣等感」より数兆倍ましだ。俺は聖人君子などではないから「優越感」を持って生きたい。世俗的な「人生に於ける成功」を得たい。だが、それは選ばれた者だけが得られる。俺にとってのそれは、天文学的数字分にひとつの確率でしか手に入らないものである。

 只今翌1時24分。この陰気臭い静まり返った夜中にひとりこんなことを考えるという非常に哀しい作業をしていると虚しくなって疲れる。しかしこんなことをする以外時を過ごす術のないのが「負け組」の宿命なんである。さて、寝ようか。(翌1時36分)

 別に学校や会社に行くわけでもないのに、俺は朝になるとゆううつになる。12年間の集団教育課程が俺にもたらした成果がこれだ。

 俺はうつなどではなく、回避性人格障害なのではないだろうか。

 ならば救いようがないだろう。あとは死を待つのみ。医療費も、無駄。本当は生きていちゃいけないのに、そんな俺のためにかかるカネは無駄以外の何物でもない。存在自体迷惑見て迷惑関わって迷惑世の大迷惑ハエや蚊やゴキブリのようなもんだ。ハエや蚊、ゴキブリがいなければキンチョール買う必要がないように、俺がいなけりゃ俺にかかるムダ金をもっと有効に使える。俺は生きる価値が全くない人間「風(ふう)」生物だ。俺は生きれば生きるほど不経済を生む。両親もこんなめんどくさい奴が生まれるとは思ってもみなかったろう。本来なら今頃は俺が食わせなければならない人たちなのだ。なにやってるんだ俺は。

 ただ、実際俺は今座っているのも辛いほど怠い。これで何をやろうとしたって何もできないのだ。本当に、ただ呼吸しているだけなのだ。この文章らしきものだって一本指で打っている。怠い。怠い。俺は何かの体の病気なのに、スーパードクターに当たっていないので見逃されているのかも知れない。でなければ単なる怠け病だ。でもね、怠けているとしたって俺は全然、楽と思ったことはない。なんの得もしていない。怠ける意義がわかんない。何億円も金があればね、何億円も金があればよ、ひょとしたら怠けるのも数日は楽しいかもしれない。俺、ひとっつも楽しくないんだよ。生甲斐なんて何もないんだよ。親が死んだら俺、餓死するしかねぇんだよ。トイレに行くのさえ這って行く人が、一体何の仕事ができる?死んで献体するしかできることはねぇだろう。それさえ生前の仕事ではない。

 血圧111-60、心拍数105、体温35.9℃。バイタルサインだけいっちょ前だ。何かにときめいて心拍数が高いわけじゃない。いつものことだ。こんな糞重い身体を維持しようとすれば心臓もこれくらい働かないとダメなのだろう。ここまで書くのに半日かかっている。バカか?…だな。疲れた。

 8時45分、サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠、ローコール®20mg錠1錠を服用。15時10分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。今日もまた、製薬会社に貢献…あぁこの金で、正確に言えば親が薬屋に支払った金で、薬屋と従業員、製薬会社の人と家族は日々生きてる。きっと俺なんかの数兆倍、有意義な人生を。俺は数々のクスリに囲まれ、日々無意義な人生を、死んでいない結果として、生きてる。

 

 鳥が囀っている。それは俺の存在より、意味がある。(17時28分)

 今日の日も明けてしまった。また「今週」になってしまった。喉に何かがつかえている感じ。大した学歴もなく、IBSで、強迫で、社交不安で、うつで、働きもせず、一日寝ているばかりの俺のような人間を軽蔑している人もたくさん知っている。某村の某カテにもそういう人がいることを俺は知っている。文の端々に、俺のような人間を軽蔑するような言葉があふれている。約半分の年齢の人間にこけにされ悔しい。が、事実なのでぐうの音も出ないし、どうできるわけでもない。馬鹿にするがいい。軽蔑するがいい。嘲笑うがいい。どうできるわけでもないんだ。腸の事もあり、強迫の事もあり、社交不安の事もあり、もちろん、うつの事もありがんじがらめでどうもこうも動けない俺を嗤うがいい。俺の苦しみは当然のことながら俺にしかわからない。俺でない部外者は俺のことをあーだこーだ誹謗中傷するだろう。致し方ない。他人は俺じゃない。俺の事情が理解できたならそんなことは言わないだろう。他人にそんなこと期待する方が間違っている。間違っている。俺はサンドバッグになるよりしょうがないんだ。サンドバッグに。(1時36分)

 精神的に良くないことがあって落ちている。怠いし、体調悪いし。でもあの人にしてみりゃ、「早く死ね!」というところなんだろう。望むのなら早く死ぬよ。それがあなたの精神状態にとっていいことなのなら、喜んで、死のう。人のために何もしてこなかった俺が、人のために何かできる、最後のチャンスだ。もういい。俺のこの糞のようなこの人生なんて継続する意味があるのか?いやないな。命の大切さを解ってないだって?俺の命なんか大切じゃねぇよ。この世には、大切な命とそうでない命があって、俺の命は後者だ。命の重さには軽重があってな、画一的な教育を受けてきたあなたには、それはわからないだろうが命の重さには軽重があるんだ。俺の命はヘリウムのように軽いんだ。10時25分、サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。15時38分ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。17時42分ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。あとから頓服のレボトミン®25mg錠2錠を服用。よくならないのでリスパダール®内用液1mg/ml・2mlパック4パック服用。

 今日は内科だった。血液検査の結果は肝機能がよくないが脂肪肝だから。他細かいところ見ればいろいろあるが全体としては問題なし。ただ俺は、怠くて怠くてしかたがないしイライラしてしょうがない。精神面でも嫌なことがあったりしてよくない。7時10分サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。12時35分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。20時5分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。こんな日はタモリ倶楽部を見て和もう。あぁいう力の入っていない番組はいいな。ところで今日あるよな?ゴルフでつぶれたりしてないよな?明日がいい日でありますように。嫌な思いはもう嫌だ。

 某SNSで、明らかに俺がよく知っている女性がいるのだが、俺だけには投稿が一切見えないように設定されている。でもその投稿への返事にはその女性の名前が書いてあるのでわかるのだ。非常に気分が悪い。俺はのけ者にされている。そういうことを平気でする人なのだ。無慈悲な人だ。イメージダウン。でもその人にとってはその方が却って好都合なのだろう。あくまで俺とすっぱり縁を切るつもりだ。俺だっていつまでも未練たらしく憧れていると思うなよ。なんか勘違いしてるんじゃないの?もうあんたにそんな気はないよ。黙ってりゃいい気になりやがってこの女!

 眠気はなくなったが疲労がたまっている。4時35分、サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。Linux/Unixインストール強化期間、Oracle Solaris11のgrubでつっかかって、なかなか前に進まない。どうしたもんか悩んでいたが何とか解決(?)まだ最終段階に来ていないので解決したかどうかわからない。それから、最近パーティションというものを久しく切っていないので基本パーティションと拡張/論理パーティションの仕様を忘れてたりして全く要領を得ない。おまけにswap切るのを忘れていたり全く以てどうしようもない。こういう細かいことの積み重ねが疲労となってたまっていく。嫌ならやめればいいじゃないかと思うだろうが、ここんとこが強迫じみている。13時10分ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。全く、馬鹿としか言いようがない。HitachiのHDDもうすぐ寿命が来るというのに、書いては消し書いては消しして酷使している。そのうちヘッドがディスクに接触してお陀仏だ。19時20分、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠5錠、ロヒプノール®1mg錠2錠を服用。目も痛いし腰も痛い。PC眼鏡、買ってもらおうかな。眼鏡と言えば、俺は最近、老眼になってきた。近くの細かい字が見えない。もうじじいだ。髭は白髪だし、足腰は非常に弱ってるしほんともうあちこち老化が進んでいる。寝たきりももうすぐだ。

 明日は内科。こないだのこと、話そうかどうしようか迷っている。ほんとどうしようか。ちなみにOSのインストールはまだ終わっていない。明日(今日)いっぱいかかるかな。疲れた。寝たい。翌2時過ぎ、雨が降ってひやひやしてきた。(翌2時23分)

 4時35分、サインバルタ®20mgカプセル2カプセル、ルボックス®50mg錠2錠、レボトミン®5mg錠1錠を服用。

 昨日からずっと眠い。かといって眠れるわけでもなくただ眠い。サインバルタ®が犯人であることはだいたい判った。体調悪い時は効かなかったんだな。今になって効いてきたのはいいタイミングだ。だけど眠いのがどうにかならないのか?今日で三日目。しんどい。

 Linuxコレクション強化期間が始まった。500GBのHDDをもう一台用意してあと7つLinuxを入れる魂胆だ。計15のOSが入ることになる。でも…なんか不毛だなぁ何か意味あるわけ?ただ単なる好奇心なんだが、自分でも半分馬鹿馬鹿しくなってる。眠いわ、不毛だわ、馬鹿馬鹿しいわ、それなのにやってしまうのは何故?これも結局、強迫じみているわけで、なんつーか「これやらなきゃ死んじゃう」みたいなそんな思いもあり…。「バッカじゃねぇの?」といわれたら「バッカだもん。」と言うしかない。このくそ眠い中こんなくだらないことをやってなんになるのか、ただOS選択画面のOSの選択肢が増えるってだけだ。馬鹿じゃなかろうか。(翌0時34分)