合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。
  • カテゴリー 『 クスリ 』 の記事

缶々 昨日、20時27分頃、レボトミン®50mg錠6錠とロヒプノール®1mg錠3錠飲んだけど、ベンゾジアゼピン系特有のほわほわした感じが無かったので22時50分頃ロヒプノール®1mg錠3錠追加、メイラックス®1mg錠2錠追加したら、動けなくなって母に布団に移動させてくれと言ったらしいがこちとら102kg前後の巨体。動かせるはずもなく、そのまま置いといたらしい。俺はいつか自力で布団に潜ったようだ。あんな小さな1mg2mgの化学物質がこの巨体を制御不能にしてしまうなんてね。でもね、ロヒプノール®1mg錠の色、青くなったんだよ。飲み物に入れると濃い青色になって毒盛られた人がおかしいと気づくようにしたみたい。俺よくレボメプロマジンとフルニトラゼパムのブレンドやるけどね。トリアゾラ薬学書ムとレボメプロマジン使ったのが'98年の伝言ダイヤル殺人事件の星野容疑者でその後、その組み合わせは『星野ブレンド』と呼ばれるようになった。あ、トリアゾラムってのはハルシオン®、レボメプロマジンはレボトミン®ね。俺はハルシオンをおねだりしたことはないけれど(俺的にニーズがない)、結構体ちっちゃい女の子なんかはガツンと効くのだろうな。俺は処方向精神薬の種類ははそんなに多くない。トリプタノール25mg錠6錠、エビリファイ®3mg錠2錠、サインバルタ®30mgカプセル2カプセル、レボトミン®5mg錠3錠+50mg錠max3錠/day、リーマス®200mg錠1錠、そしてロヒプノール®1mg錠2錠。「結構あるじゃないか」と思われた方もいらっしゃるだろうbox1が俺の薬歴から言ったら大したもんでもない。抗うつ薬としてはトリプタノールとサインバルタ®の2剤。抗うつ薬増強用としてエビリファイ®とリーマス®の2剤、イライラの傾向があるのでレボトミン®5mg錠と頓服用の50mg錠一日三回までと睡眠薬のロヒプノール®。こう見れば、抗うつ薬、抗不安薬を5剤も6剤も処方されてる人に比べればごく尋常である。きっと稀に用いられるトリプタノール300mg/dayにしたら俺は呂律が回らなくなるだろうな。そんなに凶暴そうな姿形ではないが最強の抗うつ薬だ。いつだったかユートピアン社のアミテックという『アミトリプチリン塩酸塩(トリプタノールの成分)』のクスリ1ボトル1000錠入りを1000case錠あるのをいいことにバカスカ飲んでいたら倒れて動けなくなり、アミテックのボトルを母に没収されてしまった。今どこにあるのやら。いやぁあれは怖かったね。体が動かないという恐怖。意識があるのに、手も足も動かない。テグレトール®OD(Over Dose/過量服薬)した時は単に興味本位というか実験でやってみたんだけれど、天井ぐるぐる回り、吐き気止まらず、全く治まらない継続した不快感。「俺は多分このまま死ぬんだろうな、もういいや畳の上で死ねるんなら」とそこまで思い込んでしまった心身の異常。もう二度と経験したくない…とその時はそう思うんだが、今だって実際に炭酸リチウムに手が伸びかかってるしね、これはでも、あの程度では油屋金物店済まないだろうな。死んじゃうんだろうな。リチウムだぜ?リチウムイオン電池のリチウムだぜ?それを一日200mg、飲む!何が作用しているのか、機序がさっぱりわからない。

 話が変わるが写真の銀色のケースはハンズで2000年頃に買ったんだけど、これの用途はそもそも何なのかわからない。今はロヒプノール®とレボトミン®、メイラックス®が入っている。ポケットにはいつも入っている。ハンズのサイト見てもこのケースが一体何なのかわからずじまい。でもあれだね、こういうのには注射器みたいのが入ってそうで怖いよね。ハンズには注射器も売ってるしね。怖いなぁ。ジャンキー気取りするんだったらこういうの持ってると、警察の人に詰問されそうだよね。ハンズ、楽しいよね。一日見てても飽きない。っていうか見きれないし。ハンズとかカルディは大好き。ああいう店がさ、少ないよねここには。でもカルディは銚子とか稲敷にあるからね。でも俺は吉祥寺のカルディが好きかなぁ。雑然としているけど、製菓用具とか売ってるしね。まぁそういうの見たけりゃ合羽橋に行くという手もあるけどね。合羽橋もクセになるんだろうなぁ。色々欲しいものはあるんだけど先立つものがない。まぁこういう話になると「34兆円当たらないかなぁ」って話になるんだが…。

 神栖の砂山というところで発砲事件発生。逃走した犯人は拳銃で自殺。へぇ…世の中銃器所持禁止国家でも裏には銃器が出回ってるんだなぁ。密輸とかね。鹿島港もあるし、銚子漁港・波崎漁港もあるしそういうところから持ってこようと思えばそれも全く不可能でもない。波崎の新漁港もあるけどあそこは人通りの少ないっていうかほぼないところだからね。

 人に尋常じゃない恨み辛みを持っていれば、拳銃を手に入れるカネとか労力なんてその本人にとっては全然負担になってないと思う。俺はもしそういう逆恨みっていうか、(まぁ恨み辛みだね)を持っていたとしてもガリガリ君買うにも窮する状態で仮に数千円でも手が出ないので、もしがさ入れで踏み込まれてもパソコンとパソコン雑誌、鉄道ファン(雑誌)、若干の薬学書、くらいでしょうね。クスリは糖尿とコレステロール、若干の向精神薬。脱法ドラッグは経済的に買えない(経済が潤沢だったらどうしようかね)それよりオカンに炊飯器と冷蔵庫買ってあげたいがこの甲斐性なしはもう『詫び自殺』レベルである。

 今日は(精神的に)あんまり調子よくなくてコックピットにいてぽや~んとしていた。うちの人らもどこ行ったんだか音沙汰なくもうどうしようもないので強力な抗不安薬(マイナートランキライザー/精神安定剤)代わりにロヒプノール®1mg錠6錠と抗精神病薬(メジャートランキライザー/強力精神安定剤)のレボトミン®50mg錠6錠飲んだ。まぁ糖尿も透析とかなってしまうと「お願いです、俺を殺してください」(と某フリーアナウンサーの主張に乗って発言してみる。)的な精神状態になってしまうのは目に見えているのでそれは是非避けたい。俺もポンコツになって色々辛い食事制限もありの状態。

 こういう飲食にしか生きてる喜びがない場合、当然摂取カロリーも増え

辛くなったのでここで終わりにする

 んー。良くないね精神状態は。それから、さっきから吐き気がする。其れをマスキングしようと思いレボトミン®50mgを4錠服用。良くない。吐き気を抑えるのにはイリボー®を飲んでもいいんだが。飲もうか。メト◯◯コ®を6錠も飲んだから、低血糖になったのかも。低血糖は場合によっては高血糖より怖いと言われるぐらいだからダメだよ、糖尿の薬をODしたら。自分が苦しいだけだからね、と自分に。あぁ…だるい。いやー。なんかダメだなぁ。今、俺の境遇を俯瞰してみて、何不自由なくこういう場所に書き込みをできているのだから、恵まれていると思うよ。細かいとこ突っつけば何かかにか出てくるのだろうけれど、叩けば埃が出てくるのだろうけれど、全体としては、恵まれていることを俺は理解せねばならない。精神・身体を病んでいる以外はね。なんだかうーん、合点行くかといえば行かないけれど。木曜日、こんなていたらくで。俺は多分、廃人になる。なら!初めからリタリン®依存になっていたほうが同じ廃人なら辛くなかったろうな。チクショー。(16時58分)

 今日は朝からなんか膀胱炎みたくなったので冷えないようにして寝ていた。今のところ症状は消えているみたいだ。けれど油断していたらまたなるかもしれないので注意しよう。

 精神状態は非常に悪い。どうしようもないくらい悪い。レボトミン®300mgを服用。いいのか悪いのかわからない。本当はベンゾジアゼピン系の抗不安薬の方が良いのかもしれないが。ロヒを抗不安薬のようにして使っているけど6錠も飲むと寝てしまうし、今度、診察の時に言おう。(ベンゾジアゼピン系の)抗不安薬何か出してくださいと。中~長時間型で強いものセパゾン®、ソラナックス®・コンスタン®、ワイパックス®、エリスパン®、メレックス®、メイラックス®、レスタス®あたりか。それにしても、なんで俺、こんな風になっちゃったんだろう。全ての源は1984年(中学3年)の10月7日に始まった。次のきっかけは1986年(高校2年)の8月某日に行われた花火大会のライブの日。次は1999年の12月23日。

 あー。辛いー。もうその出来事自体の値は消失してしまったが、その時の感情だけ沈着してしまっている。だめだー俺。死んでしまいたい。こんな人生もう終わりにしてしまいたい。

 最初に俺が精神科に行ったのは高校2年か3年生の時である。学校に全く行かなくなり、結構早い段階から精神科に連れて行かれた記憶がある。

 当時は薬には全く興味がなく、飲まずに入り浸っていた生徒会室の机の引き出しにしまっておいた。するとこともあろうに失恋した(?)同級生が薬を全部飲みやがったのだ。服毒自殺未遂。薬のパッケージなんて見もしなかったから今となっては何の薬を飲みやがったのか知る由もない。

 精神科に通ったのは2回くらいだったと思うが、薬には手を付けずそのまま精神科へも行かなくなってしまった。ただ、今になってよく考えると、もう当時から今のような状態に陥っていたのだと思う。あの時点できちんと治療しておけば、あるいは現在の状態に至ることは避けられたんじゃないかと思う。

 1986年、87年の当時だからまだSSRIは当然ないわけで、三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬が主な薬物の治療だったんだろうなぁと思う。でも当時にルジオミール処方されていたらいきなり痙攣起こしてみんなビビっただろうなぁと思うよ。なに飲みやがったんだろうねぇ彼は。トフラニールとかトリプタノールとか?あの、爪の黒くなるのはどんな薬を飲んだらそうなるのだ?

 この精神不調は俺が大学に入るまで、つまり四浪明けの22歳まで続くこととなる。その後は症状は鳴りを潜めたがそれというのも学生という身分が手に入り余裕かましたからに他ならない。でも、学校行かないで一日中うちにいるのは高校時代とちっとも変らなかった。

 95年の6月、就職活動の真っ只中、俺の精神不調はピークに達してたまらず精神科クリニックに駆け込んだ。絶好調は92年から95年までの3年間しか続かなかったわけである。結局精神的不調との暮らしが俺の青春というわけになる。無駄なことに費やしてしまったな。86?92年の6年間+95?12年の17年間の実に23年間、俺は心を病んで生きているわけだ。小学校の時も心身症になって2年くらいつぶしたから、23+2年、約25年、43?25=18年しか俺は普通の暮らしをしていないことになる。人生の過半を俺は心を病んで生きているのだ。

 17年、俺は薬を飲み続けている。初めはホリゾンとドグマチールだったと思う。それからトリプタノールやアモキサンになり、デプロメール/パキシルを試しダメ(デプロメールは強迫性障害には劇的に効いたが何故か中止された。パキシルに切り替えた時かもしれない。)、ルジオミール、テシプール、テトラミドで痙攣を起こし、2001年に連れ戻され二週間おきに帰郷し地元の総合病院精神科に通うようになる。

 トフラニール→アナフラニール→トレドミン→トリプタノール/アモキサン→ジェイゾロフト/ルボックス/レボトミン/リスパダール(補強薬としてデパケンR、ラミクタールを試したこともある。抗不安薬として、デパス、ソラナックス、ワイパックス、セパゾンを服用した時期もあるがいずれも現在は中止されている。)といった薬の変遷を辿る。

 2003年に完全に東京を引き払い実家での生活が始まる。忌わしい記憶が残る2011年3月、俺は総合病院精神科を追い出され、地元の精神科クリニックに転院。現在は4週間おきに通院している。薬はジェイゾロフト、ルボックス、レボトミン、リスパダールとロヒプノールに落ち着いている。ルボックスは効いている結果これくらいで済んでいるという気がする。怒らなくなったのは抗うつ薬とレボトミンの効果だと思う。確実に効いていることは効いているのだ。ただ、症状が多すぎて一つ一つが解決に向かっていないのだ。特に、強迫性障害が厄介だ。ルボックスを飲まないと俺はきっと延々と手を洗い続け、延々と入浴を続けるだろう。ここにきて症状は停滞気味だが、以前よりだいぶ良くなってきているのは確かである。ジェイゾロフトの効果のほどは正直言ってよくわからないが、ルボックスは確かに効いている。ただ、抗うつ効果はどうなんだろう…?うんまぁ、以前に比べれば、いいのかもしれないな。

 ただ、長いことこういう病気を患っていると、時として突如新しい症状が顔を出すことがある。パニックである。多分強迫性障害の一症状として出てきたんだと思うが正直、面食らった。「今更?」という感じである。例えば、排便後に入浴したとするとシモを洗う、体を洗う、頭を洗う…ところでパニックになってしまうのである。要領を得なくなり、手順、段取りがわからなくなってしまって大量の冷や汗、震え、動悸が現れ、パニックになる。これについては、次回の通院時に相談してみようと思う。ワイパックスか何か、頓服で出してもらえればありがたいんだが。

                              *

 急に頭が回転し始めたので、思い立って書いてみた。急にこういうことが俺にはあるのだ。

 4時45分、ルボックス25mg錠+50mg錠各1錠、レボトミン5mg錠1錠、リスパダール1mg錠1錠、ラミクタール25?錠1錠、イリボー5?g錠1錠、ローコール20mg錠1錠を服用。14時37分、ルボックス25mg錠+50mg錠各1錠、レボトミン5mg錠1錠を服用。夢で俺が喉頭がんになって「髭の殿下」に手術を受けるといった夢を見た。のどが痛いのまでリアル。昨日, 三笠宮寛仁さまが逝去されたというニュースを聞いたのでそういう夢を見たんだろうが、最近の俺の夢は空を飛ぶとかといった現実離れしたものではなく、妙にリアルなものが多い。いや、三笠宮寛仁さまが手術をしてくださることなんざあり得ない(ご存命であろうがなかろうが)ことなんだが、「俺ががんになる」事は充分あり得る。そういう意味でリアルなのだ。

 あぁ…あくびしすぎて涙で鼻ツンだ。のども絞まっているし、不快だ。あくびは薬が余計助長するのだろうがのどの絞まりは精神的なものだろうから、クスリが功を奏すだろう。リスパダール液2mgパックとレボトミン5mg錠を服用。最近、よくバランスを失って倒れたりよろめいたりすることが多い。なんなんだ一体。

 夕食は荒野豆腐の煮物、餃子、焼きピーマン。

 19時56分、ゾロフト50mg錠2錠、ルボックス25mg錠+50mg錠各1錠、レボトミン5mg錠5錠、リスパダール1mg錠1錠、ラミクタール25?錠2錠、ローコール20mg錠1錠を服用。精神的不調は治らない。

 タイトルの通りだが、昨日のことが相当ショックだったらしい。現実逃避に走っている。夜中0時頃、起きて夕食を食べる。意識朦朧としているのが自分でもわかった。食後、ゾロフト50mg錠2錠、ルボックス25mg錠+50mg錠各1錠、レボトミン5mg錠5錠、リスパダール1mg錠1錠、ラミクタール25?錠2錠、ロヒプノール1mg錠1錠を服用、再び眠る。次起きたら朝10時。眠い。やたらと眠い。ルボックス25mg錠+50mg錠各1錠、レボトミン5mg錠1錠、リスパダール1mg錠1錠、ラミクタール25?錠1錠、テグレトール100mg錠1錠を服用。友人(と思ってるのは俺だけかも)と少しチャットをする。眠いな。また眠ろうか。誰もいないし退屈だから。あ、そうだ、アイスティー作っておくように頼まれてたんだった。じゃ、作るかな。起きていたらまたあとで書く。

 精神的にまだ調子が悪い。重症だ。こんな時SSRIは当てにならない。やっぱり三環系、例えば「トリプタノール」150mg/dayとか「アモキサン」300mg/dayとかでないとダメかもしれない。俺に劇的に効く薬があるとしたら、もはやうつの人間に処方されることのない『リタリン』であろう。「対症療法の極み」と言われるリタリンだけれど、それを言うならほかの薬だって同じようなものだ。一種覚せい剤のようなものだけれど俺には必要な薬だった。「元気でいる」ために。リタリンの処方を断られた時、がぁ????????っくりきた。「あぁ、もう俺は元気になれない」と。もうその頃は、俺は既にSSRIの効果を見限っていた。三環系もやめる方向だということがわかっていたし…。SSRIは三環系に「劣らない」効果を持つと「謳われている」だけのものであって、「勝る」ものではないどころか、必ずしも「劣らない」ものでもない。俺には効かない。だってそうだろう?だったらこの「うつ症状」はなんだ!?この「強迫症状」はなんだ!?「無気力・無意欲」はなんだ!?なんなんだ!?トリプタノールで「ぼんやり」していても、うつ症状が消えればそれは効果だ。アモキサンで「躁転」しても、うつ症状が消えればそれは効果だ。俺の「元気」を返してくれ!ため息ばかりのこの人生、もう過去に遡って消えたい。

 2時半頃目が覚める。PinguyOSをいじっていたら、グラフィックドライバが使えないことに気付いた。またか。PinguyOSのDVDをどこかにやってしまったのでisoをダウンロードして今焼いている。グラフィックドライバーがうまく入るか不安だがやってみる。

 4時10分、ルボックス25mg錠+50mg錠各1錠、レボトミン5mg錠1錠、リスパダール1mg錠1錠、ラミクタール25?錠1錠、イリボー5?g錠1錠、ロぺミン1mgカプセル2カプセル、ローコール20mg錠1錠を服用。6時半、何やら不安症状が出てきたのでリスパダール液2mgパック2パックを服用。治ってくれるといいのだが。

 今日は買い物に行ってくる。腹具合があまり良くないが、イリボーとロぺミンを飲んだから大丈夫としよう。考えたらきりがない。便秘にはなるだろうが下痢はあるまい。

 ジャパネットで富士通のノートパソコンがキャノンのプリンタ複合機とセットで\39,800で売っていた。但しイー・モバイルに2年間加入しなければならない。イー・モバイルの料金は月額\6000弱。使わないしなぁ。第一、ノートパソコンを持ってる意味がない。でも見ると欲しくなる。34兆円欲しいなぁ。そうすれば何でも買えるのに。さて、DVDが焼きあがったようだ。インストール作業に入ろう。あとのことはまた夜に書くと思う。

 結局グラフィックドライバはインストールできなかったが、デスクトップ効果はそのままでもできた。デスクトップがなんか違うなぁと思ったのは、単にrootでログインしていたからで、一般ユーザーでログインすれば、ちゃんとしたデスクトップが表示された。あぁ骨折り損のくたびれ儲け。バカみたいだ。

 10時過ぎ、買い物に出発。まずホームジョイ本田で灯油を購入、母は花を購入。次にWonder gooでパソコン雑誌を購入。次にベイシアで父の服を見るも、わからないので明日母が父と一緒に来て父に選ばせるということになった。で、ついでにというか、母が俺に7分丈のズボンを穿いてみろというので試着してみたが、4Lでも入らない。5Lでないとダメなようだ。ショック。しかもベイシアには、店内に、食料品売り場にまでこれでもか、これでもかと言わんばかりに鏡がある。鏡って残酷だな。俺の醜い姿を忠実に映しやがる。これで落ちるとこまで落ちたのに、更に今日は顔面けいれんがひどい。勝手に左目がウインクしてしまう。気味悪い。デブで顔面けいれん、ルックス最悪じゃんか。帰りの車内では普通にしていたが、実はきわめてブルーになっていた。泣きたくなっていた。顔面けいれんは更に酷くなる。踏んだり蹴ったりだ。でも、死ぬような病気ではないし、金がないので放っておいている。病気も金の後回しになる。あぁ死にて。14時20分自宅着。着替えの時ふらついてテーブルの上に尻餅を搗く。更に落胆する。14時45分、ルボックス25mg錠+50mg錠各1錠、レボトミン5mg錠2錠、テグレトール100mg錠1錠を服用。あぁ嫌だ。自分で自分が嫌になってくる。軽いパニック状態に陥る。パニック発作と言えばパキシルだが、生憎俺はパキシルを処方されていない。仕方がないのでレボトミン5mg錠とテグレトール100mg錠を服用。なんか意味あるのかないのかわからない。17時、この日記を書く。極めてブルーだ。少し寝る。ダメだ限界だ。

 3時45分頃起床。ルボックス25mg錠+50mg錠各1錠、レボトミン5mg錠1錠、リスパダール1mg錠1錠、ラミクタール25?錠1錠、イリボー5?g錠、ロぺミン1mgカプセルを服用。朝食は昨夜の残りのカレー。

 午前中は昨日のopenSUSEの操作性のチェック。あとは体調がすぐれなかったこともあり、横になっていた。

 昼、昼食にパンを食べる。ルボックス25mg錠+50mg錠各1錠、レボトミン5mg錠2錠を服用。午後はボケラ?っと過ごす。

 夜、夕食は冷やし中華。両親は近所の人にお呼ばれして食事。ゾロフト50mg錠2錠、ルボックス25mg錠+50mg錠各1錠、レボトミン5mg錠5錠、リスパダール1mg錠1錠、ラミクタール25?錠2錠、ロヒプノール1mg錠1錠を服用。この日記を書く。

 現在19時45分、妹はまだ帰ってこない。遅いな。